テリークルーズの筋肉と筋トレが地味にイケすぎてる件。画像と共に見ていく!

テリークルーズの筋肉が持つ人間を超越した特徴を、画像と共に筋トレ視点で見ていきます。その筋肉を手に入れるために実践したとされる筋トレメニューもあるので、確認してみましょう。

スポンサーリンク

テリークルーズの筋肉が地味にイケすぎです!


筋肉のことが大好きで、寝ている間も筋肉によってうなされる筋トレ野郎達。

彼らにとって、筋肉のことでうなされる間は、体や脳にとってはストレスだとしても、精神的にはエクスタシーのひと時なのです。

そんな筋トレ野郎の娯楽の一つと言えば、筋骨隆々とした躍動感溢れる肉体派俳優を、大きなスクリーン上で拝める映画鑑賞。

特大のスクリーンに映し出された圧倒的に大きく、筋繊維や血管が浮き出た筋肉を見ると、全く感動的なシーンでもないのに筋トレ野郎は涙するのです。

その筋トレ野郎泣かせの俳優に、テリークルーズがいます。

そこまで名前が知られまくっているといった感じではありませんが、筋肉好きなら絶対に抑えておくべきハリウッド俳優です。

今回は、そのテリークルーズの筋肉について、筋トレ野郎が黒光りしてみます。最後には、テリークルーズの筋トレメニューもあるので、興味があれば確認してみましょう!

スポンサーリンク

テリークルーズとは?

テリークルーズは、1968年7月30日にアメリカはミシガン州に生まれた人物。

もともとは、アメリカの力自慢が集うアメリカンフットボールのNFLで、1991年から1997年まで活躍しており、現在は、筋肉の聖地的存在のハリウッドで、肉他派俳優の一人として活躍している人物です。

筋肉自慢のハリウッド肉体派俳優の中でも、NFLでプロとして活躍していた経験と、身長189cmで体重は111kgという恵まれた体格を武器に、圧倒的な筋肉フェロモンを醸し出しまくって活躍している黒光り筋肉大王なのです。

2014年に公開された「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」では、傭兵部隊であるエクスペンダブルズの一人として、その黒光りする超絶美しすぎる筋肉によって、主人公の存在感をも凌駕するほどのダークホース的存在として、世間にテリークルーズの名を知らしめることに成功しています。

映画俳優としては、まだまだ満足な活躍が出来ているとは言えないため、そこまで世間一般には周知されていませんが、筋肉をこよなく愛する筋トレ野郎達にとっては、絶対に知っておくべき「銀幕のスター」、もとい、「銀幕の筋肉」です。

黒光り筋肉大王「テリークルーズ」の筋肉を語ってみる!

三角筋が分身しちゃってる!

テリークルーズって、さすがは元NFLの選手というだけあって、肩の筋肉が発達しているんですけど、それが、ただデカいとかいうレベルではないんですよ。

例えば上のモストマスキュラーポーズを決めている、テリークルーズの画像を見るとわかるんですけど、正面から見える肩の三角筋の前部と中部(側部)が、それぞれ独立しちゃってるんです!

もうね、「筋肉の収縮が半端ない!」とかのレベルではなく、「別の生き物が仲良く共存しちゃってるんですか!?」って聞きたくなるレベル。

下はモストマスキュラーポーズ

ボディビル

(モストマスキュラーポーズを決めると普通はこんな形です)

通常、ボディビルなんかで大きな肩を褒める際の掛け声として、「肩メロン!」っていうのがあるんですけど、テリークルーズの場合は、メロンの形では絶対に表現出来ないような、ある意味「肩メロンを超越した肩パプリカメロンより安そう?)」って感じの肩になっちゃってるんですよ。

(ちなみに下はパプリカとテリーさんの三角筋。っぽくない!?)

いや〜、ずっと眺めていると、その三角筋の前部と側部の筋繊維それぞれが、今にも皮膚を突き破って出てきそうで、今にも筋肉の妄想大会が脳の中で開催されそうです。

ちなみに三角筋は、アメフトの押す動作やボールにリーチする動作で主に使われる筋肉なので、テリークルーズも現役時代は特に力を入れて鍛えていたと思います。

こんな三角筋を持っているとしたら、他のアメフトの選手も是非ハリウッド俳優へ転身して、筋トレ野郎をウハウハ言わせてもらいたいですね〜。

僧帽筋チョモランマ!

テリークルーズの筋肉を見ていると、なんとなくなんですけど、肩周りが異様に強烈な磁力を持っていると思うんですよ。

簡単に言えば、他の平均的マッチョの磁力が一般の磁石レベルだとしたら、テリークルーズの肩周りは電磁石レベルかと。

例えば次のテリークルーズの筋肉画像。

映画を観ない限り、テリークルーズが何かを叫びながら暴れているって感じで、意味不明感満載なんですけど、ちょっと注目してもらいたいのが、肩から首に掛けて斜めに盛り上がりまくりの僧帽筋。

通常、ボディビル大会では、大きく盛り上がった力こぶを見たときに、世界最高峰の山であるエベレストに例えて「チョモランマ!(エベレストの別名)」っていう掛け声をかけることがあるんですけど、この僧帽筋は力こぶ以上にチョモランマを体現しまくりで、これぞまさしく「リアルチョモランマ!」っていうレベルかと。

この限界レベルまで肥大した僧帽筋の盛り上がりを見ていると、これまた筋肉妄想大会が脳内で起こってしまいそうです。

可能なら是非、ドラ◯もんのスモールライトで小さくなって、その僧帽筋を登ってみたいですね〜。

スポンサーリンク

力こぶは桃風味なんか!?

筋肉が発達しまくりで、もはやそれぞれの筋肉がまるで「異物化しちゃったの!?」って感じのテリークルーズなんですけど、それを象徴するのが彼の上腕二頭筋だと思うんですよ。

例えば、上の筋肉画像を見ると、何を言わんとしてるか速攻で分かると思うんですけど、Tシャツからはみ出た力こぶがまるで「」!!!

とりあえず美味しいかどうかは別として、チョコレートでコーティングされた桃にしか見えません!

(完全に桃だろ!!!)

これは、おそらくなんですけど、もともと生まれつき、テリークルーズの上腕二頭筋の長頭と短頭の境目は広めで、上腕二頭筋の筋繊維が行き場をなくすぐらい発達しまくった結果、パックリ状態の桃になってしまったのではないかと思います。

あの子供の癒し系アニメ「それいけ!アン◯ンマン」の主人公「アンパン◯ン」に、「お腹すいたよ〜」って言うと、頭をちぎって食べさせてくれるんですけど、テリークルーズに頼んだら、「俺のバイセップス食えよ!」って感じで差し出してくれそうです。

筋トレ野郎的にはウハウハものの妄想が止まりませんね〜。

大胸筋があの特撮ものの「キング◯ドラ」じゃねえか〜!

テリークルーズの筋肉ってもはやどれも規格外で、眺めている間に筋トレ野郎の脳内では、筋肉っていうより何か別なものにしか見えなくなってきているんですけど、その極めつけが大胸筋なんですよ。

大胸筋が発達しまくりなところまでは普通なんですけど、筋繊維が体の横方向へ思い切り引っ張られていて外向き感満載な点が、微妙にあの特撮もののお方に似ている気が。

これです。

そう、あのゴ◯ラシリーズに出てくる最強の敵「キングギ◯ラ」の大胸筋にそっくりなんですよ!

この外向きに盛り上がった感じが、ギドラさんとテリーさんの間の共通項でエクセレント

またしても、「おいっ、また人間の筋肉を超越しちゃってるのかい?」って感じで、筋トレ野郎としては、一般的な筋肉とは違った新鮮な刺激をもらいまくり。もう、鼻血と筋肉成長がとまりません!

テリークルーズの破天荒な大胸筋に乾杯です!

お腹はチョッキ?

テリークルーズの人間を超越した感のある筋肉ちゃん達を確認してきたんですけど、筋肉LOVEな筋トレ野郎的に絶対に忘れてはいけないのが腹筋。

テリークルーズの腹筋は、バキバキに割れてるとか一般的な表現が通じないぐらいボリュームMAXで、これまた破天荒なんですよ!

上の腹筋の画像を見てもらえれば分かると思うんですけど、シェイプされているというよりは、腹部の筋肉全てが筋肥大しまくりで、胴体が丸太のように太くなってしまっているっていう!

まるでスーパーヒーロー達が着るスーパーヒーロースーツを、裸なのにも関わらず体現しちゃっていて、「むしろスーパーヒーロースーツより厚くない!?防弾チョッキ並みの厚さはあるよね!?」って聞きたくなるレベルの腹筋なんですよ!

(とある方のスーパーヒーロースーツ)

しかも、テリークルーズの腹筋って、前面だけじゃなく、サイドにある腹斜筋も超絶肥大しまくっていて、特に腹斜筋下部にいたっては、その膨らみがエクスタシィ〜

まるで、シックスパックの防弾チョッキの横に、手榴弾か何かを隠し持っているようにも見えて、何をしだすかわからないテリークルーズのキャラと相まって、これまた筋肉妄想が止まらなくなり、アドレナリンが放出しまくりです!

テリークルーズの筋トレ

テリークルーズの黒光り筋肉の特徴を筋トレ野郎的視点で語ってきたんですが、最後にそんなテリークルーズの筋肉を作ったとされる、筋トレメニューとその特徴を、簡単に紹介しておきます。

テリークルーズの筋トレメニュー

以下は、テリークルーズが「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」の体づくりのために行ったとされる筋トレメニュー。

※各曜日のタブをクリックすることでトレーニングメニューを開閉出来ます

月曜日の筋トレ(肩・腕・腹筋・有酸素運動)
火曜日の筋トレ(背中・有酸素運動)
水曜日の筋トレ(有酸素運動)
木曜日の筋トレ(胸・腕・有酸素運動)
金曜日の筋トレ(脚・上腕三頭筋。有酸素運動)
土曜日の筋トレ(有酸素運動)

テリークルーズの筋トレの特徴

テリークルーズの筋トレメニューを見てみると分かるのが、高負荷を利用したトレーニングを行う場合、一部のマシン種目を除いて、基本的にはフリーウェイト(ダンベルやバーベルを利用する)の筋トレが多い点に気づきます。

実は、筋トレ野郎的にみると、その点が結構注目ポイントかと思うんですよ。

というのも、フリーウエイトのトレーニングの場合、慣れていないとターゲットの筋肉に効かせにくいものの、逆に、筋肉の動きを思い通りにコントロール出来れば、ターゲットの筋肉を集中して刺激でき、質の高い筋トレができるようになります。

実際、テリークルーズは筋肉をコントロールする「マッスルコントロール」が相当得意らしく、体の筋肉を使ってドラムを演奏してしまうなんていう、天才的な筋肉才能を持った筋トレ野郎だったり。

もしかしたら、テリークルーズの人間を超越したかのような各筋肉は、彼の類稀なるマッスルコントロールによって、質の高い刺激が筋肉に送られたことによって作られた筋肉なのかもしれません!

テリークルーズの筋肉拝んどく!?

次の有名人の筋肉・筋トレ記事もおすすめ!

テリークルーズの筋肉と筋トレが地味にイケすぎてる件。画像と共に見ていく!のまとめ

テリークルーズの黒光りする、実は超絶イケていた筋肉について、筋トレ視点で拝んできました。

そのエクセレントな筋肉を使って、世界の筋肉ファンに楽しみを与えてくれるように、テリークルーズのことが気になったら応援していきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする