ソイプロテイン/大豆プロテインの効果|メリットとデメリットとは?筋トレのためにも知っておきたいこと

ソイプロテイン(大豆プロテイン)には様々な効果があるとされ、メリットとデメリット両方があるようです。筋トレやダイエットに利用する前に、その大切な効果を両面からしっかりと確認しておきましょう。

OK soy protein 1st

スポンサーリンク

ソイプロテイン(大豆プロテイン)の効果について、どんなメリットとデメリットがあるのか両方の視点で確認したことはありますか?

ソイプロテインにはもちろん様々なメリットがある反面、実は確認しておかないと怖いデメリットもあるかもしれません。

筋トレやダイエットにソイプロテインを手放しで利用する前に、一度そのメリットとデメリットを確認して、客観的な判断のもと、利用するかどうかを決めましょう。

ソイプロテインの効果を、メリットとデメリットに分けて見ていきます。

スポンサーリンク

ソイプロテイン(大豆プロテイン)とは?

soy milk 1st

ソイプロテイン、別名大豆プロテインとは、その名前から分かる通り、大豆に含まれるタンパク質。

大豆のタンパク質は、植物性のタンパク質では珍しい完全タンパク質であるため、大豆は「畑の肉」とも呼ばれ重宝されています。

(※完全タンパク質とは、人間が体内で作ることの出来ない必須アミノ酸全てを供給するタンパク質。肉のタンパク質は完全タンパク質である。)

そして、それをサプリメントとして加工したものが、一般的に筋トレやダイエットのサプリメントとして見ることが出来る「ソイプロテインパウダー」。

ソイプロテインパウンダーは、その大豆のタンパク質が持つ特徴から、長い間ゆっくりと時間をかけて吸収されていくのが特徴。

そのため、満腹感を得やすかったり、タンパク質から分解されたアミノ酸を、長い間血中に供給することが出来るといった特徴があります。

ソイプロテインが持つ効果

この様な特徴を持つソイプロテイン(大豆プロテイン)には、多くの効果があるとされており、それらはメリットだけではなく、デメリットも含まれると言われており、長期的な利用には注意が必要かもしれません。

ソイプロテインが持つ効果について、それぞれメリットとデメリットに分けて確認していってみましょう。

ソイプロテインが持つ効果:メリットとは?

ソイプロテインのメリット① 動物性タンパク質の代替として利用出来る

OK protein meat 1st

ソイプロテイン(大豆プロテイン)は、肉から摂取する動物性タンパク質を補うための実用的な代替品。

ソイプロテインの特徴としても触れた通り、植物性のタンパク質では珍しく必須アミノ酸を全て含んでいる完全タンパク質であるため、人の体が筋肉を作ろうとした時に、最も利用効率の良いタンパク質であると言えます。

特に、動物性のタンパク質として有名な、ホエイプロテインやカゼインプロテインは、牛乳を原料として作られているため、元々乳製品に対してアレルギーがある人などには不向き。

そんな人にとっては、代替品として利用可能な一つのタンパク質がソイプロテインであると言えます。

ソイプロテインのメリット② カロリー摂取を抑えられる

ソイプロテインは、その特徴として消化に時間が掛かるために、お腹に長時間溜まりやすいといった点を紹介しましたが、それによって満腹感を満たしやすく、食事に対する欲求を抑えることが可能。

そのため、ソイプロテイン(大豆プロテイン)でタンパク質を摂りながら筋肉を維持、又は増強しながらも、脂肪の増加を抑えていったりと、ダイエットや減量をしたい時などには大きなメリットがあると言えます。

また、大豆に含まれるレシチンは、女性の大敵であるセルライトの溶解効果もあると言われていたりするため、セルライトを落としながらダイエットをしたい人には良いかもしれません。

ソイプロテインのメリット③ ソイプロテインはLDLコレステロールを減らす効果もある

blood vessel 1st

LDLコレステロール、別名悪玉コレステロールは、増えすぎることで血管の中に溜まっていき、動脈硬化などを引き起こすとされるコレステロール。

大豆タンパク質を含む食事を積極的にしていくことで、そんなLDLコレステロールを減らしていくことが可能だとも言われています。

同時に、善玉コレステロールであるHDLコレステロールは減少させることはないと言われているのも優れた点。

悪玉コレステロールが高めだと思う人には、善玉は残して悪玉は減らす、大豆プロテインがおすすめかもしれません。

ソイプロテインのメリット④ 心臓病のリスクを減らす効果も!?

前述したように、ソイプロテインは悪玉コレステロールを減らす効果があるとされます。

その結果、動脈硬化の先に起こってくるかもしれない心臓病のリスクを減らすことも考えられる。

つまり、悪玉コレステロール値を下げるとされるソイプロテイン(大豆プロテイン)は、心臓病のリスクまでも下げてしまうかもしれないスーパーフードかもしれないってこと。

日常的に大豆を摂取してタンパク質を摂っていくと、時間と共にコレステロールを下げ、同時に健康的な血管、血流、そして心臓を形成していけ、健康寿命も伸ばしているのかもしれませんね。

ソイプロテインのメリット⑤ 女性には更年期の影響を抑える効果も?

soy milk effect

大豆には有名なイソフラボンが含まれます。

そして、このイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをすると考えられている。

そのため、更年期に突入することで、女性ホルモンが少なくなりホルモンバランスが崩れたため、骨粗しょう症など、様々な影響を受ける女性にとって、ソイプロテイン(大豆プロテイン)を摂取することは、その影響を抑えていくためにも効果的かもしれないと示唆されています。

ただし、このイソフラボンが女性ホルモンの様に働くという点については、「全ての女性において言えることではない」ともされている点は覚えておいた方が良いかも。

ソイプロテインのメリット⑥ 特定のガンの抑制に効果あり?

また、大豆を摂って得られるイソフラボンには、特定のガン(前立腺ガンなど)のリスクを減らす効果もあるかもしれないという示唆もあります。

国立がん研究センターによると、イソフラボンをよく摂取するグループで、前立腺ガンのリスクが下がったという報告がされており、イソフラボンの摂取が、前立腺ガンを予防できるのではないかと仮説を立てています。

しかし同時に、同報告では、進行性の前立腺ガンに対しての効果は未だ未知数で、「進行癌を促進させる可能性も残ります」と結論付けているため、この点についてはまだまだ今後の研究が必要な部分。

本当に大豆に含まれるイソフラボンが、前立腺ガンを含めた特定のガンの予防になるとしたら嬉しいですね。

(参照:国立がん研究センター

ソイプロテインが持つ効果:デメリットとは?

ソイプロテインが持つ効果には、メリットとは逆に摂取をすべきかどうか一度しっかりと考えるべきデメリットも含まれている可能性があります。

次に、そのソイプロテインが持つとされるデメリットについて見てきましょう。

ソイプロテインのデメリット① 甲状腺の肥大や機能低下を引き起こす?

OK thyroid

ソイプロテイン(大豆プロテイン)のデメリットとして、含まれるイソフラボンが甲状腺肥大や機能低下を引き起こしてしまうかもしれないというものがあります。

そして、甲状腺機能が低下すると起こる症状として、疲労感や月経不順などといったものが含まれます。

実際のところ、甲状腺が分泌する甲状腺ホルモンはヨウ素を主原料としており、大豆に含まれるイソフラボンが、この甲状腺へのヨウ素の取り組みを阻害する作用を持つとされています。

そのため、ヨウ素が足りない状態でソイプロテインを摂りすぎると、甲状腺の肥大や機能低下などが起こってしまうとも考えられるのです。

ソイプロテインのデメリット② テストステロンを減らしてしまう?

筋トレをして筋肉を大きくするために大切なホルモンの一つであるテストステロン。

実は、ソイプロテイン(大豆プロテイン)は、このテストステロン値を低くしてしまうといったデメリットも指摘されています

テストステロン値が下がってしまうということは、その分、筋肉の成長を遅らせてしまうことにもなり、筋トレのサプリメントとしてソイプロテインは、実はあまり適さないのではないかという指摘もあるのです。

ソイプロテインのデメリット③ アレルギーを引き起こす可能性も

人によっては、大豆に対してアレルギーを持っている人もいます。

OK soy allergy

そういう人がソイプロテイン(大豆プロテイン)を摂取した場合、アレルギー反応が起こってしまい、皮膚の発疹やかゆみなどを引き起こすことも。(参照:大塚チルド食品

他にも、消化不良による下痢などにもなってしまう可能性があるため、大豆アレルギー持ちの人にとって、ソイプロテインは利用出来ないといったデメリットもあります。

もしも、牛乳から作られたホエイカゼインプロテインもダメ、大豆から作られたソイプロテインもダメといった場合は、ピープロテインなどの別のプロテインを利用していく必要が出てきます。

ソイプロテインのデメリット④ 正直、長期の効果が良く分かっていない

そして、ソイプロテインのデメリットとして最大のポイントが、実は長期的に摂取した場合の効果については未だに良く分かっていないという点。(この記事の中で「かもしれない」などの表現を多用したのはそのため)

そのため、様々なメリットやデメリットがあるといっても、実際にはまだ仮説の域を出ないものがほとんどであり、絶対的な推奨を出来ないといった点が、ソイプロテイン(大豆プロテイン)の最大のデメリットであると言うことが出来るかもしれません。

基本的には、ソイプロテインを摂りすぎなければ安全であるといった声もありますが、それでもイマイチ長期に与える影響が分かっていない以上、なかなか積極的に利用しずらかったりするのです。

たまに持ち運びが必要な時なんかには良いと思う

次の筋トレ記事もおすすめ!

ソイプロテイン/大豆プロテインの効果|メリットとデメリットとは?筋トレのためにも知っておきたいことのまとめ

ソイプロテイン(大豆プロテイン)の効果について、メリットやデメリットとして言われているものを、それぞれ見てきました。

ソイプロテインはまだまだこれからの研究が必要なプロテイン。

基本的にはホエイやカゼインプロテインなどを、タンパク質のサプリメントとして、問題なく利用出来るというのであれば摂取していき、どうしてもホエイやカゼインが利用出来ない時などに、ソイプロテインの利用を考えていけば良いかと思います。

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする