ダンベルダイエットのやり方と効果?筋トレとダイエットの融合です!

ダンベルダイエット 1st

スポンサーリンク

ダイエットの方法も様々ありますが「やり方」次第で何倍も効率を高めて体を変化させることが出来ます。

その方法の一つとしてダンベルを用いた筋トレを組み合わせたダイエット方法があるのご存知したか?

ダンベルダイエットのやり方さえ身につけてしまえば短時間でも最大の効果を引き出すことが可能になります。ダンベルの魅力とダンベルダイエットの方法についてお話ししていきましょう!

スポンサーリンク

ダンベルダイエットがオススメな理由とは?

ダンベルを用いることが何故効果的なのか?と思っている方も多いかもしれませんが、実は「重り」(ウェイト)を持つことでダイエットの幅を広げることが出来ます。

一般的なダイエット方法の一つとして「有酸素運動」がありますが、ダンベルを用いれば激しく動いたときと同じような効果を引き出すことが出来るので、短時間でダイエット効果得ることができるようになります。

想像できると思いますが、通常のランニング(有酸素運動)を15分やった場合とダンベルを持ちながらランニングを15分やった場合だと、圧倒的にダンベルを持って走った方が消費カロリーも高まりダイエット効果が高くなるのです。また、ダンベルでの筋トレを行うと、筋肉を刺激して筋肉を成長させることができるので、結果としてダイエットに重要な基礎代謝を高めることが出来ます。

その効果を感じていただくためには正しいやり方、適正な重りを扱うことが大切です。

今まで有酸素運動でダイエットを挫折してしまった方や、時間がなくて中々ダイエットが出来なかったという方にはダンベルの筋トレを取り入れたダンベルダイエットは非常にオススメな方法です。

ダンベルダイエット

ダンベルダイエットの効果とは?

ダンベルダイエットの効果を凄く簡単に述べると「短時間で効果が出る」ということにつきるかと思います。

少し御幣がありますが、通常の有酸素運動の場合は効果が出るまでに40分~60分以上トレーニングをしないと大きな効果を望めません。それに比べてダンベルダイエットは適正な重りを扱って筋トレをして、筋肉を鍛えることでそれ以下の時間でも同様かより大きな効果を引き出すことが可能になります。

また筋肉を動かして鍛えることによる副次的な効果として、女性にとってはプロポーション維持にも高い効果を期待できます。

軽めの重りよりも程よい重さから~より重いダンベルで行うと短時間でも効果を引き出すことが出来るのがダンベルダイエットの魅力の一つです♪

ダンベルダイエットのやり方とは?

ダンベルダイエットの方法には2種類あります。その2種類とは「20回以上出来る重さ」なのか「20回未満しかできない重さ」なのかで分けられます。

この二つの違いは筋肉の成長に関係しているので覚えておきましょう。

どういうことかというと、一般的には20回以上できる場合は、身体に対する負荷は弱くなり、筋肉への刺激も弱まるので有酸素運動に近いものとなります。もう一方の20回未満しか出来ない重さの場合は身体に対する負荷が強く、筋肉への刺激も強めとなります。3回未満の場合は完全に完全に無酸素運動に分類することができるでしょう。

分かりやすくまとめると「20回未満で行う」ダンベル筋トレの方が短時間で筋肉を刺激でき、基礎代謝効果を高めてダイエットに有効な効果を引き出すことができるのです。

20回以上やる場合は、筋肉への刺激が弱まりどちらかと有酸素運動的な効果が大きくなるので、ダンベルダイエットの特徴を最大限感じたい場合は、効果として少し弱めになります。

ダンベルダイエット やり方

ダンベルダイエットのやり方のポイント

まず重さについてですが20回できるかできないかぐらいの重さを選びましょう。

そしてセット数は2~3セット程度が良いでしょう。つまり2~3セット×20回以下で出来る重さでダンベルの筋トレをするのが効果が高く、無理なくできる範囲なのでおすすめです。

次におすすめのダンベルトレーニングをピックアップしておくので、是非参考にしてみましょう。

これらのダンベルの筋トレをローテンションで行っていけば、短時間でもカロリー消費が促されますし、筋肉量が増えるので基礎代謝も高まります。その結果、ダイエットにかける時間も減るので、時間がない方にはオススメの方法です。

補足ですがわざわざダンベルを買わなくてもいい方法として2リットルのペットボトルなどを用いる方法もあるのでオススメですよ。特に女性は2キロくらいのウェイトで結構効果を実感出来ると思うので、もし今すぐに試したいのなら検討してみてください。

ダンベルダイエットの注意点

ダンベルダイエットの第一の注意点は「重さ」です。

ついついできるからといって最初からガンガン重いものを持たないようにしましょう。このようなタイプの人はジムなどを利用されている方が多い傾向があります。いきなり重いものからスタートすると、予想もしていない形で怪我をしてしまったりすることがあるので、適度に始めるのが大切です。

次にセット数と回数です。

最初から何回でも連続してやればいいということではなく、トレーニングをした後は適度に休むようにしましょう。

「私は毎日続けたほうがいい」と思っている方もいるかもしれませんが、トレーニングの効果を最大限引き出すには休むことも大切です。毎日やるのではなく、やる日とやらない日をわざと作ってみるのもおすすめです。

young sporty woman with heavy steel dumbbell

時間をかけて行うダンベルダイエットも!

ダンベルダイエットの方法には「スロートレーニング」といって、軽めのダンベルをもってゆっくりとカウントしながら上げ下げをする方法もあります。

ただし、1度のトレーニング時間が長くなるので「時間に余裕がある方」がオススメです。

効果としては有酸素運動のようにじっくりと脂肪を燃焼する作用があります。イメージとしては、有酸素運動に筋トレの効果を少し付け加えた効果の運動になります。そのため、ウォーキングよりも有酸素運動の効果が高いことや筋肉に負荷を与えることができることが魅力です。

「回数」や「重さ」をうまくコントロールして、自分の理想とする目的に一番効果のある方法を取り入れていけるといいですね!

ダンベルダイエット向きのダンベルかな?

他のダイエット方法を知りたい場合は次もチェックしてみましょう

いかがでしたか?

ダンベルダイエットには様々な意見がありますが、時間があるのか?無いのか?そういったことでバリエーションを使い分けると効率的にダイエットの目標を達成できます。

ダイエットの効果を高める上でも大切なことですが、常に新しい刺激を与えていくことが体の変化にもつながります。数ヶ月に1度位は今まで行っているダイエットを見直して、そこに新しい刺激を筋トレやダンベル運動で加えていくと良いかもしれませんね♪重さ、回数、セット数、またはスロートレーニングそしてウォーキングなど、ダンベルダイエットには色々とカスタマイズできるところが多くあるのが、最大の魅力かもしれませんね!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする