筋トレの本でおすすめを5つ紹介!筋トレグッズを使いこなそう!

筋トレの本 1st

スポンサーリンク

「本を読みなさい!」

この言葉、耳にタコができるぐらい何回も言われるものですよね~。確かに、出世している人は皆、共通して本好きのような気がしないでもない・・・。実はこれ、筋トレにも同じ事が言えるかもです!

筋トレの知識を得るには色々な方法があったり、様々な筋トレグッズがありますが、本を読む事もおすすめの手段の一つです。ジムに通っている人はジムのトレーナーに筋トレについて聞くことができるかもしませんが、それでも文字で知識を仕入れておくことで、より高い効果が生まれます。

そして、もちろんジムなどに通っておらず、独自に筋トレをやっている人なんかも、絶対に一冊は筋トレの本を揃えておくのが良いでしょう。

筋トレに関する本は、重要な知識やアドバイスが凝縮されたものが多く、読むと読まないでは結果に大きな差がつくかもしれません。

そんな訳で今回は、筋トレの本に関する特集です!筋トレのやり方や筋トレグッズ、そして筋トレ教材で悩んだら、その前にまずは本を一冊手元に置いておきましょう!

スポンサーリンク

そもそも筋トレをする上で本を参考にしたい理由とは?

まず、筋トレをする上で本を参考にしたい理由は何でしょうか?最も大きな理由は、作者や監修者が筋トレに精通している人物であるということです。

そのほとんどが大学教授や有名アスリート、芸能人を顧客に持つパーソナルトレーナーなどのため、深い知識に加え、実践と指導どちらの経験も持ちあわせています。そのため、書かれている内容の精度が高く、信頼できるのは勿論ですが、実践において非常に役立つアドバイスもたくさん得ることができます。

つまり、筋トレをする上で、本を参考にするということは、そのような方達が長年かけて習得してきた知識や経験を効率よく自分のものにできるということになります。筋トレで成果を出すには、正しい知識やコツなどは必須です。やみくもに筋トレのグッズを購入して筋トレを始めるのと、本を参考にして始めるのでは、雲泥の差が出てくると言っても過言ではないでしょう。

筋トレをする上で参考にしたいおすすめの本

それでは、筋トレをする上で参考にしたいおすすめの本をご紹介します。厳選して選んでみたので、どの本でも筋トレについて詳しくわかること間違いなしです。もし筋トレについて詳しく知りたければ、どれかを早速購入しておくと良いでしょう。

ぴろっきーは英語の本を含めて他にも沢山所有していますが、よっぽどのマニアではない限りどれか一つ又は二つ程度揃えておけば問題ないはずです。

筋トレの本おすすめ1)石井直方の筋肉まるわかり大事典

筋トレ本の著者

石井直方

おすすめする理由

ぴろっきーが敬愛してやまない、当ブログでも何度か既に紹介している石井教授の本です。東京大学理学部卒業、同大学院博士課程修了を修了されていて、バックグラウンド的にもエクセレントで、さらに自信もボディビルだった先生です。

東京大学教授(運動生理学、トレーニング科学)、理学博士、日本随一の「筋肉博士」としてテレビ番組や雑誌でも活躍し、筋トレ愛好家から高い支持を得ている、その石井直方先生の有名な筋トレバイブル本です。

「筋トレだけで贅肉を減らせる?」「バーベルとダンベルどちらがいい?」など筋トレをする上で必ず疑問に思うであろうことが201問、インデックス有りの事典形式で書かれているので、疑問に思ったことがあれば、すぐに調べられるようになっています。

丁寧な回答は勿論ですが、知っている・知っていないでは大きな差がつくであろう内容盛りだくさんで、筋トレの何回分も効果がありそうな本です。内容的に筋トレ初心者から上級者まで対応できるので、筋トレをしていくのであれば必ず持っておいて間違いはない本です。

もちろんぴろっきーも愛用しています!

石井直方の筋肉まるわかり大事典

筋トレの本おすすめ2)ゴールドジム・メソッド―すべての人々に結果をー“筋トレ”の基本は万国共通!

筋トレ本の著者

ムック

おすすめする理由

「全ての人に結果を」のキャッチコピーでお馴染みの、本格派トレーニングジムであるゴールドジムの筋トレ方法についての本です。筋肉の部位別のトレーニング解説(マシンの使い方)と写真つきで、これから筋トレをはじめるという初心者にはもちろん、中級者や上級者も、フォームの見直しに活用できる一冊です。

また、日本を代表するボディビルダーの佐藤貴規さん、鈴木雅さん、田代誠さんの説明や談話が掲載されており、非常に役立つ内容になっています。基本的にゴールドジムにあるマシンの解説になっていますが、オーソドックスなものはどのジムも共通で設置されているため、ゴールドジムの会員の方はもちろん、他のジムに通っているという方でも、十分に使える内容です。

また、フォームの解説はボディビルダーの方だけという訳ではなく、筋トレ初心者、女性にも共通するものです。あらゆる本の中でも、信頼できるものが欲しいという方には特におすすめの一冊です。特にフォームを見直す際にぴろっきーは重宝しています!

ゴールドジム・メソッド―すべての人々に結果をー“筋トレ”の基本は万国共通!

筋トレの本おすすめ3)自重筋トレ100の基本

筋トレ本の著者

比嘉 一雄

おすすめする理由

科学的エビデンスを基にした「えびすメソッド」で多くのクライアントをダイエットの成功に導いた比嘉 一雄さんの本で、筋トレ本の中でもよく売れていると噂です。

タイトル通り、自重に特化した内容となっており、胸、上腕二頭筋&三頭筋、腹直筋、腹斜筋、広背筋、脊柱起立筋脚、臀部、ハムストリングというようにパーツが細分化されて、それぞれに複数のトレーニングが紹介されています。さらには、ストレッチや食事に関する項目もあり、自重筋トレを総合的にガイドする内容となっています。

そして、この本のイチオシポイントは、何と言っても丁寧な解説画像で、視覚的に筋トレの動作がとてもわかりやすくなっています。効果的な自重筋トレが大量に記載されているので、筋トレをしたくてもジムに通えないという方や、手軽に筋トレをはじめたいという方にはおすすめの一冊です。Kindle版もあるので、いつでも持ち歩きたい人にもおすすめです!

自重筋トレ100の基本

筋トレの本おすすめ4)Woman’s SHAPE & Sports

筋トレ本の著者

雑誌(フィットネススポーツ)

おすすめする理由

「IRONMAN JAPAN」を発刊しているフィットネススポーツ社による、女性に特化した、女性の筋トレマガジンです。Shieca(シエカ)、森弘子、岡部友、大澤直子などの現役フィットネスモデル達がページを担当しており、一般的なダイエット雑誌とは一線を画する本格的な内容となっています。

毎回の内容もヒップアップの筋トレや骨盤周り、お腹のシェイプなど、まさに女性が知りたい内容ばかりとなっており、ダイエットから更に一歩進んで、ボディメイクに取り組んでいる女性から高い支持を得ています。

また、このマガジンの見どころは読者モデルのコーナーで、100人以上の読者モデルが登場し、ボディメイクの成果を披露しており、筋トレにおいてモチベーション維持が課題の女性にとっては、テンションアップを手伝ってくれる、非常に嬉しい一冊となっています。

Woman’s SHAPE & Sports vol.11

筋トレの本おすすめ5)DVDつき へやトレ―ジム以上の効果を約束する1日5分~の自宅筋トレ オールカラー!!

筋トレ本の著者

森 俊憲

おすすめする理由

株式会社ボディクエスト代表取締役で、自らの実体験に基づいた独自フィットネスメソッド「ボディデザインプログラム」を開発。これまでに2500名以上へのカウンセリングやパーソナルトレーニング指導を行い、オンライン支援サービスには国内のみならず、海外在住の顧客も多数という森 俊憲さんの本です。

各種メディアでの企画監修や講演・セミナーなどでも活躍され、著書に、扶桑社新書刊『読む筋トレ』、三笠書房刊『30代から始めるタフな体のつくり方』などの売れ筋があるだけあり、信頼できる内容となっています。

DVDが付いており、各メニューのフォームも解りやすく、部屋トレでも最大限の効果が出るよう十分な配慮がなされています。また、この本では「いかにして続けるのか」ということが非常に解りやすく書かれてあります。諦めないためにどうすればいいのかということを当たり前のように教えてくれているので、筋トレにおいて最も重要な「継続」に関しても手厚くサポートしてくれる、他に例のない、本当いうよりは筋トレの教材と言って良い内容となっています。

DVDつき へやトレ―ジム以上の効果を約束する1日5分~の自宅筋トレ オールカラー!!

ついでに以下の筋トレグッズの記事もおすすめです

いかがでしたか?

筋トレを始める時は、とりあえず筋トレグッズを購入して初めてしまったり、ネットで適当に調べて開始したりする場合が多いように思いますが、本格的にやるなら今回ご紹介した筋トレの教材・本を参考にしてみてください。

筋トレはなんだかんだ言って、知識が大切になってきます。特に体や健康に関することなので、ネット上で調べた情報だけではなくて、しっかりと信頼出来る本を参考にすることも大切です。

「とにかく筋肉を動かす!」ではなく、本を読むこともトレーニングだと考えて下さいね!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする