低カロリーダイエットを避けるべき10の理由:肉体改造SP4回目

low calorie diet 1st

スポンサーリンク

前回の記事、肉体改造SP3回目:ダイエットが効果ないのはなぜか?回答あり!では、なぜ一般的なダイエットが長期的に見ると効果がないばかりか実は結構リスクがあるということをお話しました。

結構一般的に言われる食事制限をしたダイエットを行なっている人がいるかと思いますが、食事制限だけで筋トレを行わないダイエットだと、気をつけないと逆に今以上に痩せにくい体になってしまいかねないので気をつける必要がありましたね。詳しくは前回の記事を御覧ください。

今回は、一般的なダイエットとくにきつい低カロリーダイエットを避けたほうが良い理由をより詳しく10のポイントに分けてまとめていきます。もし、今かなり摂取カロリーを抑えた低カロリーダイエットだけをやって肉体改造を行おうとしている人がいたらチェック必須ですよ!

スポンサーリンク

1. ダイエットは空腹感を増すだけではなく食物に対する渇望を強化してしまう

ダイエットを始めるにあたって、多くの人がダイエット中はある程度の空腹感を感じると予想するかと思いますが、摂取カロリーを極端に制限した低カロリーダイエットを実行した場合、強烈な食事に対する欲望を感じることになると思います。結果として、常に頭の中では食べることに関してのみ考えてしまうようになり、他のことが手につかなくなったり、結局その強烈な欲望のためある時に堰を切ったように今まで摂取できていなかった食事を摂取しようとする行動に無意識的に出てしまう可能性がとても高くなります。

なぜ、このような行動に出てしまうかというと、意志が弱いという単純な理由ではなく、極端に摂取カロリーが足りなくなると体内にある10種類以上のホルモンが空腹を強烈に感じて、食料摂取の行動を促すように神経に影響してくるからです。常に食べ物に囲まれた現代社会では、このような体の状態になった時に、意志で食料に対しての葛藤を押させることが出来なくなり、一気に食べ物を摂取してしまう行動に出てしまうことが良くあるのです。

food craving

2. ダイエットは新陳代謝を低下させる

新陳代謝の根本は体を休めている時(つまり体を動かしたり、頭を使っている時ではなくて寝ている時など)にどれ程のカロリーを消費出来るかです。体重が痩せれば痩せるほど、基本的には体内細胞の数や体積が減るので消費カロリーも減っていきます。

ここで気をつけなくてはならないのが、穏やかな体重現象(例:月に2キロ程度など)であれば、基本的には細胞の数や体積に比例して消費カロリーも減っていくことになりますが、体が急激な体重現象を感じた場合に、本来は体を守るための機能である、エネルギーの代謝調節機能(adaptive thermogenesis)というものが働き始めます。

代謝調節機能が急激な体重現象に対して働き始めた場合、無駄なエネルギー消費を極力減らすように体が自動的に調節され、エネルギーの消費(新陳代謝)を極力低下させるようになるため、結果として体重が落ちにくくなってしまいます。

3. ダイエットは筋肉量の低下リスクを招く

摂取カロリーが不足してくると、体は生命機能を守るために自動的に体内でエネルギーを大量に消費する部分の活動を抑えていったり、小さくしていったりします。ここでまず体が目を付け始めるのが筋肉です。筋肉は体の中でも特に消費カロリーも多く、同じ体積に対してたの組織より重いため、体にとっては消費カロリーを低くするためには筋肉量を減らすことが簡単な方法になるのです。

筋トレを行わないで低カロリーダイエットだけを行った場合、通常は体重減少分の30~50%が実は筋肉の減少分となります(とても大きなロスですよね!)。特に摂取カロリーが気になるからといってプロテイン(タンパク質)の摂取を控えたりすると、筋肉の減少割合がより大きくなってしまうので、気をつける必要があります。

reduce muscle

4. ダイエットはNEATを減少させる

NEATといっても仕事も勉強もしないニートではないですよ。NEATとは別名、Nonexercise activity thermogenesisと呼ばれ、「筋トレなどの運動によるものではなく、普段(日常生活)の活動中に発生する熱量」を指します。例えば、歩く、買い物をする、仕事をする、立っている、宿題をしている、喋っている時などに消費するエネルギーです。

もちろんNEATによるエネルギー消費量は個別には多くのエネルギーを消費しませんが、積み重ねていくと非常に大量のエネルギーを消費することになります。急激に低カロリーダイエットを行う場合、このNEATも低下することが研究によって分かっています。結果として、多くの場合無意識的に無気力状態が続き、低下したNEATの状態だと筋トレやその他のトレーニングをしても高い効果が得られなくなりやすいため、気をつけなくてはいけません。

5. ダイエットはエネルギーを低下させ仕事能力も制限する

お話してきたように、基本的には低カロリーダイエットは活動量を全体的に減らしてしまう負の効果があります。もちろん、中には例外の人もいるかと思いますが、エネルギーが低下した状態では、そもそも筋トレを行ってダイエットで減ってしまう筋肉量を維持しようと頑張っとしても、疲れやすく、持続力がなく効果も出なくなってしまいます。

そして、日常生活においても普段の生活なかで注意力が散漫になったり、集中力が続かないなど、仕事にも悪影響が出始めます。脂肪を燃焼させるためには、極端な低カロリーは控え、栄養をしっかりと摂取して、しっかりと筋トレを行うことが重要になります。

6. ダイエットは甲状腺ホルモンを低下させる

低カロリーダイエットはホルモンレベルに多大な悪影響を引き起こす可能性があります。特に、甲状腺は新陳代謝を促すための甲状腺ホルモンを分泌しており、甲状腺の機能を維持することは1)脂肪燃焼と2)健康体を保つためにはとても重要な要素となります。

甲状腺ホルモンの低下は低カロリーダイエットを開始後、1週間で確認ができます。ちなみに、低カロリーダイエット開始後1週間というのはまだ目に見えた体重現象が始まっていない段階です。つまり、甲状腺ホルモンは低カロリーダイエットの結果を実感出来る前からすでに始まってしまうのです。甲状腺ホルモンの分泌を低下させないためにも、極端な低カロリーダイエット、特に炭水化物の極端な摂取制限は気をつける必要があります。

食べて痩せるのが重要です

スポンサーリンク

シェアする