筋トレのやる気が出る16の方法|トレーニングモチベーションを上げるユニークメソッド!

筋トレのやる気が出る方法を試してトレーニングモチベーションを上げていけば、大抵の目標は達成可能。そのためにも効果がありそうな、ユニークな方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

筋トレのやる気が出る、ちょっと風変わりなトレーニングモチベーションメソッドに取り組んで、毎日の筋トレを充実させていきましょう。

もし最近、ちょっとでもジムに行くのがダルいと感じている人は、今回紹介するやる気を出す方法を試してみると効果があるかもしれません。

普段の筋トレの成果を出すためには、トレーニング内容・栄養・休養といった基本的なことはもちろん、それと同じぐらい大切なのが「やる気」。

やる気さえあれば、大抵の目標を達成することが出来ます。

筋トレのやる気を出すためにも知っておきたい、16の方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

目次

筋トレのやる気が出る16のユニークな方法

筋トレのやる気が出る方法1)筋トレメニューを見直してみる

  • 筋トレに対してやる気が出ない?
  • トレーニング中のモチベーションが湧かない?

そんな時の最も簡単な解決方法は、今行っている筋トレメニューを変更してみること。

退屈なことを我慢して特に何の疑問も持たずに続けていると、人間はいとも簡単に、毎日回しぐるまを回し続けるラット状態に陥ります。

毎回、「同じ筋トレ種目」を「同じ強度」で同じ順番」で行っているといった場合、せっかく本来は楽しいであろうトレーニングを、とんでもなく退屈なものにしてしまっているかも。

しかも、新しい刺激が与えられないため、体は同じ刺激に慣れてしまい、それ以上成長する必要がないと感じてしまったり。

そうなると、筋トレの効果も寂しいものになってしまいます。

筋トレのやる気が出る方法2)筋トレ前の行動も変えてみる

筋トレに対してのやる気を出したいなら、筋トレの中身を変更する以外にも、筋トレ前の行動を変えてみるといったこともアリ。

例えば、今まで筋トレ前には何もせず、とりあえず始めていたなんて場合、あえて気分が高揚する音楽を聴いてみるなど。

他にも、やる気を高めて代謝も上げると言われる、カフェインが含まれたコーヒーを飲んでみるといった行動を、筋トレ前に取り入れてみましょう。

普段とは違った刺激を与えることで、やる気が出るかもしれませんよ。

筋トレのやる気が出る方法3)とりあえずの5分

筋トレに限らず、人間が行うこと全てに共通して言えることとして、行動を起こす前は「嫌で嫌でしかたがない」と思っていたことも、とりあえず始めてみたら、「意外にそれほど悪いものではないと感じて続けてしまった」なんてことがよくあります。

これは、心理学的には「作業興奮」と呼ばれているもの。

行動を起こす前は、やる気スイッチである脳内の「側坐核」が眠っている状態。

しかし、とりあえず行動を起こすと、この側坐核が刺激されて、徐々にやる気のエンジンが掛かってくることになります。

そこで、試してみたいのが5分ルール

筋トレが面倒臭いと思った時には、とりあえず5分で良いのでトレーニングを行ってみましょう。

もしも、5分後にまだやる気が出ない場合、その日は筋トレを止めてもOK。しかし、5分後にやる気が出ていたといった場合、そのまま筋トレを続けましょう。

大抵、5分後には筋トレが苦に感じなくなっていることの方が多いと思いますよ!

筋トレのやる気が出る方法4)朝一に筋トレをしてみる

筋トレに対してやる気が出ないと感じている人に質問。

「普段筋トレを行っている時間はいつですか?」

もしも、「仕事の後」という答えの人の場合、トレーニングに対するモチベーションが湧かないのは、その時間が問題なのかも。

人のやる気はガソリンスタンクと同様に、通常1日の終わりにはガス欠になり気味

もし普段の筋トレを仕事後に行っていて、そのせいでやる気に問題が生じていそうなら、一度、朝に筋トレを試して、気持ちの変化を確認してみましょう。

筋トレのやる気が出る方法5)チョコレートを食べてみる

「筋トレにチョコレート?」と感じる人も多いかと思いますが、実は筋トレ前にチョコレートを摂取することは、やる気を高めるために効果的かも。

というのも、チョコレートをにはカフェインが含まれていて、快楽ホルモンと呼ばれ、やる気を高める効果を持つドーパミンの分泌を促すといった作用があるとされる。

さらに、チョコレートに多く含まれる砂糖は、体内で直ぐに吸収される単一炭水化物(単純炭水化物)。

そのため、もしも摂取した後、直ぐに体を動かすのであれば、その身体活動のエネルギー補充としても最適。

筋トレの前に、1~2片程度のチョコレートを摂取して、ドーパミンの分泌を促し、エネルギー摂取も行っておけば、トレーニングモチベーションも維持しやすくなると思いますよ!

▶︎筋トレとチョコレートで筋肉を成長さえる甘〜い関係|ダイエットをするためにも要チェック!

筋トレのやる気が出る方法6)目標の立て方を考えてみて

今筋トレで立てている目標ってどんなものですか?

例えば、「世界で活躍するボディビルダーになりたい」とか「体重を15kg落として、引き締まった体を作りたい」などの、長期的な目標を持っているかもしれませんね。

もちろん、長期の目標はそれでOK。

しかし同時に、もっと短期的に達成が可能な、小さな目標をしっかりと立てていますか?

良い目標とは、

  1. 具体的(specific)
  2. 測定可能(measurable)
  3. 達成可能(attainable)
  4. 現実的(realistic)
  5. 時間が決まっている(time-bound)

といった、5つの要素がしっかりと入っているべき。

大きな長期的な目標を達成するための道標として、この5つのS・M・A・R・T(スマート)の要素がしっかりと入った目標を持つことが、筋トレのやる気をさらに引き出し、効果を出していくのに役立ちます。

もしも、今現在トレーニングモチベーションが低いと思ったら、もう少しSMARTな目標を立てて実践していきましょう。

筋トレのやる気が出る方法7)競争心を煽ってみる

筋肉を鍛えるためのトレーニングを繰り返している」

もちろん、それでやる気も出て効果も出ているなら問題はありません。

しかし、もしもなかなかやる気に火がつかないといった場合は、あえて競技やイベントに参加してみるのもあり。

リフティング競技やフィットネスイベントに参加すれば、他の人との競争や触れ合いの中で、負けず嫌いな自分に火がつき、それがトレーニングに対するモチベーションを高めてくれる。

また、その競技やイベントに参加するために、事前に何週間もかけて体を鍛え上げていくなんていうモチベーションも湧くことになると思いますよ。

筋トレのやる気が出る方法8)筋トレ時間を他のことにも活用

筋トレには筋肉増強はもちろんのこと、基礎代謝のアップ、脂肪の減少、幸福感をもたらすなど、様々な効果があります。

しかしそれだけではなく、せっかく筋トレを行うなら、その時間をさらに有効な時間として活用してみるのもあり。

例えば、今現在英会話の勉強をしていたら、英語のリスティングを、トレーニング中に行ってみる。他にも、落語が好きだなんて人は、その落語のテープを聞きながら筋トレを行ってみる。

そうすれば、気分良く楽しみながらトレーニングを行っていけるようになりますよ。

ただし、あまりにも他のことに夢中になりすぎて、筋トレがおぼつかなくなることは避けましょう!

スポンサーリンク

筋トレのやる気が出る方法9)社交的になるのが秘訣!?

人間は社会的な生き物。

多くの場合、他の人が周りにいたり、一緒に共通のアクティビティを行うことで、幸福感を感じて、やる気が出ることにつながってきます。

これは、筋トレに関しても同じことが言えるかも。

もちろん、常に他の人と一緒に、同じ筋トレメニューをこなす必要はありませんが、筋トレ仲間を作って、一緒の空間でトレーニングを行ってみるっていうのは、やる気を高めるのにおすすめ。

お互いを励ましあったり、共通の話題に花を咲かせられるような仲間がいれば、それだけでモチベーションは高まります。

筋トレのやる気が出る方法10)ジムから出る!

もし長い間、筋トレをジムの室内だけで行っているなら、それがやる気の出ない原因になってしまっているかも。

ある時を境にジムへ行くのが億劫になってしまったら、そんな時は外に出て走り回ったり、自転車に乗ったり、地元の公園に行ってちょっとした自重の筋トレを試してみましょう。

他にも、ジムを変えてみるという方法もありかも。もしかしたら、今通っているジムが刺激的ではなくなって、やる気が落ちているだけっていうことも考えられますよ。

とにかく新しい場所であればどこでもOK。

景色を変化させるだけで十分新たな活力を得ることができ、トレーニングに対するモチベーションが復活すると思いますよ。

筋トレのやる気が出る方法11)しばらく休んでみるのもあり

「筋トレに対して突然やる気が湧かなくなってしまった」なんて時は、それはトレーニングのしすぎ(オーバートレーニング)が原因かも。

そんな時は、体と心のメンテナンスのためにも、しばらく筋トレを休んでみるのもアリ。

逆に、そんな休みが、今まで以上に体を成長させるためには大切かもしれません。

もしも、筋トレのやる気が突然なくなってしまった場合は、一旦筋トレから離れて、自分のやる気の火を再び燃やしていきましょう。

ちなみに、やる気が出なくて筋トレを休む場合は、必ず期限を決めて休みに入ることが大切。

期限を決めないと、ズルズルと休み続けることになってしまい、筋トレを再開しないでいつの間にか止めていたなんてことになりかねません。

2~3日だろうが1週間であろうが関係なく、休養の終了日は必ず決めて、休みを開始していきましょう。

筋トレのやる気が出る方法12)肯定と否定を使い分ける

筋トレのやる気を出すために、人によって肯定的な考えと否定的な考えを使い分けてみると良いかも。

肯定的な考えというのは、

  • 筋トレをすれば素晴らしいことが起こる!

といったような考え。

逆に、否定的な考えというのは、

  • 筋トレをしないと体がどんどん筋肉が落ちる・・・。

といった感じの考え。

どちらの考えの方が、筋トレをダルいと感じた時のやる気を引き出しますか?

もしも、肯定的な考えでやる気が出るなら、自分に暗示を掛けるつもりで、筋トレが持つ素晴らしい効果をどんどん思い出していきましょう。

逆に、否定的な考えでやる気が出るなら、筋トレをしなかった場合の影響を考えていきましょう。

肯定的な考えと、否定的な考えを上手く使い分けると、面倒臭いと思った時でも筋トレに対してのやる気を上げていけますよ。

筋トレのやる気が出る方法13)お金をかける!

一部の人の場合、お金を掛けると、元を取ろうというモチベーションが働き、普通以上に頑張ってしまうもの。

これは、筋トレだって同じこと。

特に、そこそこ値の張るジムやパーソナルトレーナーへ払うお金は、金銭的なモチベーションにつながりやすい。

筋トレのやる気を高めたいと思ったら、あえてお金を多めに払ってサービスを利用してみましょう。

ただし、気をつけたいのは「お金を払って筋トレ器具を購入する」場合。

お金を払って物を購入するという行為は、それだけで人間にとっては満足感を与えてしまうことになり、その後の行動に結びつかないことが良くあります。

利用して始めて手に入る「サービス」と、お金を払ったら手に入る「物」は区別しておきましょう。

筋トレのやる気が出る方法14)自慢したくなるような物を買う

上で、物の購入には気をつけたいと伝えましたが、もしもその購入予定の物が、周りに自慢したくなるようなものであれば、筋トレのやる気アップにはアリかも。

例えば、新しくてかっこいいシューズや、周りの人が話題にしているフィットネスウォッチなど、人に見せることによって満足感を得られる物だったらGood。

この場合、周りに自慢するためにも、その新しく購入した道具を利用してトレーニングしたくなること間違い無し。

トレーニングモチベーション全開で、筋トレに向かえると思いますよ。

筋トレのやる気が出る方法15)視覚化の助けを借りる

筋トレのやる気が出る場面をいくつか思い出してみましょう。

その中に、優れた体を持ったモデルやアスリートの肉体を「目の当たりにした時」っていうのが含まれていませんか?

人間は、頭の中でイメージするだけよりも、実際に目で見た場合の方が印象に強く残り、それが次のリアクションへ繋がりやすくなります。

そのためにも、自分が「かっこいい」・「美しい」と思う理想的な体の持ち主の写真を、壁に貼ったり、スマホの待ち受け画面に設定するのは、トレーニングモチベーションを上げるためにも効果的。

まずは、自分にとってモチベーションとなる肉体の持ち主発見から始めていきましょう。

筋トレのやる気が出る方法16)緑色を見る

「色は人の気持ちに影響を与える」というのを、聞いたことがあるかもしれません。

例えば、危険や注意を引くための色として一般的なのは「赤色」。赤信号なんかが良い例です。

そして、イギリスのエセックス大学の研究によると、「緑色」を見ると、人間はより幸せな気持ちになったり、疲れを感じにくくなり、逆にやる気を高めるといった効果が確認されると報告されています。

筋トレのやる気を引き出すためにも、外に出て近くの公園へ行き、自然の緑を見たりするのは、その後のトレーニングへのモチベーションを引き出すためにも効果がありそうですよ!

(参照:Adam Akers et al., 2012, “Visual Color Perception in Green Exercise: Positive Effects on Mood and Perceived Exertion”, in Environ. Sci. Technol.)

やる気があれば何でも出来る!

次の筋トレ記事もおすすめ!

筋トレのやる気が出る16の方法|トレーニングモチベーションを上げるユニークメソッド!のまとめ

筋トレのやる気が出る方法を16個紹介してきました。

トレーニングモチベーションを高めたいと思った時には、今回紹介した方法も試してみて、気持ちの変化を感じていきましょう!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする