岩田剛典の筋肉と腹筋を筋トレ野郎が画像と一緒に拝んだ結果・・・

岩田剛典の筋肉と腹筋を筋トレ視点から色々と分析していきます。沢山の画像と共に見ていくので、筋トレ好きはもちろん、岩田剛典のファンの人も喜べること間違いなしだと思います。

takanori iwata 1st

スポンサーリンク

筋肉LOVEで、筋肉の神から愛をもらうために、毎日鬼の形相をして筋トレをしている筋トレ野郎達。

筋肉様のためならなんでもする、ある意味筋肉バカな人類を超越した存在(?)です。

そんな筋トレ野郎達の多くが勝手に対抗心を燃やす存在と言えば、イケメンで女性にキャーキャー言われる男性芸能人達。

特に、超甘いマスクなのに脱いだら凄いといったアイドル的存在には物凄い敵対心を燃やしています。

しかし筋トレ野郎達であっても、しっかりと筋肉に対しての情熱を注いでいるのが分かれば、逆に好感を持ち、人によってはギャップ萌えで興奮してしまうことも。

そんな筋トレ野郎達の間で、最近注目株になりつつあるのが岩田剛典(がんちゃん)。あのEXILEとEXILEファミリーの三代目J Sould Brothersのメンバーです。

その岩田剛典の筋肉や腹筋に注目!今回は、画像と一緒に筋トレ野郎的視点で、岩田剛典の筋肉様を画像と一緒に拝んでいきます!

スポンサーリンク

岩田剛典の筋肉を拝んでみた結果・・・

岩田剛典の筋肉① 大胸筋がエロ系

takanori chest

岩田剛典の大胸筋って、筋肉モリモリの筋骨隆々タイプではないですが、エロさを醸し出すフェロモンが出てると思うんですよ。そして、そのための筋トレの努力も凄そう。

いわゆるボディビルダーのようにゴリマッチョにするのではなく、セクシーが売りのEXILEなので、そのような雰囲気を出すために、考えて鍛えているんだと思います。

しかもその大胸筋を鍛えるために、マシンを使ったチェストフライを行っているといった情報もあるので、軽い負荷で高回数を繰り返して、筋肥大を抑えつつしっかりと引き締めていってるんでしょうね。

まあ、イケメン細マッチョの三代目のメンバーだから当たり前といっては当たり前。結果的に綺麗に左右均等に鍛えられているのが、他の画像でも確認できます。

そして、ステージの為にも膨大な練習が必要だったり、ツアーで全国を周ることも多いと思うので、筋トレの時間を確保するのは大変だと思うんですが、それでも鍛えているってことは、地道な努力が半端なさそう!

岩田剛典の筋肉② 僧帽筋の盛り上がりもエロくない?

takanori iwata neck muscle

岩田剛典の筋肉の画像を確認していくと、どうしてもその腹筋にばかり目が行ってしまいがちなんですが、上の画像を見ると、首と肩に位置している僧帽筋の発達具合がエロいと思うんですよ。

この細マッチョながら盛り上がった僧帽筋、実にせくしぃー!

僧帽筋は相当な筋肉量がない限り、他人の目に見えるほど目立たせることが難しかったりします。もしも目立たせないなら、通常は、ボディビルダーの「モストマスキュラー」というポーズを行って、背中から僧帽筋を持ち上げていく必要があったり。

そのため、一般の人が筋トレをしている程度では、普通の姿勢でそこまで目立たせることはなかなか難しいんですよね。

ところが!

岩田剛典の場合、携帯をいじっているときや、下の画像の通り、鏡を見ながら洗面台に手をついただけで僧帽筋の盛り上がりが分かったり!(盛り上がり角度も鋭い!)

takanori iwata mirror

つまり岩田剛典は目立ちやすい部分だけでなく、目立たなくても筋トレ野郎達にとっては大切な僧帽筋までもキチンと鍛えているってこと。

あまり目立たない筋肉までしっかり意識しているとは、筋トレ野郎からしてみたら『おおっ!』という感じで評価上がりますね!

岩田剛典の筋肉③ 体脂肪率1桁だからキレてる!

takanori iwata body fat

岩田剛典の体脂肪率って、なんと1桁らしいんですよ!

生命活動を最低限行っていくために体脂肪率が3%は必要だと言われているなかで、6.6%にしているらしく・・・。

これって、超凄いことだと思いますよ!その結果、筋肉のラインも綺麗に浮き出てきてますね。しかも、後で紹介する岩田剛典の画像なんかを見ると、さらにキレキレな感じが。

しかし、常に体脂肪率を6.6%にするっていうのは、相当なな体の負担になるはず!

筋トレ野郎的視点から考えてみると、恐らくオンとオフは使い分けてるんじゃないかと思うんですよね。

つまり、ライブのシーズンが近づくと、身体の感覚を研ぎ澄ますために、ある程度体脂肪率を絞っていくんではないかと。上半身を見せるのが仕事の一つであるEXILEファミリーのメンバーなので、恥ずかしいレベルの体脂肪率ではいけないですからね。

なので、通常(オフ期)は10%前後の体脂肪率を維持しておいて、ライブが近づいてくると食事管理なんかもして絞っていくことになるんでしょうね。

岩田剛典の筋肉④ ステージ上で全身の筋肉がパンプしまくり!

takanori iwata pump up

いや〜、岩田剛典の筋肉画像を探していたら、ステージ上でのものを見つけたんですが、その筋肉がパンプアップ(筋肉が張ること)しまくり!

三代目のパフォーマンスの中で全身の筋肉がパンプしていくこともあるかと思うんですが、岩田剛典の場合、ステージに上がる前から意図的に筋肉に繰り返し刺激を入れてパンプさせていそう。

ステージ以外の時の筋肉と比べて、明らかに筋肉が大きな印象です。

ステージに上がる前からしっかりと筋肉を刺激することで、筋肉に血流が多く流れて筋肉が張り、大きく見せる効果がありますからね。(ある意味ボディビルダーと同じ考えってこと!)

とにかくステージに立てば、筋肉を張って大きく見せた方が、圧倒的にインパクトを出せます。

多分、岩田剛典の筋肉からすると、基本的には低負荷で、繰り返し多くの回数を重ねる筋トレを利用して、筋肉をパンプアップしていくのではないかと。自重で行う腕立て伏せなんかが、最有力候補じゃないですかね?

そうしたステージ前の努力によって、ステージ上に登場したその時から筋肉が張り、迫力も増すって感じだと思いますよ。

岩田剛典の腹筋も拝んでみる

岩田剛典の腹筋① 腹直筋がチョコレート

takanori iwata abs chocolate

岩田剛典の腹筋を一言で言うと「チョコレートっぽい!」

まずその色。まるでミルクが少し加わったチョコレートのような色。そこへ、いわゆるシックスパックがミックスされて、まさに板チョコの様。

実際にこういったシックスパックをチョコレートと呼ぶ筋トレ野郎もいます。腹筋の一個一個の溝がくっきりとあって、本当、板チョコみたいじゃないですか?

まるで型にはめて固めたような・・・。

岩田剛典の場合は体脂肪率が非常に低いので、溝がキレイに出来ているということもありますが、それ以前に腹筋の筋幅が大きく、左右どころか腹直筋すべてが同じような大きさに成長しているんですよ!やっぱりチョコレート!!!

三代目と言えば腹筋というイメージだと思うんですけど、まさに三代目で活躍するのを約束されたかのような、持って生まれた腹筋って感じですね。

岩田剛典の腹筋② 腹斜筋と前鋸筋のバランスが絶妙

takanori iwata oblique

お腹の横についている筋肉である、腹斜筋(横腹の筋肉)と前鋸筋(脇の下辺りから腹直筋の上部まで伸びている筋肉)は、お腹の前面に位置する腹直筋を際立たせるためにとても重要。

そして岩田剛典の場合、まさに腹斜筋と前鋸筋の絶妙なバランスによって、腹筋がよりセクシーに見えてると思うんですよね。

体で魅せるアーティストには、ここ最近でこそ必須で鍛えておくべき筋肉になりつつあると思うんですが、この二つの筋肉に関して岩田剛典の場合、良い感じに切れ込みも入っていて強そう。(多分日頃のダンスのおかげかと!)

ここが強ければ、上半身を捻ったりするのがよりスムーズに、力強く行えるようになりますからね。

ダンス以外にも、サイドベントで体を真横に倒すだけではなく、斜め前に倒したりと、工夫を加えた筋トレも地道にやってそうですね。

岩田剛典の腹筋③ 腹筋株が股関節まで切れ込んでる!

takanori iwata lower ab

もう一点、岩田剛典の腹筋を筋トレ野郎的視点でみて惹かれるのが、腹直筋下部の切れ込み具合。

上の画像を見ると、ズボンとの境界線である腹筋下部が切れ込んでいるのが分かります。

この切れ込み、相当腹筋を頑張って筋肉を発達させ、体脂肪を落としていかないと、なかなか手に入れること出来ないんですよ。

恐らく多くの筋トレ野郎達も持っていないかもってレベルです。

岩田剛典がランニングマンをやる時の脚上げは、下半身の筋肉と、この腹筋下部の筋肉の両方が爆発的な力を発揮して出来上がっているんだと思いますよ!

筋トレ野郎的視点でみるとこの腹筋下部のむき出しの切れ込み具合は、岩田剛典の腹筋の中でも一番ス・テ・キ。

その魅力を理解するために、いま一度上の画像を頑張って筋トレ野郎的視点で見てください!

岩田剛典の筋肉動画ってことだよね!?

他の有名人の筋肉や筋トレも一緒に確認!

岩田剛典の筋肉と腹筋を筋トレ野郎が画像と一緒に拝んだ結果・・・のまとめ

岩田剛典の腹筋やその他の筋肉について、筋トレ野郎的視点で熱く語ってみました。

可愛い顔なのに脱いだら強烈な腹筋。まさに、多くの人が憧れる理想の細マッチョ。そんな多くの人が羨む岩田剛典を、これからも皆さんの筋肉で応援していきましょう。

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする