バーベルスクワットの効果は腹筋にもダイエットにも効く?ジャンプ力アップなどまさに優等生!

バーベルスクワットには多くの優れた効果があります。筋力アップや筋肉の成長効果は有名ですが、他にも腹筋に効いたり、ダイエット効果が優れていたり、ジャンプ力アップにも良かったりします。

OK barbell squat benefits 1st

スポンサーリンク

バーベルスクワットの効果には腹筋やダイエットなど、とても多くのものがあります。

そのためか、バーベルスクワットはダイエットを目指す人、筋肉を大きくしたいボディビルダー達の中でも真剣に取り組んでいる人達の間では、人気の筋トレ種目。

しかし、いまいちバーベルスクワットの凄さを分かっていない人の間では、大変だからと、あまり筋トレメニューに取り入れられていないのも事実。

そんな、効果大だけど意外に見逃されているバーベルスクワットについて、その優れた効果を確認していこうと思います。

ジャンプ力アップなどにも効果があるので、今までバーベルスクワットに取り組んでいない人も、一度確認してみると良いと思いますよ。

スポンサーリンク

バーベルスクワットの優れた効果とは?

バーベルスクワットの効果1)下半身全体が強化される

OK barbell squat lower body

もはや常識ではありますが、バーベルスクワットは下半身を効果的に鍛えるカギとなります。

レッグカールレッグエクステンションといったマシンエクササイズは、大腿四頭筋やハムストリングスなど、一部の筋肉の強化を目的としていますが、スクワットは実際の生活や運動に必要な筋力を鍛えながら、ほとんど全ての下半身の筋肉を使います。

また、マシンに頼るわけではないので、体の安定性が鍛えられ、左右の足の潜在的なアンバランスにも気づくことが出来ます。

バーベルスクワットをしている際、腰が左右に動いたり、バランスが悪いと感じるようであれば、片足バランスやワンレッグデッドリフトなどを利用して、左右バランスの立て直しから始めることも可能になってくるのです。

バーベルスクワットの効果2)ホルモン分泌を高めて全身に効く

OK barbell squat hormone

体全身を動かすと、テストステロンや成長ホルモンのような筋肉を作るホルモン値が高まります。

特にバーベルを使ったスクワットだとトレーニングの負荷を高めることになるので、より筋肉が刺激されることになり、ホルモンの分泌が盛んになるといった効果があります。

これらのホルモンはアナボリックホルモン(筋肉の合成/同化を促進するホルモン)として、体中あらゆる筋肉に作用するので、下半身だけでなくあらゆる部分の筋肉の成長が促進されていきます。

全身の筋力強化に効果的

あらゆる部分の筋肉の成長が促されていくということは、もちろん全身の筋肉の筋力アップにとても効果的であるということ。

特にスクワットは筋トレにおけるBig3の一つで、筋トレの王様と言われる種目。

パワーリフティングの動きの中にもスクワットが含まれるように、全身の力をバネのように使ってバーベルを挙上していく動作を通し、全身の瞬発力を総合的に高めていく効果を持っています。

全身の筋肉のサイズアップ

バーベルスクワットを通して大量に分泌されたアナボリックホルモンが全身を駆け巡ることで、下半身のみならず全身の筋肉を筋肥大へ導いてくれます。

特に下半身以外の部位も別の筋トレ種目で刺激しておき、そこへバーベルスクワットの効果により分泌されたホルモンを駆け巡らせることで、その筋肥大効果へ大きな助けとなっていきます。

昔のボディビル業界なんかでは、「腕を太くしたければ、スクワットをしろ!」なんて言われることもあったらしいですよ。

バーベルスクワットの効果3)機能的な効果

OK squat functional

スクワット、つまり膝を曲げてしゃがむような動作というのは、陸上で行うあらゆる競技において見られる動作かと思います。

つまり、自重より大きな負荷で行うバーベルスクワットを行って筋力強化を図っておけば、ほぼ全てのスポーツの実戦において、より体をコントロール出来るようになる直接的な効果の獲得が可能。

そんなところもまた、スクワットが筋トレの王様と言われる所以かもしれませんね。

バーベルスクワットの効果4)体幹を強化!

squat and knee pain

スクワットは頭からつま先まで負荷がかかった状態。そこへ、バーベルの負荷を加えていくため、その直立姿勢を支えるには体幹も大きく働いていくことになります。

また、姿勢を崩して怪我をしない為にも、バーベルスクワット中に体幹の働きがとても重要になってきます。

実際、人によってはバーベルスクワットしかやっていないのに、腹筋が筋肉痛になったなんてこともあるぐらいです。

綺麗に割れた腹筋を作り上げるためには、通常の腹筋運動以外にも、スクワットのような体幹に効くコンパウンドエクササイズ(多くの筋肉を使う筋トレ)も欠かせません。

その点で特におすすめなのが、体の前でバーベルを持ち上げるフロントスクワット。体幹を強化してくれ、体の中央部も鍛えてくれます。

▶︎スクワットは腹筋にも効果がある!スクワットの優れた筋トレ効果を再確認

姿勢を改善!

バーベルスクワットの効果として体幹の強化に触れましたが、同時に姿勢の改善にもとても効果的だったりします。

バーベルスクワットで鍛えられる体幹の筋肉は、腹筋以外にも、背中にある姿勢に大きく関わる脊柱起立筋も含まれます。

その結果、普段の姿勢を改善して、颯爽と美しく歩く姿を手に入れることが出来ます。

また、正しい姿勢は腰痛の予防としての効果もありますね。

バーベルスクワットの効果5)柔軟性を高めてくれる!

OK barbell squat strech

多くの人がバーベルスクワットの効果について考える時、筋肉を強くしたり、筋肉を大きくするという効果にばかり目が行きがち。

しかし、バーベルスクワットの動作において、可動域一杯に体を動かすことで、筋肉が強化されるだけでなく、その柔軟性も高まることになります。

深くスクワットすればお尻から腰にかけての可動域が広がります。同時にバーベルを担いで行うバーベルスクワットは、肩甲骨や肩関節、他にも胸筋の柔軟性をある程度高めていくことになります。

結果的に、背中の痛みが緩和されたり、日常のアクティビティやスポーツが楽になるといった効果を挙げていくことが可能になります。

バーベルスクワットの効果6)怪我を防いでくれる

prevent workout injuries

膝まわりや腰まわり、そしてお尻の筋力を高めることが、ジャンプや走行時など、あらゆる立居での動作において、ケガを防ぐ一番の近道です。

バーベルスクワットをすることで、お尻の筋肉やハムストリングス、そして大腿四頭筋が強烈に鍛えられていくことになります。

これらは運動する時に体を安定させる主要な筋肉で、鍛えた結果として怪我のリスクを下げることにもつながってくるのです。

ウェイトの負荷を変えたり、ハーフスクワットフルスクワット、他にもバックスクワットフロントスクワットを組み合わせて、安定した下半身をつくりあげましょう。

▶︎フルスクワットとハーフスクワットの効果とやり方の違いを検証!

バーベルスクワットの効果7)ジャンプ力アップ!

OK jump

NBAの選手たちを見ていると、ジャンプ力は遺伝的な要素が強いようなイメージを持つかもしれませんが、実はお尻の臀筋群をいかに力強く使えるかが鍵だったりします。

そして、バーベルスクワットは、そのお尻を伸展させて力を発揮する筋肉全体を強化するだけでなく、ジャンプ後の着地における衝撃を吸収して和らげるお尻を作る効果もあります。

これによって、ジャンプで起こるケガを最小限にとどめてくれます。

筋力強化のための高負荷のバーベルスクワットと、瞬発力を高めるために、負荷の少ない自重のスクワットを短時間で高回数行うトレーニングの両方を取り入れてみましょう。

以前より高くジャンプ出来るようになってくるかと思いますよ。

バーベルスクワットの効果8)体内を改善!

blood vessel 1st

バーベルスクワットの動作の中で起こる筋肉の収縮と伸展。特に下半身の筋肉を目一杯使うことで、重力で下に溜まりやすい血液を押し上げ、体中の血液循環を促していくといった効果もあります。

体中の血液循環が改善するということは、それだけ体の筋肉や臓器に必要な酸素や栄養を送るということにもなり、体全体の健康を向上させていきます。

さらに、バーベルスクワットを通して各臓器の活動を活発化させ、それによりデトックス作用を高めるといった効果もあるとも言われています。

バーベルスクワットの効果9)脂肪を燃焼してダイエット効果!

diet rebound

脂肪を減らして綺麗な体を手に入れたいと、ダイエットに励む人にとって特におすすめしたいのが、バーベルスクワットの持つ脂肪燃焼効果。

バーベルスクワットは多くの筋肉を使い、さらに成長ホルモンの分泌を高めていくことになるのは既にお話した通り。

その結果、運動中のカロリー消費が高いのはもちろんのこと、成長ホルモンが持つ脂肪燃焼効果によって、より高いダイエット効果を手に入れることが出来ます。

さらに、ある程度の高負荷でバーベルスクワットを行った場合、筋トレ後に起こる「アフターバーン効果」も見逃せません。これは、筋トレ後に高い消費カロリー状態が続いている状態。

ダイエットを考えている人にとって、バーベルスクワットは大きな効果を持っています。

バーベルスクワットの効果10)ヒップアップ効果

OK barbell squat hip up

そして、もちろん忘れてはいけないのがそのヒップアップ効果。

スクワット全体に言えることですが、もちろんバーベルスクワットでも大きなヒップアップ効果が見込めます。

特にバーベルを利用して負荷を高めた状態でお尻の筋肉を鍛えていくので、これまで自分の体重でスクワットをしてみたけど効果が感じられないといった人は、一度このバーベルスクワットを試してみても良いかも。

バーベルスクワットと一緒に腸腰筋を鍛えるレッグレイズなんかをやっておけば、腸腰筋に引っ張られて骨盤の傾きを矯正し、それにつられてお尻が持ち上がっていくので、よりヒップアップ効果が高くなりますよ。

パッドなんかもあるとさらに良しですよ

次の筋トレ記事もおすすめ

バーベルスクワットの効果は腹筋にもダイエットにも効く?ジャンプ力アップなどまさに優等生!のまとめ

バーベルスクワットの効果について、腹筋やダイエットなど、筋肉以外のことも沢山みてきました。

トレーニングするのは少し大変かもしれませんが、だからと言って取り組まない理由はないはず。

今まで筋トレメニューに入れてなかった人は、一度試しに行ってみて、その効果を実感してみましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする