トレーニングベンチ/筋トレベンチのおすすめと選び方【筋トレ器具】

training bench 1st

スポンサーリンク

「そろそろ、自分の筋トレのためにホームジムをつくってみたいなぁ」そう思っている方、筋トレの器具選びは正しく出来ますか?

筋トレは使う器具によっても、結果を大きく左右されるものです。つまり、これから長く使うことになるであろうホームジムの筋トレ器具は慎重に、しっかりと選ばなければいけません。

そこで今回は、ダンベルバーベルなど、ホームジム用に揃える器具の中でも、筋トレの結果に間接的にでも、大きな影響を及ぼすトレーニングベンチ(筋トレベンチ)について、トレーニングベンチをしっかりと選ぶべき理由から選び方、そしておすすめまでをお話ししていこうと思います。

そこまであまり気にしたこともなかったトレーニングベンチ(筋トレベンチ)について、より理解が深まって今後選ぶのに必要な際に役に立つかと思いますよ!

ホームジムをつくろうとしている方はもちろん、いつか作ってみたいという方は特にですが、普段からジムに通っている人も、トレーニングベンチについて理解しておくと役に立つかもしれませんね。

スポンサーリンク

トレーニングベンチ(筋トレベンチ)を選ぶべき理由

トレーニングベンチ(筋トレベンチ)をしっかりと選ぶ理由は何でしょうか?ひとことで言うと、「トレーニングベンチの選び方は筋トレの結果にも影響する」ということでしょう。

まず、ひとくちにトレーニングベンチと言っても、様々なラインナップがあります。そのラインナップは、ベンチの種類、サイズ、質などいおいてピンキリです。ジムに通って筋トレしている人は、その違いに気づいている人も多くないですか?

筋トレはダンベルやバーベルなどがその一例であるように、目的にあった器具を選ぶことが結果を出すためには重要です。「トレーニングベンチはどれも同じ」と考えず、筋トレの結果を左右する重要な器具の一つとして考えることが大事です。

後ほど紹介しますが、適当に筋トレ用のベンチを選んでしまった場合、フラットなものとインクライン(斜めに設定できる筋トレのベンチ)のものとは違うため、可能な筋トレの種目が全く異なってきます。更には、幅や長さや高さの違いで、人により筋肉への負荷が変わってくるため、調整機能の仕様等によっても筋トレの結果が違ってきます

選び方を誤った場合、思い通りの筋トレが出来ない、最悪の場合はベンチが全く使い物にならないということにもなりかねません。特に筋トレで使うトレーニングベンチは、他の器具に比べて、値段も高く、買い替えが簡単に出来るものではありません。しっかりと選び、筋トレに活用して長く使えるようにしましょう。

training bench to select

トレーニングベンチ(筋トレベンチ)の選び方のポイント

1)筋トレの目的に合ったものを選ぶ

トレーニングベンチ(筋トレベンチ)にはいくつか種類があり、目的にあったものを選ぶことが重要です。そうでない場合、メインに据えたい筋トレが出来なくなってしまうことになりかねません。代表的なものは以下のようなものになると思います。。

フラットベンチ

一般的な水平タイプのベンチです。座面の角度は変えられませんが、トレーニングベンチ自体の重量が軽く、構造もシンプルなので耐久重量も高いというメリットがあります。このフラットベンチだけでもほぼ全身の筋力トレーニングが可能なので、始めの筋トレのベンチとしておすすめかと思います。

インクラインベンチ・デクラインベンチ

「インクライン」とは頭側が高くなったのこと、「デクライン」というのは頭側が低くなった状態を指します。

これらのトレーニングベンチは角度を変えることで、フラットベンチよりもさらに筋力トレーニング種目のバリエーションを増やすことができますが、インクラインベンチ・デクラインベンチともに角度が固定されたトレーニングベンチはホームトレーニングには向きません。

そのため、インクライン又はデクライン用途には、次に紹介するトレーニングベンチを検討した方が良いでしょう。

アジャスタブルベンチ

アジャスタブルベンチとは、その名の通り、角度調整が出来るトレーニグベンチです。基本的に、インクライン、フラット、そしてデクラインまで、全ての角度で使用可能です。

あらゆる角度での筋力トレーニングが可能なため、1台あれば何でも出来るとても便利なベンチです。ただし、フラットベンチなどに比べるとやや高価で、重量も重くなっています。その点が、自宅の筋トレで使う場合には悩みどころかもしれませんね。

フォールディングベンチ

フォールディングベンチとは、折りたたみが出来る、筋トレ用のベンチです。折りたたむことが出来るので、場所を取らず、手軽に移動できるのが最大のメリットでしょう。

他のベンチに比べれば耐久重量が低く、高重量の筋力トレーニングを行うことは出来ませんが、軽いフィットネス目的で使うのであれば最適と言えます。自宅で行う筋トレ程度であれば、殆どの場合十分だと思います。

various training bench

2)家に設置した時のこと & 筋トレ時のことを想定する

トレーニングベンチは実際に、家に設置した時のこと、そして筋トレ時のことを想定すことも重要なポイントです。

まず、家に設置した際、ダンベルやバーベルを動かすスペースがとれるかということは必ず確認しましょう。バーベルを動かす幅がぎりぎりというような状態では、動作に集中できず、筋トレの質も下がってしまいます。

アジャスタブルベンチでレッグエクステンションがついているものの場合は、蹴りあげる幅が確保できるかチェックしてください。

また、実際に筋トレをする時、インターバルの間で必要に応じて動かすことが出来るか、パワーラックがあり、パワーラックを使う種目とセットで行いたい場合にも問題ないかなど、様々なシーンを想定しましょう。

home training bench

3)耐久重量・サイズ・質

筋トレのためにトレーニングベンチを選ぶ際、耐久重量は非常に重要なポイントです。値段の安いものを選んだあまり、「自分の使う重量に耐え切れなかった・・」という失敗例も少なくありません。また、長く使うものなので、重量が伸びた際のことも想定しましょう

次に、見落とされがちなサイズも重要なポイントです。筋トレでベンチを使う場合、体を固定して、ターゲットの筋肉に効かせることが重要です。そこで、(特にサイズ調整できないフラットベンチでは)床からの高さが自分に合っているかどうかも確認しましょう。

最後に、ベンチはどの器具よりも「質」に差があるといっても過言ではありません。シートの安定感、足元の安定感、アジャストのスムーズさなど、トレーニングの質に直結することが多いので、しっかりとチェックしましょう。

weight training bench

トレーニングベンチ(筋トレベンチ)のおすすめ紹介!

それでは、筋トレ好きのために、筋トレ好きが選んだトレーニングベンチ(筋トレベンチ)のおすすめを3つ紹介していきます。今すぐ筋トレのベンチが必要ないという人も、今後のために参考にしてください。

トレーニングベンチ(筋トレベンチ)のおすすめ ①

商品名:リーディングエッジ フラットベンチ LEFB-00
メーカー名:リーディングエッジ
価格帯:¥約8000
(このトレーニングベンチをおすすめする理由と特徴)

ダンベルプレスなどの本格的なトレーニングに対応可能な筋トレのベンチです。フレーム部分には7×5cm極太フレームを採用し、ベンチ部分には7cm極厚ベンチシートを採用することで、安心で安全な耐荷重200kgとなっていて、様々なダンベルトレーニングが可能です。

更に、幅広のU字レッグが左右のブレを抑え、反対側のレッグは、ほぼシート幅に収めており、筋トレ時の足の置き場を妨げません。

既に筋トレをある程度経験していて、相応の負荷でトレーニングを行う人にとってはおすすめな筋トレ用のベンチでしょう。

商品の詳細はこちら

トレーニングベンチ(筋トレベンチ)のおすすめ ②

商品名:IROTEC(アイロテック) マルチポジションベンチ器具
メーカー名:IROTEC(アイロテック)
価格帯:¥約25,000
(このトレーニングベンチをおすすめする理由と特徴)

フラットからインクライン、そしてデクラインまでマルチに対応するアジャスタブルベンチです。機能性はもちろん、デザインにもこだわっているようなので、自宅に置いても、意外にインテリとしてもOKかも?

レッグカール&エクス・アームカール機能搭載(ともに2段階調整可)でバックシート7段階調整と連動してフロントシートは自動角度調整式ということなので、簡単に言うとあらゆる筋トレ種目を問題なく行えるトレーニングベンチになっています。筋トレの初心者から上級者まで、あらゆる人が満足できる筋トレ用のベンチだと思います。

金銭的に大丈夫なら、このトレーニングベンチ(筋トレベンチ)を一番におすすめしたいです。

商品の詳細はこちら

トレーニングベンチ(筋トレベンチ)のおすすめ ③

商品名:TUFF STUFF マルチパーパスベンチ CMB-375 腹筋台
メーカー名:TUFF STUFF(タフスタッフ)
価格帯:¥約105,000
(このトレーニングベンチをおすすめする理由と特徴)

筋トレ器具の老舗メーカー、タフスタッフのマルチベンチです。角度調整はもちろん、オプションの取り付け可能も可能となっていて。必要になった時の拡張性が魅力です。

タフスタッフ独自の強靭なオーバル(楕円断面)フレームによりスムーズに行える角度調整や、楕円形フレームによる抜群の安定感は筋トレの質を最大に高めてくれます。

基本的にはあらゆるベンチを利用する、筋トレ種目に対応可能かと思います。価格は高いので、トレーニングベンチ1台目というよりは、2台目・3台目として、またはジムを運営したい人などには良いと思います。

商品の詳細はこちら

筋トレ器具については次も要チェック!

いかがでしたか?

筋トレ器具の中でもトレーニングベンチ(筋トレベンチ)は、意外に見落としているポイントです。だからといってトレーニングベンチを適当に選んでしまっては、せっかく出来る筋トレも出来なくなってしまいますね。

今回紹介した選び方やトレーニングベンチのおすすめを参考にして、自分に合った筋トレ用のベンチを見つけてください。

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする