浅指屈筋とは?指を動かす筋肉!トレーニングやストレッチ方法も紹介します

浅指屈筋という指を動かす筋肉を知っていますか?前腕についている筋肉で、握力に関係が強い筋肉です。トレーニングやストレッチ方法なども一緒に見ていき、浅指屈筋について詳しくなってみませんか?

OK flexor digitorum superficialis 1st

スポンサーリンク

浅指屈筋のトレーニングやストレッチまで見ていきましょう!)


前腕を筋トレしている人にとって、多くの場合、その目的は握力を強くすることだったりしますよね?でもよくよく考えてみると、その握力を作り出している筋肉について知らなくないですか?

力こぶを作るのは上腕二頭筋で、大きな胸を作るのは大胸筋といったところまでは知っているかもしれませんが、意外にも握力を作り出す筋肉については良く分からないといった人が多いかと思います。

今回紹介する筋肉が、その握力を生み出している前腕の筋肉。その名も浅指屈筋と呼ばれる、指を動かしている筋肉です。

この浅指屈筋、名前は知らなかったかもしれませんが、筋トレにおいても普段の生活においても、とっても大切な筋肉。

今回は浅指屈筋について、簡単な概要から知っておきたい特徴、そしてトレーニングやストレッチ方法までを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

浅指屈筋(せんししんきん)とは?

OK flexor digitorum superficialis about

浅指屈筋は前腕前面にある筋肉の一つ。

前腕前面には他にも橈側手根屈筋尺側手根屈筋、そして長掌筋などが存在していますが、この浅指屈筋は、それらの筋肉の奥に位置している筋肉です。

また、その名前が示す通り、親指以外の4つの指を曲げる働きを深指屈筋と共に主な役割としながら、手首の屈曲(掌屈:手首を手のひら側へ曲げる動作)する働きも持っている筋肉です。

ちなみに指を曲げる主力筋でありながら、手に存在しない筋肉のため、外在筋(注)として分類されることになります。

(注)外在筋と内在筋について

手のひらに関与する筋肉はその筋腹が位置する場所によって二つに分けられます。

  • 内在筋
    • 手根骨や手指骨に起始と停止がある、つまり手自体に位置する筋肉
  • 外在筋
    • 手自体には筋腹はなく、前腕に位置する筋肉から長く伸びた腱によって手の指を動かす筋肉

“flexor digitorum superficialis”が浅指屈筋の英語名になり、「屈筋」を示す”flexor”、「指の・足指の」を意味するラテン語の”digitorum”、そして「浅の・浅」を意味する”superficialis”がつながって出来た単語です。

浅指屈筋の主な役割
  • 第2~5指PIP(第二関節)の屈曲
    • 指を曲げる
  • 手関節の掌屈(屈曲)
    • 手首を手の平側に曲げる

※指の関節は次のように表記されることがあります。

  • DIP関節:指の先端側から数えて1番目の関節
  • PIP関節:指の先端側から数えて2番目の関節(親指には存在しない)
  • MP関節:指の先端側から数えて3番目(指の根元)の関節

浅指屈筋の機能と役割(作用)例

浅指屈筋は指を曲げる動作を行う際にとても大切だということは、日常生活やスポーツにおいてはどのような動きに貢献していると言えるでしょうか?

手首を屈曲する動作も含めて、浅指屈筋が貢献する場面の例をいくつかを挙げてみましょう。

浅指屈筋の作用
  • 日常生活において
    • カバンを手で握る
    • 車のハンドルを握る
    • 手首を手のひら側へ曲げておいでおいでをする
    • 基本的には「握る」・「掴む」動作全般に関わってきます
  • スポーツや運動において
    • テニスのラケットを握る
    • 柔道で相手の道着を掴む
    • ボールを握る

前腕前面の位置している「握る」・「掴む」動作の主力筋の一つと覚えておきましょう。

浅指屈筋のまとめ

筋肉データ 浅指屈筋のまとめ
筋群 手指屈筋
支配神経 成中神経(C7~T1)
起始 1)上腕尺骨頭:上腕骨の内側上顆 2)尺骨頭:尺骨粗面の内側および内側側副靭帯 3)橈骨頭:橈骨の上方前面
停止 第2~第5中節骨底の前縁
筋体積 74㎤
PCSA(注1) 6.0㎤
筋線維長 12.3cm
速筋:遅筋 (%) NA
(注1)「生理学的筋横断面積」の略称。基本的に筋肉が発揮できる力はPCSAに比例する
【参照:プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典

浅指屈筋の知っ得情報

OK flexor digitorum superficialis info

握力の筋肉として最も大切な筋肉の一つ

浅指屈筋は親指以外の4本の指を曲げる働きをしているというのは説明した通り。

基本的にこの4本指を屈曲させる筋肉は浅指屈筋と深指屈筋の二種類があることになりますが、ここで覚えておいて欲しいのが、基本的にはこの二つの筋肉の強さによって「つまむ動作」意外の握力の強弱が決定するということ。

つまむ動作には、これに親指の力も大きく関わってきますが、それ以外で握力という場合は、この浅指屈筋と深指屈筋の力が大きく影響してきます。

手関節の屈曲(掌屈)運動でも握力は鍛えられる?

浅指屈筋は指を曲げるだけでなく、手関節を手のひら側へ曲げる動きにも関与しています。これは深指屈筋も同じ。

ここから言えることが、手関節の屈曲(掌屈)のトレーニング、例えばリストカールなどを行うことでも、浅指屈筋や深指屈筋が鍛えられていくことになるので、結果として握力の強化にもつながってくるということ。

実際、リストカールなどを一生懸命行ってきた人は、握力も一緒に強くなったと実感したことがあるかもしれませんが、それはこういった理由でもあったんですね。

ただ、握力を純粋に強化したいということであれば、後ほど紹介する指の屈曲をメインとしたトレーニングを行っていく方が効果的です。

浅指屈筋は大きい筋肉だからボディメイクにも大切

浅指屈筋は実用面でも大切な筋肉ですが、ボディメイクを行っている人にとっては、逞しい前腕を手に入れるためにとても大切になってきます。

というのも、浅指屈筋の特徴の一つがその大きさ(筋体積74㎤)。前腕の中でも最も大きい筋肉の一つになります。

他にも大きい筋肉は、深指屈筋(92㎤)、腕橈骨筋(83㎤)、円回内筋(80㎤)で、浅指屈筋の次に大きいのは長橈側手根伸筋の38㎤と、その差が大きくなるため、如何にして浅指屈筋を鍛えていくかも、逞しい前腕を作るボディメイクにおいては重要な要素となってくるのです。

浅指屈筋のトレーニング

浅指屈筋は握力を強くしたいなら、そして逞しい前腕を手にいれたいなら、必ずトレーニングして鍛えておきたい筋肉であることが分かったかと思います。

その浅指屈筋を効果的に刺激していくためにおすすめな筋トレを1つ、具体的なトレーニング方法と一緒に紹介していきます。

浅指屈筋のトレーニング① フィンガーカール

finger curl how to

トレーニング方法

  1. ダンベルまたはバーベルを指先に引っ掛けるようにして持ちます
  2. 肘は膝あたりにおいて軽く腕を下に垂らしましょう
  3. そのままダンベルやバーベルを巻き込みながらグーを作るように握ります
  4. ゆっくりと元の状態(指先に引っかかった状態)に戻していきます

浅指屈筋への筋トレ効果

グーを作って握る時に、多少、手首を手のひら側へ曲げても同じ筋肉が働くためOKです。

このフィンガーカールであれば、指の屈曲の主力筋である浅指屈筋へ集中して刺激を送ることになり、浅指屈筋の筋トレとしておすすめです。ダンベルやバーベルを利用して負荷を大きくしていけるのも利点ですね。

さらに強度を上げたいなら

もしもダンベルやバーベルでのフィンガーカールに飽き足らず、さらに強度を高めて浅指屈筋をトレーニングしたいなら、懸垂バーに4つの指でぶら下がり、グーを作ってみましょう。

自分の体重を浅指屈筋と深指屈筋で上げていくので、超強烈な浅指屈筋のトレーニング方法になりますよ。

浅指屈筋のストレッチ

浅指屈筋をトレーニング方法を覚えたら、一緒に浅指屈筋のストレッチ方法も覚えておきましょう。また、前腕前面に起こる痛みを予防するためにも有効です。

簡単な浅指屈筋のストレッチ方法を紹介します。

浅指屈筋のストレッチ

palmaris longus stretch 1

浅指屈筋のストレッチのやり方

  • 壁に横向きに立ちましょう
  • 腕を伸ばしたまま手の指を上に向けて壁に手のひらをあてます
  • 前腕前面がストレッチされているのを感じられると思うのでその状態を数十秒維持します
  • さらに浅指屈筋を伸ばしたければ体重を掛けていくことも可能です。

まさしく浅指屈筋の筋トレ道具!

次の筋肉も一緒にどうぞ!

浅指屈筋のまとめ

いかがでしたか?

握力を作り出している大切な筋肉である浅指屈筋について確認してきました。

浅指屈筋は様々な場面で大切になってくるので、しっかりと覚えておくと良いと思いますよ!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする