断食を筋トレに取り入れてみたら?断食排毒の効果は素晴らしい!

断食と筋トレ 1st

スポンサーリンク

「断食」と言えば、「ちょっと前に流行った、間違ったダイエット方法」というイメージをお持ちでないでしょうか?そして、「毎日、必死にタンパク質をとっているトレーニーにはNGのもの」というイメージもあるかもしれません。

しかし!ビックリされるかもしれませんが、実はそうではないのです!

断食は、筋トレをしている方にも、ぜひ、取り入れてみて頂きたいものなのです。何故なら、断食は、正しい方法で行えば、体づくりに大いにプラスに働くからです。先入観で「断食=悪いこと」と思い込むのは、かなりもったいない事です。

断食や断食排毒による効果を知れば、今までやっていなかった事を後悔するかも?今回は、その断食と筋トレの関係について解説します。

スポンサーリンク

断食の効果、断食排毒とは?

では、そもそも断食にはどのような効果があるのでしょうか?

「断食=摂取カロリーを減らして、無理やり体重を落とすもの」と思われがちですが、驚く事に体にとって様々な良い効果があるのです。その中でも、まず注目すべきは「基礎代謝アップ」の効果です。

筋トレに励む方にとって「筋肉量を増やして代謝アップ」という言葉は合言葉になっているかと思います。

しかし、基礎代謝の内訳で最も多くを占めているのは内臓の消化吸収活動によるもので、その割合はなんと基礎代謝全体の60%にも及びます。つまり、内臓の働きを活発にする事が代謝アップの鍵となるわけですが、私たちの内臓は普段、食事の消化吸収で酷使しているうえに、不規則な生活やストレスで疲労困憊の状態にあり、活動が低下していると言えます。

そこで、この内臓の疲労回復を行うのにうってつけなのが、断食なのです。断食によって、毎日酷使している内臓を一時的に休ませる事で、内臓を活発な状態に戻し、代謝アップに繋げるという訳です。

そして、もう一点、見逃せないのは断食排毒の効果です。

断食により、内臓の活動が活発になり腸内環境が整うと、体内のエネルギー循環が高まります。栄養素が体内を巡り、食べたものを代謝しやすくなるため、エネルギー消費の高い痩せやすい体質をつくる効果が期待できると言えるのです。

この他にも、味覚の正常化、食欲の適正化、免疫力アップなど、体づくりやダイエットは勿論のこと、断食によって得られる効果は健康、美容においてもプラスになる事ばかりです。

断食排毒

筋トレをやりながら断食を行っても問題ないのか?

体にとってプラスになる事がいっぱいの断食。では、「筋トレをやりながら行ってもいいのか?」という点が気になると思います。

断食中の筋トレに関しては様々な議論が飛び交っており、「断食中の筋トレはNG」という意見もありますが、「筋トレの内容をコントロールすれば、筋トレと断食の相乗効果を得る事ができる」と言えると思います。正しい知識のもと、ぜひ一度、試してみてください。

あえて言うならば、一週間の筋トレメニューを作る際に、敢えて一日断食の日を入れるというのが良いかと思います。ただしその場合は、トレーニングをした日と、超回復が行われている日を避けることをおすすめします。

筋トレに断食を入れる具体例としては

月曜日:筋トレ

火曜日:超回復

水曜日:筋トレ

木曜日:超回復

金曜日:休息日

土曜日:断食

日曜日:休息日

このように組むことで、筋肉を破壊して弱っている時と、超回復で栄養摂取が必要な時を避ける形になり、筋肉に与える影響を最小限に抑えながら、断食の効果を享受出来るようになります。※この場合も、毎週やるよりは2週間に1度程度に抑える方が、筋肉維持をするために良いでしょう。

出典 smartsixpacks.com

出典 smartsixpacks.com

筋トレをやりながらもたまに断食を試して欲しい理由とは?

筋トレをやりながらもたまに断食を試して欲しいというのには理由があります。

それは、断食中の筋トレは、脂肪を燃やすダイエットチャンスに溢れているためです。断食により内臓が休まると、体内の代謝は活発になります。

また、食べ物が入ってこないと、体内のインスリンレベルは低下し、脂肪がエネルギーとして使われやすい状態になっています。つまり、断食中は普段よりも脂肪を燃やしやすい状態にあるのです。

そして、断食排毒により体内のエネルギー循環は高まっています。これは、食べたものが、良い栄養素として代謝されやすい状態なので、脂肪燃焼は勿論、筋肉合成もしやすいと言えるのです。

断食と筋トレ効果

断食と筋トレを一緒に行う際に注意すべきこと

ただし、断食と筋トレを行う際には注意すべきことがあります。

まず、断食中は、体内が極端なエネルギー不足の状態のため、普段行っているような激しい筋トレは避けるようにしましょう。自重でのスクワットやプッシュアップなどがおすすめです。さらに言うなら、上記で示したメニューのように、筋トレを行わない日と超回復が起こる日を避けて取り入れるべきでしょう。

断食の後は体の調子を見て、筋トレの回数も調整してください。そして、断食自体も毎日行うのはNGです。ペースとしては月1回又は、多くでも2回ほどで十分です。

断食のことかなり詳しくわかると思うよ!

筋トレ、ダイエット、肉体改造それぞれにおすすめな記事3選!

いかがでしたか?「断食=間違ったダイエット方法」というイメージから「断食=体づくりやダイエット、更には筋トレなどの肉体改造にも大いにプラスになり、体質改善までも行うスーパーメソッド」というイメージに変わったのではないでしょうか?

特に、普段からタンパク質をたくさんとり、追い込みのトレーニングをしている方は、知らず知らずのうちに内臓を酷使しているので、断食排毒の効果がプラスに働く事うけあいです!断食に対する先入観は捨てて、一度チャレンジしてみてくださいね!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする