五郎丸の筋肉と筋トレを画像と一緒に送る!ラグビーのプリンスを筋トレ野郎視点で見てみた

goromaru 1st

スポンサーリンク

一部の筋トレ野郎達が理想としている筋肉といったら、それは見せかけだけの筋肉ではなくて、実戦でも使える筋肉。

その理想のために、筋トレ野郎達から熱い視線を送られているのが、筋骨隆々のアスリート達です。特に格闘技などの、肉体と肉体がぶつかり合う激しいスポーツに、筋トレ野郎達は強烈な思いを抱きます。

そして、ここ最近そんな暑苦しい筋トレ野郎達が注目しているスポーツと言えば、そう、「ラグビー」です!

2015年のラグビーW杯での活躍に、胸ときめく筋トレ野郎達が沢山いたのも事実。そんなラグビー界のイケメン筋肉男子と言えば、五郎丸でしょう。

五郎丸はそのイケメン面と、素晴らしくビルドアップされた肉体により、世の中の女性はもちろんのこと、筋肉好きの男性達からも一気に憧れの的になりました。

そんな、自身も筋トレ野郎で筋肉好きだと思われる五郎丸について、筋トレ野郎視点から五郎丸の筋肉と筋トレについて、画像付きで考察していこうと思います。

スポンサーリンク

五郎丸の筋肉の凄そうなところを画像付きで送る!

まずは一番目につく大胸筋だろう!

出典:shinbishika-guide.com

出典:shinbishika-guide.com

いや〜五郎丸の肉体の画像を見ていて、一番最初に目を引くのは何と言ってもその大胸筋だとおもいます。

最近、テレビ番組やCMでの露出も増えてきた五郎丸は、ユニフォーム姿だけでなく、スーツ姿も多くなってきましたね。その時の大胸筋辺りの盛り上がりが、ハンパないぐらいパンパンになっているの気付いてますか?

スーツを着こなす日本人のイメージって、どちらかというと肩が張っているような感じだと思うんですが、五郎丸はまったく逆で、肩はなで肩。その代わりに胸のパンパン度が凄いんです!その盛り上がった胸にタッチしてみたいと思ったマダムや筋トレ野郎も多そうですね〜。

あの盛り上がった大胸筋を作るには、ベンチプレスで相当な重量を扱って筋トレを頑張ってると思います。五郎丸は身長185cmで体重が100kg近くあるので、自分の体重分のベンチプレスを持ち上げたとしても100kgは軽く扱えるってことになりますね。

実際には、もっと重いウェイトでベンチプレスを上げていると思いますよ!

やっぱ下半身の筋肉だろう!

goromaru legs

五郎丸の画像や映像を見ていて、誰でもすぐ目に付く胸以外の部位といったら下半身の筋肉だと思います。他のラグビー選手も含め、皆、下半身の筋肉は凄いんですけど、五郎丸の下半身の筋肉って見た目以外のバランス力が凄いんじゃないかと思うんですよね。

五郎丸の特徴のあの正確無比なキックは、下半身のバランス力から来ます。

そのためには大臀筋(お尻の筋肉)の安定力が必要で、他にもキックするときに一番使う大腿直近を含む大腿四頭筋が発達していないといけません。さらに骨盤辺りのインナーマッスルやふくらはぎの筋肉なども重要ですね。

そのためには重いウェイトでのスクワットをみっちりとやる必要があるし、他にも多角的に筋肉を鍛えるために、レッグエクステンションレッグカールなどもやりこんでいるはずです。

盛り上がった大臀筋は実践の中で、例えばタックルなどでも作られるんじゃないかと思うんですけど、事前にフルスクワットなどのお尻に効く筋トレを、必ず筋トレメニューに入れて、基礎固めにも取り組んでるんだと思います。

グラウンドでもジムでも下半身鍛えまくりってことですね!

僧帽筋もすごいんじゃない!?

goromaru shoulder

他にも僧帽筋も凄いんじゃないかと思います。先ほど、五郎丸がスーツをきた時の姿について簡単に触れたんですけど、なで肩になっている理由って、恐らく彼の僧帽筋が発達しまくっていることが原因なんじゃないかと。

ラグビー選手はいったん持ったボールをキープするために、両手または片手で支えます。そのときに必要な筋肉の一つが僧帽筋です。ボールを抱えたまま走るので、腕だけで支えるのは難しく、僧帽筋の前後の動きを使ってボールを安定的にキープします。結果として僧帽筋が発達するってことですね。

さらにタックルする時は一瞬、首にも力を入れます。その首周りを支えているのも僧帽筋です。ラグビー選手の画像を確認すると、その僧帽筋がどれだけ発達しているかが確認できますよ!

相手との当たりに負けない身体には、首回りを支える僧帽筋も大事だってことで、五郎丸のセクシーな、なで肩にも注目ですね〜。

大円筋っていう肩甲骨下の筋肉もすごいだろう!

goromaru suit

五郎丸の筋肉の凄さを語る時に忘れてはいけない事件があります。あるテレビ番組にスーツ姿で出演した際、あまりにも彼の大円筋の発達が凄すぎて、スーツをやぶってしまった事件です。(五郎丸が出演した時の上の画像で確認できます!)

もちろん体系にあったスーツを着ていたはずなんですが・・・。多分、腰かける時に、背中を丸める動作で大円筋の筋肉がさらに張り出してしまった結果なのではと!?

四六時中ラグビーのことを考えている、トップラガーマンの五郎丸尊師。おそらく無意識のうちにラグビーで腰を曲げる動作を作ってしまっていたのでしょう!

ラグビーで背中を丸めるのは、タックルをする時か相手ディフェンスをかわす時です。つまりそのフォームは、大円筋を大きく広げてボールを守るようなフォームになります。

いくらテレビ番組出演とはいっても、いつもの動作をしたために大円筋に緊張が走り、その結果スーツを破ってしまったという、筋トレ野郎達が知ったら興奮すること間違い無しな事件が起きてしまったということですね。

腕周りも凄いだろう!

出典:sports-crowd.net

出典:sports-crowd.net

そして、もちろん腕周りも五郎丸の筋肉の凄い一つだと思います。上腕二頭筋・上腕三頭筋の両筋肉が発達しているので、実際の大きさはわからないけど、腕まわりは相当なものだと推測されますね。(筋トレ野郎的視点からすると、具体的な腕周りの太さを是非知りたいです!)

ちなみにラグビー選手は絶対に腕が太いほうが有利だと思います。例えば、横や後ろからボールを取られそうになった時に、身体と腕の隙間を作らないようにすれば、相手にとっては、ボールを直接さわることが難しくなるっていうのが考えられます。

他にも、片方の腕でボールをもって走っているときに相手がタックルしてきたら、腕を使って払いのける動きをすると思いますが、その時に上腕三頭筋のプッシュ力が必要になってくるはずです。

ラグビー選手として腕が太ければボールキープ力がアップするというわけですね。五郎丸の腕を画像だけじゃなくて、実際生で見てみたいですね〜。

五郎丸の筋トレについて語ってみる!

筋トレでもルーティンしちゃってる!?

goromaru routin

五郎丸の筋トレでピックアップしたいポイントの一つは、筋トレもルーティン化してしまっているという点です。

ラグビー選手は一般的に、オンとオフという2つのシーズンで動いています。そのオンシーズン(つまり試合が行われる期間)にフルで活躍するためには、オフシーズンの過ごし方がとても重要になってきます。

しっかり定期的にトレーニングして筋肉に良い食事をし、さらにゆっくり休んで超回復させるというサイクルが大切です。他にも本番の試合へ向けて、一年間を通して、準備期から移行期、そして試合期と、いかにコンディションを上げて維持していくかを常日頃考えながら過ごしていきます。いわゆるピリオダイゼーションという考え方ですね。

ということは、五郎丸もオンシーズン・オフシーズン関係なく、筋トレのトレーニングルーティン(サイクル)ストップさせることなく、自分の回復の度合いを確認しながら、筋トレに取り組んでいくことになります。

キックの時にやるルーティンで有名になった五郎丸は、生活の中で筋トレもルーティンしちゃってるってことになりそうですね〜。

食事にそこまで神経質にならない!?

出典:spotlight-media.jp

出典:spotlight-media.jp

もう一つ五郎丸の筋トレでピックアップしたい点が食事についてです。食事内容は筋トレで結果を出していく上でも、そしてスポーツ選手にとっても大事なことです。

そのため、通常であれば、体脂肪率を抑えておくために、ある程度神経を使って食事の摂取脂肪分などを気にしていくことが多いと思います。そして、脂肪が体についてしまったら、わざと減量期などを設けることもありますよね?

しかし、五郎丸の場合は必要な栄養素をしっかりと摂取することはある程度考えたとしても、食事の脂肪分までを気にしたり、ついてしまった脂肪を落とすために減量期間を設けるといったことはほとんどしないみたいですね。

ある程度の脂肪は、試合の中で簡単にエネルギーに変えてしまえるので、そこまで神経質になる必要はないということみたいです。ラグビー選手ならではの食事管理ってことですね。

他のラグビー選手を画像で見てもわかる通り、筋肉だけの体とか逆に脂肪がつきすぎているといった選手はほとんどいません。筋肉量・脂肪量・体重のバランスの良さが、走りよし、当たりよしの良いラグビー選手の条件ってことですね。

日記なの!?

次の有名人の筋肉や筋トレも面白いかも!?

いかがでしたか?

イケメン筋肉男子の五郎丸。今は海外のチームでプレーしていますが、今後もその筋肉で大活躍して欲しいですね。

そして帰国した際は、是非筋トレ野郎達にさらに成長した筋肉を見せてもらいたいものです!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする