体脂肪率の平均と理想値とは?体内脂肪率を確認して筋トレやダイエット!

体脂肪率の平均 1st

スポンサーリンク

筋トレダイエットを頑張っている皆さん、そして健康に気をつけたいと少しでも考えている皆さんが気になる数値の一つは体脂肪率の平均や理想値ではないですか?

体脂肪率(体内脂肪率)を確認しておくことで、自分がどの程度健康的なのか、毎日の生活に注意しなくてはいけないのか、そして筋トレやダイエットにおいて目標まであとどれくれい頑張らなくてはいけないのか、などが分かります。

それ以外にも体脂肪率を図ることで、自分の筋肉量を確認できたりと、様々な目的に活用できるんです。

そのため、体脂肪率の平均をある程度の基準にして自分の立ち位置を把握しておくことはとっても重要で、特に筋トレとダイエットにおいては、成功へ導くための鍵ともなるでしょう。

そこで、体脂肪率の平均値を確認しやすくまとめてみました。さらには、体内の脂肪率の大まかな評価を表にしてみたので、体脂肪率の理想値まで確認できます。一度確認しておきましょう!

スポンサーリンク

体脂肪率の平均(男女・年齢別)

体脂肪率(体内脂肪率)の平均は、男性・女性、そして年齢によって様々です。一般的な体脂肪率の平均という形(成人男性で17%前後・成人女性で23%前後)でまとめられてしまうことが良くありますが、しっかりと自分の年齢と性別を元に、おおよその数値を確認していきましょう。

体脂肪率の平均値表

年齢 基準 男性 女性
13歳
痩せ <8% <15%
標準(−) 7~15% 15~24%
標準(+) 16~24% 25~33%
軽肥満 25~29% 34~37%
肥満 29%< 37%<
14歳
痩せ <7% <17%
標準(−) 7~14% 17~25%
標準(+) 15~24% 26~34%
軽肥満 25~28% 35~38%
肥満 28%< 38%<
15歳
痩せ <8% <18%
標準(−) 8~14% 18~26%
標準(+) 15~23% 27~35%
軽肥満 24~28% 36~39%
肥満 28%< 39%<
16歳
痩せ <8% <19%
標準(−) 8~15% 19~27%
標準(+) 16~23% 28~36%
軽肥満 24~27% 37~40%
肥満 27%< 40%<
17歳
痩せ <9% <20%
標準(−) 9~15% 20~27%
標準(+) 16~22% 28~36%
軽肥満 23~27% 37~40%
肥満 27%< 40%<
18~39歳
痩せ <11% <21%
標準(−) 11~16% 21~27%
標準(+) 17~21% 28~34%
軽肥満 22~26% 35~39%
肥満 26%< 39%<
40~59歳
痩せ <12% <22%
標準(−) 12~17% 22~28%
標準(+) 18~22% 29~35%
軽肥満 23~27% 36~40%
肥満 27%< 40%<
60歳以上
痩せ <14% <23%
標準(−) 14~19% 23~29%
標準(+) 20~24% 30~36%
軽肥満 25~29% 37~41%
肥満 29%< 41%<

男性と女性の体脂肪率の平均差について

この表で確認できる通り、男性と女性の間では体脂肪率の平均の差がだいたい8~12%程度あります。これは生まれ持った女性と男性の特徴に起因しています。例をあげるとすると、女性ホルモンの働きや出産の目的です。

女性は男性より体脂肪率の平均が高いのは、必要なことなんですね。女性は筋トレやダイエットで、男性レベルまで体脂肪率を下げようとしない方がいいかもしれませんね。

20歳辺りを過ぎると体脂肪率の平均が高くなってくる

表を確認してもらうと分かる通り、20歳辺りを過ぎてくると、特に筋トレなどをしていない一般的な人であれば体内の脂肪率が徐々に高くなってきます。

これも仕方のないことで、20歳前後までは体の成長に伴い筋肉がついてくることによって、筋肉量が増え、体脂肪率は抑えられています。しかし、20歳を過ぎたころから徐々に筋肉量が落ち始め、平均的に10年に3kgの筋肉が落ちていくと言われています。さらには、現代社会では成人になると、座り仕事が多くなる傾向にあります。

結果として、体脂肪率の平均も年齢を重ねる毎に高くなっていくのです。筋トレやダイエットに励んでいる場合は、45歳位までは体脂肪率の推移を低く抑えていくことを容易にできます。

年齢と体脂肪率

※体脂肪率や筋肉についてさらに詳しくしりたければ、体脂肪 vs 筋肉の一般常識の落とし穴:肉体改造SP12回目を確認してみましょう。

体脂肪率の理想とは?体脂肪率(体内脂肪率)の早見表

自分の体脂肪率の立ち位置がわかったところで、その数値がどういった評価になるのか、そして体脂肪率の理想値とはどんなものか、簡単な早見表で確認してみましょう。この数字はあくまでも全人口の体脂肪率を年齢問わず平均化したものに、評価を当てはめたものなので、参考程度にしてください。

評価 男性 女性
神レベル
(体脂肪率少なすぎ!)
普通の人は目指さす必要なし!
2~5% 10~13%
プロレベル
(スポーツ選手並み!)
6~13% 14~20%
誇れるレベル
(外見的にも理想的!)
14~17% 21~24%
平均レベル
(至って平均的)
18~24% 25~31%
危機感感じるレベル
(改善が必要!)
25%< 32%<

体脂肪率の比較

神レベルの体脂肪率

もし体脂肪率が「神レベル」だったあなた!それは、必須脂肪(つまり生命維持のために必要な最低限の体内の脂肪量)しかないってことです。これはよっぽどボディビルの大会に出る前とかでない限り危険なので、もっと体脂肪率を上げましょう!

プロレベルの体脂肪率

プロのスポーツ選手並みの体脂肪率です。結構このレベルを普段から維持するのは大変なはずです。さらには、健康にも悪影響を与える可能性があるため、何か目的がないのであれば、もう少し体内脂肪率を高めても良いです。

誇れるレベルの体脂肪率

体脂肪率の平均値より少し低い値で、外見的に最も見栄えが良い状態だと思います(ボディビル目線などでない限り)。そして、健康的にも体脂肪率が低いことによる悪影響も無いレベルです。つまり、この範囲が体脂肪率の理想となるといっても良いでしょう。筋トレやダイエットに励むなら、このレベルを目標にすると良いでしょう。

平均レベルの体脂肪率

その名の通り、平均的な体脂肪率レベルです。見た目も普通で、健康にとっての悪影響もほぼ無いレベルです。それでも人によっては見た目が多少ふっくらとしていることもある(関取などは別)ので、気になるようなら筋トレやダイエットをして、体脂肪率の理想値である上のレベルを目指してみましょう。

危機感感じるレベルの体脂肪率

体脂肪率がこのレベルなら、危機感を感じてください。もし平均レベルからそれほど離れていない数値ならまだしも、相当数値を超えてしまっている場合は、糖尿病やその他の生活習慣病など、様々な健康リスクがあります。さらには、外見的にも張りがなくなってくるので、気持ちを入れ替えて、体脂肪率を平均程度までは落とすように心がけましょう。

体脂肪率を測定するならこれでどう?

体脂肪率以外にも確認しておきたい記事

いかがでしたか?

体脂肪率の平均は、年齢や性別によって様々なことを再確認できましたか?決して平均値がいつも良いというわけではないですが、一つの基準としてはとても役に立ちます。そして、体脂肪率の理想値を一緒に頭に入れておけば、目標としても設定しやすくなりますね。

自分の体内脂肪率を確認して、必要なら筋トレやダイエット、そして体脂肪を増やさないためにも食事管理も取り入れて、理想の体を手にいれましょう。

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする