タイヤフリップの効果とやり方|タイヤトレーニングで全身のパワーを伸ばす!

タイヤフリップのやり方と効果を確認していきます。高重量のタイヤをひっくり返すトレーニングを通して、全身の筋力アップや、心肺機能強化を図っていきましょう。

スポンサーリンク

タイヤフリップの効果とやり方を確認してみましょう。

タイヤを利用した筋力トレーニングに取り組んだことはありますか?

基本的に、タイヤを利用した筋トレを試した経験がある人は、そこまで多くないかと思います。

しかし実は、大きなサイズで重たいタイヤを利用したトレーニングは、日本と比べると海外では比較的取り組まれることが多く、しかも様々なトレーニング種目が存在していたりします。

そこで今回は、そんなタイヤを利用したタイヤトレーニングの中でも、タイヤフリップという全身の筋肉を鍛え、筋力アップから脂肪燃焼や心肺機能強化にまで効果のある種目を、紹介していこうと思います。

タイヤフリップの効果ややり方について、早速確認していきましょう。

スポンサーリンク

タイヤフリップとは?【概要】

タイヤフリップとは、タイヤを利用して行うトレーニング方法の一つで、その「フリップ(flip/ひっくり返す)」と言う意味から分かる通り、横に倒したタイヤを起こしてひっくり返すトレーニング。

国内ではまだそこまで盛んではないものの、海外では筋力アップを目指すトレーニーから、コンディショニングを目的としたアスリートにまで、比較的よく取り組まれるエクササイズの一つです。

動作の中では、スクワットクリーン、そしてプレス動作などが含まれるため、足関節、膝関節、股関節、肩関節、肘関節、手関節、そして体幹の動きが起こることになり、各関節動作に伴って下半身から上半身まで多くの筋肉が関与してくるのが特徴。

そのため、全身運動と言えるトレーニング種目になります。

さらに、動作の最初のフェーズでタイヤを引き上げて押し上げていく際に、爆発的な筋力発揮が必要になるため、それに伴って多くのエネルギーも必要になってきます。

結果として、全身を使って爆発的なパワーを発揮するための、筋力アップトレーニングとして、また、繰り返して行った場合は脂肪燃焼トレーニングとしても、利用していける運動です。

このタイヤフリップを行うには、十分に大きく重量のあるタイヤと、タイヤをひっくり返せるスペースが必要なため、専用スペースを設けたジムなどに通わない限り、取り組むための環境を用意するのが多少困難になるかと思います。

また、動作も気をつけなくてはいけないポイントが比較的多く、それなりの筋力が必要になってくるため、筋トレ中級者向けのトレーニングであると言えます。

そしてタイヤフリップの動きには、多数の関節動作が含まれるため、二つ以上の関節動作が含まれるコンパウンド種目(多関節種目)の筋トレとして分類されることになります。

タイヤフリップのまとめ
運動のタイプ 筋力トレーニング
筋トレタイプ コンパウンド
筋トレレベル 中級
力の出し方 引く力(前半)/押す力(中盤〜後半)
必要な道具 タイヤ
メインターゲット筋肉 全身の筋肉

タイヤフリップのやり方

(この動画ではスペースの関係上タイヤを反対へ倒していませんが、実際には倒して構いません)

タイヤフリップの動作は、複数の動きに分けることが出来、それぞれをしっかりと確認して行わないと、怪我のリスクが高まってしまいます。そのため、上の動画でもしっかりと各動きを確認して、ポイントを抑えながら取り組んでいってみましょう。

(出典:CODY’S BARBELL CLUB

  1. 十分な大きさのあるタイヤを用意します
    1. 十分な大きさ(高さ)が無いと、動作の開始時に腰を丸める必要が出てきてしまい、タイヤは軽くても、動作を続ける中で腰を痛めてしまう可能性があるので注意しましょう
  2. しゃがんでタイヤの底(又は下側)を掴みます
    1. 体幹に力を入れて、特に腰は自然と伸ばしておくようにします
    2. しゃがんだ際に、両足がお尻の下に来るようにします(両足がお尻の後ろに離れ過ぎている場合は、次の動作でタイヤに対して斜め上に力を加えられず、上手く起こせなくなってしまいます。)
    3. 両足がお尻の後ろに離れすぎている場合は、両足を少し前に調整していきましょう
    4. 胸はタイヤに押し付けるような形にしておきます
    5. これがスタートのポジションです
  3. スクワット動作でタイヤを床から離していきます
    1. 真っ直ぐにスクワットを行うのではなく、斜め前にタックルを行うような感覚でスクワットしていきます
    2. 股関節・膝関節・足関節を伸展させながら行っていきます
    3. タイヤがおよそ45度程度まで起き上がったら全身して、片膝を曲げて支えたり、その膝でタイヤを押したりしても構いません
  4. タイヤが垂直手前まで起きたら、指が上向きになるように両手を回して支えます
  5. その後、タイヤをプッシュして押し倒していきましょう

タイヤフリップのやり方のポイント

タイヤフリップのやり方とフォームに関しては、次のポイントも押さえながら行っていくようにしていきましょう。

  • 高重量のタイヤを全身でひっくり返していく中で、大きなエネルギーを消費するため、疲労しやすい種目です。特に下半身の関節には広い可動域を求められますが、疲労が増すと十分な可動域での動作が阻害され、怪我につながる可能性が高くなってしまうため、疲労時には十分な可動域が取れているか注意しながら行うことが大切です。
  • タイヤフリップに取り組む前には、特に深くしゃがみこむスクワットの動作を繰り返せるように練習しておくことがポイントになってきます。特に、臀筋群の強さと、股関節の可動性の高さはとても大切になってきます。
  • 最低でも膝ぐらいの高さがあるタイヤを選ぶようにしましょう。それより低い場合、動作中に背中が丸まりやすく、腰に大きなストレスが掛かることで怪我のリスクが高くなってしまう可能性があります。
  • タイヤを支える腕は、無理のない程度で出来る限り広げて、タイヤを抱きかかえるようにした方がベター。両手を肩の真下に伸ばした手幅が狭い状態だと、大きなタイヤを引き上げる際に、過度な負荷が上腕二頭筋に掛かることになり、タイヤを引き上げるのが大変になったり、腕を痛めたりする可能性があります。
  • タイヤを抱きかかえたスタートのポジションでは、腰がタイヤより高くならないようにしましょう。腰はしっかりと下ろして、十分にしゃがみこんだ体勢から、股関節と膝関節を伸ばしていき、タイヤを起こしていきます。

タイヤフリップの効果

タイヤフリップは、高重量のタイヤを多くの筋肉を使ってひっくり返すという特徴から、とにかく全身を鍛える効果に優れたトレーニング方法。

その力を爆発的に発揮しながら動作を完了させるという点から、特に全身で発揮する筋力を高めるのに優れた筋力トレーニングであり、スポーツの種類に関係なく、パフォーマンスを高めるために効果的であると言えるかと思います。

また、タイヤフリップの動作を繰り返すことは、脂肪燃焼効果以外にも、心肺機能を強化して持久力を高めるといったことも期待出来るため、有酸素運動能力を伸ばすためにも利用可能。

そのため、筋力アップや有酸素運動能力向上の効果を考えた場合、全体的な運動能力アップにとても効果があると言えそうです。

ちなみに、タイヤフリップでも筋肉を肥大させる効果は少なからずあるかと思いますが、同じ筋トレであっても、どちらかというと、筋力アップ効果が高い方法であると理解しておくのが良いかと思います。

20kgもあったのね。

次の筋トレ記事もおすすめ!

タイヤフリップの効果とやり方|タイヤトレーニングで全身のパワーを伸ばす!のまとめ

タイヤフリップの効果とやり方について見てきました。

タイヤフリップは、タイヤとスペースがあれば取り組んでみたい、全身の強化に優れたトレーニング方法。

実行するための環境を整えるのが難しいかもしれませんが、もしも可能であれば、普段の筋トレとは別に、しっかりとポイントを抑えながらタイヤフリップにも取り組んで、さらに全身の力を伸ばしていくのも良さそうです!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする