ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)は内転筋を鍛える下半身の筋トレ

ワイドスクワット 1st

スポンサーリンク

体の中でも、大きな筋肉が集まっているのは下半身!

下半身を筋トレで鍛えることはカッコいい体づくりやダイエットに大いに役立つことは、もうおなじみですよね?

さて、その下半身の筋肉の中でも、筋トレである筋肉を鍛えることによってO脚の改善や下腹ポッコリが解消できるというのはご存じですか?

O脚の改善や下腹ポッコリなんて、ボディメイクをしたい方なら絶対に見逃すことができないその筋肉とは・・・内転筋です!

実はこの内転筋、O脚の改善や下腹ポッコリを解消できる以外にも、美脚づくりに効果大の筋肉として、ボディメイクの意識の高い人の間でひそかに注目を集めている筋肉なんです。

知っている人はすでに、コッソリと筋トレで鍛えている内転筋。

今回は、その内転筋を集中して鍛える「ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)」という下半身の筋トレをご紹介します!

スポンサーリンク

ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット):下半身のトレーニング方法

まず、足を大きく開いて、バーを担ぎます。

つま先は外に向けて胸を張り、背筋を伸ばしたらセット完了です。

そのまま、しゃがんで腰を深く下ろし、ゆっくりと元に戻ります。

10回×3セットを目安に行いましょう。

ワイドスクワットのトレーニング方法

ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)のトレーニング方法まとめ

  1. 足を大きく開いて、バーを担ぐ
  2. つま先は外に向けて胸を張り、背筋を伸ばしたらセット完了
  3. しゃがんで腰を深く下ろす
  4. ゆっくりと元に戻す
  5. 10回×3セットが目安

(ワイドスクワットのフォーム確認にどうぞ!)

ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)のポイント

ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)は、通常のスクワットよりも足を大きく開く姿勢をとる事で、内転筋、大臀筋をメインに鍛えることができる下半身の筋トレです。

そのため、腰を下ろした際、膝が内側に入らず、つまさきと同じ方向を向き、内転筋と大臀筋にしっかりと負荷をかけることがポイントです。

また、しゃがむ際は、立つ動作よりもゆっくり行い、太ももが床と平行になるまで膝を曲げるようにしましょう。

ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)のポイントまとめ

  1. 腰を下ろした際は膝が内側に入らないようにする
  2. しゃがむ際は、立つ動作よりもゆっくりと
  3. 太ももが床と平行になるまで膝を曲げてしゃがむ

ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)の筋トレ効果

ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)は、内転筋、大臀筋をメインに鍛えることができる下半身の筋トレです。

そのため、具体的な効果としては、太もも(特に内もも)の引き締めと筋力アップ、それによる脂肪燃焼やダイエット効果が期待できます。

通常のスクワットに比べ、内ももを鍛えることができるのが特徴で、足を正面から見た際のラインをかっこよくしたいという方には特におすすめの下半身の筋トレです。

内もものライン

ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)の注意点

ワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)を行う際、膝が内側に入ると内転筋群に刺激が入らず、筋肉効果が減るだけでなく、怪我のもとになるため注意しましょう。

また、通常のスクワットと同じように、しゃがむ際には、決して背中を丸めないようにしてください。背中が丸くなると、腰を痛める原因となります。

そのためには、セット時にしっかりと胸を張って背筋を伸ばし、視線を前向きに維持しながら、腰を落としていくようにしましょう。

腰割りってつまりワイドスクワットのことだよね?

他の種類のスクワットも沢山あるよ

いかがでしたか?

脚がO脚の方や、下腹ポッコリでお悩みの方は、内転筋を鍛える下半身の筋トレであるワイドスクワット(ワイドスタンススクワット)をぜひ、筋トレメニューに加えてくださいね。

ヒップアップをしたいという方におすすめなのは、しゃがんでからスタートポジションに戻った時、お尻を思い切りしめて1秒静止する方法です。これにより、お尻の筋肉を思い切り収縮させることができ、ヒップアップ効果の高まりが期待できます。ぜひ、試してみてくださいね!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする