プリーチャーカール/プリチャーカールは上腕のトレーニングに最高!

プリーチャーカール 1st

スポンサーリンク

筋トレしている特に男性の方の中で、そもそものモチベーションが「モテたいから」という人は結構多いんじゃないかと思います。筋トレをしていて、少しずつでも成果が出てくると、「どこでデートしようか?」「何を着ようか?」なんて考えることも多くなるでしょう。

でも、今の筋肉のままで本当に大丈夫ですか?もしかしたら、何よりも先に、他に準備すべきものがあるかもしれません!それは、腕です!特に、上腕です!

なぜなら、上腕が逞しくかっこよければ、それだけでモテポイントアップだからです。筋トレはやっているから、腹筋や胸筋は鍛えられてきたけど、意外に上腕二頭筋がまだまだなことって結構多いパターンなんです。

そうならないためにも、上腕二頭筋の筋トレでさらにモテ度アップのために、上腕のトレーニングをしっかりと行いましょう。

今回は、上腕の筋トレの中でも、上腕二頭筋にピンポイントで効果絶大な筋トレ種目である、プリーチャーカール(プリチャーカール)のご紹介です。

スポンサーリンク

プリーチャーカール(プリチャーカール)のトレーニング方法

まず、プリチャーカールベンチに腰かけ、アンダーグリップでバーベルを握ります。プリチャーカールベンチのパッドに肘を固定し、そのままバーベルを上げる。

肘を十分に曲げたらゆっくりと元に戻し、肘が伸びきらない所で再びバーベルを上げます。

10回×3セットを目安に行いましょう。

※バーベルの重さは、立った状態である程度簡単に持ち上げられる重さにしましょう。立った状態だと、上腕意外の筋肉も使っているため、上腕だけで持つ場合より重いウェイトを上げることができます。逆に上腕だけで同じウェイトを上げようとすると、かなりの力が必要なことに気づくでしょう。

プリーチャーカールの方法

プリーチャーカール(プリチャーカール)のトレーニング方法まとめ

  1. プリチャーカールベンチに腰かけ、アンダーグリップでバーベルを握る
  2. プリチャーカールベンチのパッドに肘を固定し、バーベルを上げる
  3. 肘を十分に曲げたらゆっくりと元に戻す
  4. 肘が伸びきらない所で再びバーベルを上げる
  5. 10回×3セットを目安に行いましょう。

プリーチャーカール(プリチャーカール)のポイント

プリーチャーカール(プリチャーカール)は、上腕(上腕二頭筋)を集中して使う事が最大のポイントとなる上腕のトレーニングです。

そのため、プリチャーカールベンチのパッドに肘を固定し、上腕(上腕二頭筋)の収縮によって、バーベルを上げるようにしましょう。(45度以上になると負荷が抜けるのでそれ以上は持ち上げる必要はない)戻す時は、上腕(上腕二頭筋)の緊張を維持したまま、ゆっくりと戻しましょう。

また、初めのセット時やバーベルを上げていく時に、手首が寝ていると、負荷が逃げるだけでなく、怪我の原因にもなるので、やや内側に巻くイメージを持ってください。

プリーチャーカール(プリチャーカール)のポイントまとめ

  • プリチャーカールベンチのパッドに肘を固定する
  • 上腕(上腕二頭筋)の収縮によって、バーベルを上げる
  • 45度以上は持ち上げなくてもOK
  • 戻す時は、上腕(上腕二頭筋)の緊張を維持したまま、ゆっくり戻す
  • 手首は寝かさない

プリーチャーカール(プリチャーカール)の筋トレ効果

プリーチャーカール(プリチャーカール)は上腕の筋トレの中でも、上腕(上腕二頭筋、特に上腕二頭筋下部)を集中して鍛えることができるトレーニングです。そのため、男性であれば太くて逞しい力こぶ作り、女性であれば二の腕の引き締めが出来る筋トレです。

上腕の代表的な筋トレ種目としてコンセントレーションカールがありますが、プリーチャーカール(プリチャーカール)の方がより高負荷で行うことが出来ます。力こぶをピンポイントで作りたい人にとっては、最高の上腕のトレーニングとなるでしょう。

プリチャーカールの効果

プリーチャーカール(プリチャーカール)の注意点

プリーチャーカール(プリチャーカール)は効果的なトレーニングである反面、怪我につながりやすい一面もあります。フォームと動作にいくつか注意点があるので、しっかりと押さえておきましょう。

まず、バーベルを下ろした時は、肘が伸びきらない所で戻すようにしてください。ボトムポジションで腕を伸ばしきって、そこから急激に上腕二頭筋を収縮させると、筋肉に大きなストレスが加わり、怪我に繋がりやすくなります。

また、反動を使った動作を行わないようにも注意しましょう。反動を使った動きでバーベルを上げると、上腕二頭筋と腱との接合部分に大きな負担がかかり、断裂につながる危険性があります。

これがプリチャーカールベンチってやつね

上腕のトレーニングに次の筋トレ記事もいかが?

プリーチャーカール/プリチャーカールは上腕のトレーニングに最高!のまとめ

このプリーチャーカール(プリチャーカール)は、基本はプリチャーカールベンチを使用しますが、ジムに通っていないという方はスタンディングでもOKです(その場合は、バーベルカールになります)!ただし、その場合は、肘を固定しないようにして行いましょう。

また、いずれの場合でも、バーベルではなくダンベルバージョンも試してください。こちらは、上腕の強さの左右差が消えないので、よりウィークポイントを鍛えることができますよ!色々、試してみてくださいね。

とにかく、カールして、上腕をトレーニングしまくって、モテモテの腕を作りましょう。上腕以前に、恋人の準備がまだという方は、筋トレしてカッコいい体をつくって準備しておきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする