トレーニンググローブ/筋トレグローブのおすすめや効果とは?トレーニングウェアもこだわりを!

training gloves 1st

スポンサーリンク

筋トレをしている皆さん、筋トレする際のトレーニングウェアにもこだわりを持ったりしてますか?特にウェイトを扱う筋トレ種目では、トレーニンググローブ(筋トレグローブ)は使っていますか?

トレーニングウェアはグローブやシャツなど、様々なものがありますが、その中でも筋トレ用のトレーニンググローブは、トレーニングの質と安全性という、筋トレの最も重要な要素を高めてくれるアイテムです。

一見、ただのファッションに見えるかもしれませんが、そうではありません。筋トレでトレーニンググローブを使うことによるメリットって結構たくさんあったりするんです。

今回は、トレーニンググローブ(筋トレグローブ)に関して詳しくお話ししていこうと思います。トレーニングベルトなどと同様に、筋トレのマストアイテム&グッズなので、ぜひチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)とは?

training gloves about

ここで言うトレーニンググローブとは、筋トレで使用するトレーニングウェアの一つで、ダンベルやバーベル、マシンを使用した筋トレを行う際に着けるグローブのことです。

日常生活で冬場に着ける防寒用のグローブ(手袋)とは違い、滑り止めなどの筋トレの質と安全性を高めるための機能がついています。

トレーニングのレベルに合わせて様々な種類があり、ビギナー向けのシンプルなものから、上級者向けに細かい機能が付加されたものまであります。例えば、上級者向けのものであれば、手首を保護するリストラップと一体になったものなどでしょう。

基本的に手袋に似た形のものが一般的ですが、デッドリフトやベントオーバーロウなどプル系の種目に特化させたもの(パワーグリップ)もあり、あらゆる筋トレをサポート出来るようになっています。

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)を利用する効果

training glove benefits

筋トレグローブの効果① 徹底的に追い込める

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)を利用する効果やメリットで、何といっても大きい点は、筋トレで徹底的に追い込めるようになるということです。

トレーニンググローブには滑り止めやグリップを強化する効果があるので、

  • 「最後の一回をするはずが、手が滑って出来なかった」
  • 「ターゲットの筋肉はバテていないのに、手がバテてしまった」

というような、追い込みの障害となることを防ぐことが出来ます。また、滑り止めによってグリップの幅が固定出来るので、動作中、ターゲットの筋肉にしっかりと効かせることも出来るようになります。

実際にある程度以上の重量でベンチプレスなどを行うと、トレーニンググローブがない場合だと滑ってしまって、最後まで追い込めないことが良く起こります。

筋トレグローブの効果② 筋トレの安全性が高まる

筋トレにはダンベルやバーベルの落下など、常にケガやトラブルのリスクが伴っています。特に、追い込み中は動作に集中しているため、ケガやトラブルのリスクが高まり易く、たとえ意識して注意をしていても、汗で滑ってダンベルやバーベルが落下するということも十分にありえます。

また、ケトルベルなどのようにグリップが太いものは、どうしても手から抜け落ちやすくなります。

そこで、筋トレ時にトレーニンググローブを使用すれば、滑り止めや汗の吸収の機能により、手からウェイトが滑ることで引き起こされがちなケガやトラブルのリスクを軽減できるため、筋トレの安全性が高まります。

筋トレグローブの効果③ マメ防止&手のひらの痛みを軽減

ダンベルやバーベルを素手で握っていると、皮膚との間で摩擦が起き、いわゆる「マメ」が出来てしまうことがあります。(よくトレーニングマメと言われたりしますね)

また、酷い場合は摩擦した部分の皮が剥けてしまうこともあります。

このように手の平を痛めてしまうと、ダンベルやバーベルを思い切り握ることが出来なくなったり、腕立て伏せなどの手を床につく筋トレや、TRXトレーニングのようにサスペンションを使った筋トレでも痛みが発生してしまうようになります。

しかし、トレーニンググローブ(筋トレグローブ)を使用すれば、手のひらと器具の間にワンクッション出来ることになるので、このようなマメや痛みの発生を防ぐことが出来ます。

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)のおすすめ

トレーニンググローブは、自分の筋トレレベルや目的に合ったものを揃えるのが一番です。しかし、最初はどういった物が良いのか迷うこともあるかと思うので、参考までにいくつか紹介しておきます。

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)のおすすめ(1)

名前:GOLD’S GYM(ゴールドジム) レザーグローブ G3401

メーカー名:GOLD’S GYM(ゴールドジム)

価格帯:¥約3,800 – ¥約4,400

おすすめする理由と特徴

商品開発を現役トップボディビルダーが行い、トレーニングウェアにも徹底したこだわりをもつゴールドジムブランドのグローブです。

ゴールドジムには現役ボディビルダーも多数所属しているので、第一線で活躍している人たちの意見が多く取り入れられながら、商品開発出来るという、他にはない環境がありますね。

革製で耐久性が高く、グリップ感も高くなっています。初級者から上級者までおすすめです。

より詳しい詳細はこちら

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)のおすすめ(2)

名前:CUTTERS(カッターズ)ウェイトリフティンググローブ

メーカー名:CUTTERS(カッターズ)

価格帯:¥約4,860

おすすめする理由と特徴

あまりメジャーな商品ではないですが、通気性が高く、フィット感もあり、使用感抜群の一品です。また、通常の洗濯方法で丸洗い可能となっています。その薄さが特徴で、バーを握った際の感覚がとてもダイレクトに手のひらに伝わってきます。

ただし薄い点がネックかもしれません。高重量のウェイトを扱うヘビーユーザーよりは、ライトユーザーにおすすめしたいトレーニンググローブです。

より詳しい詳細はこちら

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)のおすすめ(3)

名前:NIKEウイメンズプロ フロートレーニンググローブ

メーカー名:NIKE(ナイキ)

価格帯:¥約2,850

おすすめする理由と特徴

人気トレーニングウェアブランドであるナイキの女性向けグローブです。筋トレ時の耐久性もしっかりしていながら、他の男性を想定されて作られたトレーニンググローブと比較して、軽いつけ心地やピンク色のロゴなど、女性に嬉しいデザインとなっています。

より詳しい詳細はこちら

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)を選ぶ&使う際の注意点

training gloves to choose and use

筋トレグローブを選ぶ際

サイズを確認しましょう

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)を選ぶ際、最も注意すべきことは、サイズでしょう。

サイズが大きすぎると、グリップ力が弱まり、逆に小さすぎると、食い込みが生じて痛くなるため、どちらも本末転倒になってしまいます。

そのため、購入する際は試着することをおすすめします。試着した際は、手を閉じたり開いたりして、動作をしてもフィットするか確認してください。筋トレ器具を豊富に取り扱っている店にいけば、試着をしたうえで、ダンベルやバーベルを握ることも出来ます。

少し手間はかかりますが、筋トレの質や安全性に関わる重要なトレーニングウェアなので、厳選して購入することをおすすめします。

手のひら部分のメッシュを確認

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)の厚さは、物によってそれぞれ違います。しかし、もしも重いウェイトでプッシュ系の筋トレを行うことが多いのであれば、手のひら部分に入ったメッシュの厚さ、負荷の軽減力などを確認しましょう。

もしも手のひら部分のメッシュの厚さがほとんどないグローブを使ってベンチプレスを100kg以上で行う場合などは、手のひらへ相当な負荷が生じ、ほとんどの人は痛みに耐えられなくなると思います。

筋トレグローブを使う際

フィットさせて使う

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)を使用する際、手の奥までしっかりとグローブをはめ、手と一体感を感じられるぐらいにフィットさせて使用するようにしましょう。

グローブが浮いたり、隙間がある状態では、グリップが悪くなり、逆効果になってしまうので注意が必要です。

使うタイミングを確認

使うタイミングに関しては、主に、ダンベルやバーベルを使う筋トレ種目の時に使用しますが、あまりグリップにこだわらない種目(例えばスクワットなど)の場合は、使用しなくても構いません。

頻繁に筋トレするなら二組以上は用意する

もしも頻繁に筋トレするという場合(例えば週に4回以上など)は、トレーニンググローブを最低二組以上は揃えた方が良いと思います。

トレーニンググローブは汗を吸収しやすく、定期的に洗濯しないと、匂いが発生してしまったり、衛生面でも細菌が発生してしまったりします。特に筋トレ頻度が多い人は、それだけトレーニンググローブが汚れてしまうことになると思います。

一組は洗濯中であっても、もう一組でトレーニング出来るように、二組以上のグローブを上手にローテーションさせて使用するのがおすすめです

↓現在利用中↓

次の筋トレグッズも一緒に確認しておくといいかも

いかがでしたか?

トレーニンググローブ(筋トレグローブ)を使用するメリットはこの他に、人によっては「筋トレのモチベーションが上がる!」なんていうのもあるようですよ!

トレーニンググローブには使うメリットが沢山あります。もしも本気で筋トレをやろうと思っているのに、まだグローブを使っていないという方は、ぜひ検討してみると良いかと思いますよ!

スポンサーリンク

シェアする