リストストラップのおすすめと使い方とは?筋トレ効果アップに有効な筋トレ用品

wrist strap 1st

スポンサーリンク

筋トレグローブトレーニングベルトなど、筋トレ用品ってたくさんあって、何から使えばいいか迷うことってありませんか?

「確かに筋トレグローブやトレーニングベルトは、試してみて、効果がありそう。でも、他にも筋トレの効果をアップ出来るグッズがあるなら、教えて欲しい。」

そんな人にとって、検討したい筋トレ用品のひとつが、リストストラップです。リストと言うぐらいなので、手首に何かしらの効果があることは分かりますよね?

リストストラップは筋トレ用品の中でもコスパが高く、筋トレ効果アップも安全性もサポートしてくれるという優れもの。特に、背中をガンガン鍛えたい人にとっては必須アイテムと言っても過言ではないと思います。

そんな訳で今回は、リストストラップについて解説します。

あるのとないのとでは大きな差になる筋トレ用品だと思うので、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

リストストラップとは?

wrist strap about

リストストラップとは、筋トレグローブやトレーニングベルトと同じく、筋トレの時に身につけて使用する筋トレ用品の一つ。特に、重いウエイトを扱う際に握力を補填する目的で使用します。

主に使用される種目は、デッドリフトラットプルダウンなどの、プル系の種目で、バーベルやバー付きの筋トレマシン、そしてダンベルなど、どのウエイトにも対応します。

形は基本的にその名の通り輪の付いたストラップですが、更に使いやすく進化した、パワーグリップというものもあります。

リストストラップは主に、耐久性があり手に馴染みやすい皮で出来ていますが、その他の素材のもの販売されています。

価格は筋トレ用品の中でも比較的、手軽な値段で、ジムやフィットネスショップの他、オンライン通販でも簡単に購入することが出来ます。

リストストラップの使い方(ポイントやコツも!)

wrist strap how to use

リストストラップの基本的な使い方

まず、リストストラップの端を輪の部分に通し、輪をつくって両手首に巻きます(両腕を使う種目の場合)。

次に、片方の腕のリストストラップを、使用するウエイトのグリップ部に少しづつ重ねた状態で二三重にして巻きつけ、その上からグリップを握ります。

この時、巻きつける場所は実際にグリップをする場所に定め、リストストラップを巻きつける方向は手の握りと逆の方向になるようにしてください。

そして、残りの一方も同じように巻きつけます。

最後に手首のスナップの動きを使って、リストストラップを回転させて締め、調整したら準備完了です。この状態のまま筋トレの動作をスタートさせます。

リストストラップの使い方のポイントやコツ

リストストラップの使い方のポイントは色々とありますが、筋トレの成果を考えた時、重要なのは、インターバルとの両立だと思います。

リストストラップを巻き付くのに時間がかかりすぎると、種目間もしくはセット間のインターバルが超過してしまい、筋トレの効果に悪影響を及ぼしてしまいます。

基本的にセット間では、リストストラップをつけたままにする使い方が多いかと思いますが、水分補給やプレート付け替えでどうしても外さなければいけない時があります。

そのような時は、インターバルの間に巻きつけ始めておき、インターバル終了ともに動作をスタート出来るようにしておきましょう。

リストストラップの効果とは?

wrist strap merits

リストストラップの効果① 筋トレの追い込みが出来る

デッドリフトやラットプルダウン、ベントオーバーロウなど、プル系の筋トレの追い込みの時、ターゲットの筋肉よりも先に手がバテてしまって、目標レップをこなせなかったという経験はないでしょうか?

リストストラップを使用すれば、握力の補填が出来るため、追い込みに必要なレップ数をクリア出来る可能性が高くなります。

また、リストストラップによる握力の補填は、目標レップ数をクリア出来るだけでなく、グリップが外れることを防ごうとして他の筋肉が関与していたり、フォームが雑になってしまうというようなことも防いでくれたりもします。

リストストラップの効果② 前腕の関与を抑えられる

リストストラップを使用せずにプル系の種目を重いウエイトを使用して行うと、目標のレップをこなそうとしてどうしても前腕の関与が大きくなります。

このように前腕が関与すると、当然、ターゲットの筋肉への刺激が減り、筋トレ効果は低くなってしまいます。

また、それだけでなく、前腕が不要に疲労してしまうと、その後に行う種目も前腕が疲労した状態で行うことにいなり、マイナスの影響が出てしまうことにもなりかねません。

リストストラップを使用すれば握力を補填出来るため、このような「不要に前腕が疲労してしまう」のを防ぐことが出来ます。

リストストラップの効果③ 筋トレの安全性が高まる

筋トレで徹底して追い込みをかけている時は、筋肉の限界に気づかなかったり、気づいていても突破しようとして無理をすることがあるかもしれません。そのような時は、手からバーベルやダンベルが落下してしまう危険性があります。

バーベルやダンベルの落下は足などのケガに繋がったり、急にウエイトが抜けることによる転倒やギックリ腰の可能性もあります。また、床が破損すれば大きなトラブルにも繋がります。

リストストラップをつければ、手が限界になっても、バーベルやダンベルが簡単に抜け落ちることを防ぐことが出来るため、ケガや床の破損のトラブルを防ぎ、筋トレの安全性を高めることが出来ます。

リストストラップ使用にまつわる議論

wrist strap discussion

リストストラップを筋トレのトレーニングで利用するに当たり、海外では断固として使わないと主張する人もたまに見かけます。

その理由が、リストストラップを利用することで「グリップの強化が出来ない」や「前腕の強化やサイズアップを妨げてしまう」といったものです。

確かに握力や前腕の強化という一点においては、そのようなことも言えなくもありません。

しかし、リストストラップを使う場合は、元々ターゲットとしている筋肉が別にあるはずです。そのターゲット筋肉に効いてくる前にグリップが疲れてしまっては元も子もありません。

その点から考えると、リストストラップの利用は、ターゲット筋肉にちゃんと刺激が入るようにサポートしてくれるため、大いに利用するべきだということになります。

リストストラップのおすすめ3つを紹介!

最後にリストストラップのおすすめを簡単にピックアップしておきます。迷った時は参考にしてみましょう。

リストストラップのおすすめ①

名前:GOLD’S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

メーカー:GOLD’S GYM(ゴールドジム)

価格:¥約1,950~

このリストストラップをおすすめする理由と特徴

本格派トレーニングジムであるゴールドジムの筋トレ用品ということだけあり、コスパの高い一品です。ウォッシャブル素材で、常に清潔に使用することが出来ます。

ゴールドジムには現役のボディビルダーの選手などがトレーナーとして参加していることもあり、商品にも彼らの意見やアイデアが採用されています。そのため、初級者から上級者まで十分に使えるリストストラップだと思います。

より詳しい詳細はこちら

リストストラップのおすすめ②

名前:シーク レザーリフティングストラップ

メーカー:シーク(Schiek)

価格:¥ 2,950

このリストストラップをおすすめする理由と特徴

老舗筋トレ用品メーカー Schiekのリストストラップです。天然皮革のみを使用しており、使えば使うほど、手に馴染みます。洗濯も問題なくできるので、汗がついても衛生的に利用していけますね。

より詳しい詳細はこちら

リストストラップのおすすめ③

名前:シーク パッド入りリフティングストラップ タヴェル付き

メーカー:シーク(Schiek)

価格:¥ 3,450

このリストストラップをおすすめする理由と特徴

パッド入りで、リストサポートとリフティングストラップがオール・イン・ワンという強力サポートタイプのリストストラップです。更に、ストラップの先端にはバーにロックするダヴェルが付いているのでバーへのとりはずしが簡単です。リストストラップの取り付けに無駄な時間を費やしたくない人にはとってもおすすめですね。

より詳しい詳細はこちら

次の筋トレグッズも一緒に確認しておきましょう

いかがでしたか?

リストストラップの使い方や効果について理解できましたか?

最後に、実際にリストストラップを使う場合の注意点です。

リストストラップはしっかり締めて使いますが、締め過ぎると、動作中に痛くなる場合があります。この加減は実際に動作をしないとわからないので、まずは試しに巻いて、ジャストな締め具合を見つけるようにしてみるといいと思いますよ!

ぴろっきーでした!

スポンサーリンク

シェアする