体力作りの方法に工夫を!体力向上メニューに加えたい15のユニークなトレーニング

体力作りの方法として、一般的ではないけど効果のあるトレーニング方法を行ってみましょう。体力向上メニューに加えていきたいちょっと変わった15の方法を紹介します。

スポンサーリンク

体力作りの方法にちょっとした工夫を加えていき、体力向上を目指しましょう。

どのような人でも、体力作りをすることで、健康な人生を送ることができます。

そして、体力作りの方法は筋トレやランニングなどといった「一般的なトレーニング方法」だけではありません。

日々の活動を工夫して、簡単で負担の少ないトレーニングに変えていくだけで、より健康になることが可能なんです。

例えば、階段の上り下りを意識して普段より多く行う。これだけで、筋肉の維持が出来て、糖尿病や心疾患などのリスクを減らすといったことにもつながってきます。

今回は、毎日の生活をちょっと工夫すれば可能になる、一風変わった体力向上効果のあるトレーニング方法を15個紹介していきます。

スポンサーリンク

体力向上メニューに加えたい体力作りトレーニング方法

体力作りの方法1:家を定期的に掃除する

日常生活の中には、体力向上のトレーニングメニューにそのままなってしまう活動がたくさんあります。

その中でも、みんな何気なく行っているのが掃除。見すごされてしまいがちですが、掃除はよい筋トレとなり、体力作りにはもってこいの方法。

特に家が広い人にとっては、それだけ運動量もアップするので、体力向上トレーニングとしてもうってつけ。

掃除をしているあいだ、下半身の筋トレ、上半身の筋トレ、腕の筋トレ、他にもストレッチなどが出来、いずれの動きも体力向上にとても良い効果があります。

しかも、もっと効果を高める工夫も可能。

例えば、掃除機を掛けている時に、一歩一歩の動作で腰を深く落として前に進むようにすれば、それだけでウォーキングランジの完成。また、食器を洗っている時に、かかとを上げ下げすればカーフレイズのトレーニングが出来てしまったり。

そしてもちろん、掃除は余分なカロリーを燃やすことができる方法としても有効。つまり、体力向上に大切な有酸素運動にもなるってことですね。

体力作りの方法2:とにかく階段をつかう

体力作りのために、何か特別な体力向上メニューやトレーニングを行ってもいいかもしれませんが、日常のちょっとした行動を見直すだけでも体力作りは可能。

その一つが「とにかく階段を使う!」ってこと。

言葉の通り、とても簡単な方法ですよね?

とにかく2~3階の距離であれば、エレベーターやエスカレーターではなく、階段を使って上り下りしてみましょう。それだけでも体力を向上させるトレーニングになってしまいますよ!

また、もし距離が長すぎる場合、例えば10階まで上がらなくてはいけない時などは、数階までは歩いて登り、そこからエレベーターを使用するといった工夫をしてみましょう。

たったこれだけの方法の割には「塵も積もれば山となる」で、体力の向上に効果が出てくること間違いなしですよ。

体力作りの方法3:自宅を運動したくなる環境に変えてしまう

自宅ではダラダラとしてしまって、体を動かすことはあまりないのが一般的。

しかし、それではもったいないですよね?

自宅であっても筋肉を動かしてちょっとした筋トレを行い、体力向上を図っていくためにも、ダンベルを電子レンジの上に置いたり、レジスタンスバンドをお風呂のドアに掛けておいたりして、トレーニングとは関係ないシーンでも体力向上メニューに取り組めるよに仕向けてみましょう。

他にも、リビングにバランスボールを置いたりしておけば、バランスボールに乗りながらテレビを観たりと、普段は体を動かすことがない状況でも体を動かし始め、体力向上につながってきますよ。

体力作りの方法4:デスクサイズをする

オフィスワークが多い人にとって、1日の大半はデスクの前に座りっぱなしになります。

その場合、体を動かすことも少ないため、体力作りの方法を積極的に行っていかないといけませんよね?

であれば、「デスクサイズ(デスク周りで行うトレーニングメニュー)」を行ってみましょう。

電話の際には、あえて立ち姿勢で行ってみるとか、椅子に座っている時に、脚の上げ下げを行ってみるとかいった具合です。

そんなちょっとしたことでも続けていけば、大きな違いになって現れてきますよ。

座りながら筋トレなどもあるので、興味があれば参考にしてみましょう。

体力作りの方法5:水をたくさん飲む

水をたくさん飲むといっても、体の運動機能を維持するために水が必要だからとか、筋肉の合成にも水が関わるからとかそういった理由ではないですよ(もちろんそれも重要ですが!)。

1日中、頻繁に水を飲み続けると、トイレに行きたくなる回数は自ずと増えますよね?

それが、水をたくさん飲むべき目的!

たくさんトイレに行く回数が増えるということは、それだけたくさん体を動かしてトイレに行かなくてはいけないということ。

毎回トイレまで歩いてき、戻ってくる5分間(人によっては10分?)を気兼ねなく作って、ちょっとした体力向上トレーニングが出来てしまいますよ。

さらに、少しレベルアップして、ビル内の遠いトイレをあえて選ぶと、階段を使う機会も増えます。

1時間ごとに5分間だけ、トイレに行く時間にしてしまえば、自ずと歩くことにもなるので簡単にちょっとしたトレーニングが出来てしまいます。

体力作りの方法6:体を動かして移動する

体力作りの方法として最も大切なことは、とにかく自分の体を動かすこと。

この基本的なことを考えた場合、自宅から仕事場へ移動する時も、できる限り自分の体を動かした方が良いということになりますよね?

そこで、可能であれば自転車での移動がおすすめ。

毎日20~30分自転車に乗って仕事場に通い、1日のスタートを切るのは、気分的にも爽快で体力作りにも優れたトレーニングメニューになるはず。

しかも、公共の乗り物と比べてラッシュアワーとかは関係ないため、殺人的な混み具合の電車に乗って仕事前に疲れてしまうといったデメリットがありません。

行き帰りの往復で40~60分の自転車となれば、それだけで結構なエクササイズになるため、わざわざジムへいって体力向上の有酸素運動メニューを行う必要もなくなりますね。

体力作りの方法7:入り口から一番遠いところへ駐車する

こちらも簡単で体力作りに効果がある方法。

買い物先、外食先、ショッピングモール、仕事場、学校など、駐車をするときは、入り口から一番遠いところに駐車しましょう。

すると、ちょっとの違いかもしれませんが、歩く距離がいつもより増えます。

1日としてはたった数秒の距離ではありますが、1年に換算すれば相当な距離になりますよ。

しかも、入り口から一番遠い場所は人気がないので、比較的ストレスフリーで駐車できるおまけつきです。

スポンサーリンク

体力作りの方法8:ガーデニング

もしも自宅が庭付きの一軒家であれば、ガーデニングを行ってみると、趣味としても、体力作りの方法としてもおすすめかも。

というのも、ガーデニングはただ単に体を動かすから体力作りに良いというだけでなく、外に出て日の光を浴びて体を活性化させるといった理由でもおすすめ。

自然の光や風を感じながら草むしりや草刈り、垣根の掃除などを行えば、綺麗になった自慢の庭を手に入れられることはもちろん、広い範囲の筋肉を使うことにより、程よく体へ負荷をかけることになり、それが体力向上のトレーニング効果をもたらします。

体力作りの方法9:歩数計を買う

体力向上メニューに取り入れたい運動で代表的なものと言えばウォーキング。老若男女におすすめな、誰でも気軽に取り組める運動ですよね?

そのウォーキングを普段から続けて体力作りをするためにも、歩数計を手に入れてみましょう。

歩数計はポケットに入るサイズで、毎日の歩数を数えるためのとても便利なツール。歩数計を使うと「毎日どれほど体を動かしたか」がひと目で分かります。

そして、結果が目に見えることが良いモチベーションとなり、人によっては「とにかく歩く」ことを自分に課すようになるといったおまけつき。

「毎日最低1万歩は歩くべき」と言われることがありますが、そんな数字は関係なく、何歩であれ歩くことで健康によい効果があることは間違いありません。

歩数計を手に入れて、普段からあと少しだけ歩いてみるといった癖をつけていき、体力向上を目指していきましょう。

体力作りの方法10:歩いてミーティングをしてみる

会社のミーティングと言えば「会議室」が当たり前。

しかし、会議室で行うべき理由があるものならまだしも、ミーティングによっては会議室を使う必要がない場合もありますよね?

そんな時に、歩きながら会議をしてみると良いかも。

ちょっとした打ち合わせなど、同僚と歩きながら行い、現在進行中のプロジェクトについて10分間程度話せば、ある程度の状況は理解出来、同時に体を動かすことにつながって、体力作りの方法としても有効。

さらに、歩きながら話すと、普段とは違った環境のために思わぬアイデアを閃くことだってあります。

仕事場から離れてリフレッシュしながらも仕事が出来、同時に体を動かすこともできて、一石三鳥です。

体力作りの方法11:夕食後に家族でウォーキングをする

現代の一般家庭においては、夕食後にはテレビの前に座り込んで時間を過ごすなんてことが多くありそう。

でも、テレビの前で費やす時間が長くなればなるほど、生活習慣病のリスクは高まり、体力だって衰えてしまいます。

であれば、夕食後の時間を、体力向上メニューを行う時間として利用してみましょう。具体的には、夕食後に一休みしたら、家族で近所を30分ほど散歩してみたりすると良さそう。

家族と一緒に時間を過ごしながら、外に出て体を動かすことになり、体力を作る方法としても良さげじゃないですか?

体力作りの方法12:デートの場所も変更してみる!?

普段デートをする時に映画鑑賞などが多い場合、たまには体を動かすデートコースに変更してみると良いかも。

映画鑑賞や遊園地など、乗り物が多い場合は、歩くことがもっと多くなるショッピングに変更してみたり、博物館や美術館へ変えてみるなんていうのだって、基本的には立ち姿勢を続ける必要があるので良いかも。

また、もしも気にならないのなら、一緒にジムやプールなどにいって体を動かすといったことだっておすすめです。

体力作りの方法13:旅行先のホテルはジム付きを選ぶ!

旅行や出張に行く時って、普段行っている筋トレメニューや、体力向上のためのトレーニングを続けることが難しいもの。

その大きな理由の一つが、宿泊先にトレーニング施設や設備がないといったものになります。

であれば、旅行先や出張先のホテルを選ぶ際に、トレーニング設備が付いた場所を選んで、旅行先に関係なく普段のトレーニングメニューを継続出来るようにしていきましょう。

どうしても、設備付きのホテルが難しいといった場合は、トレーニングチューブやレジスタンスバンドを持っていくと、それだけで体力作りの方法の幅が広がりますよ。

体力作りの方法14:鏡の前でトレーニングする

普段から筋トレなどを行っている場合、鏡の前でトレーニングすることはありますか?

鏡の前でトレーニングしたことがある人なら分かると思いますが、鏡の前でトレーニングして筋肉の動きを目視したり、トレーニング後のパンプアップを確認すると、鏡がない場合と比べてモチベーションが湧きやすかったりします。

体力作りにはトレーニングメニューの内容も大切ですが、もっと大切なのがモチベーション。

モチベーションが高ければ、「あとちょっと」の踏ん張りが効くようになって、効果も少しだけ高めることが可能。しかし、それが積み上がっていくと大きな変化につながっていきます。

もしも普段の筋トレを鏡の前で行っていない人は、さらなる体力の向上のためにも、鏡の前で行ってみると良いかもしれませんよ。

体力作りの方法15:パーソナルトレーナーを携帯する!

パーソナルトレーナーを携帯すると言っても、本物のパーソナルトレーナーを常に同行させるには相当なお金が必要になるので無理。

でも、スマホにトレーニングアプリを入れて持ち歩くことは、お金もほとんどかからず出来ますよね?

筋トレや体力管理が出来るアプリをダウンロードしてスマホで持ち歩いておけば、体力作りのトレーニングを行いたいと思った時に、すぐに開始することが出来ますよ。

たくさんのアプリが世の中に出回っているので、色々試してみると良さそう。その中でも、ランタスティックリザルツは一推しです!

いろんな方法あるのね〜!

次のフィットネス記事もおすすめ!

体力作りの方法に工夫を!体力向上メニューに加えたい15のユニークなトレーニングのまとめ

普段から何気なく取り入れていきたい、ちょっと変わった体力作りの方法を15個紹介してきました。

体力向上のためにも、紹介したトレーニング方法を行ってみましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする