ボルダリングの効果10選!初心者でも痩せる目的でもOK!もちろん筋肉強化にも!

ボルダリングの効果を10個に分けて紹介していきます。初心者でも楽しめ、痩せる効果もあったりと、多くの人におすすめなボルダリング。もちろん筋肉をつけるためにもおすすめです。

スポンサーリンク

ボルダリングの効果について紹介していこうと思います。

ボルダリングと言えば、ここ最近人気になっている、人工的な壁を登っていくロッククライミングのようなスポーツ。

安全に楽しみながらも体力の強化に優れているとして、競技人工も増えており、全国にボルダリングを出来るスペースが増えてきています。

そんなボルダリングは、まだまだ経験が浅い初心者であろうが、はたまた痩せる目的であろうが、とても優れた効果を持っていたりします。

そして、筋肉を強化していきたいといった筋トレニーズにも答えてくれる全身運動だったり。

今回は、ボルダリングが持つ優れた効果について紹介していこうと思います。ボルダリングに少しでも興味がある人は、ぜひ確認しておいてください!

スポンサーリンク

ボルダリングが持つ優れた効果10選

ボルダリングの効果1)有酸素運動と筋トレの組み合わせ!

ボルダリングの初心者であっても簡単にイメージ出来るのが、ボルダリングには有酸素的な運動と筋トレのような筋肉を使う運動が含まれるっていう点。

例えば、ボルダリングを行っている最中に心拍数が高まったり、腕や太ももの筋肉がプルプル震えてくるなんてのことは日常茶飯事。

クライミングをするために上半身の筋力を使って身体を引き上げたり、下半身や体幹の力でバランスを維持したりといった動作を長時間繰り返していると、心肺機能の強化、スタミナアップ、筋力強化などの多くの効果が出てくることに。

有酸素運動と筋トレが合わさった総合的な身体トレーニングとして、大きな効果がボルダリングにはあるのです。

ボルダリングの効果2)初心者も上級者も一緒に出来る!

多くのスポーツでは、初心者と上級者が一緒に楽しむのは案外難しかったりしますよね?

しかし、ボルダリングに関しては、初心者も上級者も一緒に楽しむことが出来るといった利点があったり。

それぞれのホールド(ボルダリングの壁についているカラフルな石)をよく見ていくと、掴みやすいものや掴みにくいものがあり、また、着色されている色がルートの難易度を示していることに気づきます。

そのため、ボルダリングの初心者であろうが上級者であろうが、同じ場所で、自分のレベルにあったルートを辿っていくことができ、上まで登っていくという同じ目的を共有しながら一緒に楽しんでいくことが可能なんです。

ボルダリングの効果3)全身の筋力アップ&筋肉の引き締め!

ボルダリングではトレーニング中に、様々な異なる筋肉の部位を使っていくことになります。

よく知られたところでいうと、身体を引き上げるために大切な広背筋や上腕二頭筋、そして握力に必要な前腕の筋肉。

しかし、実際には他の筋肉、例えば腹直筋や腹斜筋などのお腹周りの筋肉から、三角筋や僧帽筋といった肩の筋肉、そして、大腿四頭筋やハムストリング、大臀筋やふくらはぎの筋肉といった下半身の筋肉まで、全身のほとんどの筋肉が関わっていくことに。

具体的に、それぞれの部位の筋肉に関しては次の通り。

  • 腕の筋肉
    • ボルダリングを続けるほど、前腕・上腕を含めた腕の筋肉が発達していく。
    • これは、ホールドを握って身体を支える際には前腕の筋肉を、そして上に身体を引き上げる際には、上腕二頭筋が使われていくことになるため。
  • 肩の筋肉
    • 肩の筋肉は腕の動作と連動してボルダリングでは使われていくことになり、壁で身体を安定させるために使われるため、この部位も鍛えられていく。
  • 下半身の筋肉
    • 下半身の筋肉は、ボルダリングにおいて最も重要な筋肉の一つとは言えないかもしれませんが、足をホールドへ引っ掛けて身体を押し上げたり、ホールドに預けた身体を腕と肩の筋肉と一緒に支えるために大切。
    • ただし、ボルダリングが下半身の筋力アップに超効果的とまでは言えないかもしれません。
  • 背中の筋肉
    • 背筋の中でも、特に広背筋・大円筋・僧帽筋(中部・下部)といった筋肉は、「引く力」に関わる主な筋肉。そのため、ボルダリングでは身体を引き上げるときに大きく貢献していくことになります
  • 腹筋
    • 腹筋はボルダリング中の中で、身体の安定感を支えるために重要な部位。

このように、全身の多くの筋肉が関わってくるため、全身の筋肉増強や筋力アップ、そして引き締めに効果が高いのがボルダリング。

ちなみに、初心者の人でも最初は簡単なルートから初めて、徐々に筋力を高めていけば大丈夫なので、全身の筋肉が必要と言っても、気圧されずに初めてみましょう。

ボルダリングの効果4)痩せる効果もある!?

ボルダリングを通して全身の筋肉が鍛えられるということは、それだけ筋肉がついて基礎代謝も高まりやすいという点は理解しやすいかと思います。しかし同時に、ボルダリング中に燃焼されるカロリー自体も高いものがあったりします。

そのカロリー燃焼の量は、体重約70kgの人が1時間ボルダリングを行った場合、およそ800kcal程度と言われているほど。

同じ人が、10kmランニング(中程度の速度である時速10kmで1時間ランニング)した場合、おおよそ700kcal程度燃焼されることを考えると、ボルダリングが持つカロリー燃焼量が高いことが分かります。

つまり、全身の筋肉を引き締めて基礎代謝が上がるために痩せるといった効果と、ボルダリング自身が持つエネルギー消費によって痩せるという効果の二つを、ボルダリングに励むことで期待出来ると言えるかと思います。

ボルダリングの効果5)柔軟性アップ!

ボルダリングは多くの筋肉を使うと同時に、多くの関節も一緒に使っていくことになります。

例えば、ホールドへ足を引っ掛けるために、大きく股関節と膝関節を動かして、脚を伸ばしていったり、斜上にあるホールドを握るために、肘と肩の関節を可動域目一杯に使って腕を伸ばしていったり。

このように、簡単に届くような距離にないホールドを繰り返し手で掴んだり、足で引っ掛けたりするなかで、関節周りにある筋肉やそれ以外の結合組織の柔軟性が求められ、ボルダリングを続けていくうちに、全身の柔軟性がアップしていくことになります。

ボルダリングの効果6)脳力を鍛える!

ボルダリングでは、クライマーが登っていくルートを選ぶとき、常に最適な解を見つけるための問題解決脳力が求められることになります。

自分の体力や筋力を考えた場合、「最も最適なルートはどれなのか?」。

その答えを探すために、クライマーは、自分の腕や脚が届く距離、次のステップに達成するために必要とされる力、現在のエネルギーレベルやルート計画など、常に判断を繰り返していくことになる。

一度新しいホールドを握ったとして、その次にどのホールドを握って身体を移動させていくか、そして移動した後に、思ってもいない難所が現れたりなど、次から次へと新しい情報が脳へ届くことになり、その都度脳は、適切な判断を瞬時にしていくことになります。

この反復練習が、より素早い判断力を養っていくことになる。

つまり、ボルダリングは筋力と同時に脳力も高める効果があるスポーツだってこと。

問題解決能力を高める訓練としても優れているのが、ボルダリングです。

ボルダリングの効果7)ストレスを減らし&耐性を高める!

ボルダリングの効果の一つに、ストレスを減らすっていうものがあります。

例えば、スカイダイイングなどをやったことがある人は分かるかと思うんですが、スカイダイビングにおいては、その瞬間、今行っていることだけに集中することになりますよね?(ジェットコースターに乗っている時を想像してもらった方がいいかも。)

そうすると、普段の仕事のことや、それ以外の悩みを考える暇はなくなります。

そして、これはボルダリングにも言えること。

ボルダリングは、身体が落ちないように自分の身体感覚に集中したり、次のホールドを掴むことに集中したりと、その動作に没頭することがほとんど。

その結果、悩みなどを考える暇がなくなり、頭がリフレッシュすることでストレス軽減につながる効果があると言える。

また、このように、集中力や緊張感が必要な状態ではノルアドレナリンという神経伝達物質の分泌が高まります。

ノルアドレナリンが高まると、身体は様々なストレスに対応しようと働いていき、その状態が繰り返されることで、ストレス耐性も高まるとされる。

つまり、ボルダリングは普段抱えている仕事や人生の悩みといったストレスから解放されたり、ストレス耐性を高くするといった効果もあると言えるのです。

ボルダリングの効果8)慢性疾患を予防!

ボルダリングに含まれる様々な動き、ある意味エクササイズを続けていくことは、心臓病、高血圧、高コレステロール、糖尿病など、慢性的な病気の予防にも効果的。

生活習慣病予防のために筋トレや有酸素運動をすすめられることがありますが、楽しみながら出来るボルダリングは、その点に関する効果も抜群。

将来的な病気のリスクを減らしながら楽しめるなんて、最高の運動じゃないですか?

ボルダリングの効果9)恐れを克服して自信をつける!

恐れは人生を楽しむための最大の障害の一つ。その恐れをどれだけ克服できるかが、人生で目標をどれだけ達成できるかの鍵にもなってきます。

ボルダリングで高い壁を登っていくということは、まさにその恐れを克服するという連続。

常にバランスを失って落下するという恐怖を感じながらも、一つずつホールドを克服していきながら上まで登っていき、同時に高所への恐怖も克服していくことに。

結果として、恐怖を克服しながら一番上まで登り切ることが出来ると、目標に対しての達成感が湧いてきて、同時に自分に対しての自信や自尊心までが高まってくることになります。

ある意味、楽しみながらも、肉体と精神を同時に鍛錬していくような修行に近い効果を持っているのがボルダリングかもしれませんね。

ボルダリングの効果10)子供の頃を思い出す!

最後にボルダリングのとっておきの効果の一つとして挙げたいのが、ボルダリングを楽しんでいると、子供の頃のような感覚を思い出せるってこと!

ボルダリングを楽しんでいる時って、無我夢中にその「遊び」に集中している状態になると思うんですが、その感覚が子供の頃に夢中で何かを遊んだ感覚と似ていると思います。

もちろん、初心者であろうが上級者であろうが関係なく、その感覚を得ることは可能なはず。

大人になると子供ゴコロを忘れてしまう人が多いと言われていますが、ボルダリングを通して子供の頃の感覚を思い出せば、普段何気なく行っていることも別の視点で楽しむことが可能になってくるかもしれませんよ!

ボルダリング用の握力関連の道具なのかな?

次のフィットネス&筋トレ記事もおすすめ!

ボルダリングの効果10選!初心者でも痩せる目的でもOK!もちろん筋肉強化にも!のまとめ

ボルダリングは楽しみながらも優れた効果を享受できる最高のスポーツの一つ。

せっかく体を鍛えて健康増進を図るなら、ボルダリングにも挑戦してみると良さそうですよ!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする