ボブサップの握力や筋肉を筋トレ視点で解説!実は優しい心の持ち主?現在の様子まで

ボブサップの握力や筋肉を筋トレ視点で見ていきます。実は優しい心を持つボブサップが格闘技で活躍出来なかった原因や現在の様子までも見ていきます。

bob-sapp-1st

スポンサーリンク

ボブサップの握力や筋肉の衝撃と言えば凄まじいもの。そのボブサップを知っていますか?

超巨大な体(約200cm)と圧倒的な筋肉量(体重155~165kg)を持った、元アメフト出身の格闘家兼コメディアン(?)兼タレントですね。

日本で初めて紹介された時は、格闘技界のみならず、筋肉業界をも揺るがすほど衝撃的なもので、「ザ・ビースト」というあだ名を付けられ、筋肉LOVEの多くの筋トレ野郎達の注目も一気に集めました。

そんなボブサップ、格闘家としてはその優しい生活のためか、残念ながら大成しなかったものの、今だにその迫力ある握力や筋肉を武器にして、格闘家を続けながらそれ以外の分野でも活躍しています。

今回は、そんな筋肉ダルマの象徴であるボブサップの筋肉について、その握力や他の特徴などについて、筋トレ野郎が解説していきます。

後半では、現在のボブサップの様子も簡単に紹介していこうと思うので、筋肉に興味がなくてもボブサップのことが気になったら一度確認してみましょう!

スポンサーリンク

ボブサップの筋肉について語ってみる

ベンチプレスは250kg超を持ち上げる大胸筋!

bob-sapp-chest

ボブサップってどの筋肉も大きくてすご過ぎるので、敢えてどこかの部位を挙げていくのが難しいんですが、その中でも一番最初に挙げたいのが大きく張り出した大胸筋。

しかも、ただ大きいだけじゃなくて、ベンチプレスも250kg超(一部では260kgとも言われる)を持ち上げられるらしく、とてもパワフル!

まあ、体重も160kgはあるようなので、当たり前と言えば当たり前かもしれないですけどね。

bob-sapp-bench-press

特にベンチプレスに関しては、ボブサップ自身も好きだったみたいで、アメフト時代から結構率先してやっていたみたいですよ。

そして、そんな大きく発達したボブサップの大胸筋について、何が一番凄いかと言えば、リングに登場した時のボブサップのメインポーズ。

十字のポーズの時に、腕を大きく広げても大胸筋が盛り上がりまくってるってこと!

bob-sapp-chest-2

普通、胸を大きく広げると大胸筋はストレッチすることになるので、厚みがほとんど出なくなってしまいます。しかしボブサップの場合、あまりにも元々の大胸筋の筋肉量が多いので、ストレッチしても盛り上がってるんですよ!

ここまで大胸筋があるなら、是非ボディビルのサイドチェストのポーズが見たいところ。アーノルドシュワルツェネッガー並みの大胸筋の盛り上がりを実現できるような気がしますよ!?

力強いけど意外に強すぎることはない握力

bob-sapp-apple

ボブサップって日本でデビューした当初、よくりんごを片手で割って自分の力をアピールしていたの覚えていますか?

まあ、普通に見たら凄く強力な握力ですよね?

しかし、あれだけの肉体から想像すると、握力も100kgなんて余裕でぶっちぎってそうなんですが、ボブサップ本人が言うには、実際のところ「90kg前後」ってところらしいです。

「普段は85kgから88kgくらいで、調子がいいときは90kg」らしいんですよ。

アメフト出身で格闘家に転じたボブサップなので、握力を集中的に鍛えることはなかったのかもしれないです。

そう考えると、もしかしたら握力90kgというのは、ボブサップが生まれ持つ素の状態での力なのかも。そう考えると、確かに集中して握力を強化してないのに90kgは凄いですね。

まあ、普通の人ではほぼ不可能なりんご割りでさえ「握力65kg前後あれば可能」と言われているので、そもそも90kgの握力も半端ないレベル。

もしもボブサップが握力を本気で鍛え始めたら、100kgなんて余裕で超えていきそう。是非COCグリッパーのNo.4とか目指して欲しいですねー!

デカすぎて防御力が半端ない肩周りの筋肉

bob-sapp-shoulder

ボブサップってメンタルが格闘家向きでないので、どうしても格闘技で打たれ弱いところを見せてたんですけど、実際は肩周りの筋肉が大きく発達しまくっているので、ほとんどの打撃に関しては致命的なダメージになっていないと思うんですよ。

その肩周りの筋肉とは、首から肩と背中にかけて広がる僧帽筋と、両肩についている三角筋。

ボブサップの格闘シーンを見るとガードを上げて固くしているのが分かります。

bob-sapp-fight-scene

この状態で他の選手がボブサップの顔面を捉えようとすると、その大きく肥大した三角筋や僧帽筋がパンチの邪魔をして、ボブサップ自身は大したテクニックを持っていなくても顔面にパンチが届かない。届いたとしても、ほとんど威力が削がれている状態になってるんですよ。

いくらヘビー級の選手とはいっても、ここまでの三角筋や僧帽筋を持った選手はなかなかいないです。ある意味ボブサップにしか出来ないガード方法だとも言えるかもしれません。

しかも三角筋はどの角度から見ても発達しているので、前方からのストレートや側面からのフックにも充分対応出来るし、僧帽筋が発達しているってことは、万が一パンチを顔面に食らっても脳の揺れを抑えることにもつながりますからね。

これだけの発達した肩周りの筋肉によって、圧倒的に身体的な防御力を兼ね備えたボブサップなので、もしも格闘家としてのメンタルが備わっていれば、活躍出来たことは間違いないでしょうね。

瞬発力抜群な下半身の筋肉!

bob-sapp-legs

そして、ボブサップの筋肉の凄さとして良く話題に上がるのが、あの体格にも関わらず、100mを11秒台で駆け抜ける下半身の筋肉。

上半身ばかりに目がいきがちなボブサップの筋肉ですが、元々のベースがアメフトなだけに下半身の充実度もハンパなかったりします。

もちろん100mを11秒台で駆け抜けるのは素晴らしい。

しかしそれだけでなく、実際の試合の中で、当時、総合格闘技の王者だったノゲイラに三角締めを決められそうになった際、いとも簡単に立ち上がって、そもままノゲイラを投げ捨てるかのように振り払った動作。

この動作を行うには、下半身の筋肉の力も超強力でないと出来ない。

bob-sapp-squat

フロントスクワットで下半身を強化するボブサップ

つまり、自身の体重とノゲイラの体重をプラスしても立ち上がれる超力強い下半身の筋肉があるってこと。

確かに格闘技のパンツからときおり見え下半身の筋肉を確認すると、大腿四頭筋とハムストリングスの幅が凄いのが分かります。

ボブサップのスクワットの最高記録がいくつなのかも気になるところですね〜!

もちろんぶっとい腕も忘れずに

bob-sapp

ボブサップの筋肉を語る時に忘れてはいけないのが、その上腕の太さ。体格も体格なので意外に目立たず、忘れがちなんですが、ボブサップの腕はとにかく太い。

上腕の腕周りなんて、一時期60cmを超えていたらしい。

これがどれだけ凄いかと言うと、ボディビルの元王者のロニーコールマンと2015年の王者のフィルヒースの腕周り56cmよりもデカイってこと。つまり、世界最強のボディビルダーよりも腕が太いってことなんですよ!

bob-sapp-arm

もちろん、このボディビルの王者達の身長がそれぞれ180cmと175cmであると言うことを考えれば、ボブサップの身長は200cmあると言われているので、理解出来ないこともないですが、それでも凄い。

上腕の前面にある力こぶを作る上腕二頭筋はもちろんのこと、上腕の裏にある上腕三角筋までもが強烈に鍛えられていますからね。

結果的に、上腕二頭筋は腕を伸ばした状態でも、その太さが確認出来るし、上腕三頭筋に限っては、何か別の生き物が上腕裏にくっ付いているような感じになってしまっています。

筋肉を愛する者としては、ここまでの腕を手に入れてみたいですねー!

ボブサップがこれほどの筋肉にも関わらず格闘技で活躍出来なかった理由とは?

今まで見てきた通り、圧倒的な筋肉を兼ね備えたボブサップ。しかし、格闘技においては、あまり活躍出来ていません。

その理由を筋トレ野郎的視点で分析してみようと思います。

ボブヤサップは優しい心の持ち主!?

bob-sapp-kind

ボブサップがあれほどの筋肉を持ちながら、格闘技で活躍出来ない理由の一つに優しい性格っていうのがあると思うんですよ。

普段はとても優しい気性の持ち主らしく、どちらかというと、とても穏やかな人。

そんな優しい心の持ち主なので、格闘家として相手を痛めつけたり、痛みに耐えるというのは、元々の気性的にあっていないんでしょうね。

そんな優しい性格なのに、あそこまでの筋肉を持って生まれてしまったのが、ボブサップを格闘技で苦しめた最大の原因だと思います。

ボブサップはその優しい性格や、お茶目な性格を存分に発揮出来るタレントとしての活動の方が、絶対に向いていると思いますよ!

器用で頭も良いのが格闘技での活躍を阻んでいる

bob-sapp-intelligent

さらに、ボブサップって実はとても頭が良く、なんでも器用にこなせちゃう人だって知ってましたか?

例えば大学では社会学と薬学を専攻。卒業した大学はワシントン大学で、州立大学のトップ校で形成される「パブリック・アイビー(UCバークレーやミシガン大学などの一流校が含まれる)」の一つ。

しかも、本来4年間のところを、3年間で特進卒業してしまうという秀才!それでいて、アメフトの奨学生として大学に入学し、活躍してたっていう・・・。

つまりボブサップは、多才でいろいろな方面で能力を発揮することが出来る、超器用で優秀な頭脳を持った人間ってこと。

それはとても良いことなんですが、逆にその器用さがボブサップを格闘技で大成させることを阻んでいたような気がします。

格闘技で活躍しようと思ったら、他に格闘技に人生を賭けているたくさんのファイターと争う必要があります。そして、器用さよりも闘争心や孤独に耐える力、さらに自分を極限まで追い込む力が必要。

元々なんでも器用にこなせたボブサップは、他のファイターと比べて、最後の踏ん張りが利かなかったんだと思いますよ。

一つのことを極めるには、元々の才能より最後は意識の差が重要になってくるってことですかね。

ボブサップの現在の様子や情報まとめ

OK bob sapp recent

ボブサップについて、現在の様子やニュースなどをここではまとめていきます。

ボブサップに関するピックアップしたい情報があれば、随時アップしていくので確認してみてください。

下の灰色の各「項目」タブをクリックするとコンテンツを閉じることが出来ます

項目1:現在のボブサップピックアップ動画

結構面白いらしいよ

次の有名人の筋肉&筋トレ記事もおすすめ!

ボブサップの握力や筋肉を筋トレ視点で解説!実は優しい心の持ち主?現在の様子までのまとめ

ボブサップの握力や筋肉、他にも格闘技で活躍出来なかった理由や現在の様子などをまとめてきました。

ボブサップは、筋肉&筋トレ視点で見るととても興味深い存在。そんな、筋肉の象徴的存在であるボブサップの活躍を、これかも楽しみにしていきましょう。

ボブサップの最新情報でピックアップしたいものなどがあれば、更新していくので気になったらたまに確認してみてください。

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする