ミルコクロコップ(元ミルコタイガー)の筋肉やトレーニングを語る!現在でも現役です!

ミルコクロコップ(元ミルコタイガー)の強さは、その筋肉を見つめていくと分かってきます。その秘密を、現在の様子も含めて紹介していきます。

mirko-crocop-1st-a

スポンサーリンク

ミルコクロコップ(元ミルコタイガー)の筋肉や現在の様子について確認してみましょう!


トレーニングを頑張って筋肉を爆速で成長させようと頑張っている一部の筋トレ野郎達の中には、格闘技をやっている者も少なくないかもしれません。

何を隠そうぴろっきーも、柔道をベースとした元格闘家としてアメリカでストリートファイトを行い13連勝。その後プロになろうとヘビー級に挑戦して無念にも挫折したという経験があります。

筋トレと格闘技は「強くなる」と一点においては、同じベクトルを指しているので、筋トレ野郎達の中には格闘技を愛する者も少なくありません。

そんな格闘技好きの筋トレ野郎達が大好きな格闘家に、ミルコクロコップ(元ミルコタイガー)がいます。

ミルコクロコップと言えばK-1で一世を風靡し、その後PRIDEでも活躍したイケメン格闘家としてカリスマ的存在でした。

そして、実はぴろっきーとミルコの従兄弟はオーストラリアで同じ大学のクラスメイトで親友だったりと、個人的にも思い入れの強い選手。

そんな「みんな大好き、俺も大好き!」ミルコクロコップの筋肉と、気になる現在までを筋トレ野郎が語っていきます!

スポンサーリンク

ミルコクロコップ(元ミルコタイガー)とは?

ミルコクロコップについてよく知らない人のために、簡単にミルコの紹介。

mirko-crocop-1st

ミルコクロコップは1974年生まれ、クロアチア出身で、PRIDE無差別級グランプリ2006王者、K-1 WORLD GP 2012(※新体制でのK-1)王者など、日本の格闘シーンで活躍し、現在でも多くのファンを抱える総合格闘家(元々キックボクサー)。

K-1へ参戦当初は、元師匠のブランコ・シカティックの下、ミルコタイガーを名乗りK-1で戦っていました。

1996年以降はシカティックの下を離れたため、また元々警官であったことから「ミルコ・クロコップ」という名前へ変更。

K-1では「ターミネーター」、またPRIDEでは日本人プロレスラーを粉砕し続けていたことから「プロレスハンター」というニックネームで呼ばれていました。

ちなみに格闘家と並行して、2003-2007年までは国会議員としても、クロアチア国内で活躍しています。

ミルコクロコップの少年時代から現在までのハイライト

mirco

少年時代に暮らしていた町が民族紛争地だったことから、自分の命は自分で守るという強い気持ちから格闘家を目指し、15歳のころには空手を学び始め、その後、紛争の激化によりしばらく断念したものの、19歳の頃にキックボクシングを開始、21歳の頃にはK-1の舞台へ参戦しています。

そして、K-1では鋭い左ハイキックを武器にKOを積み重ね、当時圧倒的なパワーを武器にK-1を脅かしていたボブサップを撃沈、その後もPRIDEでエメリヤーエンコ・ヒョードルとアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと一緒に三強として活躍しました。

PRIDEが終了後、UFCへ参戦したものの、芳しい成績を上げられることなく一度は引退も、現在はまたプロに復帰したりと、地道ながらも格闘家として未だに活動しています。

ミルコクロコップのスペックとプロフィール

誕生日 1974/9/10
出身地 クロアチアのヴコヴァル=スリイェム群のヴィンコヴツィ
国籍 クロアチア
身長 188cm
体重 100kg
リーチ 185cm

ミルコクロコップ(元ミルコタイガー)の筋肉について語る!

広背筋の発達ぶりが超カッコイイ!

ミルコの筋肉の特徴としてまず最初に挙げたいのが、一般にヒッティングマッスルと言われて連想する背中の「広背筋」。

収縮力がハンパなさそうな、大きく広がった広背筋を持っているんですよ!

mirco-lats-2

K-1でのボブサップとの一戦なんかではその左ストレートが炸裂して、ボブサップを眼底骨折させ葬ったわけなんですけど、その超強力なパンチ力の一つに、この大きく広がった広背筋も関与しているのではないかと。

ちなみに、その強力な広背筋を作ったミルコのトレーニングがまた独特。

当時のクロアチアに、整備されたトレーニング設備などはなく、空きカンに石を詰めて固めたものをバーベル代わりにして筋トレのデッドリフトを行ったり、旧ソ連圏で広く行われていた、タイヤ叩きのトレーニングを通して、広背筋に刺激を与えていったりしたそう。

そんな苦しい状況の中でもトレーニングを欠かさなかった精神力が、圧倒的に強く、実戦でも物凄い爆発力を生む広背筋を作ったんですね。

超強力そうな上腕三頭筋

ミルコクロコップの画像や動画を見ると、ハイキックが有名なため、どうしても下半身の筋肉に目が行きがちなんですけど、上腕裏にある上腕三頭筋の盛り上がり具合もすごいんですよ。

mirko-triceps

これだけ上腕の裏側が大きく盛り上がっているってことは、そのプッシュ力も超強力なはず。

ミルコクロコップのパンチは非常に素早く、威力も強力なんですけど、その大きな理由の一つが、確実にその大きく発達した上腕三頭筋かと。

総合格闘技の舞台で相手との距離が詰まった時なんかは、その強力なプッシュ力を使って相手を押し返し、自分の得意な距離へ持ち込んだりなんていう場面が良く見られましたからね。

しかも、ここまで上腕三頭筋が発達していれば、ノーモーションのパンチであってもかなり大きな威力を出せるはず。

ミルコがキックボクシングでも総合でも活躍出来た大きな理由の一つが、その上腕三頭筋にあるんじゃないかと思いますよ!

こんもりと盛り上がったイケてる三角筋

ミルコクロコップの筋肉の特徴として、肩の三角筋の迫力についても絶対に注目しとくべきだと思います。

例えば、下のミルコクロコップの画像を見るとすぐに目に飛び込んでくるのが三角筋。

mirco-shoulder

三角筋もプッシュ力に関与する大切な上半身の筋肉で、ミルコのパンチ力を作っていた一つの筋肉であることは間違いないですね。

ミルコのパンチって、どちらかというと、素早く「伸びていく」って感じだと思うんですけど、その理由がまさにこの肩の発達なんじゃないかと。

肩関節の可動域を広く使えるようにして、これだけの筋肉がついて入れば、強力なまま、通常よりパンチのリーチを伸ばしていくことが出来ますからね。

何はともあれ、その三角筋の張り出し具合が筋トレ野郎的視点では超うらやまし~!

裸でも私服を着てもすぐにわかるような肩の筋肉だと思うので、誰もが羨むかっこいい肩をちゃっかり手に入れているんですよ!

ミルコクロコップの肝、圧倒的な強さの体幹!

ミルコと言えば「ハイキック」。

そのため、下半身が強そうって連想をするかと思うんですけど、下半身はもちろんのこと、実は体幹の筋肉が圧倒的に強いっていう点を忘れる訳にはいかないんですよね。

mirco-core-muscle

例えば上の画像。

ミルコの戦慄のハイキックシーンなんですけど、これだけ高く脚を上げて強力なインパクトで相手に当てているのに、ミルコクロコップは全くブレないでバランスを崩さないんですよ。

他にも例えば、相手からのプッシュや攻撃を受けてロープ際まで詰め寄られても、ミルコクロコップの体は決してブレない。

その理由が、この非常に強い体幹部分なんですよね。

その秘密が、下の動画にあるんじゃないかと。

そりゃあ、この動画にあるようなレスリングのトレーニングや、砂袋を飛び越えていくようなトレーニングを毎日やっていれば体幹が強くなりますよ。

他の打撃系格闘家と比較して、ハイキックを打った際の圧倒的なバランス力は、このような総合格闘技のトレーニングで鍛えられた体幹力の賜物なんじゃないかと思います。

その太ももの筋肉は丸太か!

そして、キックボクシングが基盤ということで、もちろん圧倒的に太く発達した太ももの筋肉も忘れちゃいけませんよね。

mirco-thigh

ミルコのハイキックには、お尻の大臀筋や中臀筋、さらにはお腹の腹直筋や腹斜筋、他にも広背筋などの多くの筋肉が関与しているわけなんですけど、その中でもやはり直接的にその威力に結びついてくるのが、大きく発達した太もも前面の大腿四頭筋。

ミルコの大腿四頭筋って、まるでそこだけ「丘!?」ってぐらい盛り上がっているんですよ。

さすがにここまで筋肉量が多い太ももを持っていれば、大きなキック力を生むのはもちろん、相手のローキックを食らっても耐えることが出来るようになります。

ミルコクロコップと言えばハイキック、そして大腿四頭筋ですね!

ミルコクロコップの大胸筋はシンメトリ〜!

ミルコってイメージとしては爽やか系ファイターだと思うんですけど、その理由が顔が整っているっていう以外にも、上半身で一番目立つ大胸筋が完璧なシンメトリー(対照)になってるってところにもあるように思うんですよ。

mirco-pecs

他の格闘家の場合、よく見ると大胸筋の形が左右違ったり、盛り上がってはいるけど「美しい」といった感じではなかったりするんですが、ミルコクロコップの大胸筋は「美しい」。

まるでボディビルダーのようにシンメトリーに整っていて、左右だけでなく、上から下までも満遍なく盛り上がっている感が、筋トレ野郎的視点ではたまりません!

ミルコって別にボディビルダーじゃないってことを踏まえると、別に美しい大胸筋を狙って作ったわけではないと思うんですけど、普段のトレーニングの中で自然と出来上がったとしたなら、元々相当バランスの取れた良い体をしているんでしょうね。

それも、もしかしたらミルコクロコップの圧倒的なバランス力を支えているのかもしれないです!

打撃系としては良く盛り上がった上腕二頭筋

力強さの象徴と言えば力こぶ。そして力こぶを作る筋肉と言えば上腕二頭筋。

ミルコクロコップの上腕二頭筋も、注目に値するレベルでいい感じに大きく発達していますよ。

mirko-biceps

通常、立ち技オンリーのキックボクサーなどの格闘家では、あまり大きく発達した上腕二頭筋を持っていない選手がほとんど。

というのも、立ち技で上腕二頭筋が使われるのは、頭をかかえてクリンチしたり、膝蹴りを放つために首や頭を押さえたりする時にしか使わないからです。

でも、ミルコクロコップの場合は総合格闘技をしていることから、引っ張る動作に大切な上腕二頭筋もハードに鍛えられまくってるんですよね。

ミルコクロコップって元々立ち技出身なのに、グラウンドに持ち込まれた時のガードテクニックに定評があるんですけど、その一つの理由がこの強力に発達した上腕二頭筋だと思うんですよ。

グラウンドの攻防で下になってしまっても、上腕二頭筋で相手の後頭部を自分の方へ思い切り抱え込んで密着させることで、相手としては距離を出せなくなってパウンドも効かせられないし、寝技も出しにくくなりますからね。

こう見るとミルコの筋肉って、本当に打撃と寝技のハイブリッドになってるのが分かりますね!

ミルコクロコップ(元ミルコタイガー)の現在の様子やその他情報まとめ

mirco-crocop-today

ミルコ・クロコップについて、現在の様子や動画など、その他の様々な情報をここではまとめていきます。

ミルコクロコップに関するピックアップしたい情報があれば、随時アップしていくので確認してみてください。

下の灰色の各「項目」タブをクリックするとコンテンツを開閉することが出来ます

項目1:ミルコクロコップ、現在は何してる?
項目2:ミルコクロコップの動画ピックアップ

この頃は超強かった〜!

次の有名人の筋肉&筋トレ記事もおすすめ!

ミルコクロコップ(元ミルコタイガー)の筋肉やトレーニングを語る!現在でも現役です!のまとめ

筋肉を中心に、現在は現役復帰をして活躍しているミルコクロコップ(元ミルコタイガー)について語ってきました。

日本の格闘技界に燦然と輝くミルコ。

その強さには、打撃だけでなく総合格闘技で培った筋肉があったんですね。

現役としてのミルコクロコップを、後数年は見れると思うので、これからもその活躍を期待していきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする