鈴木亮平の筋肉と筋トレはやっぱり変態仮面レベルに凄かった!

ryohei suzuki 1st

スポンサーリンク

鈴木亮平といえば花子とアンや天皇の料理番など、最近テレビでも良く見かける俳優。その爽やかさや長身、そして性格の良さそうなイメージからファンも多そうです。

もちろんその演技力はさることながら、何が鈴木亮平の魅力かといったらその肉体!あの「変態仮面」の映画で肉体を披露した時は、そのリアルな変態さにびっくりでした。

実際、鈴木亮平の筋肉は、筋トレ好きから見てもなかなかの代物。

そんな、ただの俳優ではなくて、最近の日本では珍しく肉体派俳優として、しかも変態仮面役も躊躇なく演じる鈴木亮平に、今筋肉大好きな筋トレ野郎達から注目が集まっています!(多分!?)

筋トレ好きとしては、そんな鈴木亮平の筋肉や彼の筋トレについてもっと知りたいはず!

今回は鈴木亮平の筋肉と筋トレについて、筋トレ野郎からの視点で見ていきます。

スポンサーリンク

鈴木亮平の筋肉1)そのセクシーな大胸筋は筋トレ効果?

出典 www.moviestillsdb.com

出典 www.moviestillsdb.com

鈴木亮平の筋肉の特徴として、大胸筋が凄くセクシーじゃないかと思うんですよね。で、その大胸筋を鍛えるために、相当な筋トレを頑張っているんではないかと。

大胸筋は何もしなければ、普通はなかなか発達しません。大胸筋のアピールがある人は、よっぽどのスポーツ選手でない限り、何らかの大胸筋の筋トレを必ず行っているはずなんですよ。

鈴木亮平の大胸筋は、ボディビルダーのように大きく盛り上がっているわけではないんですが、きちんと存在感があって引き締まっているので、ベンチプレスであれは重量を軽くして何十レップも繰り返すようにするとか、腕立て伏せなどを頑張って作り上げられたものだと思います。

しかも大胸筋が満遍なく綺麗に発達しているので、自重の腕立て伏せなら何十回、下手したら何百回と繰り返したりしているかも。

いずれにしても忍耐と努力が必要です。忙しい俳優業のかたわら筋トレの時間確保だけでも相当な工夫をして、頑張っている姿が想像できますね!

鈴木亮平の筋肉2)引き締まった腕はボクシングから?

ryohei suzuki arm 2

鈴木亮平は全体的に綺麗に絞られてますが、腕の引き締まり具合にやられた女性と筋トレ野郎も多いはず。

その腕の上腕二頭筋と上腕三頭筋が、共に綺麗に引き締まっている姿が素晴らしいです。腕が太いごりマッチョと比べると、太さでは劣るものの、その美しさでいったら完全勝利間違いなし。

で、どうやって鍛えたのかというと、恐らくですがボクシングをしていた(今もしてる?)みたいなので、ストレートやフック、素早くパンチするジャブなど、実戦の動きの中で鍛えられたものなんじゃないかと思うんですよね。(もちろん腕の筋トレもその後にやっているとは思いますが)。

まあそもそも、ボディビルダーを目指している訳ではないので、極太にする必要はないですしね。しなやかな細マッチョならではの美しい印象が特徴だと思います。

そして、肩(三角筋)との境目もくっきりしているので、体脂肪が薄いこともよくわかります。これもまさしく、ボクシングで鍛えあげられた肉体の特徴だと思いますよ!

鈴木亮平の筋肉3)シックスパックが美しい〜

出典 weheartit.com

出典 weheartit.com

無駄な肉がついていない鈴木亮平の身体は、以前下着メーカーのポスターにも使われていました。その際にキレイに割れた腹筋をしっかりとアピールするため、Tシャツをめくりあげて顔の汗を拭くのがさまになっていたのが印象的。

それに単なるシックスパックというわけではなく、左右対称のバランスのいい腹筋をしているので、おそらく本人も自慢の腹筋だと自負しているんじゃないかと。

これだけの綺麗な腹筋の割れ具合をキープするには、体脂肪率をある程度に抑るために、食事管理もとっても重要になること間違いなしです。

しかも、何度も役のために減量増量を繰り返しているのに、あの腹筋の美しさを作り出すのは並大抵の努力ではないと思います。

鈴木亮平の筋肉4)体重の増減も変態レベルで神対応

hentai kamen poster

変態仮面の映画で主人公の変態仮面を演じていた際、鈴木亮平は役作りのために、一旦15kgの体重増加をしながら筋トレで身体を作り、そこから脂肪をそぎ落としていくという、まさにボディビルダーのトレーニングを行ったそうです。

さらに食事に関して言うと、筋肉を作りながら体重を増やしていくには、常に安定したタンパク質の摂取が必要になってくるので、1日に8食(サプリメントも含む)の食生活を繰り返して体重増加をしたようなんです。

その役作りにたいして超ストイックにのぞむ姿は、俳優というよりもボディビルダーの身体作りによく似ています。

しかも変態仮面のポスターは背中からお尻までほとんど丸出し。普段の筋トレに加えて背中やお尻、さらには下半身の筋トレもめちゃくちゃ頑張ったんじゃないかと思います。

丸みを帯びたあのお尻の筋肉は、しっかりと筋トレで鍛えないと作ることの出来ない美しくセクシーな形をしていました。まだ見たことない人は、絶対チェックすべし!惚れちゃう筋トレ野郎も多そうですね〜!

鈴木亮平の筋肉5)結局精神力が半端ない件

出典:twitter.com

出典:twitter.com

天皇の料理番を演じた当時、変態仮面の時とは逆に、鈴木亮平は20kgの減量をして病弱な役を演じたそうです。

その病弱な役を演じるために、食事の量や栄養を徹底的に減らしていって、せっかく今まで作った筋肉を落とす(細くする)ことをしたっぽいです。これって、筋トレをやっている人になら分かると思いますが、超強い精神力が必要になってきます。

筋肉をつけることに成功した人は、今より細くなることは絶対に避けたいと思うのが普通ですからね。

筋トレで筋肉をつけるというのは粘りと根性、そして地道な努力が必要になってくるので、今までの結果を絶対に無駄にしたくないと思うのが普通です。

それを、わざと食事と栄養の摂取を抑えて、筋肉を削ぎ落としていくというのは、毎日が自分との闘いだったことは間違いないはず。筋トレをやっている人間から考えてみれば、相当な精神力の結果だと思いますよ!

鈴木亮平の筋トレの特徴1)40日で30kgの増量成功!

出典:topicks.jp

出典:topicks.jp

鈴木亮平の筋トレについて調べていてびっくりなのが、鈴木亮平は増量するために、筋トレと食事を徹底的に管理して短期間で結果を出しちゃったってことです。

役作りのために40日間しかなくて56kgから86kgまで増量した時は、カロリーコントロールを徹底して、さらに筋肉増量のために組み立てられたトレーニングを徹底して行ったそう。その差30kgですよ!

通常はそんな短期間で30kg太るために、ただ食べる量を増やしただけでは、そこまで急激に体重を増やすことはできません。

しかし鈴木亮平は筋トレとのバランスをうまく組み合わせることで、食べる+筋肉量を増やして、体重増加を短期間で実現したっぽいです。

体重増加をする時は、とにかく食べてない時間がないくらいだったという鈴木亮平は、パンを主食としてプロテインを利用していながら、消化吸収の効率が良い上にカロリー摂取ができるように食材も工夫していたんですね。

鈴木亮平の筋トレの特徴2)良い子は真似しないほうが!

hentai kamen

鈴木亮平の筋トレの特徴は、とにかくマネできない(というか、マネしない方が良さそう)という点かもしれません。

筋トレや食事管理は参考にできても、短期間での体重の増減がありすぎるんですよね。相当な精神力と我慢する忍耐力がなければ実践できないし、役作りをする必要がない一般人はそもそもそこまで体重を増減する必要はないですからね。

「絶対にマネしないで」と本人も言っている通り、身体に負担をかけるだけでなく、健康的にも問題があります。

リバウンドもあったということなので、相当体を酷使しながら筋トレで結果を出していることは間違いないです。役作りにかける思いとストイックさがあるからできる、期間限定の筋トレ、または減量方法ですね。

よっぽど好きな女性や男性に告白するからとかでない限り、良い子はマネはしちゃだめですよ!どうしても、同じ様に短期間で体を変化させたい場合は、期間とゴールを決めて筋トレをするための集中力と精神力がカギですね!

変態仮面の映画ってこれです!

この際だから他の有名人の筋肉と筋トレネタも!

いかがでしたか?

変態仮面もびっくりな鈴木亮平の筋肉と筋トレの変態っぷりですが、筋トレ好きにはたまらないネタですね。

筋トレを実際に行う際に、なかなか参考にするのは難しいかと思いますが、一つ言えることは、肉体改造においては精神力がカギ!ってことです。

鈴木亮平の筋トレに対するストイックな姿勢については、学ぶところが多そうですね!(ちなみに鈴木亮平の変態仮面は続編が作られるっぽいですよ!)

ぴろっきーでした! 

スポンサーリンク

シェアする