スティーブクック|カリスマフィジーク選手の筋肉に惚れる!高身長も素敵すぎ!

スティーブクックというカリスマフィジーク選手を知っていますか?高身長でイケメンで、もちろん筋肉でも見せてくれる、筋肉好きは抑えておくべき人物の一人です。

スポンサーリンク

スティーブクックの筋肉がエ口すぎます!


筋肉LOVE過ぎて、1日中、全く筋肉について考えないように無理にでもしようなら、痙攣が始まってきてしまう筋トレ野郎達。

彼らにとって、筋肉を眺めたりトレーニングで筋肉をイジメることは、その痙攣を止める効果だけでなく、幸福感を感じるために有効な数少ない手段です。

そして、そんな筋肉に取り憑かれた多くの筋トレ野郎達にとって、憧れの存在である、圧倒的な筋肉量を持ったボディビルダーや、美しい筋肉バランスを持ったフィジークの選手達の筋肉を眺めることは、絶頂に達するためにも最高の方法になるのです。

その筋トレ野郎達が憧れるフィジーク選手の中に、スティーブクックという、多くの女性達から筋肉LOVEな男達にまで支持されている、カリスマ的存在の、イケメン高身長筋トレ野郎がいます。

今回は、そのスティーブクックについて、イケメンになりたいけどなれないイケメンで、中身長な筋トレ野郎が、筋トレ視点で紹介していきます。

簡単なプロフィールから、スティーブクックの筋肉の魅力、さらにはイケてる画像までを紹介していくので、筋肉好きはマストでチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

スティーブ・クックとは?

スティーブクック(Steve Cook)は、1984年12月10日に、アメリカのアイダホに生まれた人物。

フィットネスモデルであり、プロボディビルダー、そして主に男性フィジークの選手として活躍するイケメン。

さらに、自身が運営する「Steve Cook」という、現在(2017年5月現在)およそ77万人の登録者数を誇るYouTubeチャンネルを通して、世界的な筋肉Youtuberとしても有名であり、あの世界最大の筋トレサイト「Bodybuilding.com」の専属モデルとしても活躍する、フィジーク界のカリスマです。

そんなスティーブクック、驚くことに、ボディビルダー/フィジーク選手としてのキャリアの始まりは、なんと小学生の頃に遡ると言われており、7歳の頃に憧れであったアーノルド・シュワルツェネッガーに会い、当時からすでに筋肉をつけるために筋トレを始めていたそう!

まさに、筋トレ界の元神童的存在です。

実際、10歳のころにはダンベルやバーベルなどのフリーウェイトを利用した筋トレを、丁寧で正しい完璧なフォームでこなしていたとも言われるほど。

また、父親が元アスレチックディレクター(所属する機関におけるスポーツ部門のトップ)で、小さい頃からジムに連れて行かれてたりと、育った環境からして、ある意味、世界的な筋トレ野郎になることを運命付けられた「運命の筋肉」です。

スティーブ・クックのプロフィールまとめ

ステイーブクックのプロフィールを簡単にまとめると以下の通り。

スティーブクックのスペックとプロフィール
生年月日 1984/12/10
国籍 アメリカ
身長 185cm
体重 88.5~93kg
職業 フィットネスモデル/youtuber/ボディビルダー/フィジーク選手

フィジーク界のカリスマ選手スティーブクックの筋肉を貪ってみる!

大胸筋だけでTシャツを着こなすところがエ口の境地!

スティーブクックって、誰もが認めるフィジーク界のスターでカリスマってことは、プロフィールの部分でも触れたとおりなんですけど、もうね、そのイケメンフェイスに加えて、大胸筋もナイス・ルッキン(筋)なんですよ。

例えば下の画像。

大胸筋が上部から下部、そして外側から内側まで満遍なくバランスよく筋肥大していて、大胸筋だけでTシャツを着こなしちゃってるっていう!!!

これは、まさに見た目のかっこよさを競うフィジーク選手の筋肉の境地。筋肉に萌える筋トレ野郎的視点からすれば、「エロの境地!」を極めた極上にヨダレものの大胸筋なんですよ。

筋肥大に夢中になって、ピタT(ピタッとタイトに着るTシャツ)が着れなくなった、自分のようなゴリマッチョ野郎とはワケが違いますねぇ〜。

ちなみに、このカッコイイ大胸筋の秘訣は、大胸筋の中でも上部の筋繊維がしっかりと肥大していて、大胸筋全体が上向きに見えるっていう点。

大胸筋上部を肥大させることで、大胸筋がまるで「俺を見てくれ!」って主張しているように迫力を増し、見栄えを圧倒的に良くすることが出来ます。

きっとこれは、インクラインベンチプレスリバースグリップベンチプレスなど、大胸筋上部を集中して鍛えられる種目をやり込んだ結果だと思いますよ〜!

垂れ落ちる上腕三頭筋がA5ランク!

セレブ系マッチョの筋肉画像なんかを見ていると、リゾート地の絶景をバックに両腕を広げて立って「地位も名誉も筋肉も手に入れたぜ!」って感じのものを見かけるんですけど、例にもれず、スティーブクックもやっています。

腕を広げたマッチョ姿がビーチにとても映えていて、イッツアメイジング!(It’s amazing!)な感じなんですけど、筋トレ野郎的にはその中でも、上腕裏の上腕三頭筋が、重力に逆らえず下に垂れているところに、筋肉レーダーが反応してしまったんですよ。

上の画像だとちょっと分かりにくいと思うので、もう少し上腕三頭筋が拡大された画像を見てみると・・・。

い、い〜〜!

垂れるほど発達した上腕三頭筋のボリューミー感が、丸々と太って極上な味を醸し出す、A5ランクの黒毛和牛のような高級感を出していて、筋トレ野郎的視点では「いくら出せば味見出来るんですか!?」って聞いてみたくなってしまうレベルです!

しかも、次のスティーブクックの画像なんかを見ると、上腕三頭筋に絡みまくるバスキュラリティ(浮き出た血管)が超絶セクシー!!

最近全然モテない筋トレ野郎としては、一体何人の女の子が、この腕に飛び込んでいったのか気になって仕方ありません!

クールな表情だけど裏では顔しかめてそうな上腕二頭筋に尊敬!

スティーブクックって、クールでちょっとニヒルな顔立ちと、フィットネスに対するアツい情熱のギャップが、同じく体温と性格からして「厚苦しい」筋トレ野郎の心をくすぐるんですけど、そのクールな表情とホットな内面のギャップを特に感じさせるのが、上腕二頭筋なんですよ。

例えば下の筋肉画像。

上腕二頭筋がパンパンに筋肥大していて、長頭(外側の部分)と短頭(内側の部分)の溝がクッキリ。

まるで「桃かっ!」ってツッコミたくなるほど美味しそうに、バキバキに成長しているのが分かります。

で、そんな桃割れ力こぶの上腕二頭筋を見ると、おそらく上腕二頭筋を鍛えるアームカールをやる時なんかは、普段のクールな顔立ちからは尊像出来ないほど顔をシワシワの梅干し顏にして、超絶ブサイクな表情で筋肉を追い込んでいることは間違いないかと。

普段のイケメンとしてのプライドを捨てて、筋トレの苦しさとブサイクな顔に耐えながらも努力するスティーブクックの姿を思い描くと、筋トレ野郎的には胸打たれますね〜。

筋トレ愛が溢れる大腿四頭筋がス・テ・キ。

スティーブクックって、フィジークのカリスマだけあって、どの部位の筋肉に対してもかなりの「」を感じるんですけど、その中でもその筋トレ愛を隠しても隠しきれないのが、太もも前面にある大腿四頭筋なんじゃないかと。

フィジークはショートパンツで審査をするため、大腿四頭筋は評価の対象にはならない(※ショートパンツは膝までかかるので大腿四頭筋が表からは見えない)んですけど、それでもスティーブクックの大腿四頭筋は目一杯に発達しまくっています。

大腿四頭筋を構成(1つの深層筋と3つの表層筋から成る)する大腿直筋外側広筋内側広筋のセパレーションがクッキリで、筋肉に対しての評価が厳しい他の筋トレ野郎達に見せても劣等感を与えるレベルで発達しまくり!

もちろん、フィットネスモデルやボディビルダーとしての活躍することもあったり、当然、フィジークで審査対象となる筋肉を鍛えるには、下半身の筋トレも外せないので、大腿四頭筋もある程度発達させておくことは大切です。

それでも、大腿四頭筋が審査対象にならないフィジークを主戦場として活躍してきたのに、ここまで大腿四頭筋を育んでいるというのを見ると、競技や名声のためだけではない、スティーブクックが持つ、筋トレと筋肉に対する愛が溢れているのを感じますね〜。

腹筋はギュッと濃縮(収縮)系!

スティーブクックってステージに立った時のスター性もダントツで、そこがとても魅力的。実際、185cmもあって高身長。

そのため、ボディビルダーの中でも特にスタイルの良さが際立っている(ボディビルダーの多くは身長175cmとかだったりする)と思うんですけど、そのスタイルの良さにさらにシャープさを加えて、スティーブクックの魅力を全開にしているのが彼の腹筋だと思うんですよね。

もうね、一言で言えば「ギュッと濃縮されちゃってる!」っていう感じで、収縮感が半端ないシャープさを持ったシックスパック。濃縮還元100%かっ!」ってツッコミたくなるほど、濃密に詰まった感のある腹筋になっちゃってるんですよ!

シックスパックって形状や質感で、全く印象が変わってきやすい筋肉でもあるんですけど、スティーブクックのシックスパックは、ギュッと中央に凝縮され、全く体脂肪が乗っていない感じに仕上がっており、とにかくシャープさが目に付きます。

そして、そのシャープな印象が、高身長な体へさらにスラッとした印象を加えていて、これぞ「筋肉と身長のコラボ!」って感じに仕上がってるところがエクセレント!

身長が普通過ぎる筋トレ野郎からしてみたら、羨ましい限りですよー。

その古傷のような腹斜筋に触れてみたい!

筋トレ野郎は、デカくてバキバキっていうベーシックな筋肉だけでなく、世界に一つだけのオンリーワン的筋肉にも萌えます。

そして、スティーブクックにもあるんですよ、そのオンリーワン的筋肉が!

で、そのスティーブクックのオンリーワン的筋肉が、お腹サイドにある腹斜筋なんです。

上の画像を見て欲しいんですけど、腹部側面に古い切り傷のように鋭く切れ込む腹斜筋を確認出来ます。

腹斜筋は人によって、パンパンに肥大した腸詰ソーセージみたいな形をしていたり、少しソフトな印象のささみ系の形をしていたりと様々です。

しかしスティーブクックの腹斜筋は、あまりにもシャープ過ぎるためか、何かにえぐり取られたような形になっていて、そのソリッド感が半端ない!

このソリッド感だったら、是非その切れ味抜群の腹斜筋を前面に出しながら、髭剃りで有名なShi◯ck(シ◯ク)なんかのCMに、イメージキャラとして出演して欲しいですね〜。

筋トレ野郎的には、この外腹斜筋とスティーブクックのちょい悪な顔立ちのコンビネーションで、アドレナリンと成長ホルモンが出まくりです!

フィジーク界カリスマ選手の筋肉画像をもう少し愛でてみる

スティーブクックの超絶セクシーでカリスマ過ぎる筋肉様達を見てきたんですけど、ここまで読んでスティーブクックに萌えてしまった人のために、もう少しだけスティーブクックのエクセレント筋肉を「感じられる」筋肉画像と動画を簡単に紹介しておきます。

スティーブクックに萌えたら、ついでにチェックしておきましょう〜。

スティーブクックの美しすぎる筋肉・腹筋画像①

(出典:instagram

パーカー付きのノースリってボディビルやフィジーク選手の定番ウェアなんですけど、そのなかでも、ここまでカッコよくキマる人ってなかなかいません。

筋繊維クッキリで、バスキュラリティたっぷりの腕が超絶セクシーですね〜。さすが、フィジーク界のカリスマ選手だけあります!

スティーブクックの美しすぎる筋肉・腹筋画像②

(出典:instagram

大胸筋も上腕も前腕もボリュームたっぷり!

しかも、腕を組んだ状態によって、ボリューミーな大胸筋にいい感じの谷間が出来ているのが筋肉萌えです!

スティーブクックの美しすぎる筋肉・腹筋画像③

(出典:instagram

太陽に照らされるバキバキの腹斜筋がセクシー過ぎる、スティーブクックの筋肉画像。

筋肉好きにとっては、プールよりその筋肉に飛び込みたくなること間違いなしです!

スティーブクックの美しすぎる筋肉・腹筋画像④

(出典:instagram

大腿四頭筋の外側を形成する外側広筋が肥大して、馬力感溢れる大腿四頭筋がエロすぎです!

海で溺れた時に、こんな筋肉で助けに駆けつけてくれるなら、喜んで毎日でも溺れますよ〜!

スティーブクックの筋トレ動画

この動画、出だしからイケまくりで、筋トレ動画じゃなくて、一瞬「マフィア映画?」って感じに間違えそう。

ただ、筋トレに関していたって真面目な内容になっていて、スティーブクックの筋トレがどんなものか垣間見れます。

ちなみに、いわゆるウェイトトレーニングだけじゃなく、後半でスプリントを取り入れたHIIT(高強度インターバルトレーニング)のようなトレーニングも取り入れている点に注目です!

バキバキになっとく!?

次の有名人の筋肉・筋トレ記事もおすすめ!

スティーブクック|カリスマフィジーク選手の筋肉に惚れる!高身長も素敵すぎ!のまとめ

カリスマフィジーク選手のスティーブクックの魅力を紹介してきました。

スティーブクックは、さすが世界のトップフィジーク選手だけあって、とてもセクシーで魅力的な筋肉を持っています。

今後も、世界をそのセクシーな筋肉で明るくしてくれるように、スティーブクックを応援していきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする