WPIプロテインとWPCプロテイン比較|ホエイプロテインで適しているのはどっち?

WPIプロテインとWPCプロテインの比較をしていきます。ホエイプロテインに含まれる二つの種類の特徴や違いを理解して、自分に適した使い分けをしていきましょう。

スポンサーリンク

WPIのプロテインとWPCのプロテインという言葉を知っていますか?

実はWPIもWPCも、筋トレのサプリメントとしても最も優れているとされるホエイプロテインのこと。

ただし、それぞれ違った製法によって作られた、ホエイプロテインの異なった種類。

多くの人にとって、ホエイプロテインはホエイプロテインで、そこに含まれる異なった種類についてまで理解しているといったことは少ないと思いますが、筋トレを極めるためにはその違いも知っておけば尚よし。

筋トレをして筋肉を最大限成長させたいなら、細かい点も理解しておいて、適材適所でそれぞれを利用していくのがおすすめです。

今回は、そのWPIとWPCについて、それぞれの特徴の比較を行い、目的別の用途についても触れていきます。

ただし、ホエイプロテインについて理解していないことには話が進まないので、まずはホエイプロテインについて基本的なことを簡単におさらいしていきましょう。

スポンサーリンク

ホエイプロテインってなんだっけ?

ホエイプロテイン、つまりホエイタンパク質は牛乳が含んでいるタンパク質の一種で、牛乳のタンパク質のうちおよそ20%を構成しているとされるもの。

ヨーグルトやチーズに凝固させる過程で、副産物的に確認することの出来る乳清「透明に近い液体。※乳清は英語でWhey(ホエイ)と言う」に含まれるタンパク質のことです。

その乳清をフィルターに通して処理されたものが、ホエイプロテインパウダーになります。

このホエイプロテインパウダーは、多くのアミノ酸(※注)が含まれているといったメリットや、さらに吸収効率も優れているため、他の種類のプロテイン(カゼインソイなど)と比較して、素早く吸収されるといったメリットを持っていたり。

そのため、筋肉の修復や成長に必要なタイミングで摂取されることが多く、筋肉の合成に必要な原材料を供給できるものとして、最も一般的に利用されているプロテインサプリメントです。

ホエイプロテインのメリットや特徴についてさらに詳しく確認したければ、以下を参照。

▶︎ホエイプロテインは効果やメリットが凄い!筋トレ以外でも最強プロテインだった!

(注釈)食事で摂るタンパク質は体内で吸収された後に、一度アミノ酸に分解され、筋肉に必要な筋タンパク質へ再合成され、筋肉の修復や成長の原材料となる。

2つのホエイプロテイン:WPIとWPCの比較

さて、ホエイプロテインについては理解出来ているとしても、ここで直面するのがホエイプロテイの種類。

実はホエイプロテインにも、その生成の過程によっていくつかの種類が存在しており、その中でも一般的にWPCとWPIの二つのタイプが有名。

筋トレに真剣になればなるほど、このホエイプロテインの種類による違いというのも理解して、目的に応じてどちらの方がベターな選択肢なのかを知りたくなってきます。

その、WPCとWPIのホエイプロテインについて、それぞれの特徴を確認して、比較していきましょう。

WPC(ホエイプロテイン・コンセントレート)

WPCはWhey Protein Concentrate(ホエイプロテイン・コンセントレート)の略。日本語に直すと「濃縮乳清タンパク質」と呼ばれるホエイプロテイン。

乳清をろ過するためにフィルターで膜処理(ウルトラフィルター)した後に出来る液体を、濃縮し、その濃縮したホエイを乾燥させてパウダー状にしたのが、WPCホエイプロテインパウダーの正体。

乳清をフィルター処理してろ過すると言っても、ろ過されて出来た液体には、脂肪分や炭水化物など、様々な栄養分(見方によっては不純物)が含まれたままになるホエイプロテインです。

そのため、WPCのホエイプロテインには次のような特徴が挙げられます。

  • タンパク質含有率はおおよそ70~80%(※70%以下のものもある)
    • 不純物も多く含まれるため、タンパク質含有率は上記の範囲内に収まることが多い。
  • 比較的カロリーが高め
    • WPCのホエイプロテインが含む脂肪分や炭水化物によって、全体的にカロリーが高めであるといった特徴がある。
  • ラクトース(乳糖)が多く含まれる
    • ろ過後の液体には、そのままラクトース(乳糖)が含まれることになる。
    • ラクトースの含有率は5~7%になる。
    • 牛乳を飲むと腸内ガスによる膨満感を感じやすかったり、お腹がゴロゴロしてしまうといった、乳糖不耐症を持っている人には向かない。
  • 必要な栄養素を残しておける
    • 不純物には元々乳清に含まれているビタミンやミネラルと言った、健康に必要な栄養素も含まれる
    • これら栄養素をそのまま残しておけるといったメリットが存在する

WPIには、上記のようなメリットやデメリットと考えられる特徴がありますが、デメリットになる特徴も、後述するWPIの特徴と比較した場合であり、特に気にならない場合は十分高品質なプロテイン。

また、不純物が含まれていても、WPCは摂取後30分もすれば体内に吸収され始め、製造過程が比較的簡単なため、コストを抑えられるといったメリットがあるので、コスパに優れたプロテインであると言えるかと思います。

WPI(ホエイプロテイン・アイソレート)

WPIはWhey Protein Isolate(ホエイプロテインアイソレート)の略で、日本語では分離乳清タンパク質と呼ばれるホエイプロテイン。

WPIは、乳清からウルトラフィルターによって膜処理されたWPCのホエイプロテインを、さらに処理して出来た純度の高いホエイプロテイン。

その、ウルトラフィルター後の処理には、現在、基本的に次の二つのどちらかが用いられています。

  1. イオン交換法
    1. 電荷を帯させて、科学的にタンパク質だけを分離させてしまう方法
    2. タンパク質を純度高く取り出せる
    3. 脂質や炭水化物の含有量が抑えられるため、カロリーも低めに抑えられる
    4. ただし、その他カルシウムなどの健康にとって大切な栄養素も分離させてしまう
  2. CFM製法(クロス・フロー・ミクロフィルタレーション)
    1. ウルトラフィルターより4倍も細かいミクロフィルターを使ってろ過する方法
    2. 何度もフィルターにかけることによって、タンパク質を純度高く取り出せる
    3. 脂質や炭水化物の含有量が抑えられるため、カロリーも低めに抑えられる
    4. カルシウムなどの栄養素を比較的多く残せる

つまり、WPIのホエイプロテインは、製法により微妙な違いはあるとしても、WPCと比較して、より多くの不純物を取り除くプロセスを経ることで、タンパク質の純度が高くなったホエイプロテイン。

そのため、次のような特徴を持っていたり。

  • 高純度のタンパク質含有量
    • 一般的には85~90%程度(※ものによってはさらに高い含有量を誇る)のタンパク質含有量を誇る。
  • ラクトース(乳糖)がほとんど含まれない
    • WPIを精製する過程で、ラクトース(乳糖)も極力排除していくことになりる。
    • ラクトースの含有量も1~2%程度とされ、乳糖不耐性の人にとってはありがたいプロテイン。
  • 吸収も早い
    • 「不純物が少ない」といった特徴から、摂取後の吸収に必要な時間もWPCに比べてより短い。

このようなことから、WPIは摂取カロリーを気にしながらも、筋肉を大きく成長させたいという人や乳糖不耐性に困っている人、そして、速攻でアミノ酸を筋肉へ供給したい人にとってはおすすめなホエイプロテインであると言えるかと思います。

ただし、WPIはWPCよりも精製する手間がかかっているため、比較すると価格が高いことが多いので、その点はしっかりと検討しておきましょう。

ちなみに、WPIの特徴である、健康に大切な栄養が少なめといった点を補うために、商品によってはミネラルやビタミンを追加しているものも多くあります。

WPIとWPCの比較まとめ

上で見てきたWPIとWPCのプロテイン比較をまとめると、以下のような感じになります。

WPI WPC
概要 幾度にも渡ってフィルタリングされた結果、とても純度の高いタンパク質を含有しているホエイプロテイン 自然なホエイ(乳清)に近い状態のタンパク質。その分脂質や炭水化物を多めに含む
その他特徴 ・タンパク質純度が高い
・不純物(脂質や炭水化物など)が少ない
・ビタミンやミネラルの含有量が低い(※商品による)
・カロリーが比較的低い
・ラクトース(乳糖)がほとんど含有されていない
・吸収がWPC以上に早い
・値段は高め
・タンパク質純度は比較的低い
・不純物(脂質や炭水化物など)が多い
・ビタミンやミネラルの含有量が多い
・カロリーが比較的高い
・ラクトース(乳糖)の含有量が高い
・吸収は早いがWPIよりは遅い
・値段は低め
タンパク質含有率 85~90%(※それ以上もある) 70~80%(※それ以下もある)

WPIとWPCのどちらが自分に適しているの?

筋トレの筋肉を最大限に成長させえるためにも、自分の目標、予算、アレルギーなどを確認して、最も適したホエイプロテインパウダーを選ぶのがベター。

しかしWPIとWPCの違いについては理解できたものの、自分にとってはどちらのタイプのホエイプロテインがより適しているか迷う人も多いかもしれません。

そこで、自身の状況と照らし合わせて、選択する際の手助けとなる簡単なヒントを表にして以下の通りまとめておきます。

WPIとWPCで迷ったら確認しておきた早見表
様々なニーズ WPI WPC
アミノ酸の含有量が優れているプロテインが欲しい
他のプロテインより吸収の早いプロテインが欲しい
筋トレ直後に速攻吸収されるプロテインが欲しい
タンパク質以外の栄養も多いプロテインが欲しい
減量中につき、厳しくカロリー制限したい
お腹がゴロゴロする(乳糖不耐症)から極力ラクトース(乳糖)を避けたい
水や牛乳に溶けやすくて飲みやすいものが欲しい
予算に限りがあるから安いプロテインが欲しい
  • =絶対におすすめ
  • =基本的には利用しても問題なし

厳しいカロリー制限をしているわけではなく、予算も限られているなら、また、初めてホエイプロテインを利用するならWPCがおすすめ。

価格もWPIよりも安く、基本的な効果は同じくらいなため、そこまで効果に差を感じることはないはずです。

逆に、筋トレ中の減量のために厳しく脂肪や炭水化物の摂取量を制限していたり、摂取カロリーの管理を行っている人は、WPIがおすすめ。

他にも、筋トレ直後に出来るだけ早くアミノ酸を血中に補給して、小さな積み上げでも良いから少しでも多く筋肉の合成を増やしていきたいといった人も、WPIが良さそう(※ただし、WPCでも十分に吸収が早いので、ほとんどの人にとっては気にする必要はないレベルです)。

ちょっと気になる。

次の筋トレ記事もおすすめ!

WPIとWPCのプロテイン比較|ホエイプロテインで適しているのはどっち?のまとめ

ホエイプロテインの二つの種類、WPIとWPCについて、それぞれ特徴を比較してきました。

筋肉を付けるためにも最も優れたプロテインとされるホエイプロテイン。

そのホエイプロテインの中でも、最も一般的なWPIとWPCの種類の違いを理解して、自分の目的にとってより適したプロテインパウダーを利用していければ、筋肉の成長を考えた場合、まさに鬼に金棒。

大多数の人にとってはおそらくWPCのホエイプロテインで十分だと思いますが、より一歩先に進みたい場合は、WPIも利用してみるなど、上手くこの二つを使い分けることが出来れば、さらに筋肉の成長を促していけそうです。

これからホエイプロテインを購入する際は、WPCなのかWPIなのかも一緒に確認してみると良さそうです!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする