【筋トレ】ストレートレッグクランチ!腹筋を割るトレーニング

straight leg 1st

スポンサーリンク

腹筋の筋トレできついやつ試したい!早く腹筋を割りたい!

もし、腹筋にとっても効く筋トレ方法をしりたければ、今回ご紹介する腹筋の筋トレ種目は超おすすめです。

腹筋を鍛える筋トレとしていわゆる腹筋のトレーニングの変形、ストレートレッグクランチと方法をご紹介します。

ストレートレッグクランチは専用の器具を利用せずに自宅でも行うことができ、腹筋を割る効果としても絶大です。

腹筋を割るためにもストレートレッグクランチをマスターして、美しく綺麗な腹筋を手にいれられるように、頑張りましょう!

それでは早速ストレートレッグクランチのやり方や効果までをご紹介です。

スポンサーリンク

ストレートレッグクランチのトレーニング方法

足を伸ばして腹筋を行うために、より腹筋に負荷が掛かり腹筋を割る効果は他の腹筋のトレーニングと比べてとても高い筋トレです。

では、ストレートレッグクランチの基本的な方法をご紹介します。

まずは、マットなどを敷いた床に仰向けに寝転がります。

次に、腕と足を真っ直ぐ上へと伸ばしましょう。

息を吐きながら、ゆっくりと腕と足をマットへと下ろしていきます。

そして、腕と足がマットに付かないところのギリギリで止めます。

この繰り返しとなります。

まずは1セット10~15回から行いましょう。

ストレートレッグクランチの方法まとめ

  1. マットなどを敷いた床に寝転がる
  2. 腕と足を真っ直ぐ上へと伸ばす。
  3. 息を吐きながら腕と足をゆっくり戻す
  4. 腹筋を意識したまま腕と足がマットに付かないギリギリのところでキープ。
  5. 1セット10〜15回が目安。

ストレートレッグクランチのポイント

腕と足を上げ下げする際は出来るだけゆっくりと、腹筋を意識しながら、出来れば「腹筋を割る!」と意識して動かしましょう。

反動を使って上げ下げしても、腹筋への効果は半減します。

また、腕と足を上へと上げるときは、なるべくつま先と手の指先がくっつくくらいを目指しましょう。腕と足を下げるときも、マットギリギリまで耐えると腹筋への効果が大幅に上がります。腹筋を割りたい方は耐えましょう。

出典 www.lindarella.de

出典 www.lindarella.de

ストレートレッグクランチのポイントまとめ

  • 腹筋に効果的に刺激を与えるために、足と腕はゆっくり上げてゆっくり下げる。
  • つま先と手の指先を近づけるとより腹筋への効果アップ
  • 腕と足をマットに付かないギリギリのところまで下げたまま1~2秒キープ
  • 腹筋を割る意識を持って行いましょう!

ストレートレッグクランチの効果

ストレートレッグクランチの効果としましては同じ腹筋運動と同じく、体脂肪が減り、お腹周りも引き締まります。また、基礎代謝も上がり、太りにくく痩せやすい体質へと変わっていきます。お腹周りが気になる方は筋トレのメニューに腹筋が必須となります。

とくに筋トレ器具を必要としない筋トレですので、自宅でも簡単に出来ます。ジムで行う場合は、ダンベルを持ち、より負荷をかけて行うという方法もあります。

腹筋を割る、6パックに割るという目標がある方は、1回をゆっくり行いましょう。初心者の方ならば10回出来れば十分です。

出典 www.aerotechnews.com

出典 www.aerotechnews.com

ストレートレッグクランチの注意点

腹筋を割る目的の人には必須の筋トレですが、回数にこだわり腹筋を意識せずに行うと腰への負担がとても大きいのがストレートレッグクランチの注意点です。まずは10回ではなく、5回からでもいいでしょう。どれだけゆっくり行って、1回で「効く」を腹筋に感じてから回数を増やしましょう。腰周りに効いている感じがしたら、すぐにトレーニング方法を見直して下さい。

腹筋鍛えるなら定番アイテムだよね〜

腹筋のトレーニング方法をもっと知りたい場合に見ておくべき記事♪

どうでしたか?ストレートレッグクランチは足を伸ばして腹筋を行うために、最初はバランスを保つのが多少難しいかもしれませんが、慣れてくればとても簡単に出来る筋トレです。足を曲げた場合と比べて腹筋への効果は強くなるトレーニングなので、ある程度クランチやシットアップで腹筋をつけてから試すのが良いかもですね♪

スポンサーリンク

シェアする