オードリー春日をボディビル成功へ導いた筋肉トレーニングと食事とは!?

kasuga bodybuilding 1st

スポンサーリンク

筋トレで有名な芸能人と言うと、何人か思い浮かべると思います。忙しい芸能人でも筋肉を素晴らしく鍛えて、肉体改造に成功する姿を見ると、なんとなく自分たちにも出来るように感じますよね。

そんな筋トレ芸能人の中でここ最近頭角を現してきているのが、お笑い芸人のオードリー春日さん(※以降面倒臭いのでオードリー春日でいきます!)じゃないでしょうか?

2014年にボディビルの大会に出場するのを機に2013年から本格的に筋トレを始めて、2015年には筋肉もよりキレキレになって進化した体を世の中の人へ見せてくれました。そんなオードリー春日は、実は以前全く筋トレや筋肉と関係なさそうな体をしていたんです。言って見れば、筋トレの完全など素人!

そんなズブのど素人でもボディビルの大会に出場して入賞してしまうほどの実績を上げたということは、多くの人にとっても興味ある出来事でよね?

そんなオードリー春日とボディビル、そして筋トレとの関係を見ていきたいと思います。普段の筋トレのヒントも彼のボディビルダーとしての挑戦から使えそうな部分を徹底的に確認していきましょう!

スポンサーリンク

オードリー春日のボディビルダーとしての凄いところとは?

オードリー春日の本業はもちろん芸人です。その芸人としてのイメージがあるので、あまりボディビルダーとしての実績を真剣に評価されることがあまりないと思うんですが、せっかくなので、ぴろっきーが思うオードリー春日のボディビルダーとしての凄さを確認していきたいと思います。

オードリー春日の筋トレビフォーアフターがヤバイ!

まずは何も言わずに次の写真を見てください。

出典 videotopics.yahoo.co.jp

出典 videotopics.yahoo.co.jp

この春日の筋トレビフォーアフターの写真を見て、その豹変ぶりに圧倒されませんか!?左の写真って、ごく一般的な男性の体(むしろ少しメタボ?)です。そんな体であっても2年の間しっかりとトレーニングを継続することで、ボディビルダーとしての体へ完全に肉体改造してしまいました。

オードリー春日は、既にこの頃30代中盤に差し掛かっている時期です。ボディビルダーとして活躍するために、若いうちから始めている必要はないという一つの例ですね

2014年から2015年までにさらに絞った

上で紹介したのは、2013年と2015年前半の比較ですが、ボディビルダーに変身した2014年から2015年にかけてもさら進化を遂げています。

オードリー春日が最初にボディビルの大会に出場したのは、2014の第22回東京オープンというボディビルの大会でした。その時は予選落ちという結果でしたが、2015はみごと決勝まで進み、5位という好成績をおさめたのです。

その理由が、2014年の時点でも相当キレていた体をより絞って、徹底的に筋肉を鍛え上げたことによります。ボディビルの世界はトレーニングで筋肉を大きくして、大会に向けては厳しい減量をおこないます。減量とはいっても筋肉は落とさないで、脂肪のみ削っていくという究極の仕事になるのです。

左が2014年、右が2015の春日の体 ※出典 http://kenkou-kokoro.com/

左が2014年、右が2015の春日の体 ※出典 http://kenkou-kokoro.com/

オードリー春日の去年の身体と今年の身体を見比べると明らかですが、脂肪を削ったために血管や筋肉の筋繊維がむき出しなんです!その努力と精神力はハンパないものがあると思います。

春日はボディビルを楽しんでいる!

オードリー春日はボディビルを楽しんでいます。実はこれって凄いことだと思うんです。

ボディビルダーのトレーニングは非常に厳しく追い込みます。ありとあらゆるテクニックを駆使するので、トレーニングがキツクて辛いものになりますが、そんな中でもオードリー春日は苦しい食事管理や筋トレを自分のものにして、楽しく行っているようなのです。

現役のボディビルダーでも毎年大会に参戦する選手が少ないのは、日常生活や仕事との両立が難しいからです。それを人を楽しませる人気お笑い芸人というとっても忙しく時間も取りにくい仕事をしながら、厳しいボディビルを楽しんでやれるというのは相当凄いと思います。

kasuga fun

わずか2年で決勝進出したっていうのは驚き

ボディビルは非常に時間のかかる競技です。筋肉を成長させるために、筋トレを充実させて食事管理をし、さらに大会にのぞむためには減量をしないといけないので、わずか2年で決勝進出するのはとても至難の業なんです。(既に筋トレを経験している人は分かりますよね?)

さらにボディビル競技はプレジャッジという予選審査で比較され、ほとんど順位が決まってしまいますが、それから決勝審査ではフリーポーズという自分で決めたポーズを1分間行います。

今年初めて決勝進出したオードリー春日はフリーポーズに関しては、ボディビルダーとして初めての経験になったと思われますが、それでも入賞するほどまでの結果を出せたというのは賞賛すべきことだったりするんです!

o-dori- praized

オードリー春日のトレーニング方法とは?

さて、オードリー春日がボディビルダーとして実はどれだけ凄そうかを見てきましたが、凄いなら、成功している春日のトレーニング方法を真似すれば、自分の筋トレにも効果が出るのではないでしょうか?

ということで、春日がボディビルへ向けて行っていたトレーニング方法を確認していきましょう。

春日が採用したのはボディビルダーのトレーニング方法!

オードリー春日があそこまでの肉体改造をするために採用したトレーニング方法とは、ズバリボディビルダーのトレーニング方法です。

ボディビルダーのトレーニングは週単位で計画されていて、週に5回から6回、なかには毎日行う人もいます。そんなに筋トレばかりして回復するのかと思われますが、ボディビルダーのトレーニングは疲労が重ならないように配慮されていて、1日に全身のトレーニングはおこないません。緻密に管理されているので、筋肉痛が治って超回復する時に鍛える箇所が回ってくるようにサイクルされているのです。

それでも忙しい仕事の中でのスケジュールは大変だったと想像されます。継続出来れば、ボディビルのトレーニング方法は本当に効きそうですね!

春日のトレーニングのコツは分割法?

オードリー春日のトレーニング方法は分割法でした。分割法とはボディビルダーの筋トレ法で、一回一回のトレーニングでオールアウトするまで追い込みます。

その結果ほとんど毎日といっていいくらい、どこかが筋肉痛になりますが、次の日には他の箇所のトレーニングをするので、また同じ筋肉を筋トレする時には、フレッシュな状態の筋肉で筋トレに臨めるというものです。

例えば胸の次の日は下半身のトレーニングをしたり、その次の日は上半身に戻り背中を鍛えるという具合になります。これなら毎回の筋トレで限界まで追い込むことができるというわけです。

各部位のトレーニング頻度は週1回から2回になりますが、そんなに少ないと思わないで下さい。逆に1回から2回くらいしか出来ないように追い込むということなんです!

female muscle 7

オードリー春日が採用した食事とは?

トレーニングがボディビルダー仕様になってたということで、既にお分かりですよね?もちろん、オードリー春日が採用した食事方法もボディビルダーの食事方法です。

ボディビルダーは減量期に入ると、高タンパク低脂肪にして糖質も厳しく制限します。頭の中が低血糖になったりしますが、そこは我慢してタンパク質を普段より多く摂ることで穴埋めします。

さらに分割して食べることで筋肉にタンパク質が常に供給されるようになり、血糖値を安定させることができるのです。一般的なボディビルダーの場合、プロテインを間食として数えると、1日に6回から8回という回数で食事を摂ることが多いのです。しかしトータルしたカロリーは少ないという計算になるのです。

ボディビルの食事について気になったら、ボディビルダーの食事メニューが超参考になる!体づくりに食生活や回数を見直したら?も参考にしてください。

オードリー春日の食事のポイント

オードリー春日の食事は、常に持ち歩ける食事をすることだったようです。忙しい合間をもって食事をしなければいけないわけですから、プロテインやアミノ酸というサプリメントはもちろん、ササミのパック状のものやすぐに食べることのできるコンビニのサラダなどを利用していたそう。

筋トレの直後だけはバナナを口にするというスタイルでしたが、これは筋トレ後に低血糖になった身体には非常に効果的です。筋トレ直後のゴールデンタイム(筋トレ後から約30分以内)だけは何を摂っても脂肪として蓄積されることはないというくらいの時間です。

さらに、筋トレで疲労した状態からいち早く回復するためにも、バナナの糖質が一役かったというわけですね。

ボディビルの食事のヒント

オードリー春日の筋トレに対する姿勢から学べること

オードリー春日のボディビルへの挑戦、そしてその筋トレへの姿勢から参考に出来ることはたくさんあると思います。でも、その中でも一番学べるところってどんなところでしょうか?

特にオードリー春日から参考にしたいポイントは、筋トレの時間に対する言い訳がないところです。普通のビジネスパーソンでも、筋トレをするには時間が必要です。

しかし時間が不規則な仕事のオードリー春日は、現場から現場までの移動時間を有酸素運動として利用したり、24時間オープンのジムを利用したりするという工夫でボディビル参戦をしたのです。

ボディビルは筋トレ、食事管理が非常に重要です。さらに大会に参戦する場合はムダ毛の処理や日焼け、規定ポーズの練習と、沢山やることがあります。それを忙しい中、時間のやり繰りをして、ステージに上がって結果を出したのだから、春日の時間の使い方は、筋トレをして肉体改造を目指す全ての人にとって見本になると思いますよ!

気になった人にはこんなのもあるよ!

次の筋トレ記事もおすすめ!

いかがでしたか?

普段から顔を見ている人気芸人でも、肉体改造を成功させているのを見ると、自分でも絶対成功できると思いませんか?

オードリー春日でも出来たんだから、頑張れば誰で肉体改造出来るはずです。オードリー春日のボディビルダーとしてのヒントを参考に、筋トレを頑張っていきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする