トレーニングチューブ・筋トレチューブのおすすめ5個!【筋トレ器具】

トレーニングチューブ

スポンサーリンク

筋トレを始めたら、必ず手に入れたい筋トレ器具と言えば、「ダンベル」、「バーベル」、そして「バランスボール」などですね。でも実は、筋トレの効率をアップするために、今すぐ、揃えて頂きたいものがあります。それは、”トレーニングチューブ”(筋トレチューブ)です!

「え!?そんな地味なもの??」という声が聞こえてきそうですが、この、トレーニングチューブ(筋トレチューブ)が実は侮れない存在なのです。

なぜなら、トレーニングチューブ(筋トレチューブ)を使えば、その伸縮性で、普段は中々伸ばす事のできない深層部の筋肉をストレッチできたり、インナーマッスルの筋トレができたり、更には、ダンベルと違いずっと負荷が抜けないという特徴を活かした筋トレの追い込みが出来たりと、実は筋トレに必要不可欠で、持っているといないでは大きな差になる隠れアイテムなのです。

地味なイメージなだけに、、トレーニングチューブ(筋トレチューブ)は盲点だったという方も多いかもしれませんね。でも、実は筋トレの効率をグンとあげてくれる秘密兵器とも言えるのです。※詳しくはチューブで筋トレ!ゴムチューブの筋肉トレーニング方法が凄く良い!を確認して下さい。

今回は、そのトレーニングチューブ(筋トレチューブ)のおすすめを5つ厳選してご紹介します!

スポンサーリンク

おすすめのトレーニングチューブ(筋トレチューブ)

ALINCO(アルインコ) マルチチューブSOFT

筋トレ器具のメーカー名

ALINCO(アルインコ)

この筋トレ器具の特徴

これまでのトレーニングチューブの常識を覆す、進化した形状が特徴です。八の字型で、チューブを結んだり、束ねたりする事なくストレッチから下半身の筋トレまでマルチに対応します。

このおすすめトレーニングチューブの価格帯

¥900~

この筋トレ器具をおすすめする理由

何と言っても、八の字型の便利な形状がおすすめポイントです。二つの輪に腕を通せばストレッチ、足を通せば下半身の筋トレ、というように、手間なく自由自在に使う事ができます。

持ち運びも便利な形状で、いつでもどこでもフィットネスしたい!という方にも自信を持っておすすめします。

このチューブはマジでおすすめ!詳細はこちら

サクライ(SAKURAI) プロマーク トレーニングチューブ レベル1

筋トレ器具のメーカー名

サクライ(SAKURAI)

この筋トレ器具の特徴

ベーシックな形状が特徴で、手で握って使う他、体に結びつけたり柱に結びつけて使うなど、使いやすさが抜群です。カラーによって強度が異なりますが、ビギナーの方はレベル1から始めるのが良いでしょう。

おすすめトレーニングチューブの価格帯

¥600~

この筋トレ器具をおすすめする理由

アスレチックトレーナー、プロ野球コーチの立花龍司監修トレーニングマニュアル付きです。トレーニングチューブは何と言っても、使いこなすことが重要なので、マニュアル付きはとても安心です。

おしてこのおすすめチューブは手幅を変えれば、長さの調整になるので、何かと「失敗」の無いという点では初めての一本としておすすめです。
まずは詳細を確認してから決めてね!

トレーニングチューブ ハードタイプ 【EMPT】

筋トレ器具のメーカー名

EMPT

この筋トレ器具の特徴

チューブの両端についた三角形のグリップが特徴で、強度を上げて少しキツめの筋トレが可能です。

もちろんグリップ部に足を通せば、下半身の筋トレも可能なトレーニングチューブです。

おすすめトレーニングチューブの価格帯

¥1400~

この筋トレ器具をおすすめする理由

三角グリップ付きのタイプの中でも、グリップ部がソフトでフィット感が抜群です。トレーニングチューブでの筋トレは素手で行うことがほとんどなため、このようなソフトなグリップは手のマメができる心配がありません。

また、足も同様でひっかけた際に、足首や甲へのストレスもなくおすすめです。
このチューブも結構好き。詳細はこちらから!

チューブ ゴム ラバー フィットネス エクササイズ トレーニング 器具 12点 セット 123

筋トレ器具のメーカー名

CJT

この筋トレ器具の特徴

強度の異なるチューブに加え、様々なキットが付いた本格派セット。なんと、アンカーを使用してドアに挟めば、サスペンショントレーニングができるなど、かなりハードな筋トレも可能です!

おすすめトレーニングチューブの価格帯

¥3600~

この筋トレ器具をおすすめする理由

充実のキットで、多彩なトレーニングが実現できます。ストレッチから筋トレ、ファンクショナルトレーニングまで対応するので、一家に1セットおすすめしたい商品です。
筋トレチューブのセットって珍しくない?

D&M Thera Band セラバンド

筋トレ器具のメーカー名

D&M

この筋トレ器具の特徴

チューブではなく、テープのような平たい形状で、輪になっています。そのままストレッチに使用したり、筋トレも可能です。頑丈で滑りにくく、伸縮しやすいため、使心地も抜群です。

おすすめトレーニングチューブの価格帯

¥1300~

この筋トレ器具をおすすめする理由

平たい形状でかさ張らないため、持ち運びが自由自在です。また、セラバンドは下半身、特に臀部の筋トレメニューに対応しやすいため、女性におすすめと言えます。形が元々ないチューブなので、使い方も自由なのでとりあえず一つ持っておく事でほぼ全ての筋トレに役立つことが出来、最もコスパが良いチューブとも言えるでしょう。

詳細を確認してより詳しい特徴を確認してみましょう

他のおすすめ筋トレ器具は次から!

いかがでしたか?

トレーニングチューブ(筋トレチューブ)がストレッチから筋トレ、ボディメイクまで応用出来るとは素晴らしいですよね?しかも持ち運びが自由な器具なので、カバンに忍ばせておけば、オフィスでも、旅先でも、いつでもどこでも筋トレができますよ。

トレーニングチューブ(筋トレチューブ)のおすすめの選び方

以下に、良いトレーニングチューブ(筋トレチューブ)の条件、選ぶ際の注意点をまとめておきます。ぜひ、こちらも参考に、最低でも一本チューブを揃えておきましょう。

■グリップ

特にグリップ付きのものは、素手で握ったり、足に掛けてもストレスにならないものがおすすめです。

■切れにくさ

運動中に切れてしまうと、ケガにも繋がりかねません。しっかりと切れにくいものを選びましょう。

■長さ

商品によって長さが異なるので、自分の体に合ったものを選ぶようにしましょう。

■強度

購入時に最も多い失敗が、「強度があると気づかなかった」というものです。ほとんどの場合、チューブの色によって強度が異なるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする