ビスケットオリバのモデル「セルジオオリバ」を語る!オリバーポーズで有名な偉大過ぎるボディビルダー!

biscuits oliva 1st

スポンサーリンク

筋肉LOVEでゴツゴツした筋肉大好きな筋トレ野郎にとって、ある意味憧れであり手本になる存在と言えば、ボディビルダー。

筋トレをやっている一部の熱狂的筋トレ野郎にとっては、この上なく崇拝する存在でしょう。

そして、その崇拝された存在のボディビルダーの中でも、特に神扱いされているのが、ボディビルダーの世界最高峰大会であるミスターオリンピアで優勝した歴代の猛者達。

有名どころで言えば、アーノルドシュワルツェネッガーなんかが有名です。

そして、その中にはあまりにも存在が異質で凄すぎたため、漫画のキャラクターとして登場してしまうような強者もいます。

その一人が、キューバ生まれのボディビルダー、セルジオオリバです。

セルジオオリバは、多くの筋トレ野郎も大好きな漫画、「グラップラー刃牙」のシリーズに出てくる、アンチェインと呼ばれたビスケットオリバのモデル。その存在感は、世界最強の生物である範馬勇次郎も認める存在です。

そんなビスケットオリバのモデルであるセルジオオリバについて、今回、範馬刃牙のビスケットオリバと比較しながら、その偉大さをみていきます!

スポンサーリンク

ビスケットオリバのモデルの偉大さ① 史上最強の広背筋!

sergio oliva back

セルジオオリバの筋肉を語る時に忘れてはいけない偉大な点。それは、細いウエストから上に広がる逆三角形の、ありえない程大きなの広背筋です。

1972年当時で175cm、108kgだったセルジオオリバは、ウエストがたったの71cmに対して、胸囲が146cmと、なんとその落差が75cmもあるんです!

というか、そもそものそのウエストの71cmって、平均身長171cmの日本人の中でも、一番細い部類ですよ。しかも、胸囲と比較して1/2とかってまじでありえません。

そして、その信じられないレベルの胸囲を作っていた秘密が、その背中にある広背筋。

後ろから見るだけでなく、正面から見てもすぐに分かる大円筋と広背筋の厚み、そして幅と、筋トレ野郎としても超絶びっくりな広背筋を持っています。

「範馬刃牙」に出てくるビスケットオリバがするオリバポーズでも、その犯罪レベルの広背筋が描かれていますが、現実世界でもそのオリバポーズは健在だったんです。

ビスケットオリバのモデルの偉大さ② 上腕の筋肉に注目しとけ!

oliver poses

実はあまり語られることがないかもしれませんが、セルジオオリバの筋肉の中でもその上腕にある筋肉がとてもやばいレベルで発達していたりします。

オリバーポーズで上腕を上に上げたときの幅をよく見てみましょう。

なんと!!!その上腕の太さが顔とほぼ同じ幅なんです!というより、むしろ太いぐらいかも!しかも、上腕を伸ばした状態でですよ!(これは、筋トレ野郎視点でみると本当にやばいこと!)

セルジオオリバはボディビルダーの中でも、ポージングに非常に優れたベストポーザーだと言われていて、いろいろなポーズの画像があります。そして、そのすべてのポーズで上腕の迫力が伝わります。

しかもダブルバイセップスポーズでは、上腕二頭筋が山のように盛り上がり、上腕三頭筋はあまりの太さから、まるで垂れ下がっているような印象さえ受けます。

一般的にボディビルダーのポーズは、腕を広げるポーズではその欠点が見つかりやすいと言われています。というのも、腕を広げるということは、上半身の筋肉を完全に収縮せずにさらけ出すということなので、隠しようがありません。

しかし、セルジオオリバの場合は逆に、その強さをさらにアピールすることになっているんです!

ビスケットオリバのモデルの偉大さ③ 大腿四頭筋が!

sergio oliva back muscle

オリバーポーズで上半身に目が行きやすいセルジオオリバですが、実はその下半身、特に大腿四頭筋の充実度もハンパないんです。

そのサイズは80cm以上だと言われています。つまり一本の足が、ウエストより太いってこと!細いウエストからウエスト以上のぶっとい脚が、2本出ているという感じなわけです。

さらにオリバーポーズはバックポーズで行うこともあり、その画像ではハムストリングスとカーフ(ふくらはぎ)の充実度も高いことから、セルジオリバの下半身は大腿四頭筋だけでなく、ハムストリングスとカーフもキチンと鍛えられた、まさに完璧な下半身になっていることが分かります。

この安定感が、「範馬刃牙」の中でも、その強さにつながっていたんですねー!

ビスケットオリバのモデルの偉大さ④ シュワちゃんを破った「漢(おとこ)」である。

sergio oliva vs arnold

そんなビスケットオリバのモデルとなったセルジオオリバ。実は、その業績の中にも偉大な点を見つけることができます。

それは何と言っても、当時破竹の勢いを持ってのし上がってきたボディビルダー、アーノルドシュワルツェネッガーを、ミスターオリンピアで破ったという点です。

1965年からスタートしたミスターオリンピアは、ボディビルダーの世界最高峰の戦いで、初代チャンピオンはラリースコットという、バランスとシンメトリーに優れたイケメン選手でした。

その2代目のチャンピオンがセルジオオリバです。初めてステージにランナップした時の、怪物のようなフィジークを見た観客の動揺はすさまじかったそう。そして、そのオリバを追うようにして現れてきたのが、アーノルドシュワルツェネッガーです。

その当時のアーノルドシュワルツェネッガーも既に相当なバルクで、1968年にセルジオリバに挑んできました。

結果は、その後伝説的なボディビルダーになるシュワちゃんを蹴散らし、セルジオオリバの勝利!

お互いに細いウエストから広がる広背筋と、発達したバルク、そしてバランスのいい筋肉でしたが、怪物的なフィジークという点で、セルジオオリバに軍配が上がったようです。

これが、アーノルドシュワルツェネッガーにとって、ミスターオリンピアでの唯一の黒星になったんですよ!

ビスケットオリバのモデルの偉大さ⑤ トレーニングと超回復力がハンパない!

sergio oliva supercompensation

セルジオオリバの偉大な肉体を作ったものと言えば、もちろん彼が行っていた筋トレ。

そのトレーニング方法として有名なのが、全身が満遍なく週に2回鍛えられるように組まれた、分割法を取り入れた筋トレメニュー

そして、追い打ちをかけるように、他にもありとあらゆるテクニックを使っていたよう。

例えばハイボリュームやスーパーセットで組んだ筋トレメニューに、5レップ×5セットのメニュー、そして、拮抗する筋肉を一度に一気に鍛えるなどの工夫も追加して、筋肉をイジめまくっていたようです。

現在のボディビルダーも、筋肉の疲労具合を考えて分割法を取り入れますが、セルジオリバの場合は、他の人がやったら絶対オーバーワークしそうな密度で、分割法を行い、各部位を集中して鍛えていたようです。

しかし、オーバートレーニングに陥らずに、それをすべて自分の筋肉に変えていけたということを見ると、通常の人にとってはやり過ぎなレベルが、セルジオオリバにとっては最適なトレーニングレベルだったんですね。

見方を変えれば、筋肉の超回復もハンパなかったというわけです!

ビスケットオリバのモデルの偉大さ⑥ リアルなオリバも漫画のオリバ並!

出典:ameblo.jp

出典:ameblo.jp

ビスケットオリバのモデルとして、セルジオオリバの有名なオリバーポーズが「範馬刃牙」に使われた訳ですが、実は漫画にある他の描写やポーズでさえも、実際のセルジオオリバの雰囲気そのままだったりします。

普通マンガになった時点で、ある程度見た目を盛るのは当たり前だと思うんですが、セルジオオリバの場合は、本当にビスケットオリバにそっくり!

筋肉の塊として、丸まっているようなビスケットオリバが「範馬刃牙」の中で描かれていますが、実際セルジオリバが同じポーズをすると、まったく同じように見えるはず。

というより、むしろ逆で、マンガを参考にしてセルジオオリバが身体を作ったような気さえするレベルですよ!

もしもセルジオオリバの凄さを現在でも確認したければ、「範馬刃牙」を読んで見ると良いかもです!

ビスケットオリバのモデルの偉大さ⑦ 伝説が多い筋トレ野郎

biscuits oliva eat

最後にセルジオオリバの偉大な点として、彼には伝説が幾つもあることが挙げられます。

例えば、ある日夫婦喧嘩になった時に、「奥さんに拳銃で撃たれたのに生きていた」とか。しかも5発もですよ!!!

他にも、それまでのボディビルの世界は、白人しか評価されていない世界であったのに、突如として、そのモンスター級の筋肉を携えて現れ、差別がある中で周りを黙らせ、一気に非白人として世界の頂点に上り詰めたという功績。

そして、「範馬刃牙」のマンガでビスケットオリバとして描かれた際に、負傷した体を回復させるためにステーキとワインを大量(10万kcal!)に摂取して、治療を促進したという描写があります。

実際のセルジオオリバも、とにかく大量のカロリーを摂取して、オーバーワークになるほどのトレーニングを行い、不要なカロリーは燃焼させながらあの大きな筋肉を作っていたそう。

そんな、伝説や功績をいくつも持つセルジオオリバには、やはり偉大さを感じられるにはいられないですね。

オリバの筋肉を家に置いとく?

次の伝説のボディビルダー達も一緒に確認してみましょう

いかがでしたか?

ボディビルダーの中でも偉大な存在で、グラップラー刃牙シリーズに、めちゃくちゃ強いキャラクターとして描写された、ビスケットオリバのモデルであるセルジオオリバについて、見てきました。

その偉大な功績や、彼の筋肉は、筋トレを行っている者にとっては本当に尊敬に値するものだと思いますよ!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする