筋トレダイエットで女性が覚えておくべき15のこと

work out diet 1st

スポンサーリンク

女性がいつまでも綺麗でいる為には「運動」がとても効果的であり、おススメな方法です。ただ運動といってもなんでもいいということではありません。

沢山歩いたり、走ったりしていてもプロポーションが良くならないという女性も沢山いると思いますが、重要なのは「筋トレ」をすることだったりします。

筋トレだけが正しいということではありませんが、自分にあった筋トレをすることが実は綺麗になる近道になるということは覚えておきましょうー!

その筋トレの中で最近気になるワードとして「筋トレダイエット」があります。筋トレダイエットというと「筋トレ」だけで全てを解決出来ると思っている方も多いかと思いますが、実は気をつけておくべき点も多くあるのです。

今回は特に女性にありがちな筋トレダイエットの注意点と間違を15個ご紹介してきます!

スポンサーリンク

1.ダイエットは食事抜きではいけない

ダイエットを勘違いしている人も多いですが、食事を抜いて行うダイエットは筋肉を減らしているだけなので非効率です!!!

筋トレは筋肉を破壊する作業、食事は回復させる作業、これらが整うことで筋肉は成長します。食事を抜くのではなく、食事をコントロールすることを忘れないでおきましょう♪(これ超重要です)

2.栄養はなんでもいいわけではない

多くの女性が、サラダがいい果物がいいと考えているように、ダイエットの正しい知識が乏しい方が実は多いのかと思います。。大事なのはどういう栄養素が効果があるかということを知ることです。

栄養はなんでも取ればいいのではなく、目的に効果のあるものを適切に取っていきましょう!

3.筋トレは毎日したほうがいいという落とし穴

ダイエットに成功している女性は、毎日トレーニングをしているわけではありません。稀に毎日している方もいますが、そういった方は鍛える部位を変えていたり、負荷を調整したりしています。

毎日頑張ってするよりは、適度に週2~3日の方が効果が高まることが多いので覚えておきましょう。

4.筋肉痛になったら抑えてやることもしましょう

筋肉痛になったらトレーニングの負荷を落とすことも考えましょう。筋肉痛は筋肉が破壊され乳酸が貯まった状態です。もし、ボディビルダーを目指すのであれば、それでも頑張って筋トレをやってもいいですが、ダイエットを前提に筋トレを行う場合は、筋肉痛になったら休みをいれるのが一つの目安だと覚えておきましょう。

そうすれば、適度に筋肉がつきながらも、必要以上に筋肉がつく恐れもないですよ〜♪

出典 diyhealth.com

出典 diyhealth.com

5.女性は筋トレしても筋肉が男性のようには増えない

これもあるあるですが、女性は筋トレをしたらマッチョになってしまうと思っている方も多いと思いますがこれは違います。

理由は男性ホルモン、女性ホルモンの作用が関係しています。女性はもともとマッチョにはなりにくいので安心してください。(もちろん、裏ワザ的な薬草等を使えばその壁はなくなりますが。。。)

6.脂肪は急激には落ちないので気を付けよう

食べないダイエットをしている人の多くは、1日~1週間で急激に体重が落ちますが、それは筋肉が落ちている割合が多かったりします。脂肪が落ちないわけではありませんが、勘違いしないようにしましょう。

筋肉が落ちるということは逆にいうと太りやすい体になっているということです。

例)

<A子さんのダイエット前>

・体重55kg(筋肉10kg/脂肪15kg)

<A子さんのダイエット後>

・体重45kg(筋肉5kg/脂肪10kg)

とした場合、この時点で5kg分の筋肉が落ちてしまっています。

筋肉が落ちると消費エネルギーも減ってしまうので、ダイエットをやめて以前の食生活よりカロリーを抑えたとしてもリバウンドしやすくなり、仮にそのまま元の体重に戻ると、体重55kg(筋肉5kg/脂肪20kg)となってしまい、以前より痩せるのが厳しくなり、健康状態も悪くなります。(これがリバウンドの主要な原因の一つです。)

※あくまでも上記は例で毎回この通りではないですが、低カロリーダイエットの場合、筋肉が落ちてしまう危険性はしっかりと把握しておきましょう。

7.果物ダイエットは理解したうえで行おう

CMやテレビ、有名人たちが果物ダイエットをしている例がありますが、ダイエットをしている人にとっては「適している場合」「適していない場合」があります。

果物の糖分を果糖といいますが、実はすごいカロリーがあります。それを知らずに、果物の摂取量を考えずにだダイエットをしているつもりだと思っていると一向に痩せないこともあるので注意しましょう。

8.女性ホルモンを高めるのなら大豆がおススメ

納豆、味噌汁、豆腐、豆類などの食品は女性ホルモンを高める為にはおススメです。女性ホルモンが高まることでイライラしなくなったり、精神的に落ち着いてきます。

また大豆には良質なたんぱく質が多く含まれているのでとてもおススメです。

9.お腹まわりの脂肪が落ちにくいのはセルライトかも!?

セルライトは脂肪の塊で、おなか周りに溜まるものはなかなか落ちにくいので仕方がありません。ただし継続してダイエットをしたり、筋トレをしていくことで必ず変わります。

この部分は急激には変わらないので焦らないようにしましょう。

10.サプリメントは必要なものだけ活用しよう

サプリメントは沢山飲めばいいというものではありません。沢山摂取しても、1回で摂取できる量はおおよそ決まっているので、沢山飲んでも尿として排出されたり、全てを吸収出来るわけではありません。

用法用量を守って摂取しましょう。女性におすすめなのはマルチビタミン、ミネラルがおススメです。

11.筋トレは回数重視ではなく負荷重視でおこなおう

正しい筋トレは100回~200回できることの強さを表すのではありません。実は回数が少なくても効果は十分あります。

それが重りを使う筋トレです。回数にだけ視点を向けるのではなく、適切な重さで筋トレをすることもポイントに置きましょう。

12.女性でもプロテインはおススメ

女性の方で、プロテインを飲めば太ると思っている方もいますが、ソイプロテインなどを摂取することでむしろ体が健康的になったりします。

またプロテインを飲んで太るという例は、運動を全くせずに寝たきりでテレビを見ているような人が飲んだ場合は体重が増加すると思いますが、しっかりとトレーニングをして、食事をコントロールしているば太ることはないので安心しましょう。

女性ももちろん通常の筋トレ用のプロテインを摂取しても良いですが、もしも抵抗があるならサンプルから試せるのでダイエット用のプロテインを摂取してプロテインを補うのも良いでしょう。

出典 www.workoutsandiets.com

出典 www.workoutsandiets.com

13.体重だけに視野を向けてはいけない

体重が少ない方が女性としては魅力が高い数値なのでしょうが、実際は脂肪の重さよりも筋肉の方が重いので体重だけで表すと、見た目を比べることができません。

一般的に普通の痩せ体型であっても脂肪量が多い人が多く、スタイルが良くて綺麗なプロポーションの人が筋肉がついていることによって体重が重くなっていることは良くあります。

つまり体重だけが全てではないということを理解しましょう。

14.リバウンドする人は筋肉がないから

ダイエットをしたけどリバウンドしてしまったという人はダイエットの方法が間違っています。リバウンドするということは食べた物を消費させることができない、つまり筋肉が少ないから引き起こされることが良くあります。

筋肉を付けることで消費カロリーが高まるので、食事量が変わらない場合でも筋肉があれば同じように太ることはなくなります。

リバウンドしてしまう方は筋トレを行うことが大切です。

15.週に1度でも効果があるので習慣化させよう

大切なのは習慣化です。毎日筋トレをしなくても1週間に1度でもいいのです。継続をすることで体は必ず変化します。

また続けられない人の多くは、方法が間違っていたり、効果が実感できない場合が多いかと思いますが、正しい知識を身につけて行えば、必ず効果を実感出来て継続するモチベーションも高まるはずです。

継続をすることで体の内面も外側も美しくなっていきます!

この人すでに40歳超えてたはず!?

筋トレダイエットをもっと勉強したければ以下から記事を探せます!

女性にとって筋トレ、運動、ダイエットは正しい方法を取り入れれば必ずといっていいほど綺麗が手に入ります。

もし、これから始めるからよく分からないといった人なんかは、レスパスを活用しながら自由な時間で気軽に筋トレやダイエットを初めてみるのもいいかもですね!

その中で、自分の目的にあった正しい方法なんかも分かってくるはずです。

ちなみに女性にとっては、バストアップの筋トレなんていうのも確認しておくと良いかもですよ!

ご紹介した女性の筋トレについての方法や注意点を理解して実践していけば、綺麗になることができるはずですよ。

スポンサーリンク

シェアする