岡田准一の筋肉と格闘技|特徴的な腹筋や筋トレを筋肉トレーニング視点で解説!

岡田准一の筋肉や格闘技についての凄さを確認してみるとびっくりすることがたくさんあります。実戦で使えそうな腹筋や特徴的な筋トレを確認して、普段のトレーニングに参考にしてみましょう。

OK okada junichi 1st

スポンサーリンク

岡田准一の筋肉や格闘技スキルにびっくりすること間違いなしです!


筋肉LOVEで世界のどこまでも筋肉を追いかけ続ける筋トレ野郎達。

彼らが求めるものはこの世で唯一「筋肉」だけ。筋肉さえあれば、地の果てであろうが這ってでも手に入れようと頑張ります。

そんな筋肉の神に選ばれた(取り憑かれた)筋トレ野郎達が最も苦手とする相手が、顔の良さだけでこの世を謳歌するイケメン達。しかもテレビに出て、世の女性達から黄色い悲鳴を浴びているイケメンタレントは常に意識してしまう存在。

そんな、イケメンテレビタレントの一人に岡田准一がいます。岡田准一と言えば、ジャニーズ事務所所属でV6のメンバーの一人。最近ではドラマでも大活躍中で、イケメンだけじゃない実力派です。

その実力派タレント、岡田准一の筋肉や腹筋が、実は筋トレ野郎達でさえ黙るほど凄いことになっているかもしれないんです!さして格闘技の腕前も凄いらしい!

これはもう筋肉大好きな筋トレ野郎としては無視できません!

今回は、実は凄い実力者かもしれない岡田准一の筋肉や格闘技について、筋トレ野郎が筋肉トレーニング視点でその魅力を語っていきます!

スポンサーリンク

岡田准一の筋肉の魅力とは!?

岡田准一の筋肉① しなやかなマッチョ感が漂う腹筋!

hoso macho 1st

岡田准一の筋肉の特徴として一番最初に挙げたいのが、絶妙にしなやかなマッチョ感が溢れまくるその腹筋。

一般的に腹筋と言うと、シックスパックが有名。シックスパックが見てていることが腹筋の凄さのように思われています。

しかしシックスパックがむき出しの状態は、見た目は良いのですが、実は実戦、特に格闘技で絶対的に重要かどうかは別の話になります。

むしろシックスパックがむき出しにならない程度の方が、活躍している場合が多いとも言えるかもしれません。(格闘家のヒョードルや青木真也選手などはその典型)

それを知ってか知らずか、岡田准一の腹筋は、シックスパックが前面に目立つような感じではないんですが、力強さとしなやかさを兼ね備えていそうな腹筋になっているんですよ。

おそらく格闘技好きの岡田准一が、格闘技のトレーニングの中で自然に作り上げてきた腹筋で、脂肪と筋肉のバランスが絶妙に良いのかと。

しかも、ちゃんと腹筋前部の筋肉である腹直筋の上の部分(大胸筋のすぐ下)辺りが盛り上がっているので、パンチをみぞおちにくらっても、直ぐにはダウンしないようなタフさも変え備えていそうな腹筋なんです。

さすが格闘技の腕前でも有名な岡田准一だけあって実戦的な腹筋です。

岡田准一の筋肉② 上腕二頭筋も自然派!?

OK biceps

そして男性の筋肉を語る時の筋肉と言えば、上腕前面に位置して力こぶを作る上腕二頭筋。

岡田准一の上腕二頭筋は、決して大きく発達しているわけではありません(まあ、筋肉が売りの芸人でもないし、ボディビルダーでもないですからね!)。

しかし、そんな中でもしっかりと無駄なく最低限の筋肉は鍛えられているようで、上の画像のように上腕を曲げると、その力こぶの盛り上がりが確認出来ます。

これって、多分腹筋とも通じるところがあるかと思うんですけど、格闘技のトレーニングの中で自然と鍛えられた上腕二頭筋で、筋肉が付き過ぎないことで、無駄なくしなやかに動けるようになっているんではないかと。

その自然な感じが、岡田准一のかっこいい外見とマッチして妙にセクシーさを醸し出しているんですよね(我々筋トレ野郎達にはこの雰囲気は出し辛い・・・)。

多分岡田准一の筋肉って、個別に筋トレして鍛えたってことはほとんどなくて、どちらかというと自然と鍛えられてきた実用性100%の筋肉なんじゃないかと、この上腕二頭筋が物語っている気がしますよー!

その有機栽培感満載の筋肉が、岡田准一の魅力ですね!

岡田准一の筋肉③ 大胸筋の張り具合もイケメン〜!

OK pecs muscle soreness 1st

有機栽培筋肉。そのことは、岡田准一の胸の筋肉である大胸筋についても言えること。

岡田准一の胸を横から見ると、大きくなり過ぎず、だからといっても、しっかりと発達していてボリュームのある、なんともバランスが絶妙なセクシー大胸筋を確認出来るんですよ。

多分この盛り上がり方からすると、大胸筋に関しては有機栽培と同時に多少の化学肥料も与えているかも。つまり、自分の体重などを使った腕立て伏せなどの筋トレを多少はしているかもしれないってこと。

そして、これだけの盛り上がった大胸筋を作るのは一朝一夕には難しい。そこから推測すると、岡田准一の大胸筋はじっくりと長い期間を掛けて「熟成」されてきたものなのかもしれないです。

ちなみに岡田准一の胸の筋肉に関しては、あの筋肉でも有名な俳優、阿部寛も認めたほど。

身長差のある二人。でも、着ている上着は同じサイズと阿部寛がコメントしたこともあるらしく・・・。意外に岡田准一の大胸筋は大きく発達しているってことなんですね!

阿部寛も筋トレなどで体を鍛えているらしいので、同じ筋トレ仲間としても仲が良さそうですね〜。

岡田准一の筋肉④ 肩の筋肉が大活躍中!

shoulder muscle soreness 1st

多分、岡田准一の筋肉中でも、筋肉LOVEな筋トレ野郎達に最もぐっとくる部位が、肩にある三角筋なんじゃないかと。

多分これも格闘技のトレーニングなんかで自然と発達した筋肉だとは思うんですけど、「筋肉が張り出して血管もくっきり!」といった感じで筋肉のエロスを感じます。

三角筋の迫力は肩甲骨の端っこからはみ出るような発達の仕方、そして正面から見た時に腕と肩との境目がくっきりしていることなどで感じることが出来ます。

そして、岡田准一の三角筋に関しては、そのどちらも確認することが出来るんですよ!

普段リラックスしている時は、そこまでの盛り上がりにはなっていませんが、三角筋を収縮させるような動きを取った途端に、その筋繊維が浮き出て筋肉が盛り上がり、迫力が溢れ出してきます。

まさに、必要な時にはすぐにでも大きな力を発揮出来る、実用度の高い三角筋。

ちなみに岡田准一のこの三角筋も、基本的には格闘技のトレーニングを通して鍛えられていったんじゃないかと思いますよ。

実際に、岡田准一が格闘技のトレーニングを行っている動画などを見ると、そのシーンのすべてにおいて三角筋が活躍しているのが分かりますからね。

岡田准一の格闘技について

bruce lee workout

岡田准一の格闘技スキルって結構業界的には有名らしいですよ。

何が凄いかって、最近のハリウッドアクションによく使われているフィリピンの伝統武術、「KARI」を始め、伝説の武術家で俳優のブルースリーが創設した「ジークンドー」のインストラクター資格を持っているという!?

その武術を体得するために、地道ながらもコツコツと長く練習をしてきているらしく、その腕前はまさにプロ級。

KARIとジークンドーの師範、中村頼永氏も認めるほど心技体が充実しているらしく、中村氏は岡田准一の性格を一言で「根っからの格闘家」と評価しているほどなんですよ!

確かにパンチや足捌き、さらにグラウンドでの動きを見ると、すでにリングに上がっている選手と思えるくらい、スムーズで迫力ある動きをしています。(というか、一度実際のリングに上げってもらいたいレベル!)

岡田准一の格闘家としてのセンスは、とてつもないものを感じますね〜!

そして、もちろん有機栽培で鍛えられたしなやかな筋肉が、岡田准一のそのなめらかな動きを支えていることは間違いないと思いますよ!気になる人は、こちらの動画を是非!

岡田准一の筋トレ(骨で立つ?)

OK martial arts

岡田准一は、筋トレについてもどうやら独自の理論があるよう。

しかも、その筋トレのメソッドというのも従来の欧米から入ってきた筋トレではなく、イメージとしては、日本の古武術に存在しているような、「大きな筋肉を鍛えなくても、関節や骨、そしてインナーマッスルを極限まで連携させていくことで、大きな力を引き出せる」といったものっぽいです。

そのため、世間では「岡田メソッド」とも呼ばれてるとか。

そして、岡田准一本人は、自分の筋トレを解説していく中で「骨で立つ」とか説明し始めたり・・・。

はい、もう欧米型の科学に基づいた筋トレ理論しか知らない筋トレ野郎には完全に意味不明です!!!

もしかしたらですが、この「骨で立つ」というのは、筋トレ野郎が勝手に想像するに、「地面に対して重心をしっかりと極めるということが大事で、それを素早く正確に見つけるためには骨から垂直に立つという感覚が大切」ということなのかも。

gozo-shioda-2

塩田剛三先生

合気道の神と呼ばれた塩田剛三先生なんかも、重心さえしっかりと極めることが出来れば、筋力に関係なく圧倒的な力を出すことが可能だというのを証明していましたからね。

実際に岡田准一の力は凄いらしく、一緒に番組に共演した出演者が岡田准一の力を体験した際には、驚嘆の声を上げていたらしいですよ。

ある意味見せかけ以上の力を発揮できる、究極の筋トレ方法を知っているのが、実は岡田准一なのかもしれないです。

ちなみに岡田メソッドの入会方法は良く分かりません!

岡田准一の格闘技や筋肉、筋トレから参考にしたいこと

OK martial arts

岡田准一の格闘技や筋肉、そして意味不明だけど凄そうな筋トレ。

これらから参考に出来そうなことと言えば、岡田准一は自分の限界点を決めずにさらなる高みを目指していそうなこと。

そもそも「骨で立てる」という「ヨクワカラナイ」表現だって、通常の筋肉や筋トレで満足しているうちは出てこないですからね。

多分岡田准一は、アイドルとしての見た目を良くするための筋トレではなく、格闘家としても限界点を超えて、普通の人が筋トレをやっているだけではたどり着けない境地にまで達しているのかとも思えてきます。

そんな自分の限界点を一般的な枠に当てはめずに、地道に練習を重ねてきた結果、いつの間にか周りが驚くほどの境地に達してしまったその姿勢からは、学ぶところが多そうですよ!

これですねこれ

次の有名人の筋肉や筋トレ記事もおすすめ!

岡田准一の筋肉と格闘技|特徴的な腹筋や筋トレを筋肉トレーニング視点で解説!のまとめ

岡田准一の筋肉や格闘技について、筋トレ野郎的視点で語ってきました。

ここまで見てくると、岡田准一は、実は普通の筋トレレベルを遥かに超えているのかもしれないことが分かってきます。

これからも、ただのイケメンとしてだけでなく、実戦でも強い実力派肉体俳優としてその筋肉や格闘技を披露してくれるように、岡田准一を筋肉パワーで応援していきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする