筋トレ後の食事の効果や大切さ|トレーニング後の栄養補給に知っておきたいこと

筋トレ後の食事は大切です。トレーニング後のタイミングでしっかりと体の中に栄養が充満しているかどうかが、筋トレで得られる筋肉増強の成果を左右します。

スポンサーリンク

筋トレ後の食事は、筋肉を修復させて成長させるためにも大切。

「時は金なり」ということわざがある通り、筋トレにおいても「タイミングとは筋肉なり」と言えるぐらい、どのタイミングで栄養を摂取して、体内に充満させておくかはとても大切。

そして、その「タイミング」の一つが、トレーニング後だったりするのです。

今回は、その大切なタイミングである「筋トレ後」に食事を摂取する目的や効果、そしてなぜ筋トレ後がそれほど大切なのかを見ていきます。

また、摂取するべき栄養や、筋トレ後の食事を摂る場合に抑えておきたいポイントも、後半で紹介していくので、気になったら確認してみましょう。

スポンサーリンク

この記事の中で言う筋トレ後の食事の定義

筋トレ後の食事とはその言葉通り、筋トレ後に摂る食事のこと。

しかし一般的に筋トレ後の食事として議論する場合、トレーニング後数時間が経ってからの食事ではなく、筋トレ直後の食事を指す場合も多くあります。

また、筋トレ後のタイミングの中でも、栄養摂取を考えた場合にとても大切なのがトレーニング直後。

そのため、この記事の中で「筋トレ後の食事」というのは「筋トレ直後の食事」を前提として考えてていくこととします。

この筋トレ直後の食事(以降、筋トレ後の食事)から得られる栄養は、筋肉や体を再構築し、体を動かすエネルギーを補給し、さらに全体的な肉体の回復を促していくためにも効果的。

次に、その筋トレ後の食事が持つ効果について、もう少ししっかりとまとまった形で具体的に確認していきましょう。

筋トレ後の食事の効果とは?

一般的に筋トレ後の食事には次の3つの目的があると言えます。

  • グリコーゲンの補充
  • 筋タンパク質の分解を減少させる
  • 筋タンパク質の合成を促す

つまり、この3つの目的を考えた場合、アスリートや筋トレのトレーニーが筋トレ後の食事に期待出来る効果とは、次のようなものになる。

  • エネルギーを補充する
    • (※グリコーゲンは筋肉を動かすためにも大切なエネルギー)
  • 筋肉のサイズや質を向上させる
  • 筋トレからの筋肉のダメージを回復させる

要するに、動きの改善を促したり、見た目を良くしたり、人によっては怪我をしない体を作るためにも、筋トレ後の食事は有効になってくることになります。

さらに見方を変えれば、優れた筋トレ後の食事メニューを考えていき、正しいタイミングで摂取していくことは、年齢や性別に関係なく、

  • トレーニングや運動からの回復を促して日常生活への支障を最小化する
  • 筋肉痛を和らげて不快感を減らす
  • 筋肉を作るプロセスを効率化する
  • 免疫機能の向上や怪我の予防して健康寿命を延ばす
  • 筋肉量が増え基礎代謝が上がることで脂肪をエネルギーに変える力が向上する

といった効果があるとも言えるのです。

筋トレ後の食事がそこまで大切な理由とは?

筋トレ後の食事が持つ効果について確認してきましたが、なぜそもそも筋トレ後に食事を摂取していくことは、そこまで大切なのでしょうか?

次に、筋トレ後の食事が大切な理由について、順を追って見ていこうと思います。

筋トレではストレスが掛かり筋肉へダメージが加わる

筋トレは健康や美容、そして身体能力向上に関して優れた効果をもたらす反面、筋トレは相当な生理的ストレス要因でもあります。

その体に掛かるストレスの結果、特に高強度な筋トレを行うと、筋肉痛や倦怠感といった症状が引き起こされることになる。

これは筋トレにより、筋肉の燃料が枯渇し、筋繊維が微細なダメージを受けているため、「栄養の補充と筋肉の修復が必要な状態」であることを示しているということでもあったり。

そしてこの、筋トレで引き起こされたダメージから筋肉を回復させ、再構築させていくサイクルを繰り返していくことが、筋肉を成長させていくために重要なプロセスになります。

再構築のプロセス中に十分な栄養を確保することで筋肉の成長が始まる

ここでちょっと比喩的な例として、マイホームの壁をリフォームすることを想像してみましょう。

そこには、

  • 壁を壊す業者(またはチーム)
  • 壊した壁の部分にさらに良い壁を作ってくれる業者(またはチーム)

が、関わってくるとする。

しかし、その良い壁を作ってくれる業者(またはチーム)に、壁の原材料になるレンガを渡さなかった場合、どうやって新しい壁を作ればいいでしょうか?

レンガを渡さなければ、マイホームの壁は修復されずに、以前より優れた状態にはなれませんよね?

筋肉成長でもリフォームと同じプロセスが起こっている

実は、筋トレで筋肉を成長させていくためのプロセスでも同じことが起こっています。

体内では常に、

  • 筋タンパク質を分解する
    • →壁を壊す業者
  • 筋タンパク質を合成する
    • →壁を作ってくれる業者

という二つのプロセスが起こっている。

通常であれば、この分解と合成の割合が「分解 ≒ 合成」となっているため、筋肉量は減りも増えもしない均衡な状態が保たれている。

しかし、筋トレを行っている最中、体を動かすために、血中にあるエネルギー源(栄養)がどんどん消費されていき、その栄養が枯渇すると、体は身体活動を継続するためのエネルギーを取り出していこうとして、今度は筋肉のタンパク質(筋タンパク質)を分解し始めていく。

つまり、大きな負荷を利用してある程度の時間筋トレを続けた場合、筋タンパク質の分解が進むものの、筋肉を合成するために血中に含まれていた栄養素が少なくなってしまい、筋タンパク質の合成が進まないといった状態になってしまう。

これは、「分解 > 合成」といったバランス状態。

この環境を一刻も早く変えるために、筋肉の壁を修復するブロック(栄養)を、壁を作ってくれる業者に渡す作業が「筋トレ後の食事」であり、筋肉の成長のためには大切になってくるのです。

筋トレ後の食事はその「タイミング」も理由の一つ

また、筋トレ後の食事が大切な、もう一つの理由がそのタイミング。

一般的には「ゴールデンタイム」とも呼ばれる時間で、基本的には筋トレ後から45分以内を指すことが多く、出来ればトレーニング後~30分以内に、筋肉の修復や合成に必要な栄養を摂取するのが良いとされるもの。

このゴールデンタイムの時間は、枯渇した栄養素を取り戻そうと、筋肉が「準備万端」な状態。

このタイミングで、速攻で必要な栄養を体内へ吸収すると、筋肉の修復や合成に効率よく利用されることになり、筋肉の成長が素早く起こってくることになります。

逆に言えば、このゴールデンタイムを逃してしまうと、トレーニングで筋肉の成長を促す刺激を加えたのに、そのトレーニング後に起こる筋肉の成長を最大化するチャンスを失ってしまうということでもあったり。

このゴールデンタイムは徐々に閉じていき、閉じた分効果が薄くなっていくので、トレーニング後は出来る限り素早く食事を摂って、筋肉に栄養を供給してあげることが大切になってきます。

スポンサーリンク

飢えた筋肉に栄養を!

見てきた通り、筋トレ後というのはある意味「筋肉が飢えている」状態。

とてもお腹が空いて飢えているからこそ、そこに食事を与えてあげれば、筋肉は喜んで摂取して栄養補給をしていきます。

だからこそ、与えるならどんな栄養が最も大切かをきちんと考えながら、食事を摂っていくのが大切。

次に、筋トレ後に摂っておきたい栄養について確認してみましょう。

まずはタンパク質!

まず、絶対に考えるべきなのがタンパク質の摂取。

トレーニング中に分解された筋タンパク質を再構築していくには、タンパク質の摂取が大切。

タンパク質は摂取して体内に吸収されると、

  1. アミノ酸に分解される
  2. アミノ酸が筋タンパク質として再合成される

というプロセスを踏んで、筋肉の修復や成長に使われていくことになる。

そのため、筋肉の分解を一刻も早くとめ、出来る限り素早く筋肉の合成量が分解量を上まった状態(アナボリック)に持っていくためにも、筋トレ後の食事では、まずタンパク質を摂取していくことを考えていくことが、大切になってきます。

ちなみにタンパク質をトレーニング後に摂取する場合、目安としては20g前後を基準にして、最大でも30gまでを摂取するといった感じが良いかと思います(※タンパク質を一度に30g以上摂取しても消化出来ないとされる)

次に炭水化物も大切!

さらに、タンパク質と同じぐらい、実は炭水化物の摂取も、筋トレ後の食事には大切。

筋トレを行ったために体内のグリコーゲンが枯渇している状態を放置しておくと、体は筋肉を分解し続けたり、せっかく摂取したタンパク質を、身体活動を維持するためのエネルギー源として使ってしまう。

すると、摂取したタンパク質を出来る限り筋肉の合成に結びつけることができなくなってしまう。

つまり、摂取したタンパク質を筋肉の成長に最大限利用していくためにも、筋トレ後の食事で炭水化物を摂取して、グリコーゲンの補充をしていくことが重要になってくるってこと。

さらに、炭水化物を補給することでインスリン値を高めることも、筋トレ後の食事に炭水化物摂取が大切な理由であったり。

というのも、インスリンは、糖として分解された炭水化物を筋肉も含む体組織に運ぶための大切なホルモン。そして、もう一つ、アミノ酸を筋肉に運ぶという働きも持っている。

つまり、

  1. 炭水化物を摂取してインスリン値を高める
  2. 糖やアミノ酸を筋肉へ運ぶインスリンの働きが活性化する
  3. 枯渇したグリコーゲンや筋肉の修復に必要なアミノ酸が補給される

といったことが起こり、結果として、筋トレ後に起こっている筋肉の分解の抑制につながる。

このように、グリコーゲン値を上げて、補給したタンパク質が無駄なく筋肉の合成に使われるためにも、そしてインスリン値を高めて筋肉の分解を素早く抑制するためにも、筋トレ後の食事でタンパク質の摂取は大切だと言えるのです。

ちなみに、トレーニング後のタイミングでは、摂取するタンパク質のおおよそ2倍の炭水化物を目安に摂取していくと良いかと思います。

脂質は避けた方が良い

ただし、脂肪の摂取は、基本的に避けた方が無難。

脂質は確かに筋肉を成長させるために働く、様々なホルモンを分泌させるためにも大切。

しかし、筋トレ後の食事の目的は、あくまでもスピーディーに体内へ必要な栄養を吸収して、筋肉の分解を抑制することが先決。

脂質は消化に時間がかかることで消化器内に長く留まり、それが、炭水化物やタンパク質の消化吸収スピードも遅くしてしまう恐れがある。

トレーニング後の食事は、速やかに消化され、お腹が空いた筋肉に、出来るだけ早く炭水化物とタンパク質を届ける必要があるので、この時間帯は、脂肪の摂取は控えた方が良いと言える。

脂質は筋トレ後から1.5~2時間程度経過したタイミングで、摂取をしていくのが良いかと思います。

筋トレ後に食事を摂る際に大切なこと

トレーニング後になぜ食事が大切なのか、また筋トレ直後のタイミングで摂取すべき栄養について見てきましたが、摂取するといっても、タンパク質や炭水化物の一般的な食事、例えば肉やパンなどを食べるというのは、逆に非効率。

というのも、筋トレ後というのは体力的にも疲れており、さらにトレーニングのストレスにより、摂食中枢(空腹中枢)がシャットダウンされた状況であるため、そもそも必要なタンパク質量と炭水化物量を補うための通常の食事を食べるのはかなり大変。

さらに、通常の食材を摂取しても、消化されて吸収され、その後に栄養分へ分解されて、各筋肉まで届くのに時間が掛かってしまうため、ゴールデンタイム内に飢えた筋肉へ十分な栄養を供給することはまず不可能。

そこで、筋トレ後の食事を摂る際に知っておきたいポイントについて、次に触れていきます。

トレーニング後の食事は「消化吸収の素早さ」がカギ

トレーニング後の食事の目的は、とにかく出来る限り早く、筋肉に必要な栄養を供給してあげること。

この大前提を考えた場合に大切なのが、食事を摂った後の消化・吸収の素早さ。

食事を摂った後に素早く消化吸収されて、血中内に栄養が充満していけば、その分筋肉の分解は素早く抑えられ、すぐにでも必要な筋肉の修復や再構築が開始されていきます。

つまり、ここで大切なのが、出来る限り消化のプロセスが少なく、食事として摂取後すぐに吸収されていくものを厳選して、トレーニング後には摂っていくということ。

そして、そのために抑えておきたいのが、以下の2つのポイント。

  • タンパク質を摂るのであれば
  • 炭水化物を摂るのであれば
    • 単純炭水化物の食材

ホエイタンパク質も単純炭水化物も、吸収がとても早く、摂取後に短時間で分解され、筋肉へ必要な栄養が供給されていくことになります。

そして、ホエイタンパク質を摂取するなら、基本的にはホエイプロテインパウダーやホエイタンパク質で出来たプロテインパーを摂取してみる。

また、単純炭水化物の例としては、キャンディーやフルーツ、他にも糖分の含まれたスポーツ飲料などがあります。

出来ればドリンクタイプの食事がトレーニング後にはベター

トレーニング後の食事をする際に、もう一つ抑えておきたいポイントが、固形の食事ではなく、出来れば流動食、つまりドリンクタイプの食事をすべきという点。

というのも、トレーニング直後は上に挙げた通り、そもそも通常の食事をするような体力や食欲がない場合も多い。

そのため、固形食を食べるというのはかえって精神的・肉体的な負担になることが多く、トレーニング後の食事としてはふさわしくないことも結構多かったり。

一方、ドリンクタイプの食事であれば、疲れていても特に苦労もなく飲めるはずで、さらに、固形物より構造もシンプルで、消化器官への負担もほとんどなく、ダイレクトに吸収されやすい。

さらに、トレーニングを行うと、発汗により汗が大量に排出され、体は水分不足の状態になっていることがほとんど。

そこで、水分不足の状態を解消して、体の各器官が正常に機能するように回復させるためにも、水分の塊であるドリンクタイプの食事はとても効果的。

これらのことから、トレーニング後に食事をする場合は、出来ればドリンクタイプの食事で栄養補給をするというのも、抑えておきたいポイントになってきます。

↓結構愛用してる↓

次の筋トレ記事もおすすめ!

筋トレ後の食事の効果や大切さ|トレーニング後の栄養補給に知っておきたいことのまとめ

筋トレ後の食事について、その効果や重要性を見てきました。

トレーニング後の栄養補給をキッチリと行えば、筋トレの成果を高めていくことにつながります。

今回紹介したことを参考に、ベストなトレーニング後の食事メニューを考えていってみましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする