山岸秀匡!ボディビルのスターへインタビュー!トレーニングやミスターオリンピアについて語る

wallpaperHide01

スポンサーリンク

ボディビルと言えば、肉体の最高傑作を争う競技。そして、ボディビルダーと言えば、筋肉を鍛え上げてその芸術性を競い合う、現代のグラディエーター。

そんな過酷な筋肉業界において、世界で一人輝く日本人がいるのを知っていますか?

そのボディビルダーの名前は、山岸秀匡(ニックネーム:ビッグヒデ)さん。山岸秀匡さんはIFBB (International Federation of BodyBuilding & Fitness)という、スペインのマドリッドに本拠地を置く、国際的なボディビル団体のプロボディビルダーです。

しかも、最近、2016/3/4に行われた、あのアーノルドシュワルツェネッガー主催の「アーノルドクラシック」という世界的なボディビル大会の212lbs (96kg)クラスで、なんと日本人として初めて優勝してしまったという、日本が誇る筋トレ野郎です!

そんな現在ロス在住のビッグヒデから、今回筋トレぴろっきーをご覧になってる筋トレ・ボディビル好きの方々へ、メッセージを頂きました!山岸秀匡さんのプロフィールや実績と一緒にご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

山岸秀匡(やまぎしひでただ)のプロフィール

hidetada yamagishi 1

学生時代

山岸秀匡さんは北海道生まれで、日本人として初めて世界で最も権威があるとされる「ミスターオリンピア」へ出場を果たした、世界でもトップビルダーとして活躍するボディビルダーです。

元々は体が大きい方ではなく、高校に入学した当初は60kg以下の体重しかなかったものの、ウェイトトレーニングを重ねることで、卒業時に80kg超となり、それがきっかけでウェイトトレーニングに楽しみを覚えてボディビルを本格的にスタートしたらしいです。

そして大学在籍時には既に

関東学生3位、全日本学生4位。1995年関東、全日本ともに優勝。翌年も両コンテストを連覇し、当時史上2人目の全日本学生2連覇を達成。

参照:山岸秀匡公式サイト

と、トップビルダーとしての片鱗を見せ初めてますね〜!

社会人になってから

社会人となってからは、一度、一般の人と同じように営業としてサラリーマンを「健康体力研究所」というところで経験しているみたいですね。

ただその数年後に脱サラして、筋肉留学をしにアメリカへ旅立ったようで・・・!さすが熱血筋トレ野郎です!

その後は、パーソナルトレーナーとして独立して、企業からプロアスリート契約をもらいながら、国内・海外でプロボディビルダーとして実績を積んでいったようですね。

そして、2007年には今回優勝を勝ち取ったアーノルドクラシックへ招待選手として出場し、そのままの勢いで同年のミスターオリンピアにも出場しちゃいました。

やはり、何かを達成したかったら、そこに飛び込んで頑張れば活躍出来るんですね。筋肉も同じみたいです!

ちなみに身長と体重は?

実は山岸秀匡さん、その身長はそこまで高くなく、元々の体としては意外に小さい方なんです。身長は168cmで体重はオフ期に105kg、コンテスト期間中は95kgということらしいです。

身長168cmの平均体重は大体58~62kgぐらいかと思うので、比較すると、身長に対して物凄く体が大きく、その筋肉量が半端じゃないのが分かりますね!

山岸秀匡のボディビルでの実績(ハイライト)

big hide 1

国内大会

山岸秀匡さんの国内大会のハイライトは以下の通り。

大会名 順位
1995 全日本学生選手権 優勝
1996 全日本学生選手権 優勝
1998 ジャパン・オープン選手権(ミドル級) 優勝
2001 男子日本ボディビル選手権 2位
2002 男子日本ボディビル選手権 3位

1995と1996年にかけて、全日本学生選手権を二連覇していますが、これは史上初の快挙のようです!

世界大会

日本で実績を積んだ山岸秀匡さんが、世界に挑戦していった戦績をみてみましょう。

大会名 順位
2001 IFBBミスター・アジア80kg以下級(ライトミドル級) 優勝
2006 IFBBオランダグランプリ 6位
2007 IFBBサンフランシスコ・サクラメントプロ 3位
2007 アーノルドクラシック 13位
2007 ミスターオリンピア 13位
2009 ミスターオリンピア 9位
2010 オーランドプロ 優勝
2013 ミスターオリンピア 5位
2014 IFBBタンパプロ212 優勝
2014 ミスターオリンピア212 4位
2015 ミスターオリンピア212 3位
2015 アーノルドクラシック212 2位
2016 アーノルドクラシック 優勝

参加した当初は、同じアジア人同士の戦いであるアジア大会こそ優勝を飾ったものの、なかなか上位に食い込むことが難しかったようですね。

しかし、2007年のサクラメントプロを皮切りに、アーノルドクラシックやミスターオリンピアに出場を果たし、ここ数年の実績では世界のマッチョ外国人を相手に、上位入賞を重ねて、ついに今年はアーノルドクラシックを制してしまいました!

これって、今まで「日本人は絶対に無理だ!」と言われていた領域なので、神レベルに凄いことだと思いますよ!

山岸秀匡のトレーニングとは?

hide 2

筋トレで成果を出したい人や、これからボディビルを目指してみうと思っている人に、山岸秀匡さんのトレーニングのポイントを簡単に紹介しておきましょう。

基本的には体の各部位を週一回でトレーニング

曜日 部位
月曜 脚(ふくらはぎはやらない)
火曜 背中の上部
水曜 胸とふくらはぎ
木曜
金曜 下背部
土曜
日曜 休み

といった感じで、ほぼ毎日鍛える部位を変えて行っているようです。

人によっては「回復追いつかないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、山岸秀匡さんはマッサージを週1回、定期的に受けているようで、それで疲れを癒したり、次に紹介する裏技を利用して回復を早めているようですね。

(ちなみに、年によってはメインターゲットとして鍛える部位を週二回のルーティンで回すこともあるそうです)

酸素マスクを使ってみた

山岸秀匡さんともなると、その身長に似合わずに体重が常に100kgを超えている状態。そうすると、なかなか寝つけられないらしいです。

そこで、考えたのが酸素マスクを装着して寝ること!

この結果、熟睡出来るようになったし、毎日トレーニングを重ねても疲れが残らなくなったとか。

世界を獲れた理由はここか!?

山岸秀匡さんに直接インタビュー

hide 3

それではお待ちかね、山岸秀匡さんへのインタビューをご紹介します!

筋トレやボディビルをやっている方は、何か参考に出来ることがあるかもしれませんよ!

アーノルドクラシックで優勝したことについて

Q1. アーノルドクラシックで優勝おめでとうございます。今の心境を教えてください

(山岸)もちろん嬉しいですが、ホッとした気持ちも大きいです。

Q2. アーノルドクラシックでの優勝の決め手はなんだと思いますか?

(山岸)新コーチであるパトリックのプログラムで、サイズを残したまま普段の体重から212ポンド(96kg)まで落とせたことですね。

Q3. アーノルドクラシックで優勝するまでに辛かったこと、苦しかったことはありますか?

(山岸)調整ですね。ただ、調整はいつもきついですが、仕事なので受け入れています。

筋トレやボディビルについて

Q1. 筋トレやボディビルの楽しみとはどんなところですか?

(山岸)結果が目に見えるところですね。

Q2. ボディビル・筋トレを始めたきっかけはなんですか?

(山岸)元々体の線が細かったので、当時やっていたラグビーの補強で始めました。

Q3. ボディビル・筋トレで成果を出すためのコツはありますか?

(山岸)何事もそうだと思いますが「継続は力なり」ですね。

Q4. 筋肉が思うようにつかない人に何かアドバイスはありますか?

(山岸)重さにこだわらず、マッスルマインドコネクションを意識することだと思います。

(補足)マッスルマインドコネクションとは筋肉と心の繋がりという意味の言葉。トレーニングをしている時に、ターゲットとしている筋肉をしっかりと意識するようにして筋トレを行うこと。見方を変えれば、心に思ったことを具現するということにも繋がりますね。

Q5. 筋トレやボディビルを長く続けるための秘訣はなんでしょうか?

(山岸)筋肉をトレーニングすることは楽しいことです。なので、「毎日楽しむこと」こそが長く続けるための秘訣だと思います。

読者の方からの質問

Q1. 筋肉があって良かったことはどんな点ですか?

(山岸)筋肉が欲しくてトレーニングしてる人にこの質問は意味がわからない。。。すみません。。。

Q2. 大会前にはどのような食事を取るのでしょうか?

(山岸)ご飯、チキン、卵、ステーキ。。。などですかねー。

Q3. タンニングにどのぐらいの頻度で通いますか?

(山岸)コンテストの前日にスプレーするだけですよ。

Q4. オイルはお気に入りのものはありますか?

(山岸)特にないですね。

Q5. 観客に言われて一番嬉しい掛け声とかありますか?

(山岸)「デカイ!」と言われたいです!

Q6. ボディビルダーとスポーツ選手の筋肉の違いはありますか?

(山岸)ボディビルダーはスポーツ選手じゃないの?

Q7. 元々の体(体格や骨格など)はボディビルで成功するかどうかに関係ありますか?

(山岸)大いに関係ありだと思いますよ!

Q8. 筋肉があって困ったことはありますか?

(山岸)特になし!

最後に読者の方へのメッセージを

Q1. これから筋トレを始めようとする人にアドバイスはありますか?

(山岸)筋肉トレーニングは基本がとっても大切です。基本のフォームなどをしっかりと学んで頑張りましょう。

Q2. これからボディビルを始めようと考えている人にアドバイスはありますか?

(山岸)筋トレ同じく、基本を忘れないことです。

Q3. 山岸さんの今後の抱負をお聞かせ下さい。

(山岸)ミスターオリンピアの制覇!!!

Q4. 筋トレぴろっきーの読者の方へメッセージを下さい。

(山岸)100人いれば100通りのトレーニング方法がありますが、基本を忘れず怪我をしないようにすることが、長く楽しく続けて成果を出していくコツです。頑張ってください。

山岸秀匡さんの筋トレDVDだね!

次の筋トレインタビュー記事やボディビル記事もいかが?

いかがでしたか?

アーノルドクラシックを優勝した山岸秀匡さん、ボディビル界における、日本の第一人者と言っても過言ではないその活躍の裏には、トレーニングの基礎を大事にしながら毎日を楽しむといった、当たり前のことが隠されていました。

筋トレやボディビルを頑張っている人は、原点に立ち返って、しっかりと基礎を押さえて成果を出していけるといいですね。

是非山岸秀匡さんの活躍や言葉を励みに、トレーニング頑張っていきましょう!


山岸さんの公式サイトやFacebookページはこちら!

wallpaperHide02 (1)


ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする