筋トレダイエットは体型別に!肥満体型の対策とは:肉体改造SP8回目

body types

前回の記事、筋肉やダイエット、遺伝子の関わりは???肉体改造SP7回目

スポンサーリンク
では、遺伝子が肉体改造(筋トレやダイエット)に与える影響を幾つかのポイントに分けて説明しましたが、生れついて持った自分の体の特性や特徴を理解して肉体改造に励むことが筋トレダイエットで効果を最大限に引き出す一番の近道であるようです。

生まれついた体型は、フォトスコピック方(photoscopic method)、つまり外見の特徴などを確認することによって基本的に次の3つに分類できるとされています。

  1. 肥満体型(内胚葉型)
    • 柔らかく丸みを帯びており大きくて重い体つき
    • 脂肪を減らすのが大変な場合が多い
  2. がっちり体型(中胚葉型)
    • 生まれつき筋肉が発達しておりアスリート的な体つき
    • 筋肉を発達させるのが容易な場合が多い
  3. 痩せ型(外胚葉型)
    • 細身な体型
    • 新陳代謝の速度は速く体脂肪率も極端に低い場合が多い

もちろん、どれか一つの特徴しか持っていない人は珍しく、通常はこの体型の組み合わせが一般的です。例えば、筋肉を簡単につけられると同時に脂肪も簡単についてしまう人は、肥満体型とがっちり型の2つの特徴を持っていると言って良いでしょう。パワーリフトの選手やプロレスラーに多いタイプです。

ここで最も重要なことは、自分の体において最も支配的な体型を理解して、目標とする肉体改造へどのように対策をして実行をしていくかということになります。

前置きが長くなりましたが、今回は、肉体改造を成功させる上で注意が必要な肥満体型の特徴や傾向をお話ししていきましょう。

スポンサーリンク

肥満体型の特徴と傾向とは?

既に簡単にご紹介したように、肥満体型は生まれつき丸みを帯びて太った体のタイプです。肥満体型の傾向として簡単に体重が増えてしまう反面、体重を減らすには時間がかかってしまいます。体重を減らしたと思ったらすぐにリバウンドで太ってしまう、そしてまた体重を減らしてといったサイクルに陥りやすい傾向にもあります。肉体改造においては一番効果を出すのに努力が必要なタイプです。

出典 www.build-the-body.com

出典 www.build-the-body.com

肥満体型の特徴と傾向まとめ

  • 生まれつき体脂肪率が高い
  • 通常骨太で大きな関節を持っている
  • 手足は短く比較的小さめな場合が多い
  • 柔らかく丸い輪郭の体型
  • ウエストとヒップは比較的太め
  • 基礎代謝は低め
  • 炭水化物寛容性は低〜中レベル
  • 炭水化物摂取を抑えながら高タンパク質摂取をするのがオススメ
  • 余った摂取カロリーを脂肪として蓄えやすい体質
  • 体重を減らすのが難しい傾向
  • 筋トレや運動を止めると脂肪が簡単につきやすい
  • 低カロリーダイエットを行っても体重減少が比較的遅い
  • 長い有酸素トレーニングを多めの頻度でやることがベスト
  • 体脂肪を落とした後も維持に気をつける必要あり
  • 眠りやすい、深く眠りやすい
  • 動きが遅い、疲れやすい、エネルギッシュになりにくい
  • あまり活発でない、ニート(NEAT)レベルが低い※ここでいうニートとは運動以外の日常の活動によるエネルギー消費量のこと(詳しくは、低カロリーダイエットを避けるべき10の理由:肉体改造SP4回目を参照)

肥満のサイエンスなるものがあるらしい。。。
肥満のサイエンスなるものがあるらしい。。。

これらの特徴を踏まえて肥満体型の人が肉体改造を成功させるための筋トレやダイエットの生活習慣における戦略はどのようなことを考えて行きべきでしょうか?次のページから詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

シェアする