ニートゥーエルボーはお腹周りの引き締めに効く体幹トレーニング!

knee to elbow 1st

スポンサーリンク

腹筋の筋トレをやろうと思うんだけど、雑誌やネットで見かける筋トレってどれもハードすぎ!もう少し簡単なやつないの??」

こんな風に思っている方いませんか?筋トレを始めたいなと思っても、いきなりウェイトが重くて強度の高いものをやってしまうと、心が折れてしまうときがあります。

そこで、筋トレ初心者や女性の方におすすめしたいのが、「ニートゥーエルボー」という腹筋の筋トレ。

ニートゥーエルボーは、お腹周りや、お腹を引き締めるのに効果的でありながら強度が低めで、しかも器具は一切不要というどなたでもチャレンジしやすい体幹トレーニング。しかも、このニートゥーエルボー、サッカーの長友選手のお墨付きだそう!

「筋トレ始めたいのに、気楽にやれる種目がない!」と諦めていた皆さん、今回ご紹介するニートゥーエルボーを、ぜひ試してみましょう。すでにやっているという方も、フォームやポイントの見直しをするとGoodです。

スポンサーリンク

ニートゥーエルボーのトレーニング方法

肩幅程度に両足を開いて背筋を伸ばして立ったら、頭の後ろで手を組みましょう。これでセット完了。(頭を後ろの手で組まないやり方もあります。その場合は負荷が低くなりますが、よりバランスを取りやすく楽になります。)

そうしたら、右足を高く上げて同時に、上体を気持ち少し斜め前にひねっていき、左肘と右膝をつけます。左肘と右膝がついたら元に戻して、次は同じ要領で右肘と左膝をつけます。

左右交互に20回×3セットが目安です。

knee to elbow

ニートゥーエルボーのトレーニング方法まとめ

  1. 肩幅程度に足を開いて立ったら、頭の後ろで手を組む
  2. 右足を高く上げて、同時に上体をひねって左肘と右膝をつける
  3. 元に戻し、次は右肘と左膝をつける
  4. 左右交互に20回×3セットが目安

(ニートゥーエルボーのフォームの確認にどうぞ!)

ニートゥーエルボーのポイント

ニートゥーエルボーは、立った姿勢から対角にある肘と膝を付ける動作により、お腹周りの筋肉を鍛える体幹トレーニングです。そこで、お腹周りやお腹を引き締めるためには、膝を高く上げることがポイントになります。

上体を倒して対角線上にある膝へ肘を付けるのではなく、イメージとしては、膝は出来るだけ高く上げていき、上げきったところへ、お腹周りの筋肉を丸め込むようにしながら肘を持っていく感じです。

また、疲れてくると、膝を上げる高さが低くなってくるので、常に腰よりも上に上げるイメージを持つようにしましょう。また、動作中は片足立ちになるため、不安定な状態になります。体がフラフラしてしまう場合は、軸足の膝を少し曲げるとバランスが取りやすくなります。

但し、この不安定さによって、体幹のインナーマッスルに効かせることも出来るので、常に膝を曲げすぎるのではなく、最初やバランスが取りにくい時だけ、膝を曲げるという形にした方が良いかと思います。

ニートゥーエルボーのポイントまとめ

  • お腹周りやお腹を引き締めるためには、膝を高く上げる
  • 肘を付けて行く時も、上体を倒すのではなくお腹周りの筋肉を丸め込むようにする
  • 常に腰よりも上に膝を上げるイメージを持つ
  • 動作中、フラフラしてしまう場合は、軸足の膝を少し曲げるとバランスが取りやすくなる(但しやり過ぎないように注意)

knee to elbow anime

ニートゥーエルボーの筋トレ効果

ニートゥーエルボーは、立った姿勢から対角にある肘と膝を付ける動作を行うため、腹直筋、腹斜筋、腸腰筋などのお腹周りにあるアウターマッスルからインナーマッスルまで鍛えることが出来る効果があります。

これらお腹周りの腹筋の筋トレをするということは、ウエストラインを形成する筋肉を鍛えることが出来るため、お腹周りの引き締め、ぽっこりお腹の改善、くびれづくりなどに効果的です。

そして、腸腰筋は脚を前方へ振り出す動作に必要な筋肉であるため、ニートゥーエルボーをすることで、歩行障害の予防や改善も期待出来ます。他にも腸腰筋の活躍によって、綺麗な姿勢維持が可能になります。姿勢が悪く困っている人にも効果的な体幹トレーニングでしょう。

また、比較的、負荷の少ない体幹トレーニングのため、女性や筋トレ初心者の方にもおすすめです。普段から、腹筋の筋トレは腹直筋のトレーニングに偏っているという方は、ニートゥーエルボーを取り入れて、他の腹筋も筋トレすることで、お腹周りをバランスよく鍛えることが出来ます。

abs core training

ニートゥーエルボーの注意点

ニートゥーエルボーは立った姿勢から、対角にある肘と膝をしっかりと付ける動作によって、初めてお腹周りの筋肉を鍛えることが出来る体幹トレーニングのため、ただリズミカルに体を捻るのではなく、肘と対角の膝がつくように膝を高く上げ、ウエストをしっかり捻ります。

また、1回の動作ごとに、上体を一度しっかりと伸ばすようにも注意してください(※つけた肘と膝を元の上体に戻していく時)。

また、勢いで足を蹴り上げるのではなく、お腹周りとお腹を引き締める意識を持って、動作を行うようにしましょう。

おなか周りスッキリさせるノウハウらしいよ

次の筋トレ・体幹トレーニングの記事もおすすめ!

ニートゥーエルボーはお腹周りの引き締めに効く体幹トレーニング!のまとめ

このニートゥーエルボー、お腹周りをギュッと絞る感じが、いかにもお腹を引き締めるために効きそうですよね!?

器具なしでどこでも出来るので、家でテレビを見ながら、そしてちょっとした空き時間、例えば電車を待ってる間(?)にもいつでも隙を見つけてやってみましょう。

上級者でジムに通っている方は、ケーブルマシンを使って、グリップを引く形で行えば、腹筋への負荷を一気に上げることが出来ます!こちらもチャレンジしてみてくださいね。

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする