トーソローテーションとは?トレーニングジムで腹斜筋を筋トレする腹筋マシン!

トーソローテーション eye catch

スポンサーリンク

トレーニングジムに行って筋トレするメリットって何なの?」この問の答えは色々とありますが、やはり一番大きいのは「マシンによってパーツを強化できる」ということです。

トレーニングジムには、フリーウエイトだけでなく、様々な部位別のマシンが揃っており、例えば「脚」であっても「前もも」「太もも裏」「ふくらはぎ」などかなり細分化されています。

つまり、「ただデカくなりたい!」というより「カッコいい体になりたい!」という方にはトレーニングジムに行くメリットがたくさんあるのです。

そこで!その一例として、今回ご紹介するのが、腹筋の筋トレマシンとして、正しい使い方をすると、普段なかなか鍛えることを忘れている部位を刺激できる「トーソローテーション」。

このトーソローテーションは、私達が必死に努力している、ウエストのくびれづくりを一気に加速してくれる、腹斜筋を鍛える腹筋マシンなんです!(言い方を変えれば、くびれ製造マシンか?)

この存在を知れば、もうトレーニングジムに入会したくて仕方なくなるかもしれませんまだトレーニングジムに通っていないという方も、すでに通っているけれど、この腹筋マシンは知らなかったという方も使い方や効果を抑えておきましょう。

スポンサーリンク

トーソローテーションとは?

トーソローテーションとはトレーニングジムに設置されている腹筋マシンバラエティのひとつです。左右に回転する椅子に座り、設置されたグリップを握ることで上半身を固定し、日常生活に近い姿勢でウエストをひねる動作を行います。

トーソローテーションは、他の腹筋マシンと同じく、基本的にウェイトスタック式(ピンの抜き差しでウエイトを調整するもの)になっており、自分の筋トレレベルに合わせたウエイト調整、強度の調整が可能です。

腹筋には、中央にある腹直筋だけでなく、側部に腹斜筋という斜めに走る筋肉があります。使い方を間違わなければ、トーソローテーションは、腹筋マシンの中でも、この腹斜筋をメインターゲットとして鍛える効果があります。この他、動作の終始、まっすぐした姿勢を維持するため、脊柱起立筋の強化にも繋がります。

トーソローテーションマシン

トーソローテーションの使い方とトレーニング方法

使い方としては、ウェイトを適当な重さに調節したら、まず、バッドの位置が胸上部にくるようにシートの高さを調整しましょう。シートに座り、ハンドルを握って胸をパッドにしっかりとあてます。大腿部パッドをしっかりと挟み込み、太ももを固定します。

そうしたら、上体を動かさずに腰を片側へ回転させ、ゆっくりと元に位置に戻します。同じ方向で連続して行い、その後、反対側で同じ動作を繰り返します。左右各10回×3セットを目安に行いましょう。

トーソローテーションの使い方

トーソローテーションの使い方とトレーニング方法まとめ

  • バッドの位置が胸上部にくるようにシートの高さを調整する
  • .シートに座りハンドルを握って胸をパッドにしっかりとあてる
  • 大腿部パッドをしっかりと挟み込み、太ももを固定する
  • 上体を動かさずに腰を片側へ回転させ、ゆっくりと元に位置に戻す
  • 同じ方向で連続して行い、その後、反対側で同じ動作を繰り返す
  • 左右各10回×3セットが目安

(トーソローテーションのフォームチェックにどうぞ!)

トーソローテーションのポイント

トーソローテーションはトレーニングジムにある腹筋マシンの中でも、腹斜筋を効果的に鍛えることが出来るマシンです。そこで、動作は腹斜筋を集中して使うことがポイントになります。そのためには、胸のパッドと大腿部のパットに胸と太ももをしっかりとつけて体を固定し、腹斜筋だけがフリーになる状態をつくりましょう。

そして、その状態から、反動をつけずに、腹斜筋を使って体を捻ることがポイントです。反動をつけないで行うことが重要ということは、ウェイトの重さを重すぎないようにすることが大切です。重すぎるウェイトでセットすると、腹斜筋以外で動かそうとしてしまい、本来の目的である腹斜筋への効果が下がってしまいます。

この他、動作の終始、胸を張って脊柱起立筋を緊張させ、まっすぐな姿勢を保つようにしてください。

トーソローテーションのポイントまとめ

  • 動作は腹斜筋を集中して使う
  • 胸のパッドと大腿部のパットに胸と太ももをしっかりとつけて体を固定する
  • 反動をつけずに、腹斜筋を使って体を捻る
  • ウェイトは腹斜筋で動かせる程度に重すぎず設定
  • 動作の終始、脊柱起立筋を緊張させ、まっすぐな姿勢を保つ

トーソローテーションの筋トレ効果

トーソローテーションはトレーニングジムにある腹筋マシンの中でも、ウエストを斜めに走る腹斜筋を効果的に鍛えることが出来るマシンです。そのため、ウエストラインのシェイプ、くびれづくりが可能になります。

ウェイトラインが特に関係ないという人であっても、腹斜筋を鍛えることで、体を捻る動作においてパフォーマンスがあがるので、スポーツ全般における動きを向上させることにもつながります。

また、自重で行うツイストなどとは異なり、ウエイトによって重い負荷をかけることが出来るため、普段、自重でのトレーニングしかしていない方は、腹筋に強く新しい刺激を与えることができるでしょう。

腹斜筋

トーソローテーションの注意点

トーソローテーションでは、腹斜筋を集中して使いますが、姿勢の歪みやライフスタイルが原因で、腹斜筋を含むウエストの側面が硬くなっている方が大きなっています。そのため、ストレッチで筋肉を柔らかくし、可動域を広げてから行うようにしましょう。

また、動作は腹斜筋の動きに集中して行うことが重要です。自重のツイストのように、テンポよく行っていては効果が激減するので注意しましょう。先述した通り、重すぎるウェイトの利用は、他の筋肉の反動を使って行ってしまうことにもなりかねないので、注意しましょう。

殴りながら腹斜筋を刺激出来るね!?

他にも筋トレマシンでおすすめは次の通り!

いかがでしたか?

このトーソローテーション、実際にやってみると、腹斜筋以外が固定されるうえにウエイトの負荷が乗ってくるので、「これは効く~!!」というのがわかりますよ♪

トレーニングジムの入会キャンペーンが強化される時期ですし、これを機に、検討してみるのも良いかもしれませんね!トーソローテーションの使い方をマスターして、美しい腹筋を目指してみましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする