スライドボードの効果やトレーニングとは?おすすめや変わった使い方も紹介!

slide board 1st

スポンサーリンク

筋トレをやったり、他のフィットネスのエクササイズをやったりと、健康志向の方へ質問です。スライドボードって知ってますか?

ここ最近、腹筋ローラー(アブローラー)を始めとする、自宅でも効果的なトレーニングが出来る筋トレ器具が注目を浴びていますが、スライドボードは芸能人に愛用者がいたり、その効果がやってみると以外に凄いということで話題になり、特に注目度が高まっているフィットネス&トレーニング用の器具です。

何でも、スケートのような動きで楽しみながら、全身のトレーニングができて、更にはダイエット効果も高いということらしく。

そんな情報を聞くと、ちょっと気になってしまいますよね?

筋トレにはもちろん、それ以外にも健康志向を持つ方全般におすすめな新兵器であるスライドボードを、今回紹介していこうと思います。

トレーニング好きなら、見逃せない器具かもしれませんよ!

スポンサーリンク

スライドボードとは?

slide board about

スライドボードとはトレーニングで使用する器具の一つ。表面が滑りやすくなっているボードで、専用のシューズカバーを履いて使用します。

名前は「ボード」と付きますが、見た目はシートのような形をしており、柔らかい素材です。普通のシートとは異なり表面が滑りやすくなっているので、その動きを利用して基本的には下半身のトレーニング(特にお尻や太もも周り)、バランス感覚向上のトレーニング、体幹トレーニングが出来ます。

トレーニング器具として定番のバランスボールトレーニングチューブに比べて、まだメジャーとは言えませんが、人気アーティストのEXILEのメンバーが使用しているという情報などもあり、注目が高まっています。(※実際に以前EXILEファミリーのE-girlsが使用しているのをテレビでも放送されているので間違いないでしょう)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

ちなみに価格は一万円以内で買えるものがほとんどで、通販でも購入出来ます。

スライドボードのトレーニング方法や使い方とは

how to use slide board

基本的なトレーニング&使い方

スライドボードの基本的な使い方は至ってシンプル。

専用のシューズカバーを装着して、スピードスケート選手のようにスライドボードの上を左右に滑ります。上体をかがめて行うため、下半身だけなく、腹筋を中心に体幹を鍛えることができ、バランス力アップのトレーニングにもなります。

この他、トレーニング種目のスプリットスクワットサイドランジの動きをスライドボードの上で行って下半身を鍛える使い方、マウンテンクライマーの動作をすり足で行うようにし、腹筋を鍛える使い方など、アレンジ次第で様々な使い方が出来ます。

下半身を中心に自重で全身の筋肉を鍛えることが出来ますが、時間を長めにすれば、有酸素運動としての使い方も出来ます。

海外ではスライドボードがこんなトレーニングにも使われてる!?
  • 滑りながらダンベルフライ!?
    • 手にシューズカバーをはめてスライドボードにワイドプッシュアップの様に手をつき、あとは肘を外へ滑らせて胸を床へ下ろしていき戻すを繰り返すだけ。
    • スライドボードの滑りを利用したフライで、ダンベルフライよりもキツいともっぱらの噂!?
  • つるつるしながらヒップリフト
    • スライドボードの上でヒップリフトを行うだけ。でも、足がつるつるするので、お尻の上げ下げが大変!
    • 普通の床で行うヒップリフトに比べてハムストリングと大臀筋への効果が強烈になるらしい!?
  • 腹筋ローラーの代わりにスライドボードで膝コロ
    • 膝をスライドボードの外についたら、両手にシューズカバーをはめ、あとは手をスライドボードの上で滑らせ、腹筋ローラーと同じ様に体を前方へ押し出して行くだけ。
    • 腹筋ローラーを買わなくてもスライドボードさえあれば腹筋をバキバキに出来ちゃうらしい!

スライドボードのポイントやコツ

スライドボードでトレーニングする際のポイントとコツは、ただ軽々と滑るのではなく、重心の移動を意識して、ターゲットの筋肉にしっかりと効かせるということ。

特に筋肉を鍛えたいと思っているならば、一回一回の動きでターゲットの筋肉への負荷を意識しながら行いましょう。

また、スライドボードは不安定さを利用して体幹を鍛えられるという点が大きな特徴です。この特徴を活かすように動作の終始、腹筋に力を入れて体を安定させるように意識しましょう。

この他、動作は腕を大きく振り、全身を使うイメージでダイナミックに行って勢いよく滑るようにしましょう。これにより、筋トレに加えて有酸素運動の効果も高めることが出来ますよ。

スライドボードの効果とは?

slide board merits

スライドボードの効果① 全身の筋肉を強化

スライドボードは基本的に下半身をメインに鍛えますが、アレンジ次第で上半身のトレーニング、体幹やインナーマッスルを鍛えるトレーニングも出来ます。

自重に加えて不安定な状態でのトレーニングになるので、細かい筋肉まで鍛えられたり、複数の筋肉の連携を強化できたりと、より効果的に全身の筋肉が強化されます。

スライドボードの効果② ヒップ周りのシェイプアップ

スライドボードは基本のトレーニング方法の他に、筋トレでヒップ周りのトレーニングとしてお馴染みのスプリットスクワットやサイドランジ、バックランジといったトレーニングも可能です。

さらには、これらの種目をバランスの悪い状態で行えるため、深層部の筋肉(インナーマッスル)も鍛えることができ、より効果的なトレーニングが出来ます。

スライドボードの効果③ 脂肪燃焼&ダイエット効果

スライドボードは継続して20~30分ほど行うことができ、効果の高い有酸素運動が可能です。有酸素運動には、ウォーキングやジョギングなど様々な種類がありますが、下半身だけでなく、腕を大きく振って全身を使うスライドボードは、脂肪燃焼効果が高く、ダイエット効果も期待出来ると言えます。

スライドボードの効果④ 心肺機能の向上

スライドボードはある程度の負荷をかけながら全身を使うため、心肺機能の向上にも効果的です。心肺機能が向上すれば筋トレにおいても、そしてスポーツやダンスなどでもパフォーマンスアップが見込めます。

もちろん日常生活において、階段や坂道の登り下りが楽になるといった効果も見逃せないですね。

スライドボードの効果⑤ ファンクショナルトレーニング

スライドボードではテニスの練習にも、体幹の強さが求められるボクシング、そしてもちろんスケートなどにも、実戦の動きをそのままボードの上で行いながら、実戦で使う筋力はもちろんのこと、それ以外のバランス力などまでも鍛えることが出来ます。

実戦の動きに基づいた、いわゆるファンクショナルトレーニング的な要素があり、より無駄のない実戦的な筋力やバランス力を集中して獲得するといったことが期待出来ます。

スライドボードのおすすめを紹介

最後にスライドボードでおすすめなものを紹介しておきましょう。興味があるなら、検討してみてください。

スライドボードのおすすめ①

名前:スケーティングシェイプ(エクササイズDVD付き)

メーカー:東急スポーツオアシス

価格帯:¥12,000

このスライドボードをおすすめしたい理由

東急スポーツオアシスのオリジナル商品ならではのエクササイズDVDが付属なので、フィットネスクラブに通えない方でも自宅でフィットネスクラブのレッスン気分を味わえ、楽しみながらトレーニングが出来ると言う点が、これからフィットネスを始めようという人にも良いかと思います。

また業界でも有名な東急スポーツオリジナルということで、そのスライドボードにも安心感がありますね。

詳しくはこちら

スライドボードのおすすめ②

名前:TOEI LIGHTスライディングボード

メーカー:TOEI LIGHT(トーエイライト)

価格帯:¥11,500〜

このスライドボードをおすすめしたい理由

サイドのストッパーが床に密着し、安定度の高いスライドボードです。幅もしっかりとあり、基本的には思い切ってトレーニング出来ると言うのがおすすめな理由です。

しかし、思い切りサイドに滑りすぎてそのストッパーに当たると痛いといったこともあるので、その点は注意しておきましょう。

詳しくはこちら

スライドボードのおすすめ③

名前:バリスライド

メーカー:Valslide

価格帯:¥9,000〜

このスライドボードをおすすめしたい理由

スライドボードの変形ともいえるスリッパ型です。海外では「スライドボードもいいけど、バリスライドの方が好き!」と言った声が上がるぐらい、スライドボードにとって代わるアイテムの一つです。

この形状により持ち運びが簡単に出来て、基本的に平面な床であれば使用可能らしく、トレーニングの幅が広がるだけでなく、いつでもどこでもスライドボードのトレーニングが出来てしまうという優れものらしいです。なんとも便利そうですね。

詳しくはこちら

次のトレーニンググッズも一緒に確認してみましょう

いかがでしたか?

このスライドボードでのトレーニングは、他のトレーニングと比べてもかなり楽しそうだと思いませんか?

楽しみながらハードに体を鍛えたいという方は、ぜひ取り入れてみると良いかもしれませんね!これで、全身のトレーニングはバッチリでしょう。

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする