シットアップベンチの使い方やおすすめを紹介!気になる効果も!?

シットアップベンチ

スポンサーリンク

数千円で自宅をジムに出来る方法があるとすれば、やってみたいと思いませんか?何だか夢のような話ですが、実は、それを可能にする筋トレ器具があるかもしれません。

それは「シットアップベンチ」!シットアップベンチって知っていますか?知らなくても名前から想像できそうですが、本来の目的としてはシットアップ(腹筋の筋トレの一つ)をするためにデザインされた器具です。

完全に自宅をジムに出来るとまではいきませんが、これ一台で、腹筋から背筋をメインに様々な筋トレが出来てしまうんです。しかも、筋トレ器具の中では購入しやすい価格で、組み立ても簡単という器具なので、一家に一台あれば大活躍は間違いありません。

そこで今回は、シットアップベンチの使い方から、その効果、そしておすすめをまでを紹介していこうと思います。

もしも今まで筋トレやっていたのに、シットアップベンチのことは気にしていなかったという人がいれば、一度シットアップベンチの実力を確認してみましょう。

スポンサーリンク

シットアップベンチとは?

シットアップベンチについて

シットアップベンチとは、筋トレで使用するトレーニングベンチの種類の一つで、シート部分が斜めになった形状をしています。

普通のフラットベンチやインクラインベンチとは異なり、固定パッドが端についているので、この一台で腹筋のシットアップから背筋のバックエクステンションなど様々な使い方が出来ます。

フィットネスクラブであれば、基本的に設置されている定番の器具で、通販でも購入可能です。価格は安いもので数千円程度のものからあり、高くても一万円以内で買えるものがほとんどです。

また、自宅用に購入した場合、組み立ては簡単な方で、一人でも大丈夫なレベルです。商品によっては折りたたみも可能になっているため、使わない時はコンパクトに収納できるようになっています。

シットアップベンチの使い方とは?

situp bench trainings

シットアップベンチの基本的な使い方

シットアップベンチの定番の使い方は、腹筋、背筋、この他、腕立て伏せ等の筋トレにも使用されます。それ以外にも、物によっては、チューブのついたものもあり、効果的に腕や足、お尻の筋トレができ、マルチジムのように使用できるものもあります。

腹筋はパッドに足を固定すれば、シットアップやツイストができ、頭を上にし、逆向きに寝て固定パッドを手で掴めば、レッグレイズなどが出来ます。

更に横向けに寝れば、ライイングサイドベントが出来るので、アレンジ次第で腹筋全体を鍛えることが出来ます。背筋はうつ伏せの状態で固定パッドに足を固定すればバックエクステンションが出来ます。

負荷を加えたい場合は、ダンベルやプレートも併せて使用出来るので、筋トレ初級者から上級者まで対応出来る筋トレ器具と言えます。

シットアップベンチを使う上でのポイントやコツ

シットアップベンチは腹筋や背筋の筋トレを行う際、足をしっかりと固定し、フォームを定められるという点が大きなメリットです。

トレーニング時にこの点を活かすためにも、固定パッドには足首を引っ掛けてしっかりと足を固定するのが鍵です。つま先だけ引っ掛けるような固定の仕方では、正しいフォームで動作を行えなくなります。

また、角度をつけると、頭に血がのぼりやすくなります。シットアップベンチで頭を下にした腹筋の筋トレ中、体を倒す動作の際は、顎は上げずにギリギリまで引いておくようにしましょう。

シットアップベンチの効果とは?

how to use sit up bench

シットアップベンチの効果① 筋トレのフォームが良くなる

昔、部活や体育の授業でシットアップを行う際、ペアを組んで相手に足(足首)を押さえてもらったことはないでしょうか?

あのように足を押さえて固定するのは、動作の中で足を動かして体の反動をつけないようにして、正しいフォームでシットアップが出来るようにするためです。

シットアップベンチについている固定パッドは、まさにこれと同じ原理で、足を固定することにより正しいフォームで筋トレの動作を行うことが出来ます。

この結果、腹筋や背筋の筋トレが効果的に、そして安全に出来るようになるのです。

シットアップベンチの効果② 簡単に筋トレの負荷をプラス出来る

シットアップベンチは、角度が簡単に調整できるようになっており、個々のレベルにあわせて負荷をプラス出来るようになっています。

同じく腹筋をする際に利用可能なトレーニングベンチとしてフラットベンチがありますが、フラットベンチは基本的に角度の調整ができないため、両者の違いはここにあると言えます。

シットアップベンチの場合、角度をつけ、更にそこにプレートやダンベルを併せて使えば、強い負荷をプラスすることができ、腹筋を徹底して鍛えたい人にも対応できます。角度をつけるほど負荷が高まるので、レベルに合わせて角度を上げていきましょう。

シットアップベンチの効果③ ターゲットの筋肉を集中して刺激

筋トレでターゲットの筋肉を集中して刺激するには、体の反動や勢いを使わないこと、そして他の筋肉の関与を極力抑えることが必要になります。

シットアップベンチを使用すると固定パッドで足を固定するため、体の反動や勢い、他の部位の筋肉の関与を抑えることが出来ます。

例えば、腹筋の脇腹を鍛えるツイストの動作などでは、慣れないうちは体全体が動いてしまったり捻りが不足しがちになりますが、シットアップベンチを使用するとフォームが定まり、ターゲットの筋肉を十分に刺激することが出来ます。

シットアップベンチのおすすめを紹介!

シットアップベンチの使い方や効果を確認できたところで、3つほどおすすめのシットアップベンチを紹介しておきます。

検討される場合は参考にしてみてください。

シットアップベンチのおすすめ(1)

名前:ALINCO シットアップベンチデラックス FA130

メーカー:ALINCO(アルインコ)

価格帯:¥6,800前後

このシットアップをおすすめしたい理由

3段階の傾斜角度調節が可能です。凹凸のある波型シートでフィット感が高いのが特徴。そのシートのフィット感が結構気持ちよいので、トレーニングを開始する時にも気分良く筋トレが開始出来ると思います。

価格も安かったので以前このシットアップベンチを実際に家で使っていたのですが、全体的に問題は感じなかったです。唯一の欠点としては足の固定がちょっと弱いかも?という程度だったと思います。折りたたみも可能なため、場所をとらずに収納出来るのもよい点ですね。

最初の一台として良いかと思いますよ。

より詳しい詳細はこちら

シットアップベンチのおすすめ(2)

名前:マルチシットアップベンチ(折りたたみフラットベンチ)

メーカー:eSPORTS

価格帯:¥ 6,180

このシットアップをおすすめしたい理由

傾斜をつければシットアップベンチにもなるし、フラットベンチとしても使えるので、このベンチが一台あれば、腹筋や背筋だけではなくてダンベルフライなどの筋トレも出来てしまうベンチです!

  • 「自宅にシットアップベンチがあるからフラットベンチを置く場所がない」
  • 「フラットベンチがあるからシットアップベンチのスペースがない」

なんて場合でも、このベンチであれば全て解決出来ちゃいます。価格もお手ごろなので買い替えを検討しても良いかも!?

より詳しい詳細はこちら

シットアップベンチのおすすめ(3)

名前:ALINCO マルチコンパクトジム EXG042

メーカー:ALINCO(アルインコ)

価格帯:¥5,100前後

このシットアップをおすすめしたい理由

シットアップベンチなのにチューブがついているタイプですね。筋トレ初心者や女性なんかにはおすすめ出来るかもしれません。しかし、チューブなので結局はそこまでの負荷はかからず、本格的に筋トレをしたい人にとっては物足りないかも。

ただ、軽いエクササイズを自宅でしたいといった目的であればジャストフィットだと思います。価格も抑えられているので、簡単な運動をしたいといった感じの人であれば良さそうですね。

より詳しい詳細はこちら

シットアップベンチの利用において覚えておきたいこと

situp bench remember

角度の調整は無理をせずに

シットアップベンチを利用する際、角度の調整は、必ず無理をしないように自分のレベルにあったものにしましょう。

無理をするとフォームが崩れるだけでなく腰を痛める原因にもなり、筋トレ効果と安全性がともに激減します。腹筋は特に正しいフォームで最大限伸展・収縮をさせることが大事です。

角度をつけることよりも筋肉が十分にストレッチされ、フィニッシュポジションで思い切り収縮されているかを重視してください。

パッドと体の接触を利用する

シットアップベンチを利用する際、腹筋の筋トレではパッドと体の接触を利用して、筋肉を思い切り伸展・収縮させましょう。

例えば、シットアップのネガティブ動作(収縮した筋肉を戻していく動作)で体を戻す際は、一つ一つの背骨がパッドにつき、ポジティブ動作の時は、逆に背骨が一つ一つ離れていくのを意識しながらやると良いかと思います。

次の筋トレ器具も一緒に確認しておきましょう

いかがでしたか?

シットアップベンチは持っておくと結構便利な筋トレ器具の一つです。特に今回紹介した、マルチベンチ(シットアップベンチにもフラットベンチにもなるもの)であれば、他にも多くの筋トレ種目に対応するのでかなりおすすめです。

一台あれば重宝すること間違いないので、これを機に、一度検討してみるといいかもしれないですね。

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする