ジムのトレーニングモチベーションを上げる風変わりで効果的な方法12選!スポーツジムで筋トレを楽しもう!

ジムのトレーニングモチベーションを上げるためのちょっと変わった方法を確認して、筋トレの効果を高めて行きましょう。スポーツジムへ通っている人は必見です。

OK gym motivation 1st

スポンサーリンク

ジムのトレーニングモチベーションを上げるために、今まで色々な方法を試してきたけど、どれも上手く効果が出ていない。

そのようにお悩みなら、筋トレの効果を上げるためにも、ちょっと風変わりなモチベーションの上げ方を試してみましょう。

「たとえ今日はスポーツジムに行く!」と心に決めていたとしても、疲れ切った体をジムに向けるというのは難しいもの。

でも、これから紹介する13の風変わりなモチベーションを高める方法を活用すれば、スポーツジムで筋トレをするのが楽しくなり、継続して行ける確率がグンと上がるかも!?

一般的に言われる「音楽を聴いてみる」などの当たり前な方法ではない、変わったトレーニングのモチベーションアップ方法が気になる人は、早速確認してみましょう!

スポンサーリンク

ジムのトレーニングモチベーションを上げるちょっと変わった方法を紹介!

モチベーションを上げるならよく見える場所に目標を貼る!

ジムに行って、いきなりトレーニングモチベーションを上げることは結構大変だったりしますよね?

OK at desk

それなら、普段からモチベーションを高めるための工夫をしておくのが一番楽。

その一つの方法として、普段何気なく視界に入る場所に、スポーツジムで筋トレをして手に入れたい効果や目標を書いた紙を貼っておき、常に目に見えるようにしてみるのが良いかも!?

例えば、職場のデスク周りに貼ってみるとかだったら、自分を鼓舞する筋トレの目標を仕事中も目にすることになって、モチベーションが上がるかもしれませんよ。

もちろん、余りにも目につきすぎることで逆に「うざい」と感じてしまっては元も子もないので、一度試してトレーニングに対しての意識を高く維持出来るのであれば続けてみる。意味がないなら止めてしまえば問題ありません。

ちなみに、目標とする筋肉を持った俳優とかモデルの写真を目に付く場所に貼っておくなんてもありですよ。

カレンダーのリマインド機能を活用してみる

普段、スマホのカレンダーについているリマインダー機能を活用している人は多いかと思います。

OK smartphone reminder

仕事上でもとても便利な機能で、設定した時間になったら、予定ややることを自動で通知してくれたり、教えてくれたりしますからね。

そんな、ジムや筋トレとは一見全く関係ないリマインダー機能も、トレーニングのモチベーションを上げるために工夫次第でとても効果的になってきます。

例えば、トレーニング中にスマホを使って音楽を聴いている場合、10分や15分おきに、自分を叱咤激励するメッセージや目標を通知するように設定しておいてみましょう。

そうすれば、スポーツジムでトレーニング中に、自動でそのメッセージが届き、疲れている自分に励ましの言葉をくれたり、目標を再確認させてくれたりしますよ。

仕事場を出る時にとレーニングウェアに着替えてモチベーションを高める!

training-wear-at-office

普段から職場にトレーニングウェアを用意しておいて、スポーツジムへ行きたいと思った日には、職場を出る前にトレーニングウェアへ着替えてしまいましょう。

そうすることで、会社を出た瞬間から気分はトレーニングに集中することになって、帰りがけに「やっぱりジムへ行くのやめた」なんていうことも少なくなりますよ。

そして、ジムへ着く前からモチベーションが高まった状態なので、筋トレを開始してもモチベーションが高いまま始めることが可能。

そうすれば、効果も一層高くなって一石二鳥です!

家の近くか職場の近くのジムへ通うのが大切!

OK going to gym

ジムへ行ってトレーニングをするモチベーションを下げてしまう最も一般的で、最大の理由が、ジムまでの距離が家や職場から遠いというもの。

1日の中でトレーニングに対するモチベーションが高まった時にスポーツジムへ行こうとしても、場所が遠いとジムへ行くことを考えただけで躊躇してしまって、結果的にモチベーションが下がってしまいます。

また、家や職場を出た時はモチベーションが高くても、距離が遠ければ、着いた時にはモチベーションが下がっているなんてことも。

ジムでのトレーニングモチベーションMAXの状態で筋トレに励みたいなら、家の近くか職場の近くのジムへ通うようにしましょう。

ジムの外でのジム仲間と時間を過ごしてみる!

OK workout partner

よくジムでのトレーニングモチベーションを高めるために「ジムで仲間を作ろう」というアドバイスがあります。

それはそれで効果がありますが、そのジム仲間とジム以外の場所でも会って時間を過ごすようにするのも、ジムでのトレーニングに対してモチベーションを高めるキッカケになるかもしれませんよ。

普段とは違った所で時間を一緒に過ごすことで、その友人ともっと仲良くなって、一緒に筋トレをやる際にも身が入りやすくなることも。

そうすれば、お互いに筋トレの効果を最大限に高め合えていけると思いませんか?

ジムでトレーニングモチベーションを上げるなら朝食は抜くな!

筋トレの効果を最大限に高めるための準備は、起床後の1時間には既に始まっていますよ。

OK breakfast

きちんとした朝食を摂ると、スポーツジムへいく直前であろうがなかろうが、体に必要な栄養分を補給し、体内にあるグリコーゲン(トレーニング中の主なエネルギー源)の消費を抑えてくれるばかりか、さらに蓄積してくれます。

それによって、本番のジムのトレーニング中にはエネルギーが満ち足りた状態で、トレーニングを開始出来ることになります。

タンパク質を含む食材はもちろん、他にも果物や野菜、さらに、全粒粉パンのような炭水化物も十分に摂っておきましょう。

ランチは軽めにしないとモチベーションどころじゃないですよ!

OK lunch

もしも午後の時間にジムへ行ってトレーニングを行おうとしているなら、ランチは軽めにしておきましょう。

食べ過ぎは眠気を誘って筋トレの妨げになったり、他にもお腹に溜まってしまうことで、不快感となり、トレーニングに集中できないなんてことになります。

そんな状態になると、トレーニングのモチベーションが上がらないばかりか、筋トレの効果を低くなってしまうので、それこそ時間の無駄になってしまうかも。

特に夕方にスポーツジムへ行こうと最初から予定している日に関しては、必ずランチは軽めに取っておいたほうが良いですよ。

おやつを効果的に活用してみたら?

おやつを食べると、なんでトレーニングのモチベーションが上がるのか意味不明ですよね?

OK banana in the morning

でも、実はおやつ(簡単な軽食)をスポーツジムへ行く前に食べておくのは、体をエネルギッシュにして、トレーニング中のモチベーションを高める効果があったり。

特に、朝食やランチを食べた後4時間以内にジムでトレーニングしないのなら、筋トレ開始の45分ぐらい前に、消化が比較的早い炭水化物(バナナなど)とホエイプロテインを取っておきましょう。

そうすれば、筋トレを開始する頃には、体をエネルギーが充満した状態に持っていけるはず。

モチベーションを高めるためには、メンタルだけでなくて、こういったフィジカルコンディションもとっても重要になってきます。

但し、筋トレ直前のおやつは必ず軽いものにしておくのを忘れずに。

ジムへ行くモチベーションを維持するために目標をあえて低くしてみるのもアリ!

目標は大きければ大きいほど、上手くハマれば大きな爆発力になりますが、場合によってはその大きさによって押し潰されてしまうこともありますよね?

OK small goal

そのせいでジムへ行ってトレーニングをするというモチベーションが維持しづらくなるなら、あえて目標を小さく設定してみると良いかも。

例えば、「15分だけジムに行く」なんていう目標であれば、より気持ちを楽にして気軽にスポーツジムへ足が向くと思いませんか?

そして、一度ジムへ足を運んでしまえば、「15分以上頑張ろうかな?」なんて思い始めますよ。それに、たった15分でも5分でも、効果的な筋トレは可能。

ようは、まずはジムへ足を運んで心理的な負担なくトレーニングを始めてしまえば、モチベーションを高めやすいってことです。

手に触れるご褒美を自分自身に上げてみる!

ジムでのトレーニングモチベーションを上げる場合に、人によっては「より健康になるから」だとか「もっと大きな筋肉を手に入れられるから」といった、抽象的な自分に対してのご褒美で可能かもしれません。

OK beer motivator

しかし、中にはそれだけではどうしてもモチベーションが続かない人だってたくさんいます。

そんな時におすすめしたいのが、実際に触ることの出来るご褒美を自分に与えるってこと。

例えば、筋トレを行った後だけは、アルコール摂取を可能にしたり、普段は抑えているカロリーが高めな食事をするといったもの。

このように実際に感触として認識出来るものを、トレーニング後に自分へのご褒美として与え続けることで、「脳がトレーニングをすれば良いことがある」と錯覚し始め、より抽象的な褒美であっても、モチベーションを高めたり維持しやすくなりますよ。

ジムでトレーニングすることを誰かに誓約書として書いておく

どうしてもスポーツジムでのトレーニングを継続出来ないといった場合、わざと家族や恋人、友達などに、ジムでトレーニングすることを約束した誓約書を作り、契約の様な形で署名してみるのだってあり。

OK contract

その約束を果たせなかったら家族に高いバッグを買ってあげるとか、恋人であれば高級レストランへ連れていって上げるなどといった契約にしておけば、金銭的な負担をしたくないがために、トレーニングを続けやすくなりますよ。

まずは、この様にプレッシャーを自分へ掛けることで、ジムでのトレーニングを継続して習慣化してしまえばトレーニングが生活の一部になり、筋トレに対してのモチベーションだってより簡単にコントロールしていくことが出来るはず。

そうすれば、筋トレの効果だってどんどん高まっていきそうじゃないですか?

それでもダメなら金銭的な報酬をお願いしてみる!

今まで紹介してきた、ジムでのトレーニングモチベーションを高める方法を試してみたものの、それでもなかなか筋トレを続けられないというなら、金銭的な報酬を貰えるようなお願いをしているのもありかも。

OK give me money

例えば、家族にメタボを注意されて嫌々ジムへ行き始めたというなら、1ヶ月ジムへ継続して行き、体重を一定以上落とすことが出来たら、「お小遣いを増やしてくれ」と家族にお願いしてみるといった具合です。

これであれば、奥さんに生活費を管理させている多くのお父さんにとっては、お小遣いも増やせるし、痩せられるしで一石二鳥。ジムでのトレーニングモチベーションが高まりやすくなると思いませんか?

他にも、例えば恋人に対して、筋トレを続けて効果が出たら、何か買って貰うようにおねだりしたりするのもありだと思います。

参考になるのだろうか?

一緒に確認しておきたい筋トレ記事

ジムのトレーニングモチベーションを上げる風変わりな方法12選!スポーツジムでの筋トレ効果を高めよう!のまとめ

ジムのトレーニングモチベーションを上げるための、ちょっと変わった方法を消化してきました。

今まで色々試したけど、なかなかスポーツジムへ行って筋トレするモチベーションが湧かない、続かないという人は今回紹介した方法を参考にして試してみると良いかもしれませんよ!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする