ロードバイク/自転車で筋トレも?おすすめしたい効果10選!

ロードバイクや自転車は筋トレとしても効果があります。筋トレ効果も含めてロードバイクや自転車が持つ、頼もしい効果を見ていきましょう。フィットネスに最高です!

road bike 1st

スポンサーリンク

筋トレと言ってもジムでゴリゴリと、重いダンベルやバーベルを持ち上げるだけが筋トレではありません。「じゃあ、腕立て伏せや腹筋のように体重を使ったトレーニングか?」と思うかもしれませんが、それだけでもありません。

その好例がロードバイク(自転車)に乗って運動すると、筋トレとしてもおすすめな効果があるっていうこと。

5月が国際自転車月間っていうことを知っている人はあまりいないかもしれませんが、この時期は世界中でも自転車を乗って楽しむ人が増えます。他にも、例えば秋は、自転車に乗っていて楽しい時期の一つです。

自転車は一年を通して乗るだけで気持ちよく筋トレが出来て、それに加え、あらゆる面で(身体的にも精神的にも)健康に良かったりします。ロードバイクは脚を使いますが、関節への負担は少なく、開放感も与えてくれます。

今回、ロードバイク(自転車)に乗るべきおすすめな理由と効果を、ロードバイクの筋トレという視点も含めてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

ロードバイクは外に出て楽しめるからおすすめ!

road bike outside

暖かい春の午後を楽しく過ごす方法は多くありますが、自転車に乗ることは余暇をアクティブに楽しむための最も良い方法の一つです。

快適にロードバイクする(約時速16km)と、軽い散歩(約時速3.2km)よりも多くのカロリーを消費します。ロードバイクだと一時間あたり281kcalを消費し、軽い散歩だと176kcal消費するってことですね。

例えば重いウェイトの筋トレで筋肉をつけて基礎代謝を上げ、ダイエットを頑張るのも良いですが、ロードバイクで楽しみならが痩せられるなら、長く続けられてストレス解消にもなるので、活動的なライフスタイルを送るにも最適だと思います。

ロードバイクで運動や筋トレが好きになる効果が!

運動が好きじゃないという人も結構いると思います。そうすると、そもそも筋トレをやろうという気にもならないでしょう。

しかし、ロードバイクはそんな人にもおすすめです。

なぜなら、素早く、そして爽快感を味わうロードバイクであれば、楽しみながら運動出来るので効果も感じられやすく、結果としてやりがいやモチベーションに繋がるからです。

またロードバイクをすることを通して、他の運動や筋トレへのやる気にも繋がります。筋トレのウォーミングアップやクールダウンをジムで行う代わりに、これから自転車に乗ってみるのもありだと思います。

負担が少ない筋トレだからロードバイクはおすすめ

road bike knee

例えばリハビリ中の人や高齢者の人が、「下半身の筋トレで膝を痛めたくない」、「長距離のマラソンのために膝を壊したくない」などと望んでいる時であっても、ロードバイクは関節に負荷をかけることなく脚を動かして筋肉を鍛え、さらに心臓の機能を活発にする効果があります。

それに対して、下半身の筋トレで有名なスクワットや、有酸素運動としてランニングを行うと、どうしても予期できないけが(特に膝)をするリスクがつきまといます。

しかし一方で、ロードバイクであれば、膝へかかる力が小さい状態で脚の筋肉を使うことができるのです。こぎ続ける限り、自転車は滑らかにすすんでいきます。

怪我のリスクを抑えながらローリスクで下半身の筋肉を筋トレする効果があって、有酸素運動にもなるトレーニングなのです。

特に、怪我をした後にはなおさら重宝すると思いますよ!

ちなみにロードバイクで競うために筋トレをしたいなら?

ロードバイクは負担の少ない筋トレではありますが、逆にロードバイクを競技として行うためにトレーニングしたいという人は、腹筋のトレーニングが効果ありみたいです。次の動画で、ちょっとした方法が紹介されてますよ。

ロードバイクに適した時代だからこそ

近年ロードバイク(自転車)はどんどんと新しい機種が世の中に出てきています。

今までは、いわゆるママチャリのような形の自転車が大半だったかと思いますが、最近の自転車は、外見もオシャレでスタイリッシュな物が増えてきています。

さらに都心部であれば、自転車専用道路もたくさん出現してきています。もちろん、すべての場所がそのようになったわけではないですが、5年、10年前と比べて自転車がスピードを出して走りやすい場所が増えてきています。

自転車をオシャレに乗り回して、しっかりと脚に効くスピードで走らせれば、ロードバイクの筋トレ効果も高まります。

合理的な輸送手段としてもロードバイクはおすすめ!

road bike eco

たとえば大切な用事(仕事など)に向かうとき、自転車はとてもエコな輸送手段であり、無料で出来る筋トレにもなります。

もしも、移動可能な範囲内であれば、ラッシュ時に電車や車を利用する代わりに、仕事に向かうために自転車を使うことでカロリーの消費を期待できて、さらに筋肉もしっかりとトレーニングすることができます。

他にも経済的な視点から見てみると、車を運転した場合、約15kmの仕事と自宅間の往復にかかる費用は約1000円程(ガソリン、保険、維持費、初期費用、間接費を含む)であると見積もれます。

そのため、車の代わりにロードバイクを利用して通勤するのは、経済的にもとても良い考えなんです。

ロードバイクは生涯続けられる筋トレ!

たとえ体型が普通じゃなかったとしても、同じ負荷でウェイトトレーニングをやり続けることや、特定の運動は将来にかけてやり続けるのが難しいこともあります。

しかしロードバイクの良い点として、ウェイトトレーニングのような筋トレが出来なくなったとしても、ずっと続けられることが挙げられます。

実際、何年もウェイトトレーニングや走り続けた後、体に痛みが残るようになり、最終的にロードバイクへ移った人もたくさんいます。

ロードバイクの良い点は毎日毎日生涯にわたって、筋トレも有酸素運動もできる効果があることなのです。

ストレスを減らせるロードバイクの効果

road bike no stress

運動はストレス軽減を助けます。ロードバイクはまさしくその運動の一種ですが、車や大量輸送機関(バスや電車)を使っている人より自転車通勤をしている人の方がストレスは低くなるといった研究結果も上がっています。

さらには、ロードバイクを使って通勤している人は、他の乗り物を使って通勤する人よりも満足している人の割合も多いとも言われているので、運動や筋トレ面としてのメリットに加えて、仕事などのパフォーマンスにも結びつきそうですね。

ロードバイクはチャリティにもなる

バイシクルライドイン東京のように、何かの社会問題や喚起など、大義のためにお金を集める目的のロードバイクのレースイベントが多数開かれています。

自分の住んでいる地域で行われていることに目を向けてみてください。色んな場所で色んなレースが開かれているので、ロードバイクがあれば、そんなチャリティに参加して社会貢献を出来ちゃうかもしれませんよ。

筋トレして有酸素運動にもなって、さらに社会貢献も出来てしまうという、素晴らしい効果がロードバイクにはあるんですね!

身の回りのことを良く知ることができる効果が!

road bike town

多くの人は、今住んでいる身の回りの地域を完全に探検しきれていないと思います。

たとえ、定期的に外にランニングしに行ったり、ルートを変えてみたりしたとしても、ロードバイクに乗って経験のできる範囲には達していません。

また、たとえ車でいつも通るようなところにロードバイクで行ったとしても、新しい気づきがあります。

何事も、新しい刺激がある方が長続きするので、ロードバイクはその面でも効果的な筋トレ・運動としておすすめです。

自由と楽しさのためにロードバイクがおすすめ!

子供が自転車に乗ることができるようになった時は、意気揚々と子供なりに人生が輝く瞬間でです。というのも、自転車はそのような幼少期において、自由になるための手段となるからです。

しかし、大人になるにつれ、車や電車に乗る時間が多くなって、ロードバイク(自転車)の自由な楽しみを最近は感じていないかもしれません。

日々座った状態で車をドライブをしたり、混んだ電車に乗っていると、久しぶりにロードバイクに乗った時に自由や楽しさを感じることが出来ます。

しかも、自由に動けるロードバイクは、継続的に楽しさや自由な感覚を提供してくれます。再び子供のように外の世界を楽しみ、気持ちをリフレッシュできれば、筋トレとしての効果も高まること間違いなしです!

21段変速のロードバイクだって!

次の筋トレ記事も一緒にいかが?

ロードバイク/自転車で筋トレも?おすすめしたい効果10選!のまとめ

ロードバイクをおすすめする理由を、筋トレ効果も含めていろいろな視点から紹介してみました。

手頃な価格のものから、本格的な仕様で高めの物までたくさん見つかると思うので、人生をもっと楽しく過ごすためにも、自分にあったロードバイクを一つ選んで持っておくといいかもしれませんね。

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする