錦織圭の筋肉や腹筋を筋トレ視点で愛でる!トレーニング情報や画像付き!

錦織圭の筋肉や腹筋を筋トレ視点で見ていきます。トレーニング情報や画像もあるので、錦織圭好きはチェック必須です。

スポンサーリンク

錦織圭の筋肉や腹筋は機能性に優れていて最高です!


筋肉のことで毎日頭が一杯な筋トレ野郎達。

彼らにとって筋肉を愛でる(めでる)ことは人生の喜びでり、筋肉を持った肉体を眺めていることは最上の喜び。

快楽ホルモンであるドーパミンが、体内で放出されまくることになります。

そんな筋トレ野郎達の中でも、筋肉に真に覚醒した真性筋トレ野郎達が筋肉を見るときには、ただ筋肉大きさばかりに注目するのではなく、筋肉の持つ芸術性や機能性なんかにも注目するのです。

そして、真性筋トレ野郎達の間で、以前から注目の的になっているのが、日本のテニス界初、世界のトッププレイヤーとして活躍する錦織圭。

一見すると、筋肉はいたって普通そうですが、そのパフォーマンスは圧巻で、錦織圭の筋肉に秘められた機能性に多くの真性筋トレ野郎達が惹きつけられています。

そこで、錦織圭の筋肉や腹筋について、筋トレ野郎がその魅力について画像と共に語っていこうと思います!

さらに、後半ではトレーニングの特徴なんかについても見ていきますよ!

スポンサーリンク

意外に凄い!?錦織圭の特徴的な筋肉たち!

プレミアム感MAXな前腕から上腕にかけての筋肉

錦織圭と言えばテニス選手、そして、テニス選手の筋肉で一番目立って気になる部位といえば、腕だと思うんですよ。

筋トレ野郎としては、テニスの試合を観戦する際は、ボールよりもテニス選手の腕の筋肉を追いかけているぐらいですからね。

で、錦織圭の腕の筋肉なんですけど、一般的な視点からすれば、大して注目されることはないと思うんですけど、筋トレ野郎的にはちょっと注目したいポイントがあるんですよ。

(出典:草生えますわ速報

普段の錦織圭だと、上の画像のように、そこまで腕の筋肉がわからないんですけど、試合中の腕を見るとその膨らみ具合がエクセレント!

(出典:バレー・テニスのスポーツブログ

試合中には、前腕から上腕にかけての外側のラインが、大きく太く盛り上がっていているのが分かります。

普段は嫌がるそぶりを見せて本音を言わないけど、要所要所にだけは好意を示す、まるでツンデレのような筋肉!

ちなみに、この前腕から上腕にかけて発達している筋肉は、腕橈骨筋といって、上腕の逞しさのシークレットコード的筋肉であったりします。

腕橈骨筋は前腕前面の外側から上腕にかけて位置している筋肉で、あまりメジャーな筋肉と言えないんですが、実は、肘を曲げる動作に関与する筋肉の中でもトップを争う大きさの筋肉で、逞しい腕をつくるのには欠かせない筋肉だったりするんですよ。

しかも、フォアハンドで肘を曲げてスピンをかける際なんかには活躍すること間違いなしで、それが錦織圭がラリーに強い一つの理由なんではないかと。

筋トレ野郎的に見ると、普段は隠れているのに、ことあるごとに力を出す錦織圭の腕橈骨筋の機能性に胸キュンです!

肩についているのって筋肉マイボールだよね!?

錦織圭の筋肉は、腕だけじゃなくて、他にもその肩の三角筋が超絶キュートなんですよ。

もう筋トレ野郎的には、「マイボールですか!?」って聞いてみたくなってしまうほど。

まるで、肩にもう一つボールが乗っているようで、まさに自分の為だけに存在するマイボールのようだと思うんですよね。

で、そのマイボールを確認するために、下の錦織圭の画像を見てみましょう。

(出典:エタン(Ethan)のブログ

こ、この美しい曲線の肩の筋肉・・・まさに、エクセレント!

錦織圭の三角筋は、前部・中部・後部と全体的にバランス良く発達していて、ただ大きいだけじゃなくて、超絶美しい球体を作り上げているっていう・・・。

筋トレ野郎的視点で言ったら、是非そのマイボール筋肉を一度ラケットで打たせてもらいたくなってしまうレベルですよ!

ちなみに、なかなか全体的に、三角筋をバランス良く大きくするのは難しかったりします。しかし、錦織圭の三角筋はそうならずに、丸みを帯びていてバランスが良いんですよね。

これは、肩の前部や側部のトレーニングだけに偏らず、後部もしっかりと鍛えているおかげなんではないかと。

もしかしたら、肩の後部を鍛える鉄板種目の、ベントオーバーラテラルレイズあたりにも取り組んでいるかもです。

ちなみに、テニス選手の場合、三角筋が発達しすぎると肩の可動域が制限されてしまうリスクもあるので、その点を考えると、錦織圭の三角筋はまだ本気じゃないはず。

そう考えると、錦織圭が本気を出して鍛えた肩の筋肉を是非一度拝んで見たくなります!

強さの秘訣はプリケツがカギだった!?

テニス選手である錦織圭の筋肉を見ていくと、上半身ばかりでなくその下半身にも注目したくなるんですよ。

で、その中でもお尻の筋肉がかなりイケてるんではないかと。

例えば、次の錦織圭の画像。

ラリー中にボールを追いかけている時のものだと思うんですけど、そのお尻がまさに「プリケツ」!

いい感じにお尻の後面が丸くなってプリっとしているのが分かります。

このお尻後面の筋肉は大臀筋という筋肉で、ダッシュやジャンプの際に股関節を伸ばして瞬発的な力を出すのに大切です。

テニス選手はとにかくコートの中を縦横無尽に走り回ってボールを追い掛け回したり、サーブを打つ際には、膝関節と股関節を伸ばして作った力を利用してショットの威力を増したりするので、自然と大臀筋が強化されていくことになります。

そう考えると、ある意味錦織圭のサービスは「プリケツの集大成」と言えるんではないかと。

筋トレ野郎的には、その機能的で可愛らしいプリケツを是非愛でたいと思ってしまいますよ〜!

大腿四頭筋もええね〜!

そして下半身の筋肉と言って忘れてはならないのが、太もも前面についている大腿四頭筋だと思うんですけど、錦織圭の筋肉の中でも、大腿四頭筋はかなりイケてるんですよ。

もうね、筋肉LOVEな筋トレ野郎的視点で言わせてもらうと、営業時間終了まで見ていられるって感じで・・・。

例えば次の錦織圭の画像。

(参照:南柏テニススクールの連絡帳。

太もも前面の大腿四頭筋が大きく肥大しているのが分かります。

しかも、筋繊維の溝が出来ていて「そこに水を流したら小さな川出来るんでないの!?」って思ってしまうほど!

実は、大腿四頭筋は単一の筋肉だけではなくて、4つの筋肉が集まった総称で、膝を伸ばす動作に大きく関わっています。

そして、その中でも表層に位置しているのは、内側にある内側広筋、外側にある外側広筋、そして中央にある大腿直筋と呼ばれる筋肉。

この3つの筋肉がしっかりと盛り上がって溝を作っている辺りが、筋肉LOVEな視点から見ると、とてもセクシーに思えてなりません!

ここまで発達した大腿四頭筋は、膝を伸ばす動作の大きいテニスにおいて、錦織圭がどれほど大きなパワーを発揮出来るかを物語っている気がしますよ!

錦織圭の腹筋ってどうなのさ?

ちなみに「錦織圭の腹筋ってどうなのよ?」っていう声が聞こえてきそうなので、簡単に触れておきたいんですけど、残念ながら錦織圭の腹筋が強調された画像ってそこまで出回っていないので良く分からなかったりするんですよ。

しかし、下に紹介するいくつかの腹筋画像を見る限り、ナチュラルな感じでしっかりと割れたある意味ソフトマッチョ代表格的な腹筋を持っているってことが分かるかと。

気になる方はチェックどうぞー!

錦織圭の腹筋画像①

錦織圭の腹筋画像②

錦織圭の筋トレについても語ってみる

錦織圭の筋トレ① 何はともあれ黙って体幹トレーニング!

錦織圭の筋トレに関しては、本人のブログやテレビ番組などで少し紹介されているんですけど、そこから分かるのは、まず腹筋を含めた体幹を徹底して鍛えているっぽいってことなんですよ。

しかも、体幹トレーニングと言っても、一般的にイメージされるプランクのような体幹トレーニングだけでなく、他にもフリーウェイトやマシンも利用して、しっかりと身体動作の中心となる体幹の筋肉(腹筋や背筋など四肢以外の胴体部位)全体を強化しているみたいです。

(出典:錦織圭公式ブログ

体幹の筋肉の働きには関節機能や姿勢を維持したり、バランスを高める安定化向上の機能(スタビライザー/スタビリティ)があります。

そしてもう一つ大切なこととして、「体の一部で起こった力を他の部位に連動させる」という機能(モビリティ)もあります。

つまり、体幹を鍛え抜いているからこそ、試合中にもブレない姿勢を維持できたり、腕や脚など末端の筋肉が爆発的なパワーを出せるってことになるんですよ。

そして、それだけでなく、この二つの機能が上がれば、筋トレのパファーマンスもアップするっていう優れもの。

多分そんな体幹の筋肉が持つ優れた機能を、錦織圭レベルであれば感覚として持っていて、それが、彼が体幹のトレーニングを重視する理由なんだと思います!

錦織圭の筋トレ② 体幹だけはまだ二流!

錦織圭が体幹をかなり鍛えているのは分かったと思うんですけど、もう一つ、錦織圭の筋トレで見逃せないポイントがあるんですよ。

それは、体幹だけではなく、腕や脚の筋肉、つまり体幹以外の四肢の筋肉も同時に、しっかりと鍛えていること。

(出典:錦織圭公式ブログ

体幹がスポーツのパフォーマンスアップに欠かせないというのは、上で解説した通りなんですけど、それはあくまで土台。

それぞれのスポーツの動きに合わせて必要な力を出していこうとした場合、体幹を鍛えるだけではなく、同時に腕や脚の筋肉だって鍛えていく必要があります。

錦織圭の部位別の筋トレに関しては、錦織圭公式ブログでもちょくちょく画像と一緒に紹介されていたりするんですけど、それに加えて、腕と脚の筋肉は明らかに発達しているのが分かるので、体幹と同じく、かなりの時間を掛けてじっくり鍛え抜いていると考えて間違いないと思います。

その辺りの、テニスのテクニックだけではない部分に対する努力が、実は相当凄かったりするのかもしれないです。

錦織圭の筋トレ③ 参考にしたいこと

錦織圭の筋トレの特徴について、筋トレ野郎的視点から気付いたことを挙げてみたんですけど、錦織圭のようなアスリートを目指したい場合に、参考になることって結構あると思うんですよ。

その中でも、せっかく鍛えた筋肉の力を100%発揮させて、大きな力を生み出すためには、体幹と各部位の筋肉どちらか一方だけを鍛えるのでなく、両方同時に鍛える大切さが良く理解出来ます。

説明した通り、体幹はスタビリティとモビリティの機能があり、爆発的なパワーを出す土台。そして、その土台だけでなく実際に動かす筋肉の強さも相まって、スポーツや筋トレのパフォーマンスを上げることができます。

もちろん、見た目を良くしたい人にとっても、逞しさを出していくことにだって繋がってきます。

そう考えると、スポーツで活躍したい人も、かっこよくなりたいという方も、錦織圭の筋トレから学べることはかなり多いんじゃないかと思いますよ!

頂点期待してますよー!

次の有名人の筋肉・筋トレ記事もおすすめ!

錦織圭の筋肉や腹筋を筋トレ視点で愛でる!トレーニング情報や画像付き!のまとめ

錦織圭の筋肉や腹筋について、筋トレ野郎的視点で語ってきました。

錦織圭の筋肉は、様々な部位の筋肉が体幹を軸として力強く連携しているのが優れた点。

これからも、日本に勇気を与えてもらうためにも、そして、その機能的に素晴らしい筋肉を拝ませてもらうためにも、錦織圭を応援していきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする