パッキャオの腹筋や筋肉を画像と共に筋トレ野郎が語る!マニーパッキャオの腹筋トレーニングの分析付き!

パッキャオの腹筋やその他の筋肉の魅力を、筋トレ野郎が画像と共に語っていきます。最後の方ではマニーパッキャオの腹筋トレーニングの特徴も分析していきます。

スポンサーリンク

パッキャオの腹筋や筋肉はエクセレントです!


年中無休で常に筋肉のことが頭の中を駆け巡っている筋トレ野郎達。

彼らにとって筋肉は愛であり名誉であり人生そのもの。彼らから筋肉をとったら後に残るのは、プロテインと虚無感だけです。

この筋肉をこよなく愛して、日々トレーニングに励む筋トレ野郎達にとって、筋肉と同様に崇拝しているのが「強さ」。

強さは彼らにとって、筋肉と対をなすほど大切な存在なのです。

そんな筋トレ野郎が「強さ」の対象として畏怖の念を抱き、尊敬しているのが、実戦でも圧倒的な強さを持つ格闘家達。特にその中でも世界トップのチャンピオン達には、神にも近い神々しさを感じるのです。

その、強さを極めた男の一人に、マニー・パッキャオがいます。

フィリピンの英雄でプロボクサー、ボクシング界において類稀なるスピードとセンス、そして破壊力を兼ね備え、6階級制覇を成し遂げた天才ボクサーです。

そんな、マニーパッキャオに関して、筋トレ野郎が「筋肉LOVE」視点で、腹筋を中心に、画像とともに魅力を語っていきます!

また、最後の方では、パッキャオの腹筋トレーニングの特徴を分析してみるので、興味があれば確認してみましょう!

スポンサーリンク

マニーパッキャオの腹筋の魅力を斬る!

パッキャオの腹筋① 24/7オープンのキレMAXシックスパック!

パッキャオ=腹筋凄すぎ!」っていうのは、ボクシング界や筋肉界隈の共通言語として知られているレベルだと思うんですけど、マニーパッキャオの腹筋画像を見ると改めてその凄さがわかります。

まず、確認してもらいたいのが、パッキャオのお腹前面の腹直筋、つまりシックスパック。

単純に肥大してるってだけではなく、パック一つ一つがキレッキレで、まるで日本刀のような切れ味の印象を醸し出しているんですよ。

(出典:WORKOUT INFO GURU

ここまでキレキレだと、おそらく年がら年中臨戦態勢の腹筋であることは間違いなし。

まさに、隅々まで細かくサービスが行き届き、しかも常に24/7オープン状態な「セブン◯レブンかっ!」と、筋トレ野郎的比喩で例えることが出来てしまうほど、常に戦える状態になっていてエクセレント!

(出典:NotiFight

ちなみにマニーパッキャオの腹筋は、ただ脂肪が少ないから現れてきた腹筋という感じでもなく、さらに、ボディビルダーのような極上の分厚さを持っている感じでもありません。

その点を筋トレ野郎的視点で考えると、ある程度の負荷を利用して、高頻度の体幹屈曲(脊柱を前方へ曲げていく動作)を行って手に入れたシックスパックであると推測出来ます。

このような、キレMAXのシックスパックは、ビーチに行ったら女性からも男性からも注目を浴びること間違いなし!

将来ボクサーを引退したら、ぜひ日本にも来ていただいて、かっこいいビーチボーイを目指す男子達を指導して頂きたいですね〜。

パッキャオの腹筋② 細かく発達してる腹斜筋が素敵!

マニーパッキャオの腹筋って、とにかくキレキレの腹直筋に注目されがちなんですけど、実はそれ以外も凄いんですよ。

で、どのあたりが凄いかというと、そのシックスパックのサイド部分。

もうね、パッキャオの腹筋を舐め回すように萌えまくりながら鑑賞した結果、脇腹についている腹斜筋の発達具合に、筋肉LOVEな筋トレ野郎としては「Fall In LOVE!

特に、その腹斜筋の上部(緑の丸で囲ってある部分)の筋繊維が絶好調に発達しているっていう!

まるで、「さけるチーズかっ!?」ってツッコミたくなる程、筋繊維が細かく割けたように発達しているんですよ!

↓さけるチーズってこれです↓

腹斜筋は体を捻る動作や、体を横に倒す動作で主に働くので、この割けそうなほど発達しまくった腹斜筋を使って腰を捻れば、爆発的な力が生まれることは確実。

これが、パッキャオが体のサイズに関わらず、圧倒的なパンチ力を持っている一つの理由であることは間違いなさそうです。

ぜひ、その体幹を捻る「体幹回旋」の動きで風を起こしてもらい、常に汗で湿っている筋トレ野郎のタンクトップを乾かして欲しいですね〜。

パッキャオの腹筋③ 腹斜筋下部は「逆くびれ」!

マニーパッキャオの腹筋の凄さを熱く語ってきたんですけど、筋トレ野郎的ゴングは、まだ終了の鐘を鳴らしていないんですよ!

というのも、パッキャオの腹筋を注目すると、その腹斜筋に関して、上部だけじゃなくて下部も凄いことに気がつくからなんです。

(出典:mikarin1215.com

上の、パッキャオの腹筋画像を見てほしんですけど、腹斜筋の下部が筋肥大しまくりで、パンツの上に乗ってしまうほど超絶ボリューミー!!!

もうね、一言で言えば、逆くびれって感じでお腹の横が厚くなってるんですよ!

実際、これだけボリューミーな腹斜筋下部があれば、多少のレバーブローを食らってもビクともしなそう。

これはまさに、「攻撃は最大の防御」ならぬ「筋肉は最大の防御」って感じで、筋トレ野郎的視点からすると超絶エクセレントです!

この腹斜筋下部も、地味ながらマニーパッキャオの強さの秘訣の一つなんだと思いますよ〜!

マニーパッキャオのその他の筋肉についても触れとく

「パッキャオと言えば腹筋だろ!」っていうことで、彼の腹筋の魅力を筋トレ野郎的視点で語ってきたんですけど、「他の筋肉だって負けてないだろ!」ってことで、その他の筋肉についても、ちょっと語っておきます!

触れたら切れそうな前鋸筋に憧れるわ〜!

マニーパッキャオの筋肉を語るうえで、腹筋以外にも外せない筋肉っていくつかあると思うんですけど、その中でも絶対に外せないのが「前鋸筋」っていう筋肉。

(前鋸筋を前から見たイメージ画像)

前鋸筋は脇下の肋骨の後ろ外側から前面外側にまで広がる、鋸(ノコギリ)のように見える筋肉なんですけど、パッキャオの場合、その筋肉の発達が超絶凄いんですよ!

この画像で確認出来る、パッキャオの脇下にクッキリと刻まれているギザギザ!

まるで、「ここにパンチしたら、手が切れるんじゃないの!?」って感じで、恐怖感さえ覚えてしまうレベルなんですよ!

いや〜、この筋肉による威嚇、まさに「戦わずして勝つ」を体現した防御力を兼ね備えていてエクセレント!

ちなみに、前鋸筋は別名「ボクサー筋」とも呼ばれていて、腕を前方へ伸ばしていく動作に大きく関与する筋肉のため、素早いパンチを打ち出す際などにとても重要になる筋肉です。

そこから考えると、ここまで発達しまくった前鋸筋を持っているパッキャオのパンチは、超絶スピードがあって破壊力もあること間違いなし!

Mな上に筋肉はあっても打たれ弱い筋トレ野郎としては、絶対にこの前鋸筋で発せられたパッキャオのパンチは受けたくないですね〜。

ふくらはぎが美味しそう!

パッキャオの筋肉と言えば、上半身の筋肉ばかりに目がいきがちなんですけど、筋トレ野郎的視点で筋肉を舐め回していくと、実はパッキャオのふくらはぎの筋肉に目がいくんですよ。

ちょっと次のパッキャオの画像を見てください。

(出典:BOXINGTRAININGGEAR.CO.UK

な、なにこのチキンウィングの手羽中のようにふくらんだ、美味しそうなふくらはぎ!

あまりにも肥大して横に広がることで、前から見てもその大きさがハッキリと分かります。

ふくらはぎの筋肉は、深層にある平べったいヒラメ筋という筋肉と、表面の盛り上がりを形成している腓腹筋という二つの筋肉から構成されているんですけど、中でも腓腹筋は「瞬発力」を司る筋肉。

そして、パンチを放つために大切なヒッティングマッスルというのは、良く言われる背中の広背筋だけでなくて、実は他にも多くの筋肉が本来は含まれるはずで、その中の一つが腓腹筋だったりします。

(パッキャオの神聖なふくらはぎの筋肉が鑑賞出来ます!)

その腓腹筋の特徴から考えると、パッキャオのパンチ力の強さは、実はこの腓腹筋から生み出されるパワーも大いに関係しているのが想像出来ます。

パッキャオの映像を見るときは、上半身のテクニックにばかり目が行きがちだと思うんですけど、これからはふくらはぎの筋肉にも注目してみると、マニーの新しい魅力を発見出来るて、感じること間違いなしだと思いますよ!

マニーパッキャオの腹筋トレーニングの特徴を動画と一緒に分析してみる!

パッキャオの腹筋やその他の筋肉の中で、筋トレ野郎の筋肉レーダーに引っかかった特徴を紹介してきたんですけど、ここからは、彼が腹筋をどのようにして鍛えているかを、動画と共に分析していこうと思います。

パッキャオみたいな腹筋が欲しい人は、参考になるかもです!

腹筋トレーニングにはアクロバティックな動作は不要!

マニーパッキャオの腹筋トレーニングの特徴として、アクロバティックな動き、つまり大きな動作で腹筋を鍛えるようなトレーニングがないっていうのが、一つの特徴だと思います。

これは一見すると、小刻みに動きて楽しているように見えるかもしれません。

しかし、解剖学的観点から考えるに、いわゆる「代償動作(主働筋以外の筋肉の関与/ターゲットとする腹筋以外の筋肉の関与)」を外すことで、腹筋の動作だけに集中し、さらに腹筋線維の緊張をどれだけ長く続けるかにフォーカスしたものだと思うんですよ。

例えば、動画中のトゥータッチ(両足を上げてつま先を掴む動作)などの、腹直筋を狙った筋トレでは、腹直筋が主力筋として働く「脊柱を前方へ曲げる体幹屈曲」の動作を。

そして、ツイスト(体幹を捻る動作)などの腹斜筋を狙った筋トレでは、腹斜筋が主力筋となる「脊柱を捻る体幹回旋や体幹側屈」だけを小刻みに長く行っているのが分かります。

こうすると、

  • 第一に、アクロバティックな大きな動作を含めない
    • ターゲットとなる筋肉だけを使うことになる
  • 第二に、可動域が狭くなる分、時間を長めにとる
    • 筋肉を緊張させ続け、全体的には大きな効果を生み出すことに繋がる

筋トレ野郎的には、このように思うんですよね。

とにかく、このパッキャオの腹筋トレーニングは、見た目以上にかなりハードだと思いますよ!

代謝的オールアウトで追い込む!

マニーパッキャオの腹筋のトレーニングって、とにかくノンストップで長時間、高回数をこなしていているので、「合計何レップやってるの!?」って感じなんですけど、筋トレ野郎的にこれは、代謝的オールアウトを狙ったものだと思うんですよ。

代謝的オールアウトというのは、高回数をこなして、筋肉を疲労困憊に持ち込む筋トレテクニック。

筋肉を発達させるには、

  • 「重いウェイトによって物理的(メカニカル)なストレスを与える」 だけでなく、
  • 「長時間筋肉を緊張させる」
    • →筋肉内圧を高めて血流の循環を抑える
    • →筋肉内に発生した代謝物(乳酸や水素イオンなど)を筋肉内に留める
    • →それにより、筋肉の成長トリガーを刺激する

といった、代謝的メカニズムを利用した方法も有効です。

特に腹筋は、専用のマシンや一部の特殊な筋トレ以外、重いウェイトを使うような種目もあまりなく、メカニカルストレスをかけるのが難しいこともあります。

その場合、物理的ストレスではなく、自重の負荷であっても限界回数まで行うぐらい筋線維を緊張させ続け、代謝的ストレスを発生させることで成長を促すといった方法を考えることも大切になってきます。

この筋トレ野郎的視点から考えるに、パッキャオの腹筋トレーニングは、まさにその点をついたもので、筋トレ学的エクセレントを差し上げたくなりますよ!

パッキャオのこと知りたきゃマストでしょ!

次の筋トレ記事もおすすめ!

パッキャオの腹筋や筋肉を画像と共に筋トレ野郎が語る!マニーパッキャオの腹筋トレーニングの分析付き!のまとめ

マニーパッキャオのエクセレントな腹筋や筋肉の魅力や、腹筋トレーニングの分析結果を紹介してきました。

パッキャオはボクシングだけではない部分も素敵です。

これからもその魅力を存分に発揮して、世界を明るくしてくれるように、パッキャオを応援していきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする