摂取カロリー計算方法のちょっとしたコツ|ダイエットや筋肉作りのためにも!

摂取カロリーの計算方法に関して、もっと簡単に続けやすくするコツやポイントを紹介していきます。ダイエットや筋肉作りを行っている人は確認してみましょう。

スポンサーリンク

摂取カロリーの計算方法が複雑すぎて分からない!」

このように感じて、今まで摂取したカロリーの計算を諦めた結果、うまく食事管理が出来ず、思ったようにダイエット出来なかったり、筋トレをしてもうまく筋肉を増強できていないなんて人は意外と多そう。

確かに摂取カロリーの計算の方法は、工夫もなく行おうとすると、なかなかに面倒くさくて大変。挫折しがちになってもおかしくありません。

しかし、ちょっとした工夫をしたり、現代文明の力を利用すれば、思った以上に簡単に摂取カロリーを計算でき、また継続していくことが出来るようになります。

今回は、その摂取カロリーの計算に関して覚えておきたい、ちょっとした方法やコツを中心に紹介していきます。

後半では、摂取カロリー以外にも大切なポイントも3つほど紹介しているので、一緒に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

摂取カロリーの計算をより簡単に続けやすくするちょっとしたコツや方法

摂取カロリー計算方法のヒント① 普段の食生活をまずは確認!

食事で摂取するカロリー計算を行うに当たり、まずは最も基本的なこととして、普段の食生活がどのようなものかを把握することが大切。

今現在、自分がどのような食生活をしているかを把握し、その普段の食生活をベースに、今後の食事の計画を立てていったり、必要な部分は変更していくようにします。

ちなみに、この段階ではまだ摂取カロリー計算を気にする必要はなし。

とにかく、まずは普段の食事のパターンを理解して、共通項を抜き出し、摂取カロリー計算の土台となる情報収集をしていきます。

ただし、中にはすぐにでも「食事管理を行っていきたい」、「健康的な食事に変更していきたい」といった強いモチベーションを持っている人もいるはず。

そんな時は、食事量は特に変更せず、食事の質を変えるようにしてみましょう。

普段から加工食品やジャンクフードなどを食べる時があるなら、それを自然食品に変えてみたり、糖分の摂取を抑え気味にしてみるなどです。

明確なパターンをいくつか見つけ出す

普段の食生活を確認する際には、普段の食生活を一定期間記録としてまとめ、パターンを見出していきます。

例えば、朝食はご飯ではなくパンを摂取していることが多いという場合、大体一週間にどのぐらいの量のパンを朝食に摂取しているのか?

他にも昼食で良く食べるものは、どのようなものなのか?夕食は?

このような感じで、ノートにでも良いので記録を付けていくことで、普段の食事に一定のパターンがあることに気づくはず。

そしてなかには、大したカロリーがないだろうと思って「時たま食べるおやつ」程度の感覚で食べていたデザートが、200~300kcalしかないと思っていたのに実は倍以上あったなんてことも分かってきます。

他にも、何となく友達と外食することになった夜とか、飲み会に誘われた際、食事に対してどんな行動を取っているのか。例えば、ダメと分かっているのに、ビールの後に手羽先や揚げ物を食べたりしているなどが確認出来てきます。

すると、

  • 普段から良く食べている食事や料理
  • 普段の食事における一定の摂取カロリー範囲
  • 普段の食事以外で油断してしまう摂取カロリーを上げている落とし穴

といったものを把握出来るようになってくるので、今後の摂取カロリーを、より簡単にしていくことが可能になってきます。

摂取カロリー計算方法のヒント② 現代文明を利用する!

普段の食生活のパターンが見えてきて、普段から良く食べている食材や料理のパターンが判明したら、その普段の食生活における摂取カロリーの範囲を大まかに計算していきます。

そして、その計算には、現代世界において、日本であれば誰でも一般的に持っているテクノロジーの力を借りるのがベスト。

そう、摂取カロリーの計算や管理を楽にしてくれるスマホ用アプリの力を借りるのです。

スマホアプリを利用すれば、もはや摂取カロリー計算に複雑な計算方法は不要。

食べ物を食事欄に入力するだけで、スマホの画面が、自分の代わりに摂取カロリーの計算をしてくれ、時間を大幅にセーブできます。

ただし、いくら現代のテクノロジーを用いたとしても、100%正確な摂取カロリー計算を期待出来るわけでない点は注意しておきましょう。

カロリー計算のアプリを利用すれば、普段の食生活で摂取しているおおよそのカロリー計算を簡単に出来るようになりますよ!

摂取カロリー計算方法のヒント③ 基本の食材を中心に構成する

摂取カロリーの計算方法をアプリに頼ったとしても、毎食、正確な食材を入力して測定値を割り出し、いちいち摂取カロリーを書き留めていたら、時間がいくらあっても足りません。

そこで、

  1. 最初に把握した自分が良く食べている食材
  2. 最初に把握した食事に加えた方が良い食材
  3. 又は一部を変更して加えた方が良い食材

から、「最も自然で健康的」であり、「普段から続けて食べていける」食材をいくつかピックアップして、その食材を中心に今後の基本的な食事を組み立てていくようにすれば、

  • 摂取カロリーを記録する方法も簡単になる
  • 当てずっぽうな数値も避けられ、データ入力の手間も省ける

といったことになり、摂取カロリー計算の方法を、より効率的なアプローチに変えていえます。

もちろん、「毎回同じものを食べろとか食べた方がいいとか」ってことではありません。

食材のカロリーや栄養価の数値などが頭に入っている食事の基本ラインナップがあれば、摂取カロリーの計算方法がぐんと楽になりますよってこと。

ただし、毎回同じ食事ばかりでは飽きてしまうので、基本とする食材のラインナップを、定期的に見直して変更していくっていうのも、大切になってきます。

暗記しておくことは忘れずに

ちなみに、その基本としてピックアップした食材(又は食事自体)に関しては、少しだけ努力して含まれるカロリーや栄養素を覚えておくようにするのが大切。

いくら基本となる食材をピックアップ出来たからと言って、その食材がどの程度のカロリーを持っていて、どんな栄養素を含んでいるのか覚えていなかったら、結局アプリに頼る必要が出てきます。

ピックアップする食材は一回で5~10個程度だと思うので、そこまで暗記に努力は必要ないはず。

さらに、定期的に変更するとしても、全てを入れ替える訳ではなく、2~3個だけ取り替えてみるなんて感じにローテーションを組めば、無理なく簡単に頭に入れることが出来ますよ。

摂取カロリー計算方法のヒント④ アプリに最初からインストールされている食事を基本に据えるのもアリ!

アプリに食べたもの又は食べるものを入力して、摂取カロリーの計算をするのもいいけど、逆にアプリに最初から用意されている外食メニューやコンビニの商品データを利用してしまうなんていう方法もアリ。

これであれば、食事内容を記録する手間なく、一瞬でおおよその摂取カロリー計算を出来てしまうことになります。

例えば、ZeroAppなんかであれば、様々な外食チェーンのメニューや食材のカロリーデータをアプリ内で確認でき、もちろん記録することだって可能。

そして、「毎日の摂取カロリーや体重計の推移、体脂肪の変化をグラフで確認しながらダイエット」出来てしまうなんていう優れもの。

さらに、どのような食事を食べたら大体どの程度の摂取カロリーになるのかの目安も頭に入ってくるようになるので、長期的に利用していくと、ある食事をした場合の一人前の摂取カロリー計算が、一目で出来るようになるなんてことも考えられたり。

基本の食材を中心に構成した食事メニューに飽きてしまった時なんかには、積極的に活用していくと良さそうです!

スポンサーリンク

摂取カロリーの計算方法だけに執着しないで!

摂取カロリーをより簡単に計算して継続するためにも、計算方法のちょっとしたコツを紹介してきましたが、ダイエットで体脂肪を減らしたり、筋トレで筋肉を増やすためには、摂取カロリー以外の要素も非常に大切。

例えば、摂取カロリーをいくら適正に保ったとして、食事の中で十分にタンパク質を摂っていなければ、思ったように痩せることも筋肉をつけることも出来なくなってしまいます。

しかも、どんなに正確に摂取カロリーを計算しようとしても、大学の研究室や専門機関以外で、正確な摂取カロリーを計算するのはほぼ不可能。

あまりにも正確な摂取カロリーの計算方法にこだわりすぎた結果、いまいち思ったような結果がでない上、頭も一杯で疲れてしまうなんてことになったら元も子もありません。

そこで、摂取カロリーを管理する場合に、計算する方法以外にも覚えておきたい、ちょっとしたポイントを最後に紹介しておきます。

カロリー計算の代わりに単純に食事の量を少なくする

とても単純なことのようだけど、「食事の量が多いとカロリーも高くなる」という方程式は忘れられがち。

もちろん、食材によっても含まれるカロリーは違いますが、同じ食材を食べるのであれば、「摂取量が多い=摂取カロリーも多い」という普遍的な原則が成り立ちます。

ここで特に気にしたいのが、外食した際の食事量。

外食すると、どうしてもお金を払って食事をするためか、どれだけ多めの量を提供されても、多くの人は元を取り返そうとして、食べ残しをしないように、全てを食べようとしてしまう傾向にあります。

特に、こってり系のスープが主体のラーメン屋なんかは、ラーメン一杯に含まれるボリュームはもちろん、カロリーもかなり多い。

他にもビュッフェなんかだと、もったいないからと、普段の食事の何倍もの量を食べてしまう傾向にあります。

摂取カロリーの計算をするのも良いですが、このような状況において、摂取する食事の量を控えめにして、無理して全て食べないようにするっていうのも、摂取カロリーのコントロールをするためのちょっとしたコツです。

摂取カロリー計算をするよりも消化にカロリーを使う食材を選ぶ

食材の中には、そのもののカロリーよりも、消化に要するカロリーの方が高いものがあります。

これは食事による熱産生(摂取した後に吸収に必要なエネルギーとそこで発生する熱)と呼ばれているものに起因すること。

例えばパン一枚をとっても、全粒粉で作られたものと、一般的な食パンを比べた場合、食パンは消化が簡単(ほとんど消化にカロリーを消費しない)で、食べた後に体にはほぼそのまま食パンのカロリーが摂取カロリーとして残ります。

一方、全粒粉で作られたパンの場合、消化により長い時間が掛かり、そのために消費するエネルギーも多く(全粒粉パンを消化するために多い時は4kcalも使うなんて場合もあるそう)、食パンほどは体にカロリーが残らない結果に。

また、タンパク質は他の三大栄養素である炭水化物や脂質と比較して、消化によりエネルギーが必要。

このようなことから、摂取カロリーを計算する以外にも、炭水化物を摂取するなら消化吸収にエネルギーを使う、全粒粉パンや玄米などの低GI値(吸収速度の遅い)の食材を中心にしたり、タンパク質が多く含まれる食材を中心に食事を組み立てていくなんていうのも、脂肪燃焼や筋肉増強にも効果があり、抑えておきたいポイントになってきます。

摂取カロリーを計算する代わりに正しいものを選ぶ

そして、実は摂取カロリーの計算云々より、もっと根本的に大切だと思われるのが、正しい健康的な食材を摂取していくというのも。

例えば、普段の食事の中に、デザートとしてアイスクリームやケーキを加えることが多かったり、そもそもの主食がカップラーメンなんて言う場合は、摂取カロリー計算の前に、そのような食事をもっと自然な食材で作られたものへ変更してみましょう。

アイスクリームやケーキの代わりに、フルーツを摂ってみる。カップラーメンの代わりに、低GI値のもち麦を加えたご飯を食べてみるなんていった感じ。

このように変更するだけで、大抵の場合はカロリー計算をしなくても、より結構的でダイエットや筋肉を作るために良い食生活に変えていくことが出来ますよ。

便利そう〜。

次の筋トレ・フィットネス記事もおすすめ!

摂取カロリー計算方法のちょっとしたコツ|ダイエットや筋肉作りのためにも!のまとめ 

摂取カロリー計算をする際に知っておきたいちょっとした工夫やコツ、また摂取カロリーの計算以外にも抑えておきたいポイントを紹介してきました。

肉体改造を行っていくには、摂取カロリーの計算をして食事管理をすることが必要になってくることがあります。

そんな時は、今回紹介した方法を参考にしてみてください!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする