おしりを小さくする方法はこれ!おしりを小さくしたい女性は筋トレを!

おしりを小さくする方法

スポンサーリンク

「おしりを小さくしたい!」・「でか尻はイヤ!」

こんな願いを持つ女性のみなさん、筋トレはしていますか???

おしりを小さくしたいからと言って、食事制限をする女性は非常に多いのですが、その方法はおすすめできません。なぜなら、デカ尻の原因は、「単に脂肪がついているから」だけではないのです。

デカ尻には様々な原因があり、正しい方法で解決していかなければ効果は見込めません。そして、何より筋トレが必須なのです!しかもおしりを小さくする方法として効果のある筋トレを継続して行うことが大切なんです。

そんなわけで、今回はおしりを小さくする方法の集中特集をいたします。デカ尻の原因から、ヒップアップの筋トレ方法、おススメの筋トレ方法まで詳しく解説です。

おしりを小さくしたい特に女性のみなさん、お見逃しなく!

スポンサーリンク

デカ尻の原因とは?

おしりを小さくする方法を知るために、まずはデカ尻の原因を知りましょう。デカ尻の原因を知って、必要な筋トレを行っていくことが大切です。デカ尻の原因には、以下のようなものがあります。

骨盤の歪み

骨盤の歪みは骨盤を横に開かせたり、姿勢を悪くする原因となります。骨盤が歪む原因は、足を組む、片脚重心でたつなど、普段の生活のクセですが出産によって開いた骨盤をもとに戻さなかった場合などもあります。

座りっぱなしの生活

デスクワークで座りっぱなしの生活は、デカ尻の元凶となります。座っていては、おしりの筋肉を使わない事はもちろんですが、長時間に渡って座ることはおしりを圧迫するため、血行の悪化を招き、老廃物や脂肪を溜めこみやすくします。

また、パソコン作業で腰を丸めて座っていると、坐骨が広がる原因となります。坐骨が広がると、下半身のお肉も外側に張り出し、デカ尻の原因となります。

運動不足

運動不足は言うまでもなく、デカ尻の原因となります。特に、おしりの筋肉は、腕や足の筋肉に比べて、日常的にも使われることが少ないため、運動不足になりやすい筋肉です。筋肉が衰えることにより、おしりの脂肪を支えきれなくなると、おしりはどんどん大きくなります。さらに、筋肉が少なければ、脂肪も付きやすくなるため、運動不足はデカ尻へ悪循環を招くのです。

デカ尻の理由

おしりを小さくしたいなら筋トレをすべき理由

デカ尻の理由を確認したところで、筋トレのお話をしていきましょう。おしりを小さくしたいなら筋トレをすべきです。その理由は以下のようなことです。

骨盤のゆがみや姿勢を正すには筋トレしかない

デカ尻の原因である骨盤のゆがみや姿勢を正すには、筋トレしかありません。なぜなら、骨の位置を正常に保つ役割を持っているのは筋肉だからです。マッサージや補正下着などもありますが、あくまで一時的なものと考えましょう。

おしりの形を整えるには筋肉が必要

おしりを小さくするには、おしりについた脂肪を減らすだけでなく、脂肪の重さに負けないよう、筋肉を鍛える必要があります。特に、ヒップアップをしたい場合は筋トレは必須となります。

血行・代謝アップ

血行不良や代謝の低下もデカ尻の原因です。筋トレは筋肉を鍛えるだけでなく、これらの改善にも効果的です。継続して筋トレを行えば、体の中身から健康的にしていく効果を期待できるでしょう。

おしりを小さくする筋トレ

デカ尻に効く筋トレ(おしりを小さくする方法)を紹介!

それでは、おしりを小さくしたい女性の皆さんのために、おしりを小さくする方法としておすすめのデカ尻に効く筋トレを5つ紹介ご紹介します。

おしりを小さくする方法1:バックキック

バックキックの筋トレ方法

  1. ゆかに四つん這いになる
  2. 片足を後方へ蹴り上げ、元に戻す
  3. 片足10~15回×3セットが目安

バックキック方法1

おしりを小さくする効果

バックキックは、日常的に使われていないおしりの筋肉に刺激を入れて、筋肉を目覚めさせる効果が期待できます。スクワットなどのメインの筋トレの前に行うと効果的です。

ただ足を蹴り上げるのではなく、おしりの筋肉がギュッと収縮されて足が持ち上げるイメージで行うと、しっかりと効かせることができます。

おしりを小さくする方法2:ワイドスクワット

ワイドスクワットの筋トレ方法

  1. バーベルを担ぎ、足を肩幅の2倍ほどに開く
  2. ひざを曲げて、体をおろしていく
  3. 太ももと床が平行になるまで体をおろしたら、立ち上がる
  4. 10~15回×3セットが目安

ワイドスクワットのトレーニング方法

おしりを小さくする効果

ワイドスクワットは、大臀筋、内転筋群、ハムストリングスを鍛えることができるので、ヒップアップに効果的です。両足を大きく開く姿勢により、おしりの筋肉をしっかりと伸展・収縮させることができます。フィニッシュでおしりをギュッと締めると、より効果的です。

おしりを小さくする方法3:デッドリフト

デッドリフトの筋トレ方法

  1. 両手にダンベル(又はペットボトル)を持って立つ。
  2. 足幅は腰幅より少し広めにする
  3. 背中は丸めず、お尻を後方へ突き出し、膝を少し曲げる
  4. 背中の反りを維持したまま、上体を起こしていく
  5. 肩甲骨を寄せるイメージで胸を張り、フィニッシュ
  6. 背中の反りを維持したままダンベル/ペットボトルを下げる
  7. 10回×3セットが目安

ダンベルデッドリフト

おしりを小さくする効果

デッドリフトは、ハムストリングスや大殿筋を鍛えられます。そのため、ヒップアップに効果的です。また、太ももの前面(大腿四頭筋)への刺激が少なく、ハムストリングスや大殿筋を大きくストレッチできるため、太ももは太くしたくないけれど、ヒップアップしたいという女性には最適のヒップトレーニングとも言えます。

おしりを小さくする方法4:ヒップスラスト

ヒップスラストの筋トレ方法

  1. ベンチの前に膝を立てて座り、肩甲骨あたりをつけて、ベンチにもたれかかる
  2. 足は腰幅にし、膝は90度にする
  3. ペットボトルなどを太ももの付け根あたりに乗せ、両手を軽く添える
  4. お尻をしめるイメージで腰を持ち上げ、上げきった所で1秒静止する
  5. 元の位置の半分ぐらいまで戻して、また、腰を持ち上げる
  6. 10回×3セットが目安

ヒップスラスト

おしりを小さくする効果

ヒップスラストは、下半身の筋トレの中でも、おしりの筋肉、特に大臀筋(大殿筋)を鍛えるのに効果的な筋トレです。大臀筋(大殿筋)を集中して鍛える効果は、スクワットやデッドリフトでも不足する部分を補うと言われているほどです。

大臀筋(大殿筋)を鍛える事で、ヒップの引き締め、高さと丸みのあるヒップづくりが可能になります。この筋トレはヒップラインを整えるだけでなく、足を長く見せる効果も期待できます。

おしりを小さくする方法5:ヒップリフト

ヒップリフトの筋トレ方法

  1. 床に仰向けになり、ひざを45度ぐらいに曲げる
  2. 手は、手のひらを下にして体の横に添える
  3. お尻を締めて、腰を持ち上げていく
  4. 太ももと体が一直線になった所で1秒静止する
  5. 腰をゆっくりと下ろし、お尻に床が着く直前で、再び上げる
  6. 10~15回×3セットが目安

ヒップリフトのやり方

おしりを小さくする効果

ヒップリフトは、おしりの筋肉を集中して鍛えることができます。それにより、ヒップアップ、ヒップラインの引き締めなどの効果が期待できます。また、おしりの筋肉に意識を集中させ、動作の中でおしりの細かな筋肉も使うため、スクワットなどの前に行うと、その後のスクワットでのヒップアップ効果が高まります。

おしりを小さくしたいなら参考にするのもいいかもね〜

ヒップアップの筋トレや女性の筋トレに読みたい記事

いかがでしたか?

特に女性にとってはおしりを小さくする方法として、筋トレをすべきというのはご理解頂けましたでしょうか?よくよく考えると、日常的にほとんど使っていないおしり・・・。

今すぐ、おしりを小さくしたいなら筋トレをはじめて、目を覚ましてあげましょう!筋トレで女性を磨きましょう!目指せ、桃尻♪

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする