グルタミンは筋トレにおすすめなアミノ酸のサプリメントです!

グルタミン 1st

スポンサーリンク

プロテインを選んでいる時、「グルタミン」という名前を良く目にしませんか?「ホエイプロテインプラスG」、「ミルクプロテイングルタミン入り」などなど。

この「グルタミン」、大切な栄養素であろう事はなんとなくおわかり頂けると思うのですが実際どのぐらい大事であるか、詳しくご存じでしょうか?名前は見かけるものの、サプリメントの中では、アミノ酸の王様であるBCAAの影に埋もれている感がいなめないグルタミン。

ところが!

実は、筋トレの効果を大きく左右している超重要なアミノ酸なのです!もし今、グルタミンを摂っていないなら、それはとてつもなく勿体ないです。今回は知っているようで知らないサプリメント、グルタミンの正体に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

グルタミンを摂るとなぜ筋トレに良いのか?

実は、グルタミンは筋肉中のアミノ酸の約60%を占めています。これは体の中に存在するアミノ酸の中で最も多い比率です。つまり、グルタミンが不足するという事は筋肉の発達において致命的と言えます。

この事から、グルタミンの摂取は筋肉中のアミノ酸不足による筋肉の分解を防ぎ、発達を助けてくれるという事がわかります。

そして、グルタミンの役割はこれだけではありません。免疫機能の向上、乳酸による疲労蓄積や筋肉痛の軽減、成長ホルモンのレベル向上、脂肪燃焼量アップなど、様々な効果で筋トレに大きくプラスに働くのです。

グルタミンの効果のまとめ

グルタミンには以下のような効果が期待できます。

  • 筋肉の分解を防ぎ、発達を助ける(筋トレに効く!)
  • 免疫機能の向上
  • 乳酸による疲労蓄積や筋肉痛の軽減
  • 成長ホルモンのレベル向上
  • 脂肪燃焼量アップ

グルタミンの効果

筋トレ効果を最大に出すためのグルタミンの摂取の方法

グルタミンが筋トレにおいてかかせない栄養素であるという事はご理解頂けたかと思います。

そこで大事なのが、摂取の仕方です。プロテインにゴールデンタイム(アナボリックウィンドウ)があるように、グルタミンにも筋トレ効果を最大にする摂取の仕方があるのです。

摂取の方法

まず、グルタミンの摂取の方法ですが、グルタミンは水にとても溶け難いという性質を持っています。また、水に長時間浸けると、グルタミン酸へと変わってしまいます。

そのため、摂取する際は少し大変ですが、水を含んだ口にそのまま入れて飲むという方法が定番となっています。ただし、ブレンダ―などがある場合は、プロテインなどに混ぜても良いでしょう。

摂取のタイミング

グルタミンの摂取タイミングは「トレーニングの前後と起床時就寝前」がベストです。

トレーニング前の摂取は不要な筋肉の分解を抑え、トレーニング後は筋肉のスピーディーなリカバリーをサポートします。また、起床時の摂取は一日の早い段階で体内のアミノ酸レベルを高め、就寝前は筋肉合成、疲労回復の促進効果、就寝中の筋肉分解の防止が期待できます。

おすすめのグルタミン商品3つ

それでは、数あるサプリの中からおすすめのグルタミンを厳選してご紹介します!

ゴールドジム グルタミンパウダー

(特徴)

商品開発は現役のボディビルダーが行っている、ゴールドジムブランドのグルタミンです。純度の高いL-グルタミンを原料としたきめ細かなパウダータイプです。

この商品の詳細はこちら

DNS グルタミンパウダー

(特徴)

アスリートから高い支持を得ているDNSのグルタミンパウダーです。高品質でありながら、お求めやすい価格がうれしい商品です。
この商品の詳細はこちら

バルクスポーツ グルタミン

(特徴)

様々な栄養素を単体で販売し、とにかく低価格のバルクスポーツ。こちらはなんと34円/回という破格です!
この商品の詳細はこちら

筋トレのサプリメントやプロテインについてさらに知りたければ次もチェック!

いかがでしたか?

グルタミンは筋トレはもちろん、体づくり全般に幅広く役立つという事がご理解頂けましたでしょうか?ちなみに、とあるジムのサプリメントコーナーで「風邪のひきはじめにはグルタミン!」というおすすめコメントを見かけました。

店員さん曰く、筋トレを頻繁にするボディビルダーやアスリート達は風邪をひくリスクも高く、防止策として就寝前のグルタミンを欠かさないのだとか。

実際に、就寝前のグルタミンは効果を感じやすく、翌朝の目覚めが快調になりますよ。そして、パウダーのサプリメントなのに、口に直接入れてもうまみがあるのがグルタミンの良いところ。プロテインに混ぜれば、どことなくコクとうまみが増します(ホントです!)。

という訳で、筋トレをする方にとって、重要サプリメントであるグルタミン。さっそく毎日のサプリメントに取り入れてくださいね♪

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする