腹筋割る方法を紹介!短期間で簡単に効果がある筋トレってあるの?

腹筋を鍛える

スポンサーリンク

腹筋が割れているというのは一種のステータスといっていいほど見た目を良くみせてくれます。

誰もが憧れるカッコイイ腹筋を目指す為には長期間のトレーニングや筋トレが必要なの?と思うかもしれませんが、実はある工夫と方法を取り入れれば短期間でも腹筋を割ることができちゃいます。でも、そのためにはいくつかのコツを知っておくことが大切です。

腹筋を割るためのコツを理解して、いつでも人に見せられるお腹を用意しておきましょう!

腹筋割るトレーニングを知りたい人にオススメの情報をご紹介します。腹筋の筋トレで理想のお腹を手に入れましょう!

スポンサーリンク

短期間で腹筋割るポイントとは?

短期間でも腹筋を割る方法はあります!しかしその為にはトレーニングの意味と効果について正しく理解することが大切です。

一般的に、短期間で腹筋を割るためには自分の体重で行うトレーニングではほぼ意味がないといっていいでしょう。沢山紹介されている「自分の体重で行うトレーニング」では負荷が弱く、結局の所、長く続けないと効果がないといので、短期間で考えた場合は腹筋を割ることは中々に難しくなってきます。

また、後ほどお伝えしますが、短期間で腹筋を割るためには、筋トレだけではなくてダイエットも必要になります。

話を戻しますが、短期間で腹筋を割るには自重筋トレではなくて、ウェイトを利用した筋トレがおすすめ(というより必要?)になります。そして、しっかりとこれ以上は出来ない!という程度まで筋肉に負荷を与えましょう。筋肉痛になることは短期間での効果を考えた場合は必須です。正しいトレーニングは短期間でも大きな効果を生み出します。

短期間で腹筋割るポイントを簡単にまとめると

  1. ある程度のウェイトを使うこと
  2. 筋肉痛になるまで追い込むこと
  3. トレーニングだけじゃなく場合いよってはダイエットも必要(※後述)
出典 www.theblissery.com

出典 www.theblissery.com

「簡単」に腹筋を割るポイントとは?

腹筋を鍛える際に注目して欲しいのが、腹筋は大きく分けて上腹部と下腹部で分かれているということです。

クランチやシットアップは基本的には上腹部に効果があり(※体を上げる角度によって異なってくる)、V字腹筋、足上げ腹筋などの下半身を動かす場合は下腹部に効果があります。

つまり両方バランスよくトレーニングしないと腹筋を割る為に最大の効果を出すことが出来なく、綺麗に腹筋を割ることが出来ないので気をつけてください。

ただ単純に腹筋を割りたいからやみくもにトレーニングをするのではなく、お腹周りがどういう状態になっているのかによって集中するポイントを決めて、トレーニング内容も見直すことが大切です。ちなみに、裏技ではありますが身につけて腹筋をシェイプアップさせる【Vアップシェイパー】なんかもあるので、気になる人はチェックしてみましょう。

次のページでダイエットの大切さから具体的な腹筋の筋トレ方法まで説明します。

腹筋割るのに有名なやつね

スポンサーリンク

シェアする