内村航平の筋肉と腹筋や握力の秘密を筋トレ視点で画像と共に探る!筋肉トレーニングはしていない?

内村航平の筋肉や腹筋、そして握力について探っていきます。筋トレなどのトレーニングは一切行わないで作り上げた、鋼の体を画像と一緒に見ていきましょう。

kohei-uchimura-1st

スポンサーリンク

内村航平の筋肉や腹筋の秘密を探っていきます!


内村航平と言えば日本のスポーツ界を代表する、体操日本の超天才的選手。

その甘いマスクでイケメンな外見とは裏腹に、オリンピックでは個人総合2連覇、そして世界体操競技選手権ではなんと6連覇(2016年現在)と、体操史に名前を残すほどの人物です。

そしてなんといっても、その筋肉がエクセレント!

筋肉のことを考えて、夜も眠れない筋トレ野郎達にとっては格好の餌食であることはもちろんのこと、筋肉のことは普段考えもしない一般の人にとっても、その素晴らしさが見ただけで分かるレベルです。

そんな、超ヨダレ物の内村航平の筋肉について、筋肉のことを愛している筋トレ野郎としては見過ごすわけにはいけません!

内村航平の筋肉や腹筋、さらには握力の秘密などを、筋トレ野郎的視点で画像付きで語っていこうと思います。

スポンサーリンク

内村航平の筋肉の秘密① 実は超握力が弱い!?

kohei-uchimura-grip-strength

あれだけ全身の筋肉を使って、超弩級の動きを見せる内村航平。実は、握力に関しては超弩級にびっくりするぐらい、弱いらしいんですよ!!!

というのも、2015年10月4日に放送された「とくダネ!」の中で、握力を測らされた内村航平。その時の数値がなんと「35kg」とか!(※他の選手達も軒並み30kg台後半・・・)。

日本人男性の平均握力が47~48kgと言われている中で、35kgって相当弱いですよ!あれだけ凄い体操のパフォーマンスを見せらてたら、にわかには信じられないですよね?

しかし、リアルに35kgしかないらしく・・・。

まあ、実際に専門のスポーツインストラクターも、

内村選手の握力はこの世代と同等ということになります。往年の体操選手、具志堅幸司さんも握力は50キロほどだったとか。意外に、体操競技の実力に握力は関係ないのです

(引用:exciteニュース

と言っているぐらいなので、信ぴょう性は高そう。

身長も162cmと小柄で体重も軽く、また、筋トレ野郎的視点から言わせてもらうと、例えば鉄棒や吊り革を行うといっても、そこで必要なのは体重を両手で支えるための最低限の握力なのかなと。

実際の動きの中ではぎゅっと力を入れて握るのではなく、逆に握力を緩めてスムーズに演技を行っていく必要があるからこそ、あまり握力は必要としないんじゃないかと思うんですよね。

まあとにかく、あそこまでの筋肉を持って圧倒的なパフォーマスを見せながらも意外に弱い握力は、最もびっくりする内村航平の筋肉ネタの一つかと思います。

内村航平の筋肉の秘密② 上腕二頭筋のピークが素敵

そして、筋肉と言えば上腕二頭筋だろ!ってぐらい有名な力こぶの筋肉。内村航平の場合、この上腕二頭筋もとても特徴あるものになってるんですよ。

体操選手のユニフォームはノースリーブ。そのため、上腕がむき出しになっているんですが、特に内村航平の二頭筋は収縮すると「ピーク」までがぽこっとした感じで現れる力こぶになってるんです。

このピークとは、通常の力こぶの上にさらにもう一つ小さな山のような盛り上がりが出来た状態。ここまでの力こぶを持っているのは、並大抵の上腕二頭筋ではないということを意味しています。

しかも、あれだけの二頭筋を持ちながらも筋トレで鍛えたことは一切無いというのが驚き!

体操選手は毎日のように激しいトレーニングを繰り返していますが、その中で行われる「引く動作」でここまでの上腕二頭筋が鍛えられていくことになります。どれだけ体操の練習が筋肉に大きな負荷を与えているのか、このピークを見ると理解出来ますね。

納得の演技が出来た時はガッツポーズだけでなく、筋トレ野郎的には、出来ればボディビルのダブルバイセップポーズも決めて欲しいです!

内村航平の筋肉の秘密③ 筋繊維むき出しの三角筋

kohei-uchimura-shoulder

内村航平の筋肉を語る時、その筋繊維むき出しの肩の筋肉である三角筋も絶対に注目しておくべきだと思います。

体操選手は例外なく三角筋が発達していると思うんですけど、特に内村航平の三角筋は、筋繊維の一本一本までキレイに見えるんですよ!これ、筋肉LOVEな人達にとっては、超高得点なポイント!

体脂肪率が一桁台と、とても低いことも関係しているんですけど、それ以上に、三角筋の発達度合いがハンパない。太く発達した筋繊維の一本一本が濃い密度で集まっているのが、内村航平の三角筋を権威付けてると思うんですよね。

しかもどの角度から見てもまんべんなく発達しているので、その三角筋が発揮出来るパワーも相当なものかと。

考えてみれば、体操競技において三角筋は、常に力を入れておく必要があるので、瞬発力と筋持久力を両方兼ね備えているんだと思いますよ。

内村航平の三角筋は、他の体操選手と比べても抜きん出ているので、競技力に大きく影響していること間違いなしですね。筋トレ野郎的には、個別審査があるのであれば、「個人三角筋」で満点をあげたいレベルです!

内村航平の筋肉の秘密④ ベンチプレスなんて必要ない大きな大胸筋!

内村航平の胸の筋肉である大胸筋も、筋トレ野郎的視点で見ると褒めておきたい部分になります。

なんといっても、筋トレをしていないのにしっかりと発達した大胸筋っていう。

左右のバランスが良いのはもちろんのこと、キチンと盛り上がっていて大胸筋の外側の輪郭もしっかりしている。そしてなんといっても、パワーもありそうな、とてもバランスの取れた大胸筋なんですよ。

筋トレ野郎的には「ベンチプレスか!?」と叫びたくなるところなんですけど、実は内村航平の大胸筋は体操競技だけで作り上げたものみたいです。

つまり補助としてさえも、単体で大胸筋の筋トレは一切行っていないってこと。

体操競技だけであれだけの美しい大胸筋を作れるって、本当に体操ってすごいですね。強度はもちろんのこと、バランス良く筋肉を発達させるには、とても効果が高いものだってことが良く分かります。

しかもオーバーワーク度外視の毎日の練習っていうのも恐れ入ります。

内村航平の筋肉の秘密⑤ その腹直筋は食べ過ぎなんて気にしない!

筋トレ野郎としては絶対に注目しておきたい筋肉の一つと言えば、腹筋前面にある腹直筋。シックスパックを作っている腹筋ですね。

内村航平の腹直筋は、もちろん他の筋肉と同じようにしっかりとシックスパックが割れて発達していますよ!

しかも、その発達ぶりから「決して食べ過ぎなんて関係ない!」と思えるほど、どんなに爆食をしてもお腹が出ることがないんじゃないかと思える、引き締まった腹直筋なんですよ。

kohei-uchimura-abs

例えば、上の内村航平の画像。

座った状態で服を着替えているなんの変哲もない画像なんですけど、注目して欲しいのがそのへそあたり。普通の人だったら、この体勢になると、どんなに腹筋が割れていても少しはたるむもんですよ。

しかし、内村航平の腹筋は、そのたるみが一切ない!

これは何を意味しているかというと、腹直筋がかなり引き締まっていて、お腹の上の脂肪がほとんどないってこと。そして、同時に姿勢も綺麗だってこと。

ある意味、常に臨戦体勢であるとも言えるかもしれないですね。

綺麗な体操を目指している内村航平なので、姿勢をキープするためにも腹直筋を充実させ、さらに常に姿勢を美しくするように意識してたりするんでしょうねー。

内村航平の筋肉の秘密⑥ 収縮力が強そうな僧帽筋下部

内村航平の筋肉画像を見ていくと、多くの場合、競技の性質上、どうしても正面からのものが多いんですが、たまに見かける背中の画像を確認すると、その僧帽筋下部の発達具合に目がとまります。

僧帽筋は首回りから肩、さらに背中の中部にかけて逆三角形の形で位置している筋肉。僧帽筋は引く動作に関わったり、肩甲骨を内側によせたり、肩甲骨を挙上したりと、体操においては常に働いている筋肉の一つでもあります。

そして、僧帽筋の中でも中部から下部の部分が発達すると、背中の上部から中部までの厚みが増すため、背中を大きく見せたい人にはとても大切な筋肉。

そんな僧帽筋の下部に関して、内村航平の場合、とても柔らかくて収縮力が強そう!

肩甲骨まわりが非常に柔らかいってことも理由だとは思うんですけど、筋肉自体も相当柔軟性があるのか、まるで何かを挟めるかのような動きが出来てしまうという・・・。

太めのマジックペンぐらいは余裕で挟めそうです!

一度、どれだけ僧帽筋下部が発達しているのかきちんと確認するためにも、ぜひボディビルのバックダブルバイセップスポーズを見てみたいですね〜。もしかしたら、ボディビルダー顔負けのゴツゴツした背中を披露するかもしれませんよ!

内村航平の筋肉の秘密⑦ 芸術点を支える脊柱起立筋

kohei-uchimura-back-muscle-1

内村航平の背中の筋肉としてもう一つ挙げたいのが脊柱起立筋。背中の中でも、脊柱にそって首から腰に掛けて縦に走行している小さな筋肉群の総称です。

実はこの脊柱起立筋、脊柱を反らせて体を後ろに反る動作を支えたり、体を横へ傾ける動作を支えるとても大事な筋肉。さらに、綺麗な姿勢を作るためのメインの筋肉でもあり、内村航平の体操において、芸術点を支える影の立役者的存在なんです。

もともと脊柱起立筋は、体積の大きな筋肉の集まりではないため、発達具合を圧倒的な形で目にすることは難しいですが、内村航平の演技や普段の姿勢を見る限り、この筋肉がとても強く発達していることは間違いないかなと。

しかも、体操競技ではミリ単位の修正を常に行う必要があるので、ただ強いだけではなく、神経系とも完璧につながった、感覚が研ぎ澄まされた脊柱起立筋なんじゃないかと思います。

目に見えない背中の脊柱起立筋まで満遍なく発達させているところが、内村航平を世界の王者に導いた、大きな理由なんでしょうね〜。

内村航平ファンのマストアイテムでしょ!

次の有名人の筋肉や筋トレ記事もおすすめ!

内村航平の筋肉と腹筋や握力の秘密を筋トレ視点で画像と共に探る!筋肉トレーニングはしていない?のまとめ

内村航平の筋肉と腹筋、そして握力の秘密を探ってきました。

体操の天才と言われる内村航平。その筋肉も相当なもの。そんな素晴らしい筋肉が、内村航平の体操を支え、日本が誇る体操の天才を作り上げているんですね。

これからも芸術的で美しい体操と、圧倒的に優れた筋肉を見せてもらえるよう、内村航平とその筋肉を応援していきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする