ネイマールの筋肉と筋トレに切り込んでみた結果。

neymar 1st

スポンサーリンク

世界最高峰のストライカーとして活躍するネイマール。あの世界最強ブラジル代表の現在のエースストライカーです。

若い頃からその才能を開花させて世界最高峰のチームFCバルセロナへ移籍し、人間離れしたそのドリブルテクニックやボールを持った時のスピードで、一気に敵を放浪してゴールを決める華やかな活躍に目を奪われた人も多いはず。

そんなネイマールのもう一つの一面と言えば、ちゃっかりイケメンで、世の中の女性の間でも人気を誇っているということ。そして、なぜかPanasonicのウェアラブルカメラの広告に登場したりと、その活躍はサッカーにとどまらなくなってきていたり。

そんなイケメンで世界屈指のサッカー選手であるネイマールのテクニックを支える、筋肉筋トレとはどんなものなのか?特に実戦でのパフォーマンスを高めるために筋トレをやっている人の中には、気になっている人も多いはず。

今回はそんなネイマールの筋肉と筋トレに切り込みます!

スポンサーリンク

ネイマールの筋肉の特徴とは?

細マッチョだからこそネイマール

neymar hosomacho

ネイマールの体を見てみると、明らかに筋肉ゴリゴリのゴリマッチョではなく、細身の肉体を持つ細マッチョだってことが分かります。

まあ、細マッチョと言っても、巷でもてはやされている「見せかけ」細マッチョとは本質的に違うと思いますけどね。

というのも、サッカー選手として抜群に動ける「見せかけじゃない」細マッチョで、そのドリブルやシュートをしなやかなバネのある筋肉から繰り出すことが出来る、つまりとっても全身の筋肉のバランスが良い、実戦向きの細マッチョです。

最近のサッカー選手は当たり負けしないように筋トレをする選手が多い中、ネイマールは重い重量でガンガンするトレーニングではなくて、主に自重でやる筋トレが多いとか。

例えば大胸筋について言うと、ベンチプレスで鍛えたような盛り上がりのある大胸筋ではなく、腹筋よりもほんの少し盛り上がっていて、引き締まった大胸筋になっているってところからも、それが良く分かります。

バランス良すぎ!

ネイマールの筋肉を筋トレ野郎目線で見つめていると、「筋肉のバランス良すぎ!」っていうことに気づきます。

ネイマールの筋肉のバランス能力が特に活かされるのが、そのフェイント技術

世界一のフェイントと言っていいほどのネイマールのフェイントについては、持って生まれたセンスもあるとは思うんですが、それ以上に、その能力を支える下半身の筋肉の充実度が物語っていると思うんですよね。

相当スローで見ないと分からないと思うんですが、相手ディフェンダーを抜くときの骨盤の左右のスイッチが瞬時に行われて、その動きを大腿部に伝え、さらに下腿部で受け止めて方向変換をするという一連の動きが超滑らか!

下半身の筋肉を鍛えた後に、神経の連動を高めるためのトレーニングをがっつりとこなして、さらにストレッチもしっかりとやることで初めて可能になったしなやかさではないかと。

さすが世界最高峰です。

腹筋に注目してみ

neymar oblique muscle

ネイマールの筋肉のもう一つの特徴として注目したいのが腹筋。それも腹直筋だけでなく腹斜筋と腹横筋。

サッカー選手に限らず多くの人は一般的に、腹直筋を鍛えることは良くあります。サッカーに関して言えば、腹直筋を鍛えるとボールが低い弾道で飛んできても、身体を屈曲させてすぐに反応することができたり、体幹が強くなるので倒れにくくなったりと、とっても大切な筋肉です。

ところが意外と忘れられがちな、お腹のサイドにある腹斜筋や腹横筋も大事な働きをします。例えば、フェイントやドリブル方向のスイッチをした時に、バランスを整えるのは腹斜筋や腹横筋だったりと、主に体を捻ったり方向転換するような動きにとても大切。

そのネイマールの横腹の筋肉が、その他の上半身の筋肉と比べてとっても発達しているのに気づいていますか?これが、彼のフェイントやドリブル能力の一つの原動力になっているのかもしれないですね〜!

ネイマールの筋トレメニューの特徴とは?

緩急をつける!

Neymar training

ネイマールの筋トレメニューの特徴として一番最初に挙げたいのが、緩急をつけるということ。筋トレの画像を観察していると、時には早く、時にはゆっくりと緩急をつけているのが確認できます。

恐らく、そのドリブル能力をさらに高めたり、緩急をつけたフェイントを身体からいつでも繰り出せるようにと、実戦で使える筋肉を作ることを前提に行っているんではないかと思うんですよね。

思想としてはTRXトレーニングの様なファンクショナルトレーニングに近いんじゃないかと思います。それが、ピッチ上でのネイマールの鮮やかな動きを実現しているのではないかと。

この筋トレ方法だと、大きくて太い筋肉を手に入れることは難しいですが、逆に言ってみれば完全に実戦向きの無駄のない体を作ることが出来そうです。

そのため相手のどんな動きに対しても、すぐにストップアンドゴーが可能な身体の使い方が出来るようになるんじゃないですかね。

サッカーをやっているなら、筋トレの時に参考にしてみたいですね!

ドローインをやっちゃってる!

ネイマールの筋トレメニューの他の特徴が、腹筋運動の一つであるドローインをやってるってことです。

ドローインは簡単にいえば息を吸いながらお腹をへこますようなトレーニング方法で、体の筋肉を研ぎ澄まして、全身のコンディションニングや内臓をコントロールしたり出来る効果もあると言われています。

つまり全身を研ぎ澄ましながらバランスを整える能力が高まるってこと!さらには、筋トレでつけた筋肉をしっかりとコントロールする能力も高まりそうです。

そしてドローインは呼吸が非常に重要で、呼吸を整える訓練にもなります。そのため、試合中でも息切れしたときは腹式呼吸を使って、回復を促すことが容易になる効果もあるかもしれません。

普通の腹筋の筋トレと比べると超地味な感じのトレーニングですが、実戦の中では大切になる意外な効果が多そうですね。

重いウェイトはNG!

neymar training 2

すでに軽く触れた通り、ネイマールは筋トレの中で重いウェイトを基本的に利用しないらしいです。

実戦で使える筋肉を最重要視しているっぽいので、太い筋肉よりも、しなやかなバランスのとれた筋肉を手に入れることが目的なのは明白ですね。

しかし、他にも大事な目的があるみたいです。それが筋肉の回復!

一般的に重いウェイトでボディビルダーのようにオールアウトするまで筋トレすると、筋肉痛につながり、そこから回復することによって超回復させるという一連の流れになります。しかしこの場合は回復にも時間を要します。

逆にネイマールの場合は、いつでも試合に出場出来る体の維持というのを最重要な目的としているようなので、筋トレも定期的に行うけど、それによって回復まで時間がかかるような筋トレメニューは避けているようなんですよね。

つまり、オールアウトしてしまうような重いウェイトを利用するのではなくて、重量はそこそこに、しっかりと体をコンディショニング出来る範囲の負荷で筋トレするってことですね。

ネイマールの筋肉や筋トレから参考にしたいことって?

neymar points

ネイマールの筋肉や筋トレについて見ていると、大切なことが見えてくると思います。それは、実戦で活躍するために、バランスのとれた筋トレと筋肉が大事だということ。

「サッカー選手だから大胸筋は必要ないとか、腕の筋肉はある程度でいいとかいうことでもなく、全身の筋肉を鍛える筋トレはしっかりとやり、だけどどこかに偏ることもないようなバランスの取れたトレーニングを実践する。」

そこが、他の筋トレをやっている選手と比較しても驚くほどの、ネイマールの華麗なダンスのようなドリブルやフェイントに繋がっているんじゃないかと思います。

もし、実戦のスポーツに向けて筋トレを頑張っているのであれば、ネイマールのような考えでトレーニングしていくと、全身を効率よく使えてより結果を出せるようになるかもしれませんよ!

ネイマールの哲学部分か。

サッカーに関しては次の筋トレ記事なんかもおすすめ

いかがでしたか?

サッカーのスーパースターネイマール。彼の人並み外れた動きは、その筋肉やそれを支える筋トレの影響があることは間違いないと思います。

サッカーをやっていなくても、参考に出来る点は結構あると思うので、鍛えた筋肉を実戦で使いたいと考えている人は、ぜひ自分のトレーニングメニューにも応用してみてください!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする