武藤嘉紀の筋肉と腹筋を画像と一緒に筋トレ野郎が語る!イケメンセクシーマッチョのヒミツ。

武藤嘉紀の筋肉や腹筋について筋トレ視点で語っていきます。画像と一緒に、イケメンすぎる武藤嘉紀の筋肉の魅力を探っていきましょう。

スポンサーリンク

武藤嘉紀の筋肉や腹筋は絶品です!


筋肉のことが大好きすぎて、筋肉を付けるためだったら仕事を変えることもいとわない、真性筋トレ野郎達。

彼らにとって人生の意味とは筋肉。そう、筋肉を付けたり、筋肉を眺めたり、筋肉を食べたり(赤身肉を食べるって意味です)。筋肉のことを常に考えたり、筋肉と触れ合ったりしていることが、極上の楽しみ方。

そんな、筋トレ野郎達が尊敬する人間と言えば、筋肉もしっかりとついていながら、さらにその筋肉を使って実戦の競技で活躍するトップアスリート達。

多くの筋トレ野郎達は、トップアスリートの躍動する筋肉を観察しながら興奮し、尊敬の念さえ抱いていくことになります。

そんな、筋トレ野郎でも認めるトップアスリートの中に、サッカー選手で日本代表、現在はブンデスリーガのマインツに所属している、日本サッカー界でイケメンランキング1、2位を争う武藤嘉紀(むとうよしのり)がいます。

身長179cmといい感じの高身長で、その上超絶イケメンなサッカー選手である、武藤嘉紀の筋肉や腹筋の魅力を、画像と共に筋トレ野郎が熱〜く語っていこうと思います!

スポンサーリンク

武藤嘉紀のイケメン筋肉や腹筋を筋トレ視点で語る!

陰影をつけるとボリュームがハッキリする月のような大胸筋!

武藤嘉紀って、サッカー選手っていうこともあって、特に大胸筋を大きく肥大させるようなことって必要ないんじゃないかと思うんですけど、そのためか、通常の画像なんかを見ても、筋トレ野郎的視点ではそこまで彼の大胸筋に目線がいくことはないんですよ。

しかし!

下の画像のように、その胸の筋肉に陰影をつけると、まるで「お月さま!?」のように、その適度な感じのボリュームがお目見えしてくることになって、その大胸筋のコントラストがエクセレント

出典:スポニチアネックス

しかも、その大胸筋は、上から下までキチンと左右対称で綺麗に発達しているっていう、芸術点でいったら「かなりの高得点叩き出すんじゃないの!?」と思えてしまう筋肉なんですよ。

サッカー選手っていうことを考えると、そこまで重いウェイトを利用して大胸筋の筋トレを行っているとも思えないんですけど、あのぐらいの盛り上がりで、しかも綺麗に左右とも発達させているのも見ると、武藤嘉紀のベンチプレスの記録が80kg~90kgという噂も信憑性ありそうな気がします。

見方を変えれば、あの大胸筋があるからこそ海外の大きな選手と接触しても当たり負けしないのかもしれないです。

イケメンな上に美しさMAXの大胸筋を見せられたら、女性だけじゃなくて、筋肉LOVEな筋トレ野郎達も萌え萌えキュンな感じになってしまいますよー!

上腕三頭筋の外側頭がプリカワ!

上腕の裏にある有名な筋肉に上腕三頭っていうのがあるじゃないすか?あれって、なんで「三頭」というかと言えば、その筋肉の端が3つに分かれているっていうのが理由なんですよ。

で、武藤嘉紀の上腕三頭筋って、その3つに分かれた頭の中でも上腕の外側を走行している外側頭が、表から見るとプリッとしていて、可愛らしく発達しているんですよね。

出典:エンタメウィーク

上の武藤嘉紀の画像を見ると分かる通り、小ぶりながらも上腕三頭筋がしっかりと存在感を出していて、そのイメージが「守りたくなるプリカワ筋肉!」って感じでして・・・。

もう、あの滑らかな流線型に自然な形でちょっと盛り上がった上腕三頭筋が、これまた彼の甘いマスクと絶妙にマッチしてイケメン度を高めているっていう・・・。

いや〜、あの可愛い感じのイケメンに、あのプリカワ上腕三頭筋って、どういうことなんですかね!?

ゴツい顔したゴリマッチョ筋トレ野郎とは大違いで羨ましい限りです!

大腿四頭筋の内側広筋のラインがエロくないかい!?

武藤嘉紀ってサッカー選手なので、当たり前のように太もも前面についている大腿四頭筋が発達しているんですけど、筋トレ野郎的視点で見た場合、彼の大腿四頭筋の中でも、太もも内側についている内側広筋の発達具合が超気になるんですよ。

なんというか、その内側広筋がいい感じに内側へせせり出すように発達している。それがまた、いい感じのラインを内ももに形成していて、なんともいやらしい

出典:デキル大人の必須のネタ帳

上の画像を見ると感じると思うんですけど、もうね、超絶セクシーだと思うんですよね。

しかも、武藤嘉紀の場合、生まれつきなのか内側広筋が大きく発達したせいなのかは分からないんですけど、その内側広筋がヒザの上まではみ出しているっていう!

ここまで豊富な筋肉量で内側広筋が発達すれば、あの武藤嘉紀の優れた機動力も理解出来ます。

特に、膝を内側に向けた状態で膝を伸ばす動作ではとっても重要になってくるので、この内側広筋が、少しぐらい体勢崩れても、正確な蹴りを繰り出す武藤嘉紀のテクニックを支えているのは間違いないですね。

それにしても、まるでつかめそうなくらい発達している内側広筋なので、是非機会があれば、筋肉LOVEな筋トレ野郎として、試しに掴ませてもらいたいです!

横に広く発達した三角筋は美しさの中にも男らしさを作る!

武藤嘉紀って何度もいうように、本当に可愛い感じの顔をしていてイケメンで、しかも体が超絶美しすぎるので、男らしさというより美しさのイメージが先行してしまうと思うんですよ。

しかし、そんな中でも肩の筋肉である三角筋が、しっかりと外側に向けて発達しているところがなんとも、「美しさの中にも男らしさを惹き立たせる」っていう感じになってるんですよね。

例えば、下の画像。

可愛い顔に左右のバランスが取れた美しい体。でもそんな中で肩の筋肉に関しては、横に出っ張るように広く広がっていて、めちゃくちゃ「漢!」を印象付けてないですか?

よく言う、紅一点っていう言葉が、「男性ばかりの中に女性が一人だけ混ざっている状況」を示すとしたら、武藤嘉紀の肩の筋肉は、「黒一点!」みたいな感じかと。

しかも、この画像だと解像度が低いから分かりにくいんですけど、よーく見ていくと、かすかに血管が浮き出しているような感じも伝わってきます。

ここまで密度濃く引き締まったような三角筋を持っていれば、敵とポジションを競り合う時なんかも、ちょっと腕を動かしただけで強力なパワーを相手に伝えて、自分に有利なポジションを確保出来そうです。

美しさの中で際立つ男臭さを醸し出す、そんな武藤嘉紀の三角筋は、凄くイケてると思います!

ゴリゴリ感がなくてピタッとした腹筋がプリンス感を高めてる気が!?

いや〜、個人的に武藤嘉紀って、サッカー界の中でもプリンス的存在だと勝手に思っているんですけど、そんなプリンスが服を脱いだ時に現れる腹筋も、プリンス感をさらに惹き立たせていると思うんですよ。

もうね、単にワイルドにゴツゴツ・ゴリゴリっていう感じじゃなくて、しっかりとシックスパックに割れたラインは形成しながらも、「ピタッ」という言葉が完璧に当てはまるぐらい、無駄なくお腹周りにくっついているって感じの腹筋なんですよ。

画像を見ると、まったく無駄なものがないという感じじゃないですか?しかもとっても質が良さそう!

このような腹直筋を作るには、高負荷な腹筋筋トレを繰り返すというよりは、自重を基本とした腹筋を繰り返して、さらに様々な角度からの刺激を加えていく必要があります。

おそらくサッカーをプレーするなかで、体を曲げたり捻ったりとしている間に、多くの刺激が加わり形成されていったプリンス腹筋なのかと。

武藤嘉紀の筋肉の中でも、武藤嘉紀の魅力を一発で理解出来る一押しの筋肉だと思いますよ!

武藤嘉紀の筋トレってどんな感じ?

パワーとスピードのトレーニングバランスが良さそう

武藤嘉紀の筋トレについては、やっているところを確認したり、具体的な筋トレメニューを見たことがあるわけではないので、確実なことを言えるわけではないんですけど、パワー系のトレーニングとスピード系のトレーニングにバランス良く取り組んでいるみたいなんですよね。

出典:2016年サッカー日本代表メンバーや芸能人のブログ

実際のプレースタイルを見ればわかりますが、武藤嘉紀のスピードはハンパなく凄いです。

しかも、相手選手との競り合いにも強いので、スピードだけでなくパワーも併せ持っていることも分かります。

そのハイブリットなパワーとスピードのバランスを作るのが、筋トレの内容なんではないかと。

具体的には、ベンチプレスのようなパワーを出せるメニューを作ってもらい、週に2回はパワー系のトレーニングを行うそう(参照:Sportsnavi

そこに、恐らくスプリントや、プライオメトリクスのようなトレーニングを組み合わせることで筋肉が力を発揮出来るスピードを高め、パワーとスピードのバランスを兼ね備えたオールラウンドな能力を高めていったんではないかと思うんですよ。

こうすることで、フィールド上で早いスピードを発揮しながらも、当たり負けしない強いフィジカルを手に入れることが出来る。

このバランスの良い筋トレが、武藤嘉紀を世界で活躍させている原動力になっているんだと思います!

体幹トレーニングは昔から現在までの基礎!

それともう一つ、武藤嘉紀の筋トレの特徴として挙げたいのが、体幹トレーニングを昔から取り入れていて、現在も継続している点。

ここ最近だと、サッカーの長友佑都が自分の経験談も交えながら、体幹トレーニングに関して情報を発信していますが、武藤嘉紀も同じように、かなり体幹トレーニングに関しては重視して行ってきているみたい。

武藤嘉紀はサッカーを始めたころから体幹トレーニングの重要性をよく知っていたようで、今でも体の安定感を高めたり、バランス感覚の向上・維持を目的に行っているみたいです。

特にゴムバンド(レジスタンスバンドやトレーニングチューブ)を使った体幹トレーニングを、コーチとよくおこなっていて、若い選手達にも勧めたりもしているそう。

しかも、その体幹トレーニングの筋肉痛の痛みが、自分を強くしてくれる指標だといった感じに語ってもいたらしく・・・。

自分で行うだけでなく、他の選手にも勧めるなんて、よほど自分のプレーの中でも体幹トレーニングの効果が活かされているってのが分かります!

ユニフォーム型リュックサック!?

次の有名人の筋肉・筋トレ記事もおすすめ!

武藤嘉紀の筋肉と腹筋を画像と一緒に筋トレ野郎が語る!イケメンセクシーマッチョのヒミツ。のまとめ

武藤嘉紀のイケメンでセクシーすぎる筋肉や腹筋を、画像と共に熱く語ってみました。

武藤嘉紀は日本が生んだ世界に誇る、身体能力と外見を兼ね備えたサッカー界のプリンス!

そんな、彼のエクセレントな筋肉を、これからも筋肉パワーで応援していきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする