武田真治の筋肉と筋トレはかっこいい〜!トレーニングメニューにこだわりも!?

shinji takeda 1st

スポンサーリンク

最近筋トレ野郎にも注目される、筋肉系の芸能人が増えてますよね〜。

オードリー春日とか小島よしお、さらには松本人志とか、特に芸人の間でその傾向が顕著になりつつあると思います。

しかし!昔から活躍している芸能人で、芸人ではなくて俳優、しかもイケメン俳優の中にも、隠れた筋肉系芸能人がいます。

その代表格が武田真治。武田真治は俳優でサックスプレーヤーとしても有名ですよね?めちゃイケにも出演してるので、ちゃっかり芸人っぽいイメージもあったりして、お茶の間でも大人気だと思います。

で、その武田真治なんですが、実は筋トレ野郎が興奮してしまうかもしれない素晴らしい肉体を持っています。

しかも結構筋トレ好きらしいので、それがさらに世の中の筋トレ野郎達を釘付けにするはず!

今回は武田真治の筋肉や筋トレ、さらにはトレーニングメニューなどについて見ていきます。

スポンサーリンク

武田真治の筋肉

① 脱いだら凄い細マッチョ

takeda shinji muscle

武田真治と言えばサックスをかっこよく吹く芸能人のイメージが強いです。でも、一度脱いだら以外に凄い細マッチョだったりします。

特に目立つのがシャツのはだけた状態から垣間見える胸!そう、筋トレ野郎達が憧れる大胸筋です。もちろん女性からみてもセクシーさを感じること間違いなしなのでは?

脱いだ画像を確認すると、肩の三角筋と大胸筋の境目がくっきりとしています。これは、ある程度の筋トレ経験がある人だとなんとなく気づくかと思うんですけど、腕立て伏せベンチプレスなどの大胸筋の筋トレでしっかりと作り上げたものだと思います!

腕立て伏せやベンチプレスなら大胸筋をまんべんなく発達させることはもちろん、三角筋や上腕三頭筋にまで効くので、上半身のトレーニングとしては最高ですからね〜。

特に武田真治の大胸筋は腹筋からの盛り上がりが凄いので、聞かなくてもパワーがあることがわかります。

② 腹直筋も腹斜筋もクッキリ

shinji takeda oblique

俳優という自分を人に見せるための職業柄か分かりませんが、とりあえず、武田真治の腹筋が意外に凄かったりします。

腹筋が凄いといってよくイメージするのが、シックスパックを作るために必要な腹直筋。これが割れているだけでも「凄い!」と言われます。しかし、武田真治の腹筋はそれだけでなく腹斜筋までくっきりと見えているんです!

普段から腹斜筋にまで、しっかりと筋トレアタックしていることは間違いないですね〜。

そして、セクシー細マッチョをキープするには、ウエストの細さもカギを握ると思うんですが、武田真治の場合、ピタッと引き締まった腹筋が細いウエストを実現するのに役に立ってますね!

ちなみに腹斜筋がくっきりと見えるかどうかで、セクシーさの度合いが変わってきます。イケメン俳優というのを売りにしている武田真治の腹斜筋が、しっかりと鍛えられているのは頷けますね。

③ 体脂肪少な!

武田真治の筋肉の凄いところは、もう一つあります。それは、体脂肪の薄さ!

身長165cm、体重56kgの武田真治の体脂肪率はなんと驚きの6%!

同世代の一般男性なら15%でも凄いと言われるのに、体脂肪を10%以下、ボディビルダー並みの6%まで持っていくのって並大抵のことじゃないと思います。

トレーニングメニューにある有酸素運動が鍵らしい

その低い体脂肪率を作り出している鍵っていうのが、実は武田真治のトレーニングメニューに入っている有酸素運動にあるみたいです。

週に2回、15kmの距離を75分かけて有酸素運動(ランニングしたり)するそうですね。

この時の速度は1kmあたり5分で走るように設定されていて、時速に換算すると時速12kmになります。

・・・って、簡単に言いましたが、これって実際走ってみると分かると思いますが、普段走りなれていない人ならかなりキツイペースですよ!普段から走っていない人が12kmで走ったら、5分持つかどうか・・・

いや〜凄いぞ武田真治!

武田真治がトレーニングを始めた理由

shinji takeda

ちなみに、これだけトレーニングを頑張っている武田真治がそもそも体を鍛え始めた理由って気になりますよね?

実は、武田真治の鍛え始めた理由は意外なところにあったようなんです。というのも、25歳の時に医者に診断された、「顎関節症」がきっかけだったみたいです。

顎関節症とは、本来、体全体の筋肉を使って行う動きを顎だけで負担を受け止めることから起こると言われている病気で、繰り返していくと顎の軟骨をすり減らしていき、しまいには骨と骨が当たることでさまざまな症状が出るとか・・・。

症状の一つとして、偏頭痛が代表的な例で、体全体の筋力をアップすることはその症状の解決につながるようです。

つまり、武田真治は、セクシーさを追求したりといった目的ではなくて、障害を克服するのがきっかけで、筋トレを始めていったってことです。

しかしその筋トレをここまで追い込めるとは・・・。元々、筋トレに対する相性が良かったんですかね!?

武田真治の筋トレ

shinji takeda workout

ホームジムっぽいの作っちゃった!

武田真治の筋トレに対する熱意を感じられる一面として、自宅にトレーニングベンチとバーベルセットがあるらしいですよ!

武田真治はベンチプレスを週3回行うっていうのをトレーニングメニューに入れているらしく、わざわざジムやスポーツクラブに通うよりも時間短縮出来て、いつでも筋トレできる家トレを選んだんですね。(筋トレに対してのモチベーションありすぎでしょ!)

そのベンチプレスのセットは30kgから始まり、50kg、70kg、90kgでそれぞれ10回ずつ行い、最後のセットは追い込むために30kgを100回もこなすそう。(まじで!?)

体重56kgの武田真治は、そのほぼ2倍にあたる110kgを一回だけなら挙げられるらしく・・・って、体重のほぼ倍のバーベルを挙げるパワーがあるんですね!!!見かけでだまされちゃいけませんね〜!

縄跳びが基礎らしい

武田真治の筋トレを語るにあたって、そもそも、その基礎となったトレーニング方法が、実は縄跳びらしいです。

縄跳びは、多くの人が小学生の頃にやった経験があると思います。一見、筋トレに関係ないように思われますが、縄跳びのトレーニングは体を鍛えるにはとても優れています。

さらに、現在の運動レベルや心と身体のバランスを知るにも使えるらしく、例えばイラついていたり、逆にのんびりし過ぎていると、リズム良く飛ぶことができないってことになるらしいです。

最初は10回くらいしか飛べなかった武田真治も、心身のバランスが取れてきて、全身の筋肉が鍛えられたことで、連続で100回以上余裕で飛べるようになったらしいですよ。

縄跳びのトレーニングを始めたのは、顎関節症の治療を受けていた鍼灸師からのアドバイスだったようで、縄跳びによって体全体の硬直した筋肉をうまく目覚めさせ、その後の筋トレにも繋がったんだと思いますよ〜!

武田真治のトレーニングメニューの特徴って?

shinji takeda rope

武田真治の筋トレに対する考えで面白いのが、トレーニングさえしていれば、食事はまったく気にしないという点ですね。

もちろん、めちゃくちゃな暴飲暴食をするわけではないようですが、意外とハンバーガーなどのファストフードも普通に食べるそうです。

身体を動かすことで必要としている部分に栄養素がいくので、食事を細かく気にするよりも好きなタイミングで自分の好きなものを食べる方が、元気に動くことにつながるという考えに基づいているらしく、考えるよりも運動習慣をまずしっかりと体に植え付けて、そこから生活習慣、食生活を考えればいいという考え方のようですね。

これならカロリーや食材、調理法を気にすることがないので、その面ではストレスフリーで筋トレに集中することが出来るってことみたいですね。

まあ、実際の体づくりにおいて、筋肉を大きくしたい人や痩せたい人に完全に当てはめるのは難しいかと思いますが、トレーニングを考える時の一つの考えとしてはありかもです。

武田真治の筋肉哲学ってことだね〜

次の有名人の筋肉と筋トレについてもいかが?

いかがでしたか?

イケメン俳優の武田真治。意外にも筋トレにはまっているらしく、素晴らしい肉体を持っていますね。一般人でも学べる点が多いと思うので、参考に出来るところはどんどんパクっていきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする